BBIQはネットだけじゃない!月額料金も通話料も安い「光電話」とは?

BBIQ 光電話とは

BBIQ光は福岡・佐賀・熊本・大分・宮崎・長崎・鹿児島の7県のみで利用できる、九州限定のインターネット光回線です。

阿部寛さんや川口春奈さんのCMでもお馴染みですし、九州地方にお住まいの方であれば「BBIQ」という名前を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

同時に、『インターネットは知っているけど電話も一緒に使えたら便利』と思っている方も多いと思います。

実は、BBIQはインターネットサービス以外にも、光電話、光テレビ、トータルセキュリティ(マカフィー)、U-NEXTなど、生活に役立つサービスからエンタメサービスまで、幅広いラインナップになっています。

そこでこの記事では、BBIQで提供されている「光電話」について紹介していきますので、これからBBIQを利用しようとしている方、また、すでにご利用中の方も参考にしていただければと思います。

BBIQ光電話とは?

「BBIQ光電話」は、BBIQの光ファイバーを利用した固定電話サービスです。

NTTの電話回線が不要なためNTTの基本料金をもかかりません。また、NTT一般加入電話で使用していた電話番号や電話機はそのまま使えるため、乗り換える際も手間がかかりません。

さらに、BBIQ光電話同士なら通話料が無料になったり、BBIQ光電話を利用することでルーターに搭載されているWiFiサービスが使えたりと、様々なおすすめポイントがあります。

ただし、BBIQ光電話はBBIQの光ファイバーを用いたサービスになるため、BBIQ光インターネットの契約が必要になります。よって、光電話単独でのお申し込みはできません

BBIQ光電話4つのおすすめポイント

BBIQ光電話には4つのおすすめポイントがあります。

  1. 月額料金が安い
  2. 通話料が安い
  3. 電話番号が引き継げる
  4. WiFi機能が標準装備

では、おすすめポイントを一つ一つ見ていきましょう。

おすすめポイント1 月額料金が500円と安い

BBIQ光電話は、従来のNTT電話回線を使わずBBIQ独自の光ファイバーを利用したサービスになるので、NTTの基本料金がかかりません。

BBIQ光電話NTT一般加入電話
月額料金500円1,600円

※上記に2~3円のユニバーサルサービス料がかかります。

月額料金を比較してみると、BBIQひかり電話はNTT一般加入電話よりも3分の1以下の料金で使えます。月額料金は開始月の翌月から発生し、初月は無料です。

500円の中にWiFi接続ができる「BBIQ光電話無線ルーター」の利用料も含まれているので、それを加味するとかなり安いと思います。

利用にあたっては、初期費用として回線登録料の2,000円が必要になり、現在使っているの電話番号をBBIQ光でも引き継ぐ場合は、番号移転手続き料1,800円とNTT西日本の利用休止工事費2,000円が別途必要になります。

なお、BBIQ光電話の料金は、BBIQ光の請求に合算されてきます。

NTTと比べてもこんなに月額料金がやすいなら、普段は固定電話をあまり使わない人も万が一の時のために入っておくのもありかもしれませんね。

中嶋

おすすめポイント2 通話料が全国一律7.5円/3分と安い

ポイント2つ目は通話料が安いという点です。

通話先BBIQ光電話NTT一般加入電話
BBIQ光電話
(BBIQ光電話050を含む)
無料8.5~80円/3分
一般電話全国一律7.5円/3分
050番号の他社IP電話7.5円/3分11~12円/3分
携帯電話・PHS18円/1円18.7~22円/1分
国際電話公式サイトをご確認ください公式サイトをご確認ください

NTTの場合、「市内」「県内・市外」「県外」と通話先の範囲によって料金が異なり、県外に至っては80円/3分します。しかし、BBIQ光電話なら全国一律で7.5円/3分と最大で90%以上も安く使えるのです。

NTTのように、距離や時間帯によって通話料が変わることもありません。

携帯電話へも18円/1分とNTTよりも安いですし、何よりBBIQ光電話同士なら通話料無料なので、固定電話で家族・親せきや友人などよくお話をする人にはとてもお得になります。

BBIQ光電話(固定電話)を上手く使うことで、スマホの通話料を節約できるかもしれませんね(^o^)

中嶋

おすすめポイント3 電話番号も電話機もそのまま使える

BBIQ光電話に乗り換えることで、中には『電話番号が変わってしまうのでは?』と心配している方もいるかもしれませんが、現在使っているNTTの電話番号は引き継げます(番号ポータビリティ)。NTTの電話番号をお持ちでない場合は、BBIQ光電話を申し込むことで電話番号が用意されます。

また、BBIQ光電話はFAXにも対応しているので、FAX機能付きの電話機を含め現在使っている電話機もそのまま利用できます

引き継げない電話番号もある

ですが、すべての電話番号を引き継げるわけではありません。

公式サイトには以下のように書かれています。

 ※以下の場合はBBIQ光電話の電話番号として利用することができません。

  • NTT西日本以外の電話会社から新規に取得した電話番号をご利用の場合
  • NTT西日本の電話番号の契約者(名義人)の許諾を得られない場合
  • NTT西日本の電話番号の加入権について質権、差押がある場合
  • NTT西日本の交換機が「番号ポータビリティー」に対応していない場合

 ※上記以外の場合でも、電話番号によってはBBIQ光電話でご利用できない場合があります。

BBIQ公式サイト「よくあるご質問」より引用

簡単に説明をすると…

つまりこういうこと
・NTT西日本で発番された電話番号は引き継ぎ可能
・NTT西日本以外で発番された電話番号は引き継ぎ不可

ということになります。

現在使っている電話番号が、NTT西日本の一般加入電話で発番された「加入権あり」の電話番号なら、BBIQ光電話でも継続して利用できます。逆に、光電話などNTT西日本の一般加入電話以外で発番された電話番号に関しては継続利用はできず、BBIQ光電話で新しい電話番号を発番する必要があります。

番号ポータビリティの注意点
番号ポータビリティを申し込みした場合、BBIQが電話番号の継続利用申請や利用休止手続きを行ってくれます。したがって、BBIQ光電話が開通する前にご自身で利用休止などの手続きを行ってしまうと電話番号の引き継ぎができなくなってしまいます。

九州電話でご利用中の電話番号をBBIQ光電話に引き継ぐ場合、BBIQ光電話開通と同時に自動解約になりますので特に手続きは必要ありません。

ただし、利用中の電話番号の引き継ぎができずにBBIQで電話番号を発番する場合は、NTT加入電話は自動で利用休止されないため、NTT加入電話の利用を休止する場合はご自身で下記の窓口に連絡する必要があります。

NTT西日本 お問い合わせ窓口
電話番号:116
BBIQ光電話からは0800-200-0116

おすすめポイント4 WiFi機能が標準装備

さらに、WiFi機能が標準搭載されているのもポイントです。

BBIQ光電話を利用する際にはBBIQ光(インターネットサービス)を必ず契約する必要があり、WiFiが標準搭載されている無線ルーターが無料レンタルできます。正確には、BBIQ光電話500円の中に利用料が込みになっているのです。

そのため、他社のようにプラス数百円といった追加費用もかかりません。

BBIQ光電話NTT西日本 ひかり電話
基本料金500円500円
無線LAN0円100円
合計500円600円

※ホームゲートウェイ無線LANカードWi-Fiプラン(フレッツ光ネクスト・ひかり電話利用時)

WiFiが利用できれば、パソコンはもちろん、スマホ・タブレット・ゲーム機など、色々なWiFi対応機器に接続できるようになります。

設定はワンプッシュで完了

WiFiって聞くと『接続が難しそう…』と思ってしまいますよね?

ご安心ください。BBIQ光のWiFi設定はとっても簡単です。ルーター本体の前面にある「無線設定(WPS)」ボタンを押すだけで、パソコンの無線LAN設定が簡単にできます。

発信不可の番号もある?!

BBIQ光電話は、110番・118番・119番といった緊急通報、フリーダイヤル、時報・天気予報・災害伝言ダイヤルなど、一般的に使う可能性が高そうな番号への発信は利用できますが、中には発信できない番号もあります

通話可否一覧表

種類内容番号可否
固定電話固定電話への通話(国内)01-●●●~09-●●●
携帯電話・PHS携帯電話・PHSへの通話070-●●●、080-●●●、090-●●●など
ポケットベルポケットベル020-●●●×
IP電話BBIQ提供事業者のIP電話への通話050-●●●
国際電話海外への通話010+国番号
緊急通報警察や消防などへの緊急通話110、118、119
1●●の3ケタ番号番号案内、時報、天気予報、災害伝言ダイヤルなど104、115、117、171、177、188、189
NTTの受付・相談113、116×
コレクトコール、話し中調べ、ナンバーアナウンス106、114、136×
0●●●の4ケタ番号フリーダイヤル、フリーコールなど0120-●●●、0800-●●●など
テレドーム0180-99●●
ナビダイヤル0570-0●●●
伝言ダイヤル、災害募金サービスなど0170-●●●、0990-●●●など×
#ダイヤル#から始まる4ケタの番号#●●●●×

僕個人的にはこれだけ使えれば問題なさそうな気がしますが、BBIQ光電話に切り替える際は、ご自身がどういう使い方をしているかをよく考えた上で切り替えるようにしましょう。

BBIQ光電話はオプションサービスが充実

BBIQ光電話でも、NTT一般加入電話や他社の光電話のように、発信者番号表示、割込電話、転送電話などのオプションサービスが利用できます。

サービス名月額料金詳細
発信者番号表示400円電話に出る前に誰からの着信かが分かります。
番号通知リクエスト200円非通知の着信には、番号を通知してかけるようにメッセージを流せます。
割込通話300円通話中でも後の着信を受けることができます。
転送電話500円予め指定した番号に電話を転送できます。
迷惑電話拒否200円着信したくない電話番号からの着信を拒否できます。

※オプション名をクリックすると、そのオプションの解説にジャンプできます。

発信者番号表示

  • 月額料金:400円

「発信者番号表示」は、電話をかけてきた相手の電話番号を電話機などのディスプレイに表示させるサービスです。そのため、着信時も誰からの電話かが予め分かるので、安心して電話に出ることができます。

発信者の電話番号が通知されない場合は、その理由を表示してくれます。

■表示例

発信側の電話番号着信側の表示内容
「通知」の場合一般電話・INSネット発信例:0921234567
公衆電話発信「公衆電話」、「コウシュウデンワ」、「C」
「非通知」の場合「非通知」、「ヒツウチ」、「P」
国際電話などで番号を通知できない場合「表示圏外」、「ヒョウジケンガイ」、「O」、「S」

※電話機によって表示内容が異なる場合があります。

番号通知リクエスト

  • 月額料金:200円

「番号通知リクエスト」は、その名の通り非通知でかけてきた相手に、メッセージを流して番号をリクエストしてくれるサービスです。

メッセージは、『こちらはQTnet番号通知リクエストサービスです。おそれいりますが、電話番号の前に186をつけてダイヤルするなど、あなたの電話番号を通知しておかけ直しください。』といった内容になっています。

非通知着信に対しては着信音もならないので、誤って非通知番号の電話に出てしまうということもありません。なお、「番号通知リクエスト」を利用するには「発信者番号表示」の契約が併せて必要です。

他のオプションと併用する場合
「転送電話」との併用時:番号通知をせずにかかってきた場合、電話は転送されずに番号通知リクエストのメッセージを流します。

「割込通話」との併用時:通話中に番号通知をしない他の相手からかかってきた場合、割込通話は機能せずに番号通知リクエストのメッセージを流します。

「迷惑電話拒否」との併用時:迷惑電話拒否で登録済みの電話番号から非通知でかかってきた場合、迷惑電話拒否のメッセージを流します。

割込通話

  • 月額料金:300円

「割込通話」は、通話中に他の相手からかかってきた場合、通話中の電話を保留にして後からかかってきた電話に出れるサービスです。俗にいうキャッチフォンです。

フック操作を利用することで、通話中だった相手と後からかかってきた相手を交互に切り替えて通話することも可能です。

他のオプションと併用する場合
「番号通知リクエスト」との併用時:通話中に非通知からかかってきた場合、割込通話は機能せず、番号通知リクエストのメッセージを流します。

「転送電話」との併用時:通話中に他から電話がかかってきた場合、設定した転送電話の転送条件により異なります。
・無条件転送に設定 ⇒ 割込通話は機能せず、転送先へ転送。
・話中時転送に設定 ⇒ 割込通話が機能し、フック操作を利用することで後からの電話に出ることが可能。
・無応答時転送に設定 ⇒ 一旦、割込通話が機能し、フック操作を利用することで後からの電話に出ることが可能。ただし、設定した呼び出し時間内に応答しない場合は転送先へ転送。

「迷惑電話拒否」との併用時:通話中に迷惑電話拒否に登録済みの番号からかかってきた場合、割込通話は機能せず、迷惑電話拒否のメッセージを流します。

転送電話

  • 月額料金:500円

「転送電話」は、かかってきた電話を予め設定しておいた電話番号へ自動転送するサービスです。契約中のBBIQ光電話や、外出先など別の電話機から転送設定(起動・停止・転送先)の変更も行えます。ただし、転送された電話を他に転送することはできません。

「転送電話」を申し込む際は、本人確認書類(免許証・パスポートなど)の提示が必要になります。

■転送条件

条件転送内容
無条件転送かかってきた電話を転送先に直接転送
話中時転送通話中の場合に転送
無応答時転送転送元を一旦呼び出し、設定した呼び出し時間内(1~60秒で設定可能)に応答しない場合に転送
話中時転送/無応答時転送通話中の場合、または、転送元を一旦呼び出し、設定した呼び出し時間内(1~60秒で設定可能)に応答しない場合に転送

※申し込み時は無条件転送に設定されています。

他のオプションと併用する場合
「番号通知リクエスト」との併用時:非通知からかかってきた場合、転送電話は機能せず、番号通知リクエストのメッセージを流します。

「転送電話」との併用時:通話中に他から電話がかかってきた場合、設定した転送電話の転送条件により異なります。
・無条件転送に設定 ⇒ 割込通話は機能せず、転送先へ転送。
・話中時転送に設定 ⇒ 割込通話が機能し、フック操作を利用することで後からの電話に出ることが可能。
・無応答時転送に設定 ⇒ 一旦、割込通話が機能し、フック操作を利用することで後からの電話に出ることが可能。ただし、設定した呼び出し時間内に応答しない場合は転送先へ転送。

「迷惑電話拒否」との併用時:迷惑電話拒否に登録済みの番号からかかってきた場合、転送電話は機能せず、迷惑電話拒否のメッセージを流します。

迷惑電話拒否

  • 月額料金:200円

「迷惑電話拒否」は、電話を受けた後に電話機で番号登録を行うことで、以降その電話番号からかかってきた場合、『こちらはQTnetです。おかけになった電話番号へはお繋ぎできません。』というメッセージを流してくれるサービスです。

この時着信音は鳴りませんまた、拒否する番号は30件まで登録できます。

他のオプションと併用する場合
「番号通知リクエスト」との併用時:迷惑電話拒否に登録済みの番号から非通知でかかってきた場合、迷惑電話拒否のメッセージを流します。

「転送電話」との併用時:迷惑電話拒否に登録済みの番号からかかってきた場合、転送電話は機能せず、迷惑電話拒否のメッセージを流します。

「割込通話」との併用時:通話中に迷惑電話拒否に登録済みの番号からかかってきた場合、割込通話は機能せず、迷惑電話拒否のメッセージを流します。

各オプションサービスの内容は以上のようになります。

なお、このオプションサービスをパックで使えるお得なサービスもあります。

BBIQ光電話バリュープラン

※BBIQ公式サイトより引用

先ほど紹介したオプションサービスに個々で加入した場合、合計金額は1,600円とそこそな金額になりますが、この「BBIQ光電話バリュープラン」なら、5つ全てのサービスを月額600円で利用できます。

もし、2つ以上のサービスに加入し合計金額が600円以上になってしまっても、「BBIQ光電話バリュープラン」が自動適用されるので安心です。なお、「割込電話」「迷惑電話拒否」の2サービスを申し込みした場合は月額500円になります。

オプションサービスの追加・変更・解約は専用ページから手続き可能

ご紹介してきたオプションサービスは、「BBIQ会員専用ページ」から手続きができます(ID・パスワードが必要です)。

手順1
「BBIQ会員専用ページ」へログインする

ログインIDとログインパスワードをそれぞれ入力し、「ログインする」をクリックします。

手順2
メニューから「BBIQ光電話/BBIQ光電話050」を選択する

画面左側のメニューバーから「BBIQ光電話/BBIQ光電話050」を選びます。

手順3
手続きを変更したい電話番号を選択する

電話番号を2回線契約している場合は2回線とも表示されますので、オプションを追加・変更・解約したい電話番号の「変更」をクリックします。

手順4
手続きを行う

番号を選択したら、追加・変更・解約の手続きを行います。

※画像はBBIQ公式サイト「よくある質問」より引用

このように手続き自体は簡単です。

BBIQ光電話オプションの申し込みは、BBIQ光電話の開通後から行えます。また、オプションサービスは解約した月の月末まで利用可能です。

2回線サービスの利用が可能

BBIQ光電話では「2回線サービス」(月額300円)を使うことで、電話とFAX、自宅用と店舗用など、2つの電話番号で使い分けることも可能です。

利用例1:電話用とFAX用

1回線目は電話用、2回線目はFAX用と、使い分けができるため、電話を利用している時でもFAXの送受信ができます。『電話中でFAXが届かない…』といった心配もありません。

利用例2:自宅用と店舗用

例えば、ご自宅で自営業を営まれている場合でも、1回線目は自宅用、2回線目は店舗(事務所)用と、使い分けが可能です。よって、『店舗が休みなのに自宅で電話が鳴るから出なければいけない…』という問題も解決できます。

利用例3:2回線ともに電話用

もちろん2回線とも電話用として使うこともできます。例えば、2世帯住宅のように、1回線目は家族用、2回線目はおじいちゃん・おばあちゃん家と、生活スタイルにあった使い方ができます。

このように、BBIQ光電話では「2回線サービス」をオプションサービス(月額300円)として利用できます。

ですが、代表番号取り扱いサービスやダイヤルインサービスの利用はできないため、一方の電話番号に着信した電話を両方の電話回線に着信させることはできなく、通話中の電話番号に着信があった場合は話し中になります。

また、既にBBIQ光電話を利用している方でも、「2回線サービス」を追加利用することが可能です。

解約方法と注意点。解約金はかかる?

BBIQ光電話を利用するためにはBBIQ光(インターネット)の申し込みが必要になるため、BBIQ光を解約すると一緒に光電話も解約になります。ただし、BBIQ光は使い続けて光電話だけを解約するという方法は可能です。

では、その解約方法や解約金はかかったりするのでしょうか?

解約方法は窓口に電話をする

BBIQ光電話の解約方法は、以下のお客様センターに電話連絡することで解約できますので、オペレーターの人に『BBIQ光電話を解約したい』と伝えると解約手続きが行えます。

QTnetお客さまセンター
電話番号:0120-86-3727
受付時間:9時~20時(年中無休)
※12月31日~1月3日は9時~18時

解約金はかからない

解約をする上で気になるのが解約金だと思いますが、BBIQ光(インターネット)を一緒に解約する場合は解約金がかかりますが、BBIQ光電話だけを解約する場合は解約金はかかりません

注意点① 無線ルーターの返却が必要になる

解約金がかからないと聞くと安心してしまいがちですが、2つほど注意点があります。

一つ目が、「無線ルーターの返却が必要になる」という点です。

おすすめポイントで紹介したように、BBIQ光電話を契約すると無線ルーターが無料レンタルできますが、解約をしてしまうとこの無線ルーターを返却しなければいけないのです。したがって、WiFiを利用していた人はWiFiの利用ができなくなってしまいます。

もし、WiFiを利用したい場合は、ご自身で無線ルーターを購入・設置すればWiFiを利用できます。

注意点② auスマートバリューが適用できなくなる

auスマホを利用している人がBBIQ光とセット割引を組むことで「auスマートバリュー」が適用されスマホ料金が毎月500~2,000円割引されます。

ですが、auスマートバリューを組むにはBBIQ光電話の契約が必須条件になるため、BBIQ光電話を解約してしまうとauスマートバリューでの割引は受けられなくなってしまいます

スマホの割引額によっては、光電話を使わない場合でも組んだ方がお得になったりしますし、特に家族でauスマートバリューを組んでいる場合には注意が必要です。

auスマートバリューについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。
BBIQ auスマートバリューと組めるって知ってた?BBIQでも月々のスマホ料金が安くなるauスマートバリューが組める?

まとめ

今回はBBIQ光電話について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

BBIQ光電話はBBIQ光の回線を利用した固定電話サービスです。その為に、BBIQ光電話のみで利用する事はできずず、必ずBBIQ光(インターネット)の契約が必要になります。

基本的には、現在ご利用中のNTT一般加入電話の電話番号をBBIQ光電話でも継続利用可能できるので、『電話番号が変わってしまうのが…』という心配もありません。また、月額料金や通話料もNTT一般加入電話よりも安いので、固定電話をよく使う人・あまり使わない人どちらにもお得なサービスです。

さらに、光電話を利用することWiFiサービスも無料(光電話の月額料金に込み)で使えたりしますし、auスマートバリューも組めますので、『電話はあまり使わない…』という方にもメリットが満載です。

皆さんもBBIQ光電話を上手く活用して、よりお得により便利にBBIQを利用してくださいね。

最大41,000円の特典が受けられる!

NEXTのキャンペーンサイトはこちら