NULL

BBIQでも毎月のスマホ料金が安くなるauスマートバリューが組める?

BBIQ auスマートバリューと組めるって知ってた?

インターネット回線は全国に何百種類とありますが、全国で提供されているものもあれば、その地域でしか提供されていない光回線もあります。

BBIQは九州限定の光回線ですが、CMや広告などでもよく宣伝されているため九州にお住まいの方なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?九州地方では圧倒的な支持を受けていて、実際に何年も連続で「顧客満足度No.1」を獲得するなど大人気の光回線です。

最大1ギガ、auスマートバリューが組める、九州電力とのセット割引が組める、光電話や光テレビサービスも利用できるなど、BBIQには様々なメリットがありますが、最大のメリットはやはり「auスマートバリュー」が組めるということだと思います。

auスマートバリューはauスマホとBBIQ光を一緒に使うことで、毎月のスマホ料金が500~2,000円割引されるお得なサービスです。

そこでこの記事では、auスマートバリューでの割引額、サービス内容、適用条件、さらには注意点などを紹介していきます。

auスマホが毎月割引されるauスマートバリューとは?

KDDI公式サイト auスマートバリューの適用条件※KDDI公式サイトより引用

「auスマートバリュー」は、その名の通りau(KDDI)がサービス提供しているauスマホの割引サービスです。

auスマホ(ケータイ・タブレット)+対象光回線+固定電話サービスの3つセットで使うことで、毎月のスマホ料金を最大10回線まで割引してくれます。

割引額はauの料金プランによって500~2,000円と異なり、プランによっては3年目以降に割引額が減額してしまうプランもあります。対象プランについては後ほど紹介します。

BBIQ光でもauスマートバリューが組めてauスマホの料金が割引に!

BBIQ公式サイト auスマートバリュー※BBIQ公式サイトより引用

auスマートバリューは、もちろんauひかりでも組めますが、実は様々な光回線で組むことができるのをご存知でしたか?

  • ビッグローブ光(光コラボ)
  • So-net光(光コラボ)
  • コミュファ光(東海・中部限定)
  • eo光(近畿限定)
  • メガエッグ(中国限定)
  • ピカラ(四国限定)
  • BBIQ(九州限定)

ビッグローブ光やSo-net光などの光コラボに加えて、コミュファ光、eo光、メガエッグ、ピカラ、BBIQといった地域限定の電力系光回線でも組むことができるのです。

もちろん、どこの光回線で組んでもauスマートバリューによる割引額に違いはありません。auひかりではないからと言って、サービスが少し悪くなったりすることもありません(^^ゞ ですので、auひかりがエリア外でも他の光回線でもauスマートバリューが組めるので安心ですね。

ただし、auスマートバリューは自動適用ではなくauショップなどで申し込む必要があります。

また、auスマホや、BBIQ光、BBIQ光電話の新規申し込み時にしか組めないというわけではありませんので、既に3つのサービスを利用中で、まだauスマートバリューを組んでいない人はauショップへ急ぎましょう(^o^)

auスマートバリューの割引額はauの料金プランによって違う

auスマートバリューの割引額は500~2,000円と、auで契約している料金プランによって異なります。

新規受付を行っているプラン

プラン名 割引額/月
新auピタットプランN500円
※1GBまでは割引対象外
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
タブレットプラン20
1,000円
auピタットプランN(s)2GBまで500円
※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
2GB超~20GB1,000円
カケホ(3Gケータイ・データ付)
934円

※割引は翌月から適用されます。

新規受付を終了したプラン

プラン名 割引額/月
新auピタットプラン500円
※1GBまでは割引対象外
auデータMAXプラン
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
1,000円
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
2GBまで500円
※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
2GB超~20GB1,000円
データ定額1(ケータイ)
データ定額1/1cp
934円
(3年目以降は500円)
データ定額2/3(ケータイ)
データ定額2/3/3cp

ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
934円
U18データ定額201,410円
データ定額5/8/20/5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
1,410円
(3年目以降は934円)
データ定額10/13/30
データ定額10/13(ケータイ)
2,000円
(3年目以降は934円)
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)1,000円

※割引は翌月から適用されます。

ご覧のように、2019年10月にプラン体系が大幅に変更したことで新規受付が終了してしまったプランも多いですが、以前からあるプランでも割引対象になっています。

ただし、中には3年目以降に割引額が減額してしまう料金プランもあります。例えば、「データ定額1」でauスマートバリューを適用している場合、2年目までの割引額は934円ですが、3年目以降は500円に減額されてしまうのです。

ですので、自分が契約しているプランの割引額はいくらなのか?割引額は変わらないか?などをきちんと確認しておきましょう。

また、auスマートバリューを組むためには「BBIQ光電話」(月額500円)に加入する必要があります。よって、auスマホ・ケータイの割引額が500円だった場合は光電話の月額料金と相殺されて±0円になってしまうので、あまりお得感を実感できません…。割引額が934円以上であれば、割引されている実感が湧きそうですね。

ちなみに割引が適用されるのは、auスマートバリューの申し込みをした翌月以降からになります。

auスマートバリューは最大10回線まで割引可能

先ほど『割引額が500円だった場合はあまりお得感が…』とお伝えしましたが、ご安心ください。

auスマートバリューは最大10回線まで組むことができるので、自分だけでなく同じ住所に住んでいるご家族のauスマホも割引対象になります。また、離れて住むご家族が50歳以上であっても割引対象になるので、ご実家のご両親やおじいちゃん・おばあちゃんがauユーザーであれば割引可能です。

これなら、もし自分は±0円だとしても、家族全体で見ると結構な割引額になる可能性もあるのでご家族にauユーザーが多ければ多いほどお得度は増していきます。

よって…
『固定電話はいらない』『割引が500円だからお得感ない…』などと思わずに、固定電話は使わなくても割引のために加入だけしておくというのも一つの手段です。

家族4人でauスマートバリューを組んだ場合の料金シミュレーション

割引額について説明しましたが、『実際にいくらお得になるの?…』とあまりイメージがわかないかもしれませんので、シミュレーションしてみましょう。

例えば、4人家族がauユーザーでそれぞれ別々の料金プランを使っている場合、auスマートバリューを適用することでいくらお得になるのでしょうか?

2年目までと3年目以降で割引額が異なるプランもあるため、今回は「最初の2年間だけで、一体いくらお得なのか?」を見ていきましょう。

 自分
基本料金1,700円
(スーパーカケホ)
700円
(通話定額ライト)
1,700円
(通話定額)
700円
(通話定額ライト)
ネット接続サービス料金300円300円300円300円
データ定額5,000円
(データ定額5)
3,500円
(データ定額2)
8,000円
(データ定額10)
4,200円
(データ定額3)
合計金額
(auスマートバリュー適用前)
7,000円4,500円10,000円5,200円
auスマートバリューでの割引額1,410円割引934円割引2,000円割引934円割引
月々の料金5,590円3,566円8,000円4,266円

1ヶ月で見ると1,410円+934円+2,000円+934円=5,278円もお得になります。2年間に換算すると、126,672円とかなりの高額です。

BBIQの月額料金はホームタイプの場合、「つづけて割」や「九電セット」を組むと4,700円で、プラスでBBIQ光電話の月額料金500円がかかるため5,200円になります。

よって、毎月のBBIQ光の月料金+BBIQ光電話の月額料金がauスマートバリューでの家族4人分の割引額で相殺できるため、ネット代が実質無料になるというわけです(あくまでも例です)。

一人でも500~2,000円割引になりますし、ご家族でauユーザーが多ければ多いほどお得度は増していきますね(^o^)

中嶋

BBIQ光の月額料金については、こちらの記事で詳しく紹介しています。
BBIQの料金をまとめてみたBBIQ光の料金は高い?ホーム・マンションタイプを分かりやすく解説!

auスマートバリューの適用条件はBBIQ光電話の契約が必須

これだけお得なauスマートバリューですから、割引しそびれないためにもしっかりと適用条件を確認しておきましょう。

とは言っても、既にお伝えしているように、BBIQでauスマートバリューを組むための条件は

  • auスマホ・ケータイ + BBIQ光 + BBIQ光電話

になります。

BBIQでと言うより、先ほどご紹介した他の光回線でauスマートバリューを組む場合にも光電話などの固定電話サービスの契約は必要になりますので、BBIQに限ったことではありません。ただし、コミュファ光は光電話の月額料金が300円と安かったりします。

最近は『家に固定電話は必要ない』という人も多くなってきましたが、「割引を適用するためだけ」にとりあえず契約して設置はしないという人もいます(僕が以前そうでした)ので、ご家族にauユーザーが多いのであれば尚更契約することをおすすめします。

BBIQ光電話は月額料金が安いだけでなく、通話料も安い、オプションサービスも充実している、Wi-Fi機能が標準装備されているなど、様々なメリットがありますので、固定電話をよく利用する人にとってもおすすめできるサービスです。

BBIQ光電話については、こちらの記事で詳しく紹介しています。
BBIQ 光電話とはBBIQはネットだけじゃない!月額料金も通話料も安い「光電話」とは?

注意点のまとめ

auスマートバリューについて紹介してきましたが、注意点についてまとめておきましょう。

注意点
・組むためには光電話(月額500円)の契約が必須
・全てのau料金プランが割引対象というわけではない
・au料金プランによっては3年目以降に割引額が減額する
・自動適用ではなく申し込みが必要

まずは、auスマートバリューを組むための条件として、BBIQ光電話(月額500円)に加入する必要があります。ですが、この条件はBBIQに限ったことではなく他の光回線でも同じです(コミュファ光の光電話は月額300円)。

次に全てのau料金プランが割引対象ではないということです。基本的にはほとんどのプランで割引されますが、「新auピタットプランNの~1GB」や「auピタットプランN(s)の~1GB」など割引対象外のプランもあるので気を付けましょう。

また、中には割引額が3年目以降に減額するau料金プランもありますが、割引自体は継続していきます。

そして、意外と忘れがちなのがauスマートバリューの申し込み自体を忘れてしまうことです。auスマートバリューは自動適用ではなくauショップなどで申し込みをしないことには適用されないので、申し込みのし忘れには注意してくださいね。

『割引されていないと思ったら申し込みしてなかった…』ということにならないように気を付けましょう。

中嶋

auスマートバリューは代理店からBBIQを申し込んでも適用可能

BBIQ光は、家電量販店、公式サイト、代理店サイトなどで申し込めますが、どこから申し込んでもauスマートバリューは適用できます。ただし、auスマートバリューはauショップなどでしか申し込めません

であれば、BBIQ光を申し込む時はお得な方が良いですよね。

そこでおすすめなのが、「株式会社NEXT」という正規代理店です。

NEXTでBBIQ光を申し込むと最大30,000円キャッシュバック

NEXTのキャンペーン内容
特典最大30,000円キャッシュバック
月額割引
(ギガスタート割)
BBIQ光の月額料金を、開通月の翌月から11ヶ月間×1,000円割引
◆キャッシュバック特典と併用可能!
受け取り条件指定されているオプションに2つ以上加入
受け取り時期開通月の3ヶ月後にNEXTから振り込まれる
ギガスタート割
つづけて割
九電セット割
auスマートバリュー

NEXTという代理店は、BBIQ以外にも、ソフトバンク光、auひかり、ビッグローブ光などの光回線を始め、コミュファ光、メガエッグ、ピカラといった地域限定の光回線も取り次ぐ、業界でもトップクラスの代理店です。

NEXTの特長
・キャッシュバック金額が高額
・キャンペーンの適用条件が分かりやすい
・キャッシュバックの手続きが簡単
・受け取れるまでの時期が早い

NEXTのキャンペーン内容は、基本的にはどの光回線でも上記のことが言えます。そのため、Twitterなどにも『NEXTはおすすめ!』といった評判が挙がっています。

BBIQに関しては取り次ぐ代理店がそんなに多くありませんが、公式サイトのキャンペーンが10,000円の商品券プレゼントということを考えると「最大30,000円の現金キャッシュバック」はかなりお得だと思います。

キャッシュバックは指定された以下のオプション2つ以上に加入すればもらえます。

  • 安心まとめてパック:700円/月(最大2ヶ月間無料)
  • BBIQ雑誌読み放題:400円/月(最大2ヶ月間無料)
  • BBIQビデオ放題 U-NEXT:990円~/月
  • アプリ放題:500円/月(2ヶ月間無料)
  • BBIQ光電話バリュープラン:600円/月

オプションは全て有料のものですが、無料期間が終わったら外しても問題ありません

キャッシュバックの手続きは、BBIQ光を申し込む際に口座情報を伝えるだけで完了です。書類に捺印して郵送したりといった手間もありません。あとは3ヶ月後に振り込まれるのを待っているだけで良いのです。

auスマートバリューを始め公式で行っている割引はNEXTから申し込んでも適用できますので、最大30,000円キャッシュバックをもらえることを考えたら公式サイトよりもNEXTで申し込んだ方がお得です。

NEXTについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。
BBIQはNEXTがおすすめBBIQ光の申し込みは公式サイトよりもキャッシュバックがお得なNEXT!

最大41,000円の特典が受けられる!

NEXTのキャンペーンサイトはこちら

まとめ

今回はBBIQでも組めるauスマートバリューについてご紹介してきました。

auスマートバリューはau(KDDI)が行っているサービスですが、auひかり以外にも、BBIQを始め様々な光回線で組むことができます。どこで組んでも、毎月のauスマホ料金が500~2,000円割引、割引数は最大10回線と、サービス内容に違いはありません。

ですが、組むためにはBBIQ光電話(月額500円)の契約が必要になります。光電話は月額料金や通話料がNTTの加入電話よりも安いため、固定電話をあまり使わない人・よく使う人どちらの方にもお得なサービスです。

ご家族にauユーザーが多ければ多いほどauスマートバリューでの割引額が大きくなっていきますので、『固定電話は使わない…』という人もauスマートバリューで割引を受けるための手段として契約することをおすすめします。

ただし、auスマートバリューは自動適用ではなく申し込みが必要になりますので、くれぐれも申し込みのし忘れには注意しましょう。