NULL

BBIQ光の通信速度は遅い?!利用者の口コミ評価と遅い時の対処法は?

BBIQ光の通信速度は遅い?!利用者の口コミ評価と遅い時の対処法は?

インターネットを使う上で重要な要素、それは「料金」と「通信速度」です。

九州エリア限定で提供されているBBIQ(ビビック)光でも光コラボ同様に最大1Gbps(ギガ)の通信が利用できますが、申し込みを検討されている方の中で『BBIQ光の速度って実際どうなの?』と疑問に思われている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、実際にBBIQ光を使っている人の口コミを見ていき、万が一遅い時の対処法についても紹介していきます。

速度が気になる方は、こちらの記事からすぐに測定ができます!
ネットの速度をスピードテストで今すぐチェック!自宅のインターネット回線の速度は遅い?スピードテストで測定可能!

BBIQ光は『速い』『遅い』と両方の口コミがされている

BBIQ光はフレッツ光や光コラボとは違い、提供エリアが全国に広がっているネット回線ではありません。

そのため、フレッツ光や光コラボのように利用者(契約者)が何百万人に膨れ上がることがなく、フレッツ光や光コラボのように大勢で一つのNTT回線を取り合うことがないため、フレッツ光系よりも速度が遅くなりにくく快適に使えるのです。

ですが、インターネットは「ベストエフォート型」と言われる方式で提供されています。これは「最大速度を出すように頑張るけど保証はしないよ」という方式なので、最大1ギガはあくまでも理論値であってネットを利用する際の速度ではないのです。

また、インターネットは、提供エリア、設備環境、利用する時間帯などによっても速度に違いがあったりします。

これはBBIQに限ったことではなく、ソフトバンク光、auひかり、NURO光など他の光回線においても同じ事が言えるので是非覚えておいて下さい。

『速い』『快適』といった評判の声が目立つ

先ほどご紹介しましたが、インターネットはベストエフォート型で提供されているため、1ギガサービスを利用する場合、実際のネット利用時の速度は80~200Mbps(メガ)出れば良いとされています。

実際に、80Mbpsであっても、ネット検索だけでなく動画閲覧にもほとんど支障がなく楽しむことができます。

では、最初に『速い』『快適』と評価している利用者の方の声を見てみましょう。

BBIQは『速い』『快適』
良い評判1:ダウンロード速度も481Mpsと速くPing値も26.0ms
良い評判2:以前のネット回線より10,000倍の411.2Mbps
良い評判3:770Mbpsで快適!
良い評判4:ダウンロード640Mbps&Ping値も29msで快調
良い評判5:570Mbpsと速いけど、料金が高い…
良い評判6:めっちゃ速い!さらば混雑時間帯

良い評判1:ダウンロード速度も481Mpsと速くPing値も26.0ms

1ギガのネット回線は80~200Mbps出れば概ね良好ですが、この方は481Mbpsとかなり速い速度が出ています

また、Pimg値も26.0msなのでネット環境はとても快適と言えると思います。

Ping値とは?

「Ping」(ピング)とは、サーバーからの返答速度を数値化したものです。Ping値は「ms(ミリ秒)」という数値で表されますが、Ping値は小さければ小さいほど快適な通信が行えます

Ping値快適度
30ms以下快適
50ms普通
100ms以上遅い

Ping値を快適度で表すとこのようになりますが、あくまでも目安です。

快適にネットを利用できるのは30ms以下ですが、リアルタイムでの反応が求められるオンラインゲームでは10ms以下が理想とも言われています。

ゲームをする方なら経験があると思いますが、キャラクターを操作してから実際に動くまではタイムラグがあったりしますよね。あのタイムラグを数値化したものがPingです。

良い評判2:以前のネット回線より10,000倍の411.2Mbps

この方はBBIQの前にhi-hoひかりという光コラボを利用されていたようですが、その時の速度は0.04Mbps…。これでは全く使い物になりません。『良くて4Mbpsしか出なかった』とありますが、あまりにも遅すぎます。

そのhi-hoひかりからBBIQにしたところ、10,000倍以上の411.2Mbpsと超高速に大変身したようです(画像をクリックすると数値を確認できます)。

正にケタ違いですね(^o^)

良い評判3:770Mbpsで快適!

この方は通信速度770Mbpsと、今回ご紹介する方の中で最高値です。

繰り返しになりますが、1ギガのネット回線は80~200Mbpsも出れば概ね良好ですので、それを遥かに超える770Mbpsとは驚きです。我が家のネット回線と比較すると…。羨ましいの一言に尽きます(^^ゞ

良い評判4:ダウンロード640Mbps&Ping値も29msで快調

この方もダウンロード速度が640Mbpsとかなりの高速通信が行えていますし、アップロードも553Mbpsと申し分ない速度と言えます。

先ほど出てきたPing値も29msとギリギリですが、快適に使えると言われている目安の30ms以下ですので通信速度と共にとても快適にネットが使えているのではないでしょうか。

良い評判5:570Mbpsと速いけど、料金が高い…

この方は570Mbpsも出ているので速度には満足しているようですが、『(月額料金が)高いけど…』と料金に不満を感じているようです。

確かに、通信速度が速くても料金が高かったら『う~ん…』てなりますよね。では、BBIQのネット料金が他の光回線と比べた時に安いのか?高いのか?見てみましょう。

割引前の料金を他社と比較するとBBIQは高い…

人気のネット回線と比較すると以下のようになります。

ホームタイプマンションタイプ
BBIQ5,800円3,800~5,800円
NURO光4,743円4,743
ソフトバンク光5,200円3,800円
auひかり5,200円3,800円
ドコモ光5,200円4,000円
So-net光5,580円4,480円
ビッグローブ光4,980円3,980円
@nifty光5,200円3,980円
フレッツ光5,700円+α3,350円+α

※割引前の料金です。※フレッツ光はNTT東日本の料金です。

ホーム(戸建て)タイプで比較すると、BBIQは600~1,000円ほど高くなってしまいます。ですが、これは割引前の通常料金で、ここから最大3つの割引を適用することが可能です。

その割引を適用させた表がこちらになります。

月額料金
12ヶ月目まで
(ギガスタート割適用時)
13ヶ月目以降
(ギガスタート割終了後)
通常時4,800円
5,800円
九電セット割 適用時
(-300円)
4,500円
5,500円
つづけて割 適用時
(-800円)
4,000円
5,000円
つづけて割+九電セット割 適用時
(-800円&-300円)
3,700円
4,700円

「ギガスタート割」「九電セット割」「つづけて割」の3つの割引を適用した場合は最大で2,100円も割引され、3,700円と他のネット回線よりも1,000~1,500円ほど安く利用できます

ただし、13ヶ月目以降は「ギガスタート割」での割引がなくなってしまうため、通常料金に戻ってしまいます。

また、BBIQのマンションタイプに関しては3つの配線方式によって料金プランが異なっています。さらに、そのマンション内での契約者数によって料金が変動する仕組みになっているので、契約者数が少なかったりすると他社よりも料金が高くなってしまう場合もあります。

料金プランについての詳しい内容はこちらをご覧ください。
BBIQの料金をまとめてみたBBIQ光の料金は高い?ホーム・マンションタイプを分かりやすく解説!

良い評判6:めっちゃ速い!さらば混雑時間帯

こちらの方はBBIQの前にどこのネット回線を使われていたのか定かではありませんが、『さらば混雑時間帯っ』とあるように混雑時間帯に速度が遅くなった経験があるようですね。

しかし!
混雑時間帯による速度遅延はBBIQでも発生します。

BBIQでも混雑時には速度遅延が起こる…

BBIQ公式サイトには以下のように書かれています。

回線が混雑する時間帯にインターネットを利用すると、通信速度が遅くなることがあります。
総務省が発表している平成30年版情報通信白書の「主なメディアの利用時間帯」 によると、インターネットの利用時間に関しては次のような傾向があります。

・平日は朝や正午、夜は21時~23時が特に利用者が多い
・休日は全体的に利用時間が増え、特に朝と、夜は21時~22時が多い

利用率の高い時間帯と利用率の低い時間帯に速度を確認し、両者に差が生まれる場合にはこれが原因で速度が遅くなっているといえます。通勤・通学時間や昼休み、在宅が多い時間などで混雑する傾向があります。そのため、こうした時間帯はインターネットが重く感じることがあります。特に集合住宅の場合、同じ回線を利用者全体で使うこともあり、周りの住人の利用状況もインターネット速度へ影響を与えます。

※引用元:インターネットの回線速度とはより

平日の21~23時と休日はネット利用者が増えるため、BBIQに限らず他のネット回線でも速度遅延が起こります。

そのため、混雑時に動画閲覧やファイルのダウンロードなどデータ容量の多い通信を行ったりすると、『遅い…』と感じてしまうケースが多々あります。

BBIQは光コラボのように全国展開しているネット回線ではないため、他の光回線ほど混み合わずに快適に利用できるんですね(^o^)

中嶋

『遅い…』と不満の口コミもあります

ここまでは『速い』といった口コミを見てきましたが、『遅い』と不満を口にしている方もいます。

ここからはそういった方たちの声を紹介していきます。

BBIQは『遅い』
良くない評判1:ダウンロード2.48Mbps・アップロード3.75Mbps
良くない評判2:ダウンロード5.12Mbps・アップロード157.74Mbps
良くない評判3:繋がりが悪い!動画が断続的に止まる

良くない評判1:ダウンロード2.48Mbps・アップロード3.75Mbps

この方は『改善されてない』とありますが、元々BBIQを使っていてルーターを新しくしてもらったのでしょうか。

ですが、速度はアップロード3.75Mbps・ダウンロード2.48Mbpsと、正直遅いです。

Twitterを投稿した時間は朝のようですが、速度測定したのも同じくらいの時間であれば、先ほどの混雑時間帯に該当してしまうため速度遅延は考えられます。ですが、それを考慮しても遅すぎます。

良くない評判2:ダウンロード5.12Mbps・アップロード157.74Mbps

この方はアップロード速度は157.74Mpsと速いですが、肝心なダウンロード速度が5.12Mbpsと遅いです。また、Ping値も93.0msなので決して快適とは言えません。

ただし、この方もTwitterの投稿が夜7時台と混雑時間帯に該当するため、その時間帯以外にダウンロード速度がどれぐらいなのか気になりますが、だからと言って一気に80~100Mbpsまで上がるとも考えづらいですが…。

良くない評判3:繋がりが悪い!動画が断続的に止まる

こちらの方は実測こそ書いていませんが、『動画が断続的に止まる』と嘆いています。

あくまでも目安になりますが、サイト閲覧、動画閲覧など、インターネットを利用するには以下の速度が必要になります。

・サイト閲覧
・メールの送受信
10Mbps
・通常画質動画の閲覧
・音楽のダウンロード
50Mbps
・高画質動画の閲覧
・オンラインゲーム
100Mbps

何かをググったりネットショッピングする程度であれば10Mbpsでも問題ありません。ですが、YouTubeで映画やドラマを観たり音楽をダウンロードする場合には50Mbps程度が必要で、オンラインゲームをする場合は100Mbpsが必要になります。

それを考えると、もしかしたら20Mbps以下の速度しか出ていないのかもしれませんが、動画閲覧に不便さを感じるほど遅いようです。

他の光回線でも言えることですが、『速い』と言う人もいれば『遅い』と言う人もいるのが事実なので、残念ながら『BBIQ光の速度は速い・遅い』と言い切ることはできないのです。

中嶋

通信速度が遅い時の対処法は?

BBIQの速度に関しての口コミを探している時に、このような書き込みを見つけました。

こちらの方は、「古い昔のWi-Fiルーター」と「元々(データ容量が)重いパソコン」を使っているがために、速度の恩恵を受けられていないようです。

重要ポイント!
パソコン、Wi-Fiルーター(無線LANルーター)、LANケーブルなどの機器が古かったりすると、ベストパフォーマンスが発揮できないため、通信速度遅くなってしまう可能性があるのです。

パソコンが古い場合は買い替えも必要になってくる

写真が趣味で、撮った大量の写真をパソコンに保存したりしている方多くないですか?

その場合、パソコンのデータ容量がどんどん溜まって重くなってしまい、それが理由で通信速度が遅くなってしまう可能性も十分に考えられます。

そのような時は、家電量販店やamzonとかで売られている外付けハードディスクを買ってそちらにデータ移行し、パソコン内のデータ使用量を軽くすることで改善されたりします。僕も以前は、旅行した時の写真や動画をパソコンに保存していましたが、『前より速度落ちた?』と感じ外付けハードディスクを購入しデータ移行したところかなり改善されました(^^ゞ

ですが、古いパソコンを使い続けている場合、処理し切れないことによって動作が重くなったり速度が遅くなってしまうこともあるのです。そういった場合にはパソコンの買い替えが必要になってきます。

使い回しているLANケーブルの規格はいくつですか?

BBIQには「ギガコース」「100メガコース」と、最大通信速度が異なる2種類のコース(プラン)がありますが、BBIQの公式サイトでは「ギガコース」の場合には「カテゴリー5e以上のストレートケーブル」が推奨されています。

家に余っていたLANケーブルを使うことも可能ですが、大体のケースでLANケーブルの規格が古かったりします。また、LANケーブルは長期間使用すると劣化してきたり、少しの衝撃で中の線が切れてしまったりもします。そうなると、パフォーマンス力が落ちて通信速度は出にくくなってしまいます。

そんな場合はLANケーブルの買い替えがおすすめですが、「新品ならどれでも良い」という訳ではありません

LANケーブルは規格によってパフォーマンスに違いがある

何故なら…
LANケーブルの規格によって通信速度が異なってくるからです。
規格通信速度
CAT5100Mbps
CAT5e1Gbps
CAT61Gbps
CAT6A10Gbps
CAT710Gbps

現在主流のLANケーブルの規格はこのようになっていて、規格の数字が大きくなるにつれてスペックが高くなっています。

LANケーブルのカテゴリー(規格)ごとの内部構造INTERNET Watch公式サイトより引用

また、上の図のように「CAT5」タイプは、「CAT6」「CAT6e」のようにLANケーブル内部に4対の配線が偏らないためのスペーサーで仕切りがされていないので、中で配線同士がぶつかり合って速度のパフォーマンスが上がりにくかったりします。

ですので、個人的にはスペーサーが内蔵されている「CAT6」「CAT6e」や、LANケーブル自体が頑丈になり外部からの圧力を受けにくい「CAT7」がおすすめです。

ただし、「CAT6」以上の規格でも、スタンダードタイプ(丸いコード)のLANケーブルを買うようにしましょう。

おすすめのLANケーブルあまりおすすめではないLANケーブル
おすすめのLANケーブルスタンダードタイプあまりおすすめではないLANケーブルフラットタイプ
※amazon公式サイトより引用

フラットタイプ(平べったいコード)はスタンダードタイプに比べて折れ曲がってしまう可能性が高く、通信速度にも影響が出てしまったりします。

長さにもよりますが、amazonでは5mの長さでも1,200円ほどで購入できます。5mだとちょっと長い感じもしますが、2mとかを買って『短い…』となるよりは良いですし、3mよりも500円安く買えます。

 

BBIQ側だけでなく、僕たちが使う機器によっても速度に影響が出てしまう可能性があるので注意しましょう。

中嶋

LANケーブルについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。
BBIQの開設工事って簡単?面倒?BBIQの開通工事は面倒?それとも簡単?当日の流れと共に解説します!

まとめ

今回はBBIQの通信速度に関する評判について見てきましたがいかがでしたでしょうか?

BBIQの最大通信速度は1ギガですが、提供エリア、設備環境、利用時間帯などによっては速度が遅くなってしまうこともあり、Twitterでも『速い』と言う人もいれば『遅い』と言う人もいたりと様々です。

また、BBIQ側の問題だけでなく、利用する際のパソコン・無線LANルーター・LANケーブルなどの機器が古かったりすると速度の恩恵を受けることができないので、その場合には買い替えが必要になってしまいます。

BBIQの申し込みを検討している方、または既にBBIQを使っていて『遅いなぁ…』とお悩みの方は、今回ご紹介した内容を是非参考にしてみてください。