NULL

月額料金や通話料が安い「ビッグローブ光電話」申し込むだけでお得?

ビッグローブ 光電話は申し込むだけでおトク?

日常で使う電話がスマホや携帯電話のみという方も多いですよね?

実家住まいであれば固定電話を利用する機会もありますが、一人暮らしの方であれば『固定電話なんて契約していない』という方がほとんどだと思います。

確かにNTTの加入電話は月額料金が1,700円ほどしますし、ほぼ置いておくだけの固定電話に1,700円も払いたくないですよね?

しかし、BIGLOBEが提供してる「ビッグローブ光電話」は、月額料金が500円とNTTの加入電話に比べて格段に安く、さらに通話料も全国一律8円/3分とお得な固定電話サービスです。

さらに、「ビッグローブ光電話」を利用することでauスマホとのセット割引「auスマートバリュー」が組めたりと、申し込むだけでメリットを受けられるため、固定電話をあまり使わない人・よく使う人どちらにとってもメリットがあります

そこで今回は、実は申し込むだけでお得になる「ビッグローブ光電話」について紹介していきます。

光電話とは?

『そもそも光電話って何?』という方もいると思うので、簡単に「光電話」と「NTT加入電話」の違いについて説明します。

「光電話」とは、NTT東日本・西日本が提供している光ファイバーのインターネットサービス「フレッツ光」を利用した電話サービスのことで、簡単に言うと光回線を使った固定電話です。それに対して、NTT東日本・西日本が提供していて昔から一般家庭などでよく使われているNTT電話サービスのことをNTT加入電話と言います。「アナログ電話」と言われることもあります。

「ビッグローブ光」はフレッツ光の光ファイバーを利用した光コラボと言われるサービスなので、提供している「ビッグローブ光電話」も同様に光ファイバーを使った固定電話になります。そのため、ビッグローブ光電話はあくまでもビッグローブ光の光ファイバーを使った電話サービスなので、ビッグローブ光電話単体での申し込みはできません

電話番号も050から始まる電話番号ではなく、NTTの加入電話と同じく市外局番から始まる電話番号で、音声をデータ化して光回線に乗せて通話する仕組みになっています。よって、安い料金で使うことができるのです。

通話品質もNTTの固定電話と比較しても遜色ない品質なので、「安かれ悪かれ」ということはありません

「ビッグローブ光電話」5つの特徴

ビッグローブ光電話 メリット※BIGLOBE公式サイトより引用

先ほども簡単に紹介しましたが、「ビッグローブ光電話」には、月額料金が安い、通話料が安いなど、主に5つの特徴があります。

  1. NTT加入電話よりも月額料金や通話料が安い
  2. NTTで使っている電話番号が継続利用できる
  3. 緊急時の通報も可能
  4. オプションサービスが充実している
  5. auスマートバリューを組むことでスマホ料金が毎月割引される

固定電話でよく通話をする人には通話料が安いのはメリットですし、『あまり使わないけど念のために使っている』という人には月額料金が安いのは嬉しいですよね。

もちろん緊急時の通報(110・119)もできますし、「発信者番号通知」や「転送電話」などのオプションサービスも使えますので、現在NTTの加入電話を使っている方は、電話番号も変わらないで安くお得に利用できるようになるのです。

また、auユーザーの方であれば、auスマホとのセット割引「auスマートバリュー」を組むことで月々のスマホ料金も割引してもらえたりと、ビッグローブ光電話にはいくつものメリットがあります。

それでは、特徴を一つずつ見ていきましょう。

佐藤

サービス自体もNTT加入電話とそれほど変わらないのであれば、月額料金や通話料が安いビッグローブ光電話の方が良いでよね(^o^)

特徴1. NTT加入電話よりも月額料金や通話料が安い!

利用する上で気になるのが料金面です。

しかし、既にご紹介しているようにビッグローブ光電話はNTT加入電話と比較しても月額料金・通話料ともに安いので、現在NTTの加入電話を使っている方はお得に使うことができます。

ビッグローブ光の月額料金は500円

月額料金については、一目瞭然です。

ビッグローブ光電話(基本プラン)NTT加入電話
月額料金500円約1,700円

NTT加入電話の月額料金は約1,700円ほどしますが、ビッグローブ光電話は500円と1,200円も安く、年間にすると14,400円もお得になります。

全く電話をしない(発信しない)場合であれば毎月500円に加え、ユニバーサルサービス料の2~3円がかかるだけです。ただし、発信した場合には後ほど紹介する通話料がかかります。

A(エース)には最大3時間分の通話料が含まれている

ビッグローブ光電話には、月額500円の基本プランとは別に「ビッグローブ光電話A(エース)」というプランもあります。

A(エース)プランの月額料金は1,500円と基本プランに比べて高めですが、月額料金の中に480円分(3時間相当)の無料通話分が含まれています。使い切らなかった無料通話分は翌月(1ヶ月間のみ)に繰り越すことができます。

また、月額料金の中には以下6つのオプションサービス利用料も含まれています。

  • 発信者番号表示
  • 通話中着信通知
  • 自動転送
  • ナンバー・リクエスト
  • 迷惑電話ブロック
  • 着信お知らせメール

オプションサービスについては後で詳しく紹介しますが、6つのサービスを個々で入った場合には合計で1,700円になるので、『オプションサービスを含めて家の電話はよく使う』という人やご家庭にはA(エース)プランの方がおすすめです。

通話料は全国一律8円/3分

通話料は以下のようになります。

ビッグローブ光電話NTT加入電話
固定電話
への通話
市内8円/3分
8.5円/3分
市外・県内30円/3分
県外80円/3分
携帯電話
への通話
NTTドコモ16円/1分20円/1分
au東日本:17.5円/1分
西日本:18円/1分
30円/1分
ソフトバンク40円/1分
ワイモバイル16円/1分30円/1分
PHSへの通話10円/36秒~1分10円~/1分

NTT加入電話は発信先の距離によって通話料が異なりますが、ビッグローブ光電話の場合は全国どこにかけても8円/3分と料金は一律です。NTT加入電話で県外に発信した場合は80円/3分の通話料がかかるのに対し、ビッグローブ光電話は8円/3分なので最大90%OFFの料金で通話が可能になるのです。

また、国内通話だけでなく国際電話の通話料もお得です。例えば、アメリカ本土へは9円/1分(NTTの場合は60円/1分)、中国へは30円/1分(NTTの場合は140円/1分)とNTTの加入電話よりもお得に国際電話を利用できます。

各国への通話料については公式サイトで確認できます。

佐藤

ビッグローブ光電話はNTT加入電話に比べて月額料金や通話料も安いので、固定電話をあまり使わない人・よく使う人どちらにもお得と言えますね。

特徴2. 電話番号や電話機がそのまま使える

『電話番号が変わってしまうのでは?…』と心配している方も多いと思いますが、NTT加入電話からビッグローブ光電話に切り替えても電話番号や電話機はそのまま使えます

NTT加入電話でご利用中の電話番号をビッグローブ光でも継続利用する場合は、以下の費用がかかります。

電話番号の移行にかかる費用
番号移行の工事費2,000円
利用休止の工事費2,000円
ただし
NTT東日本・西日本の一般加入電話、またはISDN以外で発番された電話番号は、ビッグローブ光電話に移行(番号ポータビリティ)することはできません。また、電話機の種類によっては継続利用ができないものもありますのでご注意ください。

番号ポータビリティは、あくまでも『ビッグローブ光電話でも今の電話番号を使いたい』という人向けの話なので、『電話番号は変わっても良い』という人は特に気にする必要はありません。

なお、電話番号をお持ちでない人はビッグローブ光電話を新規申し込みする際に電話番号が発番されます。

佐藤

移行できる電話番号は「NTT東日本・西日本で発番された電話番号」と覚えておけば基本的には大丈夫だと思います。

特徴3. 万が一の時も安心!緊急通報も可能

ビッグローブ光電話でも、110・119など警察や消防などの緊急通報や、171の災害用伝言ダイヤル、フリーダイヤルなどへの発信が可能です。

電話番号サービス内容発信可否
104番号案内〇(有料)
110警察(緊急通報)
114お話し中調べ×
115電報受付〇(有料)
117時報〇(有料)
119消防(緊急通報)
136ナンバー・アナウンス×
171災害用伝言ダイヤル
177天気予報〇(有料)
188消費者ホットライン〇(有料)
189児童相談所虐待対応ダイヤル
0120フリーダイヤル
0170伝言ダイヤル×
0570ナビダイヤル
0990災害募金

こちらが全てではありませんが、主な番号による発信の可否はこのようになります。詳しく知りたい方はこちら(フレッツ光の公式サイト)でご確認いただけます。

ただし、ビッグローブ光電話を設置している場所が停電時には、緊急時の通報を含めて通話ができませんので覚えておきましょう。

佐藤

万が一の時、緊急通報が使えるのは安心ですね。

特徴4. オプションサービスが充実している

『光電話ってサービスどうなの?』って思っている方もいるかもしれませんが、ビッグローブ光電話は、NTTの加入電話と同じく「発信者番号表示」「自動転送」「迷惑電話ブロック」などのオプションサービスも利用できます。

サービス名サービス内容月額料金
◆発信者番号表示かけてきた相手の電話番号を表示させます400円
◆通話中着信通知通話中にかかってきた他の電話を受けられます300円
◆自動転送かかってきた電話を外出先の電話などで受けられます500円
◆ナンバー・リクエスト非通知でかけてきた相手に自動音声で対応します200円
◆迷惑電話ブロック迷惑電話からの着信を拒否できます200円
◆着信お知らせメール不在時の着信をメールで通知してくれます100円
FAXお知らせメールFAXの受信をメールで通知してくれます100円
複数チャンネル2回線の同時利用が行えます200円
追加番号電話番号の使い分けが行えます100円

オプション名の頭に◆マークがついているサービスは、A(エース)プランの月額料金内で利用可能なオプションサービスです。

発信者番号表示を利用する際は、ナンバーディスプレイ対応の電話機が必要になります。また、2019年11月より自動転送を申し込む際は法改定に伴い本人確認が義務化になっています。

佐藤

ナンバー・リクエストや迷惑電話ブロックのサービスも利用できるので、お子様のいるご家庭でも安心してビッグローブ光電話を利用できますね。

特徴5. auスマートバリューを組むとスマホ料金が毎月割引される

ビッグローブ光でもauスマホが最大2,000円割引になるauスマートバリューが組める※BIGLOBE公式サイトより引用

ビッグローブ光電話を利用することでメリットが大きいのがauユーザーです。

ビッグローブ光にはauスマホとのセット割引が「auスマートバリュー」「auセット割」と2種類ありますが、ビッグローブ光電話に申し込むことで「auスマートバリュー」が組めてスマホ料金が毎月500~2,000円割引してもらえます。

割引額は500~2,000円とプランによって異なる

割引額が500~2,000円と幅があるのは、auで契約しているプランによって異なるためです。

新規受付を行っているプラン

プラン名 割引額/月
新auピタットプランN500円
※1GBまでは割引対象外
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
タブレットプラン20
1,000円
auピタットプランN(s)2GBまで500円
※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
2GB超~20GB1,000円
カケホ(3Gケータイ・データ付)
934円

※割引は翌月から適用されます。

新規受付を終了したプラン

プラン名 割引額/月
新auピタットプラン500円
※1GBまでは割引対象外
auデータMAXプラン
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
1,000円
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
2GBまで500円
※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
2GB超~20GB1,000円
データ定額1(ケータイ)
データ定額1/1cp
934円
(3年目以降は500円)
データ定額2/3(ケータイ)
データ定額2/3/3cp

ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
934円
U18データ定額201,410円
データ定額5/8/20/5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
1,410円
(3年目以降は934円)
データ定額10/13/30
データ定額10/13(ケータイ)
2,000円
(3年目以降は934円)
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)1,000円

※割引は翌月から適用されます。

新規受付が終了してしまっているプランも多いですが、以前からあるプランでも対象であれば割引は適用されます。また、プランによっては3年目以降に割引額が変動してしまったりしますが割引自体は継続していきます。

なお、auスマートバリューでは最大10回線まで割引が適用されます。離れて暮らすご家族が50歳以上であれば対象になりますし、もちろん、おじいちゃん・おばあちゃんのauスマホ(またはケータイ)も割引可能です。したがって、auスマートバリューを組むことで家族みんながお得になりますので、『固定電話は必要ない』という人は「割引のために契約して使わない」というのも一つの手だと思います(^o^)

ちなみに「auセット割」はビッグローブ光電話に申し込まなくても組めるセット割引で、ビッグローブ光(1回線のみ)の月額料金が500円または1,200円割引されるサービスです。

auスマートバリューとauセット割の違いについては、以下の記事で詳しく紹介しています。
ビッグローブ光で組めるauスマホとのセット割引はどっちがお得?

佐藤

auスマートバリューを組むのに光電話の契約をネックと思ってしまう人もいるかもしれません。ですが、家族にauユーザーが多く割引額が大きくなるようでしたら申し込んだ方が断然お得です。

初期費用はいくらぐらいかかる?

ビッグローブ光電話もインターネット(ビッグローブ光)同様に、初期費用には「工事費」と「事務手数料」の2種類あります。

申し込み方によって費用が異なるのでそれぞれ見ていきましょう。

ネットと同時契約で「基本工事費」は無料

ビッグローブ光電話を利用するためには「基本工事」が必要になりますが、「基本工事費」は申し込み方によって違いがあります

ネットと光電話を同時契約する場合後から光電話を契約する場合
派遣工事なし派遣工事あり
基本工事費0円1,000円4,500円

ネットと光電話を同時で申し込んだ場合は、ビッグローブ光電話の基本工事費は0円になります。

一方で、既にビッグローブ光を利用していて後からビッグローブ光電話を申し込んだ場合は、派遣工事の有無によって基本工事費が異なります。

基本工事費以外の工事費用

光電話の契約内容によっては、基本工事費以外にプラスでかかる費用があります。

費用サービ料金
交換機などの工事費基本機能1,000円/1利用回線
テレビ電話・高音質電話・データ通信0円
ビッグローブ光電話A(エース)◆1,000円/1利用回線
オプションサービス追加番号◆700円/1番号
複数チャネル◆1,000円/1チャネル
発信者番号表示◆1,000円/1利用回線
ナンバー・リクエスト◆1,000円/1利用回線
通話中着信通知◆1,000円/1利用回線
自動転送◆1,000円/1番号
迷惑電話ブロック◆1,000円/1利用回線または1番号
着信お知らせメール◆1,000円/1番号
FAXお知らせメール◆1,000円/1番号
同番移行2,000円/1番号
発信番号通知の変更700円/1装置
機器工事費
(光電話対応機)
設置費(機器の開梱、設置、開通試験、片付けなど)1,500円/1工事
設置費(内線や鳴り分けなどの設定、無線LAN設定)1,000円/1工事

基本工事費以外にかかる費用は以上です。

料金の前に◆マークがついている費用は、ビッグローブ光電話と同時に工事を行う場合には0円になります。

「同番移行」はNTT加入電話で使っている電話番号をビッグローブ光電話でも継続利用するサービスで、「同番移行」(番号ポータビリティ工事費)の工事費2,000円の他に、NTT加入電話を休止するための「利用休止工事費」が2,000円かかります。

光電話を後から契約すると「事務手数料」は無料

「基本工事」同様に、「事務手数料」も申し込み方によって違いがあります

ネット+光電話を同時契約する場合後から光電話を契約する場合
基本工事費3,000円0円

ネット(ビッグローブ光)と光電話を同時で申し込んだ場合は、事務手数料は3,000円かかります。しかし、既にビッグローブ光を利用していて、後からビッグローブ光電話を申し込んだ場合には事務手数料はかかりません

事務手数料はビッグローブ光の契約に対してかかる費用なので、後から光電話を申し込んだ場合でも追加で取られるということはありません。

佐藤

オプションサービスを利用するのであれば、光電話の契約時に一緒に申し込んだ方が工事費がかからないのでお得です。

解約について

それでは最後に、解約について見ていきましょう。

ビッグローブ光電話は、「ネット契約は継続はして電話のみを解約する」ということも可能です。ですが、逆の「ネットは解約して電話のみを継続する」ということはできません。理由は始めの方で説明しましたが、ビッグローブ光電話はビッグローブ光の光ファイバーを使ったサービスだからです。

光電話の解約は簡単です。以下の窓口に電話して解約を申し出るだけです。

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
電話番号:0120-86-0962(通話料無料)
※携帯電話、PHS、IP電話からはこちら:03-6385-0962(通話料有料)
受付時間:9:00~18:00(365日受付)

ビッグローブ光電話を解約した後に以前のNTT加入電話を利用する場合は、NTTに連絡して再度利用する手続きを行う必要があります。

また、NTT加入電話の休止期間はNTT東日本・西日本ともに最長で10年間となっています。休止期間が10年以上経過した場合は、解約として扱われてしまうので注意しましょう。

【注意】光電話を解約するとauスマートバリューも外れる!

ビッグローブ光電話を解約することで一番注意していただきたいのが、auスマートバリュー」も外れてしまうということです。

auスマートバリューを組むには、「auスマホ+ビッグローブ光+ビッグローブ光電話」の3セットが条件になっていますが、ビッグローブ光電話を解約することで条件から外れてしまうため、auスマートバリューが適用されなくなってしまうのです。

よって、家族にauユーザーが多く毎月の割引額が数千円にも及ぶ場合は、解約をしないで使わずに寝かせておくというのも一つの手かもしれません。ちなみに、もう一つのスマホ割引「auセット割」は光電話の契約が条件になっていないので、解約しても割引は継続されます。

佐藤

ビッグローブ光電話を解約することでauスマートバリューも外れてしまうのでくれぐれもご注意ください。

まとめ

今回はビッグローブ光電話について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ビッグローブ光電話の最大のメリットは、NTT加入電話よりも月額料金や通話料が格段に安いという点です。基本プランの月額料金は500円と加入電話よりも1,200円安いですし、通話料も最大90%OFFと、固定電話をあまり使わない人・よく使う人どちらにとってもお得なサービスです。

現在使っている電話番号や電話機も基本的には継続利用できますし、オプションサービスも充実していますのでビッグローブ光電話に切り替えるリスクはほとんどありません。

また、auユーザーの方であれば光電話を契約することauスマートバリューが組めて、毎月のスマホ料金も500~2,000円割引してもらえたりとメリット満載です。

ご自宅で固定電話を利用している人、またはビッグローブ光は契約しているけど光電話は使っていないという人は、インターネットと共に色々とお得になるビッグローブ光電話のご利用を検討してみてはいかがですか?

ビッグローブ光への申し込みはコチラから