ビッグローブ光で組めるauスマホとのセット割引はどっちがお得?

ビッグローブ光は光コラボの中でも人気のインターネットサービスですが、auスマホや携帯電話とセット割引が組めることをご存知でない人が意外と多いみたいです。

実は、ビッグローブ光では、月々のスマホ料金が安くなる「auスマートバリュー」と、月々のネット代が安くなる「auセット割」どちらか好きな方を組むことができるのです。

そのことで新たに出てくる疑問、それが『どっちがお得なの?』という点です。

この2つの割引サービスには、適用条件、割引金額、割引回線数など、様々な違いがあります。

そこで今回は、auスマートバリューとauセット割を比較し、『どっちの割引が自分に合っていてお得になるのか?』を見ていきましょう。

auスマートバリューとauセット割の違いって何?

ではまずは、auスマートバリューとauセット割の違いについて、比較表を基に見ていきます。

auスマートバリューauセット割
割引額500~2,000円1,200円または500円
割引年数プランによって3年目以降に割引額が下がる永年
適用条件ビッグローブ光電話の加入が必要(500円/月)
対象の料金プランを利用中である
対象の料金プランを利用中である
割引対象auスマホ・ケータイの月額料金ビッグローブ光の月額料金
割引数家族のauスマホも含め最大10回線まで割引ビッグローブ光1契約のみ割引

割引額や適用条件などの違いは以上のようになります。

このauスマートバリューとauセット割は併用ができません。どちらかしか適用できないので、『自分にはどっちがお得なんだろう?』ということをしっかり知っておかないと、『実はもう一方のセット割引の方がお得だった…』ということにもなりかねません。

それでは、auスマートバリューとauセット割についてそれぞれ見ていきましょう。

月々のスマホ料金が割引の「auスマートバリュー」

ビッグローブ光でもauスマホが最大2,000円割引になるauスマートバリューが組める※BIGLOBE公式サイトより引用

auスマートバリューの特徴
・割引対象はauスマホ
・料金プランによっては最大2,000円割引になるプランもある
・最大10回線まで割引が可能
・ビッグローブ光電話への加入が必須

auスマホの月々の料金が割引になる「auスマートバリュー」は、名称に“au”と付くだけあってKDDIが提供しているサービスです。

auスマートバリューはビッグローブ光以外にも、auひかりはもちろん、so-net光や@nifty光などの光コラボ、コミュファ光・メガエッグ・BBIQなどの地域電力系回線とも組めたりしますので、auユーザーには選択肢が広がります。

割引額は500~2,000円/月

スマホの料金プランによって割引額は異なり、中には3年目以降に割引額が減額してしまうプランもあります。

新規受付を行っているプラン

プラン名 割引額/月
新auピタットプランN500円
※1GBまでは割引対象外
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
タブレットプラン20
1,000円
auピタットプランN(s)2GBまで500円
※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
2GB超~20GB1,000円
カケホ(3Gケータイ・データ付)
934円

※割引は翌月から適用されます。

新規受付を終了したプラン

プラン名 割引額/月
新auピタットプラン500円
※1GBまでは割引対象外
auデータMAXプラン
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
1,000円
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
2GBまで500円
※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
2GB超~20GB1,000円
データ定額1(ケータイ)
データ定額1/1cp
934円
(3年目以降は500円)
データ定額2/3(ケータイ)
データ定額2/3/3cp

ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
934円
U18データ定額201,410円
データ定額5/8/20/5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
1,410円
(3年目以降は934円)
データ定額10/13/30
データ定額10/13(ケータイ)
2,000円
(3年目以降は934円)
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)1,000円

※割引は翌月から適用されます。

既に新規受付を終了しているプランも多かったりしますが、現在受付中のプランでは500~1,410円割引といったところです。新auピタットプランも対象になっています。

最低でも500円割引になるためお得のように思えますが、auスマートバリューを組むためにはビッグローブ光電話への加入が条件になっていましたよね。このビッグローブ光電話の月額料金は500円ですので…、±0円になってしまうのです。

したがって、1人でauスマートバリューを組む場合は、割引額が1,000円以上の料金プランでないとお得にならないのです。

家族みんなのauスマホがお得になる!

±0円となると、『auスマートバリューを組んでも意味ないか…』ってなってしまいますよね。ですが、安心してください。

公式サイトには以下のように書かれています。

一人でも家族でも、同居家族が割引き対象です。さらに50歳以上なら離れて暮らす家族も割引き対象に。

最大10回線まで、1回線あたりの月々のauスマホなどの月額利用料金が割引きされます。

最大10回線まで割引されることはお伝えしましたが、離れて住んでいる家族が50歳以上であれば割引対象になるのです。つまり、一人暮らしをしてauスマートバリューを組んだ場合、実家にいる両親や、おじいちゃん・おばあちゃんも割引対象になるのです。

よって
auスマートバリューは、家族内でauのスマホ・ケータイを使っている人が多ければ多いほどお得になるので、そういう方にはおすすめです。

auスマートバリューの適用条件や注意点

最大10回線も割引されるので、損しないためにもしっかりと適用条件や注意点を確認しておきましょう。

まずは、適用条件についてです。

  • ビッグローブ光 + ビッグローブ光電話 + auスマホ
  • ビッグローブ光とauスマホの契約者が同一性・同一住所であること

特に難しい条件ではないですね。続いて注意点を見てみましょう。

注意点
・auスマートバリューはauショップでの申し込みが必要
・同一のauスマホでの重複申し込みは不可
・別性やauスマホが累計5回線以上の場合、家族・同一住所である証明書が必要
・割引適用は翌月以降から
・「auセット割」「auスマートバリューmine」「東京ガストリプル割」など、他の割引サービスとの併用は不可

auスマートバリューは自動適用ではなく、auショップで申し込みをしなければなりません。また、別姓の家族と組む場合や累計の回線数が5回線以上になる場合は、家族または同一住所であることを証明できる戸籍謄本などの書類が必要になります。

そして、他の割引サービスとの併用ができない点には注意が必要です。

ビッグローブ光は、auスマートバリューに加え、auセット割、東京ガストリプル割などいくつもの割引サービスが適用できますが、これらは併用不可です。ですので、申し込む前に「自分にはどの割引サービスが一番お得なのか?」を知っておくことが重要になってきます。

auスマートバリューの申し込み手順

手順1
ビッグローブ光・ビッグローブ光電話の申し込み&利用開始

auスマートバリューを適用するためには、auスマホに加えてビッグローブ光とビッグローブ光電話の両方を利用している必要があります。

手順2
auショップでauスマートバリューを申し込む

ビッグローブ光とビッグローブ光電話が開通したら、後はauショップでauスマートバリューを申し込むだけです。手続きが完了したら翌月から割引が開始されます。

auスマートバリューの特徴は、毎月のスマホ料金が500~2,000円割引されることです。ただし、月額500円のビッグローブ光電話への加入が必須条件になりますので、割引額が500円だった時は±0円であまりお得感がなかったりもします。ですので、実際にいくらお得になるのか?事前に調べておきましょう。

中嶋

月々のネット料金が割引の「auセット割」

※BIGLOBE公式サイトより引用

auセット割の特徴
・割引対象はauスマホ
・料金プランによっては最大1,200円割引になる
・割引数はネットの1回線のみ
・ビッグローブ光電話への加入は不要

auスマートバリューとは反対に、「auセット割」ではビッグローブ光の月々の料金が500円または1,200円割引されます。

このauセット割も“au”と付きますが、ビッグローブ光以外にもDTI光やAsahiNet光などの光コラボで組むことが可能です。また、以前は@nifty光でも組めましたが、現在は新規受付を終了しています。

しかしながら、何故かauひかりでは組めないのです。auひかりの公式サイト内で「auセット割」を検索するとauひかり ちゅらについて出てきます…。「auひかり ちゅら」は沖縄限定のサービスでauひかりとはまた別のため、auセット割については何も書かれていないのです。

割引額は500円または1,200円/月

auセット割もスマホの料金プランによって割引額は異なります。ですが、auスマートバリューとは違い、3年目以降に割引額が減ってしまうことはありません。

新規受付を行っているプラン

プラン割引額/月
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auピタットプランN(s)
カケホ(3Gケータイ・データ付き)
500円

新規受付が終了しているプラン

プラン割引額/月
データ定額5/8/10/13/20/30
データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)/20(V)/30(V)
U18データ定額20
U18データ定額20(V)
データ定額5cp
データ定額5cp(V)
LTEフラット
LTEフラット(V)
ISフラット
プランF(IS)/プランF(IS)シンプル
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
1,200円
auフラットプラン7プラス
データ定額1/2/3

データ定額1(V)/2(V)/3(V)
auピタットプラン
 ※カケホ/スーパーカケホのみ。シンプルは対象外。
auピタットプラン(V)
 ※カケホ(V)/スーパーカケホ(V)のみ。シンプル(V)は対象外。
auピタットプラン(S)
 ※カケホ/スーパーカケホのみ。
auフラットプラン20/30
auフラットプラン20(V)/30(V)
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン5(学割専用)
データ定額3cp
データ定額3cp(V)
シニアプラン
シニアプラン(V)
ジュニアスマートフォンプラン
ジュニアスマートフォンプラン(V)
LTEフラットcp(1GB)
500円

auスマートバリュー同様に、既に新規受付を終了しているプランでも割引されます。

最低でも500円割引になりますし、プランによっては1,200円割引されます。さらに、auスマートバリューとは違い、3年目以降に割引額が変動するということもなく永年割引されます。

1,200円割引の場合、年間にすると14,400円もお得になるため、マンションタイプであれば3ヶ月(3,980円×3ヶ月=11,940円)分の料金が浮く計算になります。これは大きいですよね(^o^)

ただし、このauセット割は1回線(ネット回線)のみの割引となっているので、家族にauユーザーが何人いようと割引額は変わりません。

auユーザーが自分だけならピッタリ!

auセット割はauスマートバリューとは違い、ビッグローブ光の月額料金から割引されます。

auセット割は光電話への加入が必要ないので、割引額が500円の時は純粋に500円お得になります。固定電話を契約しない方も増えてきていますので、そういう方には都合が良いですよね。

ですが、光電話は必要なくても家族にauユーザーが多ければ、500円/月を払ってでも光電話に加入してauスマートバリューでの割引を受けた方がお得になる可能性が高いです。

よって
auセット割を組む際は、光電話は必要なくても、家族内でauのスマホ・ケータイを使っている人が何人いるか?を確認した上で、申し込みすることをおすすめします。

auセット割の適用条件や注意点

割引数は1回線のみですが毎月最大1,200円も割引されるため、損しないためにも適用条件や注意点をしっかり確認しておきましょう。

まずは、適用条件です。

  • ビッグローブ光 + auスマホ
  • ビッグローブ光とauスマホの契約が同一住所であること

auスマートバリューとは違い、条件から「同一性」が外れました。ビッグローブ光とauスマホの契約住所が一緒であればauセット割が組めます。

続いて注意点を見てみましょう。

注意点
・auセット割はビッグローブ光の公式サイトからの申し込みが必要
・割引されるのは1回線のみ
・割引適用は、毎月月末の判定日に割引適用可能と判断が下った翌月利用分から
・「auスマートバリュー」「auスマートバリューmine」「東京ガストリプル割」など、他の割引サービスとの併用は不可
・割引は翌月以降に繰り越し不可

こちらのauセット割も申し込みが必要になりますが、申し込む窓口はビッグローブ光の公式サイトからになります。こちらはauショップではないので気を付けましょう。

何度もお伝えしていますが、割引されるのはネット1回線のみです。

そして、auスマートバリュー同様に他の割引サービスとの併用ができません

ですので、セット割引を組む際は、「auスマートバリューだと●●円割引になる」「auセット割だと●●円割引になる」と、ネット料金だけでなくスマホ料金も含めていくら割引されるのか?ということを、予め算出しておいた方が良いですね。

auセット割の申し込み手順

手順1
ビッグローブ光の申し込み&利用開始

auセット割を適用するためには、auスマホに加えてビッグローブ光を利用している必要があります。

手順2
ビッグローブ光の公式サイト

ビッグローブ光が開通したら、後はビッグローブ光の公式サイトでauセット割を申し込むだけです。手続きが完了し、毎月月末の判定日に割引適用可能と判断が下ったら、翌月利用分から割引が適用されます。

auセット割の特徴は、毎月最大で1,200円の割引がされるということです。
こちらはネット1回線のみですが光電話(500円/月)への加入も必要ないため、割引額が丸々お得になるといった感じですね。

中嶋

比較してみた結果こうなりました

ここまで、auスマートバリューとauセット割について説明してきましたが、実際にどちらがお得なのか表に当てはめて見てみましょう。

  • auユーザーが1人の場合、2人の場合
  • auスマートバリューでの割引額が、500円または1,000円
  • auセット割での割引額が、500円または1,200円

上記を条件として比較していきます。

割引額が500円のパターン

auスマートバリューauセット割
1人の場合2人の場合1人の場合2人の場合
光電話料金+500円+500円
ネット割引-500円-500円
スマホ割引-500円-1,000円
差し引き額±0円500円お得500円お得500円お得

割引額が500円だった時は、このようになります。

何度もお伝えしているように、auスマートバリューを組む際には月額500円のビッグローブ光電話に加入する必要があります。

そのため、1人でauスマートバリューを組んだ時は割引額が500円の時は±0円になります。2人であれば500円、3人であれば1,000円お得と、auユーザーが多ければ多いほどお得度は増していきます

一方で、auセット割を組む際は光電話の契約は必要ないので1人でも500円お得になります。ただし、auセット割はネット1回線のみしか割引されないので、auユーザーが2人以上いても割引額は500円で変わりません。

割引額が1,000円または1,200円のパターン

auスマートバリューauセット割
1人の場合2人の場合1人の場合2人の場合
光電話料金+500円+500円
ネット割引-1,200円-1,200円
スマホ割引-1,000円-2,000円
差し引き額500円お得1,500円お得1,200円お得1,200円お得

割引額が1,000円または1,200円の時は、このようになります。

auスマートバリューで割引額が1,000円だった場合、月額500円の光電話代がかかったとしても500円お得になります。2人以上で組む際は2人目以降の割引額によって異なってきますが、同じ1,000円割引のプランであれば1,500円お得になります。

一方で、auセット割での割引額が1,200円だった場合、1人だろうが2人だろうが割引額は1,200円がMAXです。

auスマートバリューとauセット割の“お得分岐点”はどこ?

上の表で見る限り、基本的には

  • auユーザーが1人の場合 ⇒ auセット割がおすすめ
  • auユーザーが2人の場合 ⇒ auスマートバリューがおすすめ

ということが言えますが…必ずしもそうは言えません

なぜなら!
auスマートバリューで1,000円割引・セット割で1,200円割引で比べた際、auスマートバリュー対象の2人目がもし500円割引だったら差し引き合計が1,000円お得になってしまい、auセット割のお得額の方が上回るからです。

「auユーザーが2人の場合はauスマートバリューの方がお得」というのはあくまで目安であって、割引額によってはauセット割の方がお得になることもあります。

ですので、セット割引を組む際は『auスマホを使っている人が2人いるからauスマートバリューだ!』と思い込まずに、「差し引きしたお得額がいくらになるのか?」をきちんと調べた上で申し込むようにしましょう。

口コミとかを見てみると、『2人ならauスマートバリューの方がお得!』と断言している人もいます。
しかし、必ずしもそうとは限らないので、セット割引を申し込む際は「どっちの割引でいくらお得になるのか?」を実際に算出した上で申し込むようにしてくださいね。
「塵も積もれば山となる」ではないですが、数百円/月の差でも何年も使っていけばそこそこな金額になりますから(^^ゞ

中嶋

まとめ

今回は、ビッグローブ光でスマホセット割引を組む際、auスマートバリューとauセット割どちらがお得なのか?について見てきました。

同じ割引サービスでも、適用条件、割引額、割引回線数など色々と違いがあり、利用状況によっては「こっちの割引だとお得」「こっちの割引だと損」ということになり得るということが分かりましたね。

改めておさらいしてみましょう。

auスマートバリューauセット割
割引額500~2,000円1,200円または500円
割引年数プランによって3年目以降に割引額が下がる永年
適用条件ビッグローブ光電話の加入が必要(500円/月)
対象の料金プランを利用中である
対象の料金プランを利用中である
割引対象auスマホ・ケータイの月額料金ビッグローブ光の月額料金
割引数家族のauスマホも含め最大10回線まで割引ビッグローブ光1契約のみ割引
ポイント割引額が500円だと±0円
auユーザーが2人なら基本的にはauセット割よりお得
最低でも500円はお得になる
auユーザーが2人いても割引は1人(回線)分

割引額の最大値は、auスマートバリューは2,000円、auセット割は1,200円になります。ですが、auスマートバリューでは3年目以降に割引額が減額されてしまうプランもありますが、auセット割は割引額に変動ありません。

また、適用条件を見ても、auスマートバリューはビッグローブ光電話が必須になっているのに対し、auセット割は条件になっていません。

そして、一番のポイントになった点が、「家族内でauスマホを使っている人数」と、「ビッグローブ光電話の月額料金500円を差し引きしたお得額」でしたね。

基本的には
・auユーザーが1人の場合 ⇒ auセット割がおすすめ
・auユーザーが2人の場合 ⇒ auスマートバリューがおすすめ
ですが、割引額によっては2人でもauセット割の方がお得になる可能性もあります。

ですので、ビッグローブ光でスマホセット割引を組む時は、ネット料金・スマホ料金・オプション料金・割引額など全てを含めて、auスマートバリューとauセット割どっちがお得か?を調べた上で申し込むようにしてくださいね。

ビッグローブ光への申し込みはコチラから