『遅い』…との口コミが多いSoftBank Air。気になるサービス内容は?

softbankAir遅いって本当?

従来の光回線とは違い、回線工事が不要でコンセントに挿すだけでインターネットが使えるようになる人気サービス「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」

光回線のように工事がないため、賃貸物件に住んでいる方や一人暮らしの方、さらには女性にも人気なネットサービスです。

しかし、口コミを見てみると…

『速度が遅い…』
『スピードが出ない』

といった声が目立ちます。

確かに光回線のような固定回線ではなく、スマホのように電波を飛ばして利用するため、建物や障害物などの電波状況によって違いがあり、実際に使っている人の中でも『遅い』と言う人もいれば『快適』と言う人もいます。

これからソフトバンクエアーの導入を検討している人にとっては『どっちなんだろう…?』と迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、サービス全般や口コミ評価を基に私独自の見解でソフトバンクエアーについて解説していきたいと思います。

『ソフトバンクエアーは遅い…』実際はどうなの?

導入を検討している人の中にも、ネットやTwitterで『ソフトバンクエアーは遅い』という口コミを見たことがある人多くないですか?

そういった書き込みを見てしまうと『どうしようかなぁ…』ってなりますよね。

実際にTwitterでは

などの、悪いコメントが書き込まれています。ですが、全てが悪い口コミというわけでもありません。

というように、悪い口コミだけでなく『良い』『快適』といった書き込みもあるのです。

ソフトバンクエアーは、送られてくる「Airターミナル」という機器の種類によって最大速度などのスペックが異なるため、『遅い…』と言う人の中には古いタイプのAirターミナルを使っている方もいるかもしれません。

後ほど改めて説明しますが、このAirターミナルは機種変更することも可能で、最新機種に変えることで速度が向上することも十分にあり得ます。

それでは、ソフトバンクエアーの料金・サービス・機器のスペックなどについて見ていきましょう。

ソフトバンクエアー【3つの特徴】

ソフトバンクエアー SoftBank公式サイト画像※SoftBank公式サイトより

自宅用WiFiサービスとしては人気のソフトバンクエアーには

ソフトバンクエアー3つの特徴
面倒な工事が不要でコンセントに挿すだけ
下り最大962Mbpsと光回線並みの速さ
おうち割光セットで月々のスマホ代も割引

といった3つの特徴があります。

『ソフトバンクユーザーじゃないと契約できないんでしょ?』と思っている人が意外と多いみたいですが、ソフトバンクユーザーもちろん、docomoやauなどのスマホを使っている人でも契約・利用できます。

au(KDDI)のauスマートポートなど他の事業者でも類似サービスが提供されていますが、その中でもソフトバンクエアーの契約者数はNo.1に輝いています。

それではソフトバンクエアーの特徴について簡単に見ていきましょう。

コンセントに挿すだけの簡単設定

ソフトバンクエアーは、Airターミナルという箱型の機器を置くだけで自宅で簡単にWiFiが使えるサービスのため、ソフトバンク光・フレッツ光といった光回線のような回線工事が必要ありません。

そのため、工事が難しい賃貸物件や、『家の中に知らない人が入るのは…』といった女性の方には申し込みしやすいです。

早ければ申し込んでから3営業日ほどでAirターミナルが届くので、それをコンセントに挿して電源を入れるだけで簡単にWiFiが使えるようになります。

光回線の場合、申し込みしてから開通まで1~2ヶ月かかりますし、引っ越しシーズンや年末年始はさらに時間を要します。とある電力系の光回線に至っては、開通まで1年近く時間がかかるなんて話も聞いたことあります…。

下り(ダウンロード)速度は光回線並みの速さ

現在主流のAirターミナルは「Airターミナル4」と呼ばれるもので、なんと下りの最大速度は962Mbpsです。ソフトバンク光・ドコモ光などの光コラボと呼ばれるネット回線が最大1Gbps(=1,000Mbps)ですので、ほぼ光回線並みの速さに進化してきました。また、ひとつ前のAirターミナル3が350Mbpsだったことを考えると、速度の進化具合はすさまじいです。

ですが、この下り最大962Mbpsは対応エリアが限られているため、それ以外のエリアでは最大が481Mbpsとなっています。

また、ソフトバンクエアーに限らずインターネットの提供方式はベストエフォート型(『保証はできないけど出来るだけ頑張ります』という方式)のため、速度はあくまで理論値であって実測(実際にネットを使う時の最大速度)ではありません。これは「最大●ギガ」といった色々な光回線にも同じことが言えますので覚えておいてくださいね。

なお、速度については「おうち割光セット」の次のブロックで詳しく解説します。

おうち割光セットでスマホ料金が安くなる

ソフトバンクエアーはその名の通りSoftBankで提供しているサービスなので、ソフトバンクスマホ・ケータイを使っている人には恩恵があります。それが「おうち割光セット」です。

おうち割光セットは、ソフトバンクユーザーがソフトバンクエアーを使うことで、月々のスマホ料金が最大1,000円割引されるセット割引です。“最大”とあるのは料金プランによって割引額が異なるためです。プランごとの割引額は後ほど一覧表で説明します。

固定回線のソフトバンク光でもおうち割光セットは組めます。その場合、固定電話サービスを含めたオプションサービス「おうち割光セットオプション」(500円/月)への加入が必須になりますが、ソフトバンクエアーの場合はオプション加入の必要がありません

ただし、おうち割光セットは自動適用ではなく、ソフトバンクショップで別途申し込む必要がありますのでソフトバンクユーザーの方は忘れないようにしましょう。

今なら「おうち割」に加入すると9,500円還元

また、SoftBankではおうち割光セットに加入する方を対象に、他社で発生した解約違約金を還元してくれる「おうち割光セットスタートキャンペーン」を実施しています。

おうち割光セット スタートキャンペーン※SoftBank公式サイトより

対象となるのはdocomo・au、UQモバイルの2年契約解除料で、分割払いの残債や機種購入サポートの違約金などは残念ながら対象外です。

還元方法は通信料金から10ヶ月間×950円割引される仕組みになっています。ただし、こちらのキャンペーンも他社で発生した違約金の証明書を提出したりと申し込みが必要ですので忘れないようにしましょう。

この他社スマホの違約金還元キャンペーンがあることで、更新月(2年1度の違約金が発生しない月)を気にすることなくいつでもソフトバンクスマホに乗り換えることができます。

最新のエアターミナル4のスペックは?

現在主流となっているのは、2019年3月から提供開始されているAirターミナル4です。それまでのAirターミナル3とは何が変わったのでしょうか?

最大速度が962Mbpsに大幅UP

最大の変更点は、何と言っても下り速度がほぼ光回線並みとなる最大962Mbpsと大幅に速度アップしたことです。

一つ前のAirターミナル3では、下り最大350Mbpsでしたので2.7倍以上の速さに進化しています。ですが、その最大962Mbpsとなるのは一部エリアとなっていて、通常は最大481Mbpsになります。それでも約1.4倍速くなっています。

ですので、先ほど紹介した口コミでは『遅い…』といった声が目立っていましたが、かなりの速度改善されたことで今後はそういった口コミも減ってくるのではないでしょうか。

962Mbpsは一部エリア

ソフトバンクエアー エリア確認※SoftBank公式サイトより

「最大962Mbps」と書かれていると、どこでもその速度で使えると思ってしまいますが、お伝えしているように962Mbpsで使えるエリアは限られています。また、この962Mbpsという速度はあくまでも理論上の最大値であって実測(利用時の速度)ではありません。

SoftBankの公式サイトでエリア確認ができますが、同じ市内であっても「この地域は962Mbps」「この地域は261Mbps」と差があったりします。

ちなみに2019年11月現在は、茨城・栃木・山梨・長野・新潟を除く42の都道府県に962Mbpsの提供エリアがありますが、東京都内でも西エリアの青梅市やあきる野市などではまだ提供されていません。

ですが、Airターミナル4が提供開始された当初(2019年3月)は東京・千葉・京都のごく一部のエリアだけでしたが、それから半年以上経った今ではほぼ全国に拡大していますし、元々は481Mbpsだったエリアでも962Mbpsが対応したりと範囲は拡がってきています。

ですので、まだ未提供の5県でも近いうちに提供開始になるかもしれませんね。

最大速度はエリアによって違う

最大速度は962Mbps(Airターミナル4の場合)ですが、エリアによって261Mbps・350Mbps・481Mbps/962Mbpsというように分かれています。

注意
Airターミナル4が送られてきても、962Mbpsが出ないエリアでは962Mbpsで通信することは不可能です。逆に、962Mbpsが出るエリアにも関わらず送られてきたAirターミナルが下り最大350MbpsのAirターミナル3だった場合、350Mbpsで通信することになってしまいます。

また、SoftBankの公式サイト「住所別下り最大通信速度情報」で調べて、自宅の住所が載っていると『エリア内だから使える!』と思ってしまう人がほとんどだと思いますが、実は確実とも限らないです。

実際に提供エリアを調べるページ内には

SoftBank Air提供エリアでも、一部お申し込みいただけないエリアがあります。SoftBank Airの提供エリアチェックについてはお近くの窓口へご相談ください。

と書かれていますので、きちんと番地まで調べてみないと正確な判定にはならないのです。これは他の光回線でも言えることなので、代理店などの申し込み窓口で確認するのがおすすめです。

また、記載がない住所では下り最大175Mbps・165Mbps・112.5Mbps・110Mbpsになります。何度もお伝えしているように、Airターミナル4は最大962Mbpsの通信が可能ですから、110Mbpsでしか使えないのはかなり勿体ないですよね。早くエリア拡大してくれると良いのですが…。

通信速度以外はAirターミナル3とほぼ同じ

Airターミナル4になって通信速度が大幅に向上しましたが、それ以外の仕様はAirターミナル3を継承している感じです。

Airターミナル4Airターミナル3Airターミナル2Airターミナル
下り最大速度962Mbps350Mbps261Mbps110Mbps
Wi-Fi規格IEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大1.3Gbps
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大866Mbps
IEEE 802.11a/b/g/n
最大300Mbps
Wi-Fi最大接続台数6432
通信方式4G方式:AXGP(2.5GHz)TDD-LTE (3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)
4G方式:AXGP(2.5GHz)4G方式:AXGP(2.5GHz)
サイズ
(HxWxD)
約225x103x103mm約208x95x95mm約261x220x64mm

せっかくなので、初代から最新までを比較してみました。

やっぱり一番目立つのは、代を重ねるごとに回線速度が速くなっているという点ですね。初代が110Mbpsだったことを考えるとかなりの進化で、今ではほぼ光回線並みの速度で使えるまでになりました。さらに、WiFiの速度も4倍以上になっていますね。

Airターミナル4へ機種変更ができる

1~3のタイプを使っている人で『遅いなぁ…』と不便に感じている人も多いかもしれません。そんな方は、Airターミナル4へ機種変更してみてはいかがでしょうか?

2019年4月から「SoftBank Air 利用者向け機種変更キャンペーン」が行われていて、Airターミナルを手軽に機種変更することができます。

Airターミナル1/1.5Airターミナル2/3
特典内容・事務手数料3,000円が無料
・基本料金が36ヶ月間684円割引
・事務手数料3,000円が無料
適用条件レンタル契約の場合は対象外

現在使っているAirターミナルのタイプによってキャンペーン内容が若干異なってきますが、どのタイプからAirターミナル4へ変更しても事務手数料がかからないので、実質無料で機種変更できます。そして、1/1.5から変更する場合は、プラスで「月額料金が36ヶ月間684円割引」といった特典もつきます。

ソフトバンクエアーは「購入」または「レンタル」のどちらかで契約することになりますが、キャンペーンが適用されるのは購入契約の場合のみで、レンタル契約の場合は対象外になります。

実際にAirターミナル4へ機種変更した人の声は?

では、実際にAirターミナル4へ機種変更した人の声を聞いてみましょう。

このように、『Airターミナル4に変更して速くなった』という人は多いようです。確かに、962Mbpsの提供エリア内の人がAirターミナル4に機種変更すれば速度が上がる確率は高いと言えると思います。

ですが、その反面…

というように、『遅くなった』という人もいるようです。

ほとんどの場合は「速くなる」と思いますし、仮に利用している地域が962Mbpsの対応エリア外であれば「変わらない」というのが通常だと思います。ですので、「遅くなる」という理由については正直分からないです…。

速度制限はあるの?

ネットを使うなら常に快適な環境で使いたいものですが、冒頭でもお伝えしたようにソフトバンクエアーに関する口コミの多くが『遅い…』といった書き込みでした。

ですが実際、ソフトバンクエアーは一部のエリアでは962Mbps、他のエリアでも最大481Mbpsと、他のネットサービスと比較しても若干遅いぐらいで格段に差があるわけではありません。

では、なぜ口コミで『遅い…』という書き込みが目立つのでしょうか?

それは、皆さんがよく使うであろう時間帯に速度制限がされていることがあるからです。

SoftBankの公式サイトには

・ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

・以下のコンテンツ・サービスなどをご利用の際、通信速度の制限を行う場合があります。なお、通信の切断は行いません。

 ・音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス

 ・MPEG、AVI、MOV 形式などの動画ファイル

 ・BMP、JPEG、GIF 形式などの画像ファイル

 ・動画閲覧、高画質画像閲覧、P2P ファイル交換、ソフトウェアダウンロードなどを伴うサイト、アプリケーションなど

というような事が書かれています。

要するに
夜間など利用が集中する時間帯は、安定したネットサービスの提供を行うため、動画閲覧やアプリ、動画・画像ファイルなどをダウンロードする際は通信制限されてしまうことがあるのです。

よって、使う時間帯が毎日ほぼ決まっていて、それが利用が集中する時間帯であれば、『いつも遅い』『使うたびに遅い』という不満に繋がり、結果、あのような書き込みが多くされてしまっているのです。

ですので裏を返せば、集中する時間帯であっても、動画閲覧やファイル交換ソフトなど通信量が大きいデータを使用しないネット検索とかであればほぼ問題なく使えるということになります。あくまで理論上ですが。

【対策】有線LANで接続してみる

ソフトバンクエアーはほとんどの人が無線による通信で利用していると思いますが、実は、LANケーブルを使った有線接続も可能です。

Airターミナル2/3/4の背面にはLANケーブルの差し込み口が2つあり、Airターミナルと一緒にLANケーブルも同梱されています。

では、有線LAN接続することで回線速度は速くなるのでしょうか?

『速くなった!』という書き込みはなく、『変わらない』といった声が目立っていました。ですが、中には『安定した』とか『有線接続できるから安心』という声もありました。

ですので、ノートPCとか自宅内でも気軽に持ち運びできるものに関しては、有線接続するのも一つの手かもしれませんね。

電波状況はどうなの?

ソフトバンクエアーは光回線とは違い、電波を飛ばしてインターネットを利用する方法です。スマホとかと同じイメージです。

無線の電波の届く範囲は見通しが良ければ数十~数百mと言われていますが、建物の構造や周辺環境によっては電波が届きにくいということも考えられます。

壁やドアの材質によっても電波状態が悪くなる場合もありますし、電波を通しにくい金属製の壁や補強材が埋め込まれた壁などの部屋では電波が届かないということもあり得ます。

ちなみに、電波の干渉度合いは以下の通りになります。

干渉の度合い素材
木材/合成物質/ガラス
水/レンガ/大理石
土壁/コンクリート/防弾ガラス
非常に高い金属

また、自宅で利用している家電製品から発生する電磁波が電波干渉を引き起こす可能性があり、例えば、電子レンジ・スピーカー・コードレス電話機といったものが挙げられます。

したがって、こういった家電製品からは離してAirターミナルを設置することがおすすめです。

さらには、電線や鉄道の架線、ブレーカーの近くや電源が通っている壁も影響したりしますので覚えておいてください。

電波が悪い?と感じたら電波状況をチェック

Airターミナルは、正常時の際は5つの緑色のランプが点灯しています。ですが、そんな時でも『電波の調子が悪い?』と感じる時がきっとあると思います。

そういった時は、Airターミナルにある「レベルボタン」(Airターミナル2/3/4)または「受信強度表示ボタン」(Airターミナル)を長押しすることで電波状況を確認できます。

電波状態が良好な場合であれば、Airターミナル正面の青いランプが3つ点灯します。逆に、電波が悪い状態の時は、2つもしくは1つしか点灯しません。

よって
青いランプが3つ点灯していない場合は「電波が悪い状態」ですので、設置場所を変えたりして再度電波状態を確認してみましょう。

【対策1】Airターミナルの設置場所を変えてみる

回線速度が遅いと感じる時の対策として、まずは設置場所を変えてみるのが手っ取り早い方法です。

  • 設置場所を床から1m以上離してみる
  • 窓際に設置してみる
  • 壁から30cm以上離してみる

この何れかをするだけでも結構効果的だったりしますので、試してみると良いでしょう。

【対策2】無線中継器を利用する

設置場所を変えても電波が届きにくい場合は、無線中継器の利用がおすすめです。

ソフトバンクエアーの電波が届く範囲には限界があるため、例えば、2階建てのお家で1階にAirターミナルを置いていると2階まで電波が届かないこともあります。ですが、中継器を使うことでWiFiルーターの電波を中継して、届かない場所まで電波を届けることができます。

コンセントに挿して使うタイプが多くAmazonでも4,000円ぐらいで買えます。もちろん、家電量販店にもありますので店員さんに状況を説明しながらベストな中継器を購入するのも良いでしょう。

【対策3】電波を切り替えてみる

ソフトバンクエアーは「2.4GHz」「5GHz」という2つの周波数の電波を飛ばしているため、2つの電波を状況に応じて切り替えて接続することができます。

・2.4GHzの場合:〇〇〇〇〇ー2G
・5GHzの場合:〇〇〇〇〇ー5G

と、接続しているネットワーク名の後ろに「2G」または「5G」と数字がついています。

それを、2G接続している人は5Gに5G接続している人は2Gにつなぎ直すことで速度改善される場合があります

2.4GHz・5GHzそれぞれの特徴

この「2.4GHz」「5GHz」の周波数帯域にはそれぞれ特徴があります。

2.4GHzの特徴
【長所】
・障害物に強い
・電波が遠くまで届きやすい

【短所】
・回線速度が遅い
・電波干渉がおこりやすい

2.4GHzは、回線速度は遅いですが障害物に強いため、電波を邪魔するものがあっても届きやすいです。天井や壁があっても電波を通しやすいため、戸建てで階数によって遅い場合は2.4GHzを使うことをおすすめします。

ですが、この2.4GHzは電子レンジを始め様々な家電製品でも使用されている周波数なので、電波干渉が起きてしまう場合もあります。

5GHzの特徴
【長所】
・回線速度が速い
・電波干渉しない

【短所】
・障害物に弱い
・電波が遠くまで届きにくい

一方の5GHzは、回線速度は速いですが障害物などに弱いため、Airターミナルの近くでスマホやPCを使う時や、なるべく速い通信速度でネットを使いたい時にはおすすめです。

5GHzの周波数はネット回線でしか使われていないので、電波干渉が起こるということが減ります。

このように、周波数それぞれの特徴を理解し状況に応じて使い分けをすることで、ストレスなく使うことができます。

【補足】近くの基地局でメンテナンスしている

基地局ではたまにメンテナンスを行う時があります。

メンテナンスを行うと、その基地局からソフトバンクエアーへの電波が届きにくくなることがあるみたいで、自宅から離れた場所の基地局でメンテナンスがあった場合でも、電波に影響が出たりするそうです。

ソフトバンクエアーのサポートセンターに問い合わせるとメンテナンスをした「基地局の場所」「日時」などを教えてくれますし、SoftBankのホームページからメールまたはチャットでも問い合わせが出来ますので、『速度遅い?』『電波悪い?』と感じたら問い合わせてみてください。

■SoftBank Airサポートセンター
 0800-1111-820(通話料無料)
 10:00~19:00(年中無休)

契約方法は「レンタル」より「購入」がお得!

ソフトバンクエアーは、「購入」または「レンタル」のどちらかで契約するのですが、結論から言うと、購入で契約した方がお得なのです。

その理由を表にして比較し説明していきます。

購入の場合レンタルの場合
おうち割 なしおうち割 ありおうち割 なしおうち割 あり
基本料金4,880円
Airターミナル割賦金
(36回分割の場合)
1,500円
月々割
(機器購入の場合)
-1,500円
Airターミナルレンタル料
(レンタルの場合)
490円
SoftBank Airスタート割
(12ヶ月目まで)
-1,080円-580円
割引後の料金~12ヶ月目3,800円4,300円5,370円
13ヶ月目~4,880円

きっと多くの方が『買った方が高いんじゃないの?』と思っているかもしれませが、ご覧のように購入した方が全然安いのです。

Airターミナルの本体価格は54,000円となっていて、購入時は「一括」「分割(36回)」どちらか選ぶことができます。分割の場合は月々1,500円×36ヶ月となりますが、「月々割」というキャンペーンで同額の1,500円割引によって相殺され、本体代金は実質無料になるのです。

さらに、プラスして「SoftBank Airスタート割」というキャンペーンによって、12ヶ月間は1,080円割引されます。ただし、13ヶ月目以降は割引がなくなり月額料金は4,880円になります。このSoftBank Airスタート割は購入のみに適用されるため、レンタルでは割引されません。

また、ソフトバンクスマホ・ケータイとのセット割「おうち割光セット」を適用する・しないで、SoftBank Airスタート割の割引額が異なるので注意しましょう。

購入の場合は割賦金が払い終わってしまえば、それ以降は基本料金のみで利用することができます。しかし、レンタルの場合はずっと490円/月のレンタル料金を払い続ける必要があります

「SoftBank Airスタート割」3つの適用条件

SoftBank Airスタート割※SoftBank公式サイトより

料金比較のところでも伝えしましたが、現在は「SoftBank Airスタート割」というキャンペーンが実施されていて12ヶ月目まで月額料金が1,080円割引されます。

ですが、この割引を適用させるには3つの条件があります。

SoftBank Airスタート割の適用条件3つ
1.キャンペーン期間中にソフトバンクエアーを申し込みし、申し込み90日以内に課金開始すること。
2.支払い方法を課金開始月末日までに、ソフトバンクまたはワイモバイル携帯との合算請求、クレジットカード、口座振替のいずれかで登録完了していること。
3.Airターミナルを買取(購入)で契約していること。※レンタルでは適用外

条件3つと聞くと『多い…』と顔をしかめる方もいるかと思いますが、どれも簡単なものなので特に心配する必要はありません。

1に関してはまず大丈夫です。ソフトバンクエアーは、早ければ申し込みをしてから3日くらいで自宅に届きます。届いたらコンセントに挿して電源を入れればもう条件クリアです。

不安を挙げるとすれば2です。支払い方法が、スマホとの合算・クレジットカード・口座振替と指定されているため、請求書払いではキャンペーンが適用外になってしまいます。

このSoftBank Airスタート割が受けれるか受けられないかで、1年目の料金が年間にして1万円以上も違ってきますので、支払い方法の登録し忘れにはくれぐれも注意してください。

3に関して言えば、レンタルより購入で契約する人が大半なので、ほぼ考える必要はないため実質2つと思っていただいて大丈夫です。

やはり、2つ目の条件に注意する必要があるので、もし月末にAirターミナルが届いた場合は月が変わってから使い始めるのも一つの手と言えます。

【注意】自宅以外への持ち運びはNGです!

ソフトバンクエアーは工事も不要で大きめのバッグであれば難なく入る大きさのため、『帰省する時に持って行って使おう』と思っている方もきっといるかもしれません。ですが…

要注意!
ソフトバンクエアーを契約住所以外で利用するのは利用規約違反で確実にバレます。契約住所以外で使うと警告のメール・ハガキが届き、無視して使い続けると利用停止になります。

ソフトバンクエアーは契約住所以外での利用は基本的に禁止されています。ネットや口コミを色々と見ていると、『車のシガーソケットでも使える』など「自宅以外でも使える」的なことが書かれているのを見かけますが、ハッキリ言ってそれはNGで強制解約になりますので注意してください。

自宅内での持ち運びは大丈夫

契約住所以外で使用すると警告の通知が届きますが、契約住所内であれば問題ありません

例えば、一人暮らしの人が普段はリビングや寝室で使っていて、お風呂に入りながらゆっくり動画を観たいから洗面所のコンセントに挿す、といった使い方は全然OKです。

ご家族で使っている場合、お母さんと子供たちが出掛けている時に、普段はリビングで使っているAirターミナルをお庭に移動させて、WiFiを使って音楽を聴きながら庭いじりなんてことも出来ます。

契約住所内であれば、リビング・寝室・バスルーム・駐車場など設置場所を変えて利用することは可能ですが、契約住所以外に移動させて通信接続すると警告通知が来ますので気を付けましょう。

【重要】Airターミナルで赤ランプ点灯時の対処法

ソフトバンクエアーはスマホやケータイと同じく電波を飛ばして使用するため、電波状況や障害物によって接続に不具合が起きる可能性もあるのが事実です。

そういった場合、「Airターミナルに赤ランプが点いている」ケースが多く、実際に

といった書き込みもされています。

ここではその対処法について紹介していきます。

Airターミナル2/3/4

Airターミナル2・3・4 ランプ点灯(正常時)※SoftBank公式サイトより

正常な場合

ランプ名状態
Status 緑点灯
LTE 緑点灯
SIM 緑点灯
Wi-Fi 緑点灯
Power 緑点灯

正常な場合は、電源を入れてしばらくすると画像のように5つのランプが緑色に点灯します。

正常ではない場合

ランプ名状態
Status
緑点滅Airターミナルが起動中のため、そのまま待ちます。
〇 消灯インターネットへの接続が不可。
※Airターミナルの電源アダプターを一旦抜いて、挿し直しましょう。
LTE
緑点滅電波が入りづらい状態のため、Airターミナルを電波の良い場所に移動させましょう。
※Airターミナルの電源アダプターを一旦抜いて、挿し直しましょう。
赤点灯LTEランプが赤く点灯している場合は電波が「圏外」であることを意味します。ですので、Airターミナルを電波の良い場所に移動させて、SIMカードの抜き挿しを行いましょう。
【注意】
SIMカードの抜き挿しはAirターミナルの電源アダプターを抜いた状態で行ってください。
〇 消灯正常に作動していません。
※Airターミナルの電源アダプターを一旦抜いて、挿し直しましょう。
SIM 赤点灯
〇 消灯
SIMカードの挿入が認識されていません。
※SIMカードの抜き挿しを行いましょう。
※Airターミナルの電源アダプターを一旦抜いて、挿し直しましょう。
Wi-Fi
緑点滅WPS(簡単自動設定)が起動中のため、そのまま待ちます。
〇 消灯Wi-Fi機能が無効になっています。
有線接続のみで利用する場合は問題ありません。Wi-Fi機能を有効にする場合は、Airターミナルを初期化することで改善する場合があります。
 ⇒Airターミナルを初期化する
Power 赤点灯Airターミナルが故障している可能性がありますので、下記の問い合わせ窓口まで連絡しましょう。
 ⇒連絡先窓口はこちら

Airターミナル

Airターミナル1 ランプ点灯(正常時)※SoftBank公式サイトより

ランプ名状態
Status 緑点灯
SIM 緑点灯
LTE 緑点灯
Wi-Fi 緑点灯
Power 緑点灯

正常な場合は、電源を入れて2分ほど経つと図のように5つのランプが緑色に点灯します。

正常ではない場合

ランプ名状態
Status 緑点滅Airターミナルが起動中のため、そのまま待ちます。
SIM〇 消灯
赤点灯
SIMカードが正常に読み込まれていない状態です。
※Airターミナルの電源アダプターを一旦抜いて、挿し直しましょう。
LTE 赤点灯LTEランプが赤く点灯している場合は電波が「圏外」であることを意味します。ですので、Airターミナルを電波の良い場所に移動させて、SIMカードの抜き挿しを行いましょう。
【注意】
SIMカードの抜き挿しはAirターミナルの電源アダプターを抜いた状態で行ってください。
電波状態確認方法
Airターミナルの上部にある「電波確認ボタン」を1秒以上押すと、電波状態が確認できます。
Airターミナル1 電波状態
赤:圏外
黄:利用可能
青:快適に利用可能
Wi-Fi〇 消灯Wi-Fi機能が無効になっています。
有線接続のみで利用する場合は問題ありません。Wi-Fi機能を有効にする場合は、Airターミナルを初期化することで改善する場合があります。
 ⇒Airターミナルを初期化する
Power 赤点灯電源を入れた直後に赤く点灯するのは正常ですが、2分ほど経っても緑色にならない場合はAirターミナルの電源アダプターを一旦抜いて、挿し直しましょう。

もし、表内に該当する症状がない場合は、電源アダプターを一旦抜いて挿し直しすることで改善される場合があります。それでも改善されないようであれば、下記の窓口に問い合わせてみてください。
 ⇒連絡先窓口はこちら

Airターミナルの初期化方法

Wi-Fiランプが消えていて無線が繋がらない場合、Airターミナルを初期化することで改善するケースがあります。

Airターミナル2/3/4Airターミナル
Airターミナル2・3・4 リセットボタンAirターミナル リセットボタン
※SoftBank公式サイトより
Airターミナルの底面にあるリセットボタンを押すと、Airターミナルの設定を初期化できます。Airターミナルの背面にあるリセットボタンを5秒以上長押しすると、Airターミナルの設定を初期化できます。
ただし、長押しが5秒以下の場合は、初期化ではなく再起動になります。

初期化しても改善しない場合は、下記の窓口に問い合わせをしてみてください。

改善しない場合はこちらへ連絡

■SoftBank Air各種お手続き問い合わせ窓口
 0800-1111-820(通話料無料)
 10:00~19:00(年中無休)

■チャットサポートでの問い合わせも可能
 スマホ・パソコンからチャットで問い合わせが可能です。
 10:00~19:00(年中無休)
 ※手続きにはS-ID(認証ID)とパスワードが必要になります。

ソフトバンクエアーも「おうち割光セット」が組める

SoftBank Airでもおうち割光セットが組める※SoftBank公式サイトより

SoftBank、ドコモ、auといった携帯大手3キャリアがいずれも行っているサービス、それは「インターネット回線+スマホのセット契約による割引」です。

セット割引では3社ともにスマホ料金が割引され、そのセット割引を適用させるためには色々と条件があったりします。

例えば、auひかりでauスマートバリューを組む場合は、auひかり電話という月額500円の固定電話サービスが必須になります。ソフトバンク光でおうち割光セットを組む場合は、3つのオプションがセットになった月額500円の「おうち割光セットオプション」に入る必要があります。

しかし、ソフトバンクエアーで「おうち割光セット」を組む場合は特に条件はありません。電話サービスや有料オプションなどへの加入がないので、月々余計な費用(月額料金)がかからないので安心です。

ですが、自動適用ではないのでソフトバンクショップで申し込む必要があります。

スマホ料金が毎月ず~っと最大1,000円割引

おうち割光セットによってスマホ料金は毎月最大1,000円割引されますが、契約しているスマホのプランによって割引額が異なってきます。

新料金プラン(2019年9月13日から新規受付開始)

対象プラン割引額/月
データプラン50GB+/データプランミニ1,000円

※「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」を引き継いだ料金プランです。

旧料金プラン(2019年9月12日で新規受付を終了)

対象プラン割引額/月
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額 50GB/20GB/5GB
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

割引対象プラン・割引額は以上のようになります。

話題のウルトラギガモンスター+(データプラン50GB+)ももちろん対象プランで、割引額は1,000円です。auスマートバリューの最大割引額は2,000円と高いですが3年目以降は934円に下がります。

また、『スマホの料金が安くなる』とお伝えしてきましたが、厳密に言うとスマホ以外の機器でもおうち割光セットは組めるのです。

対象機器
iPhoneスマートフォンケータイiPad
タブレットWi-Fiルーターモバイルシアター

この7つの機器であればおうち割光セットは組めますので、仮に『スマホは他社だけどタブレットはソフトバンク』という人はタブレットでおうち割光セットを組むことが可能です。

さらに、おうち割光セットでは自分のスマホだけでなく最大10回線まで割引可能で、離れて暮らす両親はもちろん、おじいちゃん・おばあちゃん、さらには同居中の恋人やシェアハウス仲間も割引対象になっています。au・ドコモでも離れて暮らす家族は割引になりますが、同居中の恋人やシェアハウス仲間まで割引してくれるのは「さすが!ソフトバンク」といった感じですね。

家族内でのソフトバンク利用者数
1人の場合2人の場合3人の場合4人の場合
1ヶ月の最大割引額1,000円2,000円3,000円4,000円
2年間の最大割引額24,000円48,000円72,000円96,000円

ドコモ光セット割では最大20回線まで割引可能ですが、そんなに大勢の親戚がドコモを使っているケースも多くないと思うので、10回線もあれば十分ですよね。

口コミなどを見てみると、おうち割光セットを組んでいる方の多くが満足しているようですね。

POINT
おうち割光セットは最大割引額こそauスマートバリューに劣るものの、最大1,000円割引をずっとしてくれるので、長く使えば使うほどおうち割光セットはお得と言えます。

申し込むならNEXTのキャンペーンがお得!

では、いざ申し込もうとなっても『どこで申し込んだら良いの?』と考え、真っ先に思いつくのがソフトバンクショップだと思います。

街の至る所にあるため簡単に立ち寄れるといったメリットがあります。ですが、お得な申し込み窓口は代理店サイトなのです。

理由は、代理店サイトでは高額キャッシュバックを始めとした様々なキャンペーンが行われていたりするからです。しかし、どの代理店サイトでも良いという訳ではありません。

代理店の中には色々な有料オプションへの加入が条件だったりするところもありますが、数ある代理店の中でもおすすめなのが「株式会社NEXT」という代理店です。

こちらのNEXTは最大30,000円のキャッシュバックがもらえますが、金額の高さだけでなく

NEXTの特徴
・オプション加入一切なし
・キャッシュバックの申請手続きが簡単
・最短で2ヶ月後には受け取れる

という3つの特徴があります。

特徴1.オプション加入一切なし

家電量販店や他の代理店では、キャンペーンを適用するために有料オプションへの加入などが条件になっていたりします。ですが、NEXTではオプション加入が一切不要でソフトバンクエアーを契約するだけでキャッシュバックの対象になるのです。

無駄なオプションに入る必要がないため、『キャッシュバックをもらっても結局いくつもオプションをつけられたからあんまりお得感がない…』なんてことにはなりません。

特徴2.キャッシュバックの申請手続きが簡単

代理店の中には、キャッシュバックの申請自体が3ヶ月後だったり、web・メールでの登録やアンケート回答が必須というところもあります。しかし、NEXTの場合はソフトバンクエアーの申し込み時にオペレーターに口座情報を伝えるだけで手続きが完了します。

直接教えるのが嫌という人は、後日にSMSを送信することでも申請手続きが行えます。

特徴3.最短で2ヶ月後には受け取れる

振り込み時期ですが、NEXTの場合はソフトバンクエアーが開通してから最短で2ヶ月後に現金振込され、どんなに遅くても3ヶ月後には振り込まれます。代理店によっては半年後だったり、遅いと1年後というところもあります。

また、現金ではなく商品券だったり、家電量販店ではポイント付与でキャッシュバックされたりするケースも…。

一点だけ注意点を挙げておきますと、最大30,000円のキャッシュバック金額は、申し込みエントリーを行うとSoftBankからSMSが送られてきて2日以内に登録した場合に適用される金額になります。

SMSが届いてから3日以上経って登録した場合は、キャッシュバック金額が2,000円減額してしまいますので気を付けましょう。

【注意】キャッシュバック金額の高さだけに釣られてはいけない!

正直言いますと、NEXTの最大30,000円よりも高額なキャッシュバックを行っている代理店はあります。

ですが、それぞれの特徴のところでお伝えしたように、有料オプションへの加入が必須であったり、ソフトバンクエアーと併せてソフトバンク光の加入も必要だったりすることもあります。また、中には即日申し込みや紹介者が必要だったりと、キャンペーンの条件詳細をよく読むと色々と裏がある代理店もあったりしますので気を付けましょう。

\最大30,000円キャッシュバック!/

条件なし・手続き簡単のNEXTのキャンペーンサイト

SoftBank公式では違約金等を最大10万円まで還元

SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン※SoftBank公式サイトより

SoftBank公式では、他社からソフトバンク光またはソフトバンクエアーに乗り換える際に発生する、違約金や撤去工事費を最大10万円まで還元してくれる「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」を実施中です。

最大負担額は100,000円までとなっていて1,000円単位で設定されています。

違約金・撤去費用合計キャッシュバック金額
1円 ~ 1,000円1,000円
1,001円 ~ 2,000円2,000円
2,001円 ~ 3,000円3,000円
3,001円 ~ 4,000円4,000円
4,001円 ~ 5,000円5,000円
 
9,001円 ~ 10,000円10,000円
 
49,001円 ~ 50,000円50,000円
 
99,001円 ~ 100,000円100,000円

違約金や撤去工事費は最大で10万円還元されますが、他社モバイルブロードバンド(UQWiMAXなど)端末代金の残債に対しては42,000円が上限となっています。

何が還元対象で、何が還元対象外?

この「あんしん乗り換えキャンペーン」ですが、他社サービス解約時に発生する違約金や撤去工事費などが還元対象で、全てが還元対象というわけではありません。

還元対象

  • 回線撤去費用/解約料金
  • 長期割引解約金/解除料金
  • 電話撤去費用 /アナログ電話復活工事費
  • 開通時の工事費残債(フレッツ光以外)
  • 他社モバイルブロードバンド回線解除料金
  • 他社モバイルブロードバンド端末の割賦残債
  • 転用時の他社プロバイダー解除料金
  • テレビ撤去費用/解除料金
  • 事業者変更承諾番号発行手数料

」が付いている5つの費用に関しては、解約する他社プロバイダ・他社固定回線に紐づく費用のみが対象になります。また、先ほどもお伝えしましたが、下から4つ目の「他社モバイルブロードバンド(UQWiMAXなど)端末代金の割賦残債」の上限は42,000円となっています。

還元対象外

  • 回線解約を伴わないオプションの解約料金
  • 携帯電話違約金(セット割の場合も含む)
  • プラン変更手数料(元回線を別プランにて継続する際に発生する費用)
  • 転用時のフレッツ光工事費残債
  • 自社モバイルブロードバンド回線解除料金
  • 自社モバイルブロードバンド端末の割賦残債やオプションとして割賦購入したタブレットやその他機器の残債

「違約金」と一言で言っても上記のように色々とあり全てが還元対象となるわけではないので、何が対象で、何が対象でないか、しっかり確認しておきましょう。

適用条件をしっかり確認してもらい忘れなく

最大10万円まで還元してくれるのは私たちにとっても大きなメリットですので、適用条件や注意事項をしっかり確認してもらい忘れをしないように気を付けましょう。

SoftBank公式には堅っ苦しく書いてありますが、ここでは砕いて説明していきます。

適用条件

  1. ソフトバンクエアーまたはソフトバンク光に申し込みをしてから、ソフトバンクエアーは90日以内、ソフトバンク光は180日以内に課金開始(利用開始)すること。
  2. ソフトバンクエアーまたはソフトバンク光の申し込み時に、他社の固定ネット回線(ドコモ光・auひかりなど)または他社のモバイルブロードバンド回線(UQWiMAXなど)をまだ利用していること。
    ※申し込み前に今使っているネット回線を解約してしまうと適用されなくなってしまうので注意しましょう。
  3. 課金開始(利用開始)を1ヶ月目として、5ヶ月目の末日までに以下5つの条件を満たしていること
    1.他社で解約した際に発生した違約金や撤去工事費などの金額が確認できる証明書をSoftBankに提出している。
    2.証明書に記載の契約者が、「あんしん乗り換えキャンペーン」の申し込み者本人または同じ苗字の家族である。
    3.ソフトバンクエアーまたはソフトバンク光を解約しないで利用している。
    4.月々の支払い方法を、SoftBankまたはY!mobile(ワイモバイル)携帯との合算/クレジットカード/口座振替で登録完了している。
    ※請求書払いでは適用されなくなってしまうので注意しましょう。
    5.毎月の支払いを支払い期日までにきちんと行っている。

以上が、「あんしん乗り換えキャンペーン」を適用するための条件になります。

ソフトバンクエアーは、先ほど紹介した代理店・株式会社NEXTで申し込むと最短3営業日でAirターミナルが届くので、①に関してはあまり心配する必要はありません。

②に関しては、『ネット回線が2つになっちゃうから先に解約しないと!』と思って、元々使っていたネット回線をソフトバンクエアーの申し込みより先に解約してしまうと適用外となってしまうので注意する必要があります。

③には「5つの条件」とありますが、1以外に関しては普通に申し込みをして普通に利用していれば問題ないと思います。1は「SoftBankに提出」なので、提出をし忘れる可能性が一番の注意点です。

一見、条件がいくつもあるように見えますが、申し込み後にSoftBankへの書類提出や、定められた支払い方法で設定さえすればこれと言って特に難しいことではありませんので、この「あんしん乗り換えキャンペーン」を適用する際はくれぐれもお忘れのないように。いかんせん最大で10万円も還元してくれますから。

解約時の注意点

ソフトバンクエアーは2年契約となっているため、更新月以外となる23ヶ月以前もしくは25ヶ月以降に解約する場合は9,500円の違約金が発生します。

最近はネットやスマホの契約が2年縛りになっていることがほとんどなので、多くの人が馴染みあると思いますがやっぱり高いですよね…。総務省からの指導でスマホの解約金は見直されましたが、ネット回線の解約金についても見直しされるのですかね。

Airターミナルを分割購入している場合、分割代金の残債分を支払う必要があります。ここが一番の重要点と言っても過言ではありません。

ほとんどの人が『2年契約の更新月だからタダで解約できる』と思っているはずです。ですが、それはあくまでも2年契約の違約金に対してであって、Airターミナルは36回の分割払いのため12ヶ月分の支払いが残っているのです。

Airターミナルの本体価格は54,000円で、36回に分割すると1月あたり1,500円の支払いになります。ですが、「月々割」という割引が適用されているため使っている期間の端末代は実質無料となるものの、解約するとその月々割が適用されなくなり残債分が請求されてしまいます。

注意
よって、違約金がかからない更新月(24ヶ月目)で解約したとしても、残り12ヶ月×1,500円=18,000円の費用がかかってしまうのです。

また、おうち割光セットを組んでいる場合は、スマホやタブレットなどの割引もされなくなってしまうので注意しましょう。

『せっかく契約したのに電波が悪い…』そんな時の特別措置

いざ使い始めても『電波が入りづらい…』や『申し込み窓口で十分な説明がなかった』などの理由でキャンセルをしたい人もきっといると思います。そういう場合は、申し込みしてから8日以内であればキャンセルが可能です。

ただし、よく理解しておくべきなのは、あくまでも特別措置であってお試し制度ではないということです。

要注意
『ソフトバンクエアーは8日間のお試し期間がある!』『8日間はキャンセル料が無料』など、あたかもお試し制度を行っているかのように書いているブログや口コミを見かけますが、ソフトバンクエアーにはそのような制度はありません。

実際に『ソフトバンクエアーには8日間のお試し期間があります』と謳って営業するところもあるようですが、SoftBankの公式サイトには以下のように書かれています。

ご自宅・勤務先・通学先などの電波状況が不十分な場合、または十分な説明がなされていなかった場合や契約書面が交付されていない場合に、サービス提供開始日または契約書面受領日のいずれか遅い方から当該日を含む8日間、ご契約のキャンセルが可能です。

8日間のお試し期間があるのではなく、ソフトバンクエアーを使う自宅内の電波状況が悪く、「インターネットに接続できない」「速度が不安定」といった場合のみに適用される特別措置なのです。クーリングオフ制度と思っておいた方が良いでしょう。

よって、せっかく契約したのに電波状態が悪くてソフトバンクエアーが使えないという人のために設けられた無料キャンセル制度ですので、『とりあえず8日間無料で使ってみよう』といったお試し制度ではありません。

開通まではたったの3営業日と早い!

では最後に、申し込みをしてから開通までの手順を簡単に説明していきます。

先ほど紹介した株式会社NEXTには

ソフトバンクエアー代理店 株式会社NEXTは簡単3ステップ

と書かれているように、3ステップで終わるくらい簡単です。

STEP1.申し込み

まず始めに、右上にある「電話」「WEB」のどちらかで申し込みを行います。

WEBの場合は、名前・設置先の住所・連絡先などを入力し、電話確認のための希望日時を入力するだけです。すると、後日折り返しの連絡がもらえ、そこで料金や費用について説明をしてくれます。キャッシュバックについても説明してくれます。

STEP2.SoftBankから資料が届いたら事前登録を行う

申し込みを行うとSoftBankから郵送またはSMSで必要書類・資料などが届きますので、事前登録を行います。この事前登録を当日に行えば最短で3営業日でソフトバンクエアーが使えるようになりますし、2日以内に行うことでNEXTから30,000円のキャッシュバックがもらえます。

申し込みしてから万が一90日経ってしまった場合は、申し込み自体がキャンセルになってしまいますのでご注意を。

STEP3.Airターミナルが届いたら利用開始

事前登録が完了したら、後はAirターミナル(ソフトバンクエアー)が送られてくるのを待つだけです。

届いたらコンセントに挿して接続・設定を行えばもう使えるようになります。もし接続できない場合は、Airターミナルが届いてから8日以内にSoftBankに連絡をしましょう。

■インターネット・電話サービスの接続障害または機器設定に関する問い合わせ窓口
 0800-2222-820(通話料無料)
 10:00~19:00(年中無休)
 ※携帯電話からでも利用可能

YouTubeのSoftBankチャンネルでも、ソフトバンクエアーを申し込んでからの流れが簡単に紹介されていますので良かったらご覧ください。

まとめ

今回はソフトバンクエアーについて見てきましたが、いかがでしたか?

改めてメリット・デメリットをまとめておきましょう。

メリット・デメリット
【メリット】
・開通工事が不要
・開通までが早い
・一部エリアでは962Mbpsの通信が可能
・おうち割光セットも組める

【デメリット】
・光回線と比べると遅い
・電波なので光回線よりも不安定
・料金がほぼ光回線並み
・通信制限が行われる

特徴は何と言っても、工事不要でコンセントに挿すだけで使えるといった手軽さです。他の光回線のように回線工事もないため女性や一人暮らしの方でも簡単に申し込めますし、Airターミナルが届いたらコンセントに挿すだけで利用可能ととても簡単です。

回線速度も最新のAirターミナル4では最大481Mbpsまで速くなり、一部エリアでは962Mbpsと光回線並みの速度となっています。

また、契約住所内であれば移動が可能なため、リビング、キッチン、寝室、バスルームなど至るところで使えるため、状況の生活スタイルに見合った使い方ができるのもメリットと言えます。

そして、ソフトバンクユーザーにとってありがたいのが、スマホ代が毎月最大1,000円割引されるという点です。自分だけではなく、家族や恋人、さらにはルームシェア仲間も割引対象という利点があります。

逆に、デメリットとしては、光回線(固定回線)とは違いスマホのように電波を利用した通信方式になるため、障害物や建物の構造に左右されやすいという点です。よって、エリア内にも関わらず思うように速度が出ないといったこともあり得ます。

また、利用者が多くなる深夜に通信量が多いデータを通信する際に制限がかかる可能性があったりもします。動画閲覧をメインにする方であれば重く感じるかもしれませんが、ネット検索で主に利用する方でしたらそこまで懸念することもないかもしれません。

以上のことからも、ソフトバンクエアーは家でネットをガッツリやりたい人というよりは、どちらかと言えば、手軽に使うためにネット環境を整えたいという人におすすめの回線と言えるでしょう。

\最大30,000円キャッシュバック!/

NEXTのキャンペーン内容チェックへ戻る

ソフトバンクエアーの記事一覧