NULL

コミュファ光の「プロバイダ一体型・選択型」の違い!どちらがおすすめ?

コミュファ プロバイダー一体型と選択型は何が違うの?

コミュファ光のホームページやパンフレットでよく見かける「プロバイダ一体型」と「プロバイダ選択型」のワード。しかし、「プロバイダ一体型」と「プロバイダ選択型」はどのようなものでどのような違いがあるのかは、ホームページやパンフレットで詳しく言及されていません。

コミュファ光の料金やプランをチェックしたい方は、「プロバイダ一体型」と「プロバイダ選択型」の違いが分からないと困ってしまいますよね。

そこでこの記事では、コミュファ光の「プロバイダ一体型」「プロバイダ選択型」それぞれの特徴と違い、そしてどちらがおすすめなのかについて分かりやすく解説していきます。

コミュファ光のプロバイダについて知りたい方も参考にしてみてください^^

コミュファ光には「プロバイダ一体型」と「プロバイダ選択型」がある

コミュファ光には、「プロバイダ一体型」「プロバイダ選択型」の2種類のプランがありますが、まずこの違いについてよく分からないという方も多いと思います。

ホームページを見ても「プロバイダ一体型」「プロバイダ選択型」という表記がされていないので、初心者の方はなおさら混乱してしまいますね。ホームページの料金・サービス内容のところでは、次のような表記でプロバイダ一体型とプロバイダ選択型のプランが掲載されています。

ここの「プロバイダをまとめておトクなコミュファ光にする」が「プロバイダ一体型」を指し、「プロバイダをコミュファ光以外から選ぶ」が「プロバイダ選択型」を指しています。

「そもそもプロバイダって何?」という人のために補足しておきます。インターネットに接続するためには、光回線と光回線をインターネットにつなぐプロバイダの2つが必要です。この2つが揃って初めてインターネットが使えるようになります。

コミュファ光の場合は、光回線=コミュファ光 ですが、プロバイダについては「プロバイダ一体型」「プロバイダ選択型」で異なります。プロバイダ一体型のプロバイダはコミュファですが、プロバイダ選択型の場合はコミュファ以外の会社から選べるのです。

プロバイダ一体型プロバイダ選択型
光回線コミュファ光コミュファ光
プロバイダコミュファコミュファ以外の10社から選ぶ

まとめるとこんな感じですね。

プロバイダ一体型の特徴

「プロバイダ一体型」の特徴は、コミュファと契約すれば光回線(コミュファ光)とプロバイダがまとめて提供されることです。ユーザーはコミュファ1社とだけ契約します。

プロバイダ一体型

プロバイダ料は月額料金に含まれていて、請求書はコミュファ1社から届きます。回線に不具合があったり請求内容に不明点があった時も、コミュファに問い合わせます。もちろん、解約する時もコミュファに申し出ればOKです。

プロバイダ一体型の最大のメリットは、この分かりやすさと言えるでしょう。

プロバイダ選択型の特徴

「プロバイダ選択型」では、コミュファと契約しただけではネット(コミュファ光)しか提供されないので、それとは別にプロバイダとも契約します。プロバイダは10社の中から好きなところを選べます。つまり、コミュファとプロバイダの2社との契約が必要になります。

プロバイダ選択型

ネットの利用料金とプロバイダ料の2つが発生するため、請求書は2社から届きます。問い合わせ先は内容によって窓口が異なるため、迷うことがあるかもしれません。また、解約する時も2社で手続きが必要です。

プロバイダを選びたい人にとって10社から選べることは大きなメリットですが、手続きや仕組みがちょっと複雑になるのがデメリットですね。

プロバイダ一体型とプロバイダ選択型の料金をチェック!

プロバイダ一体型とプロバイダ選択型では月額料金も大きく異なるので、まずそれぞれの月額料金についてチェックしておきましょう。ご紹介する月額料金は、東海エリアの戸建てで、光ネットと光電話と光テレビを使う場合です。

プロバイダ一体型の月額料金

まずはプロバイダ一体型から。

光ネット+光電話+光テレビ

 通常料金ギガデビュー割適用後
2~12ヶ月目13ヶ月目~
10ギガ6,400円4,980円5,980円
5ギガ6,050円3,980円5,480円
1ギガ5,600円3,980円4,980円
300メガ5,510円
30メガ4,570円

※東海エリア(愛知、静岡、岐阜、三重)の戸建てで使う場合

プロバイダ一体型は月額料金にプロバイダ料が含まれているため、請求される料金はこれだけです。コミュファ光では戸建てで2年契約するとギガデビュー割が適用できるので、破格の料金となっています。1ギガで電話とテレビがついて5,000円かからないのはかなり安いですね。

プロバイダ選択型の月額料金

次はプロバイダ選択型の料金を見てみましょう。

光ネット+光電話+光テレビ

 通常料金ギガデビュー割適用後
2~12ヶ月目13ヶ月目~
10ギガ4,980円4,180円4,680円
5ギガ4,580円3,780円4,280円
1ギガ4,180円3,280円3,880円
300メガ4,060円
30メガ3,520円

※東海エリア(愛知、静岡、岐阜、三重)の戸建てで使う場合

プロバイダ一体型よりも月額料金が安いですが、ここだけを見てプロバイダ選択型を選んではダメですよ。なぜなら、上記の料金に加えてプロバイダ料がかかるためです。

では、プロバイダ料についても見てみましょう。

プロバイダ料

コミュファ光のプロバイダ選択型で選べるのは、次のプロバイダ10社です。

戸建てとマンション(アパート)でプロバイダ料は異なります。

 戸建てマンション
au one net1,700円1,200円
エディオンネット1,300円1,200円
So-net1,300円1,200円
@nifty1,560円1,560円
BIGLOBE1,600円1,200円
ODN1,200円1,200円
TNC1,360円1,020円
hi-ho1,600円1,600円
IIJ2,000円2,000円
MediaCat2,000円
※30メガ、100メガマンションのみ

※1ギガサービスを利用する場合

戸建ては1,200~2,000円、マンションは1,020~2,000円です。MediaCatだけは、1ギガと300メガには対応していないようですね。

コミュファ光はプロバイダ選択型よりプロバイダ一体型の方がおすすめ

では、プロバイダ一体型とプロバイダ選択型のどちらを選んだ方が良いのでしょうか?

結論から言うと、プロバイダ選択型よりもプロバイダ一体型の方がおすすめです。自分でプロバイダを選べるプロバイダ選択型の方が自由度が高く魅力的に見えますが、次の5つの理由からプロバイダ一体型を選んだ方がメリットが大きいと言えます。

  • プロバイダ一体型は契約窓口が1社で楽
  • プロバイダ一体型の方が料金が安い場合が多い
  • プロバイダ選択型はauスマートバリュー対象外のプロバイダがある
  • プロバイダ選択型の10ギガ、5ギガはエディオンネットしか選べない
  • プロバイダ選択型は一部の代理店のキャッシュバックが対象外

一つ一つ見ていきましょう。

理由1.プロバイダ一体型は契約窓口が1社で楽

プロバイダ選択型はコミュファとプロバイダの2社で手続きが必要ですが、プロバイダ一体型はコミュファとだけ契約すればいいので手続き自体が楽です。

請求書も1つにまとまって管理がしやすくなりますし、解約や問い合わせの窓口も1つなので特に初心者の人にとっては分かりやすいですね。

プロバイダ選択型で注意したいのは特に解約の時で、ネット(コミュファ光)の解約はしたもののプロバイダの解約を忘れていたということがあるようです。解約を忘れているとプロバイダ料を余計に払ってしまうことになるので注意が必要です。

理由2.プロバイダ一体型の方が安い場合が多い

プロバイダ一体型とプロバイダ選択型の月額料金については先ほどご紹介しましたが、実際に月々支払う料金にどれくらいの違いがあるのか、比較してみたいと思います。

光ネット+光電話+光テレビ

プロバイダ一体型プロバイダ選択型
(月額料金+プロバイダ料金)
10ギガ4,980円5,580円
5ギガ3,980円5,180円
1ギガ3,980円4,580円
300メガ5,510円5,360円
30メガ4,570円4,820円

※東海エリアの戸建てで使う場合の1年目の料金、プロバイダはエディオンネット

プロバイダ選択型の料金は、先ほどご紹介した月額料金にプロバイダ料を足したものです。

300メガを除いて、プロバイダ一体型の方が料金が割安なことが分かります。プロバイダ選択型ではネットの月額料金に加えてプロバイダ料がかかるため、どうしてもプロバイダ一体型よりも割高になってしまうんですよね。

ちなみに300メガや30メガの方が速度が速い1ギガよりも月額料金が高くなっているのは、コミュファ光の看板的な割引サービス「ギガデビュー割」が適用できないからです。速度を落としても安くなるわけではないので300メガや30メガで迷ったら1ギガの方がおすすめです。

理由3.プロバイダ選択型はauスマートバリュー対象外のプロバイダがある

プロバイダ選択型では10社から好きなプロバイダを選べますが、auのスマホ(ケータイ)とのセット割「auスマートバリュー」が適用できるプロバイダは限られています。

auスマートバリュー適用
au one net
エディオンネット
So-net
@nifty
BIGLOBE
ODN×
TNC
hi-ho×
IIJ×
MediaCat×

つまり、ODNとhi-ho、IIJ、MediaCatを選んだ場合は、auスマ―トバリューは適用対象外となってしまいます。auユーザーでプロバイダ選択型を契約する人は、auスマートバリューが適用できるプロバイダを選んだ方がいいですね。

理由4.プロバイダ選択型の10ギガ、5ギガはエディオンネットしか選べない

2018年12月から、コミュファ光でも10ギガ・5ギガのサービスが提供開始になりました。1ギガ以上のネットの導入を考えていた人は、「待ってました」という気持ちだったと思います。

ただ注意したいのは、プロバイダ選択型の10ギガ・5ギガでは、プロバイダは「エディオンネット」しか選べないということです。プロバイダ選択型は10社からプロバイダから選べますが、それは1ギガ・300メガ・100メガ・30メガの話なんです。念のためチャットサポートにも確認してみました。

コミュファ光のチャットサポートへの問い合わせ画面

まだ提供開始から間もないので対応しているプロバイダが少ないのかもしれませんが、これではプロバイダ選択型の意味があまりありませんね…。今後選べるプロバイダが増えることを期待したいです。

理由5.プロバイダ選択型は一部の代理店のキャッシュバックが対象外

コミュファ光では、新規申し込みの人を対象にしたキャンペーンをいくつか実施していますが、その中でもキャッシュバックの金額が最も高く条件が緩くてもらいやすいのが代理店のキャッシュバックキャンペーンです。

中でも好条件と評判の株式会社NEXTのキャンペーンでは、コミュファ光の申し込みで30,000円のキャッシュバックがもらえます。しかし、プロバイダ一体型という条件つきです。つまり、プロバイダ選択型の場合はキャッシュバックの対象外になってしまいます。

その他にも、コミュファ光の代理店限定で実施している戸建て向けの「商品券プレゼントキャンペーン」もプロバイダ選択型は対象外です。申し込みの時の特典を多くもらうなら、プロバイダ一体型の方がおすすめです。

\30,000円キャッシュバック中!/

NEXTのお得なキャンペーンサイトはこちら

まとめ

以前はプロバイダのメールアドレスを使う人が多く、プロバイダが変わると困るという理由で決まったプロバイダと契約するという人もいました。ですが、最近はYahoo!やGoogleなどのフリーメールの増加により、プロバイダにこだわらない人が増えています。

プロバイダ一体型ではプロバイダはコミュファになるので自分で選ぶことはできませんが、契約窓口が1つで楽ですし、適用できるキャンペーンや割引も多いです。

プロバイダ選択型は自分でプロバイダが選べるというメリットがありますが、契約窓口が2つになってしまうことやキャンペーン・割引の一部が対象外になる可能性があるなどのデメリットがあります。

総合的にはプロバイダ一体型がおすすめですが、プロバイダのメールアドレスを変えたくない、このプロバイダとの相性がいいので今後も使い続けたい、などの理由がある人はプロバイダ選択型を選ぶといいと思います。