よく見られている記事


ドコモ光の全体像はこれでわかる!

ドコモ光の料金・速度・キャンペーン、さらにはおすすめのプロバイダを紹介!

ドコモ光

この記事をご覧になっているということは、ドコモ光をご検討中ですか?

初めて光回線の利用を検討している方やフレッツ光や他の光回線からのドコモ光に乗り換えを考えている方で、『ドコモ光の料金は安い?』『スマホとセット割は組める?』など、気になっている方も多いと思います。

結論から言うと、ドコモユーザーならセット割が組めるドコモ光がおすすめです。

この記事では、月額料金、セット割などのサービス、速度についての評判、おすすめのプロバイダ、などを解説していきます。

ドコモ光を検討している方は是非参考にしてみてください。

※表示価格は税込みです。

ドコモ光はどんな光回線?

ドコモ光※ドコモ公式サイトから引用

ドコモ光の特徴

  • 光コラボのため工事不要で乗り換えが可能
  • 23社のプロバイダから選べる
  • ドコモユーザーはセット割でスマホ料金が割引
  • 最大10Gや光電話・光テレビ等のサービスも利用可能
  • 工事費無料やキャッシュバックなどのキャンペーンを実施中

ドコモ光はフレッツ光やソフトバンク光などと同じくNTT東日本・西日本の設備を使った光コラボです。そのため、フレッツ光や他の光コラボからは工事不要で乗り換えができます

多くの光回線はプロバイダが決まっていますが、ドコモ光では23社のプロバイダから選べます。ドコモ光の最大速度は1Gbpsですが、実測速度(インターネット利用時の速度)が速いプロバイダを選ぶことで、動画配信サービスやオンラインゲームもストレスなく楽しめますよ。

ドコモのスマホ・ケータイとセット割を組むことで、ドコモユーザーは毎月のスマホ料金が割引されるという大きなメリットがありますし、最大10Gbpsの高速通信が利用可能だったり、工事費無料やキャッシュバックなどのキャンペーンも充実している光回線です。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度(下り)1Gbps
月額料金タイプA:5,720円
タイプB:5,940円
タイプA:4,400円
タイプB:4,620円
事務手数料3,300円
初期工事費19,800円

キャンペーンで実質無料
16,500円

キャンペーンで実質無料
契約期間2年(自動更新)
解約金5,500円4,180円
提供エリア全国

ドコモ光はNTTの回線設備を使った光コラボ

光回線は大きく分けて、「光コラボ(フレッツ光系)」「電力系回線」「独自回線」の3つがあります。

ドコモ光はフレッツ光と同じくNTTの設備を利用している「光コラボ」で、他にはソフトバンク光やOCN光などがあります。

「電力系回線」は各地域の電力会社が提供している光回線でコミュファ光(東海・中部地方)やeo光(近畿地方)などがあり、NTTの設備を使っていない「独自回線」にauひかりやNURO光が該当します。

フレッツ光や光コラボからの乗り換え時は工事が不要

3つとも同じ光回線ですが、光コラボにだけ大きな特徴があります。

それは、フレッツ光からの乗り換え(転用)や他の光コラボからの乗り換え(事業者変更)には工事が不要、という点です。

通常、光回線を利用するためには開通工事が必要ですが、ドコモ光をはじめとした光コラボはフレッツ光と同じNTTの設備を利用しているため、フレッツ光からの転用や他の光コラボからの事業者変更をする際は、工事不要で乗り換えができます。

そのため、『もっと安い光回線や速度が速い光回線に乗り換えたい!』という方は、手軽に乗り換えができるんです(^o^)/

ただし、工事不要で乗り換えられるのは光コラボだけなので、電力系回線や独自回線から光コラボへ乗り換える場合は工事が必要になります。

光コラボって何?『光コラボとは?』をネット初心者にも分かりやすく簡単解説!

ドコモ光は23社のプロバイダから選べる

ドコモ光では、タイプA・タイプBに分かれた23社のプロバイダから選べるという特徴があります。

ソフトバンク光はYahoo!BB、OCN光はOCNなど、他の光コラボは基本的にプロバイダが決まっていますが、ドコモ光ではドコモが提供しているドコモnetや、大手の@nifty・OCNなど、23社のプロバイダから選択可能です。

タイプAの対応プロバイダ
ドコモnetぷららGMOとくとくBB@nifty
DTIBIGLOBEandlinehi-ho
タイガースネットSISエディオンネットic-net
BB.exciteSYNAPSE楽天ブロードバンドTiKiTiKi
@ネスク
タイプBの対応プロバイダ
OCN@TCOMTNCWAKWAK
AsahiNet@ちゃんぷるネット

なお、タイプA・B以外に、ケーブルテレビ会社とセットになっているタイプCや、23社以外のプロバイダも選べる単独タイプもありますが、タイプA・Bから選ぶのが一般的です。

ドコモ光のプロバイダの選び方完全マニュアル!徹底比較ドコモ光のプロバイダの選び方完全マニュアル!全23社を徹底比較!

月額料金はタイプAの方が安い

ドコモ光の月額料金は選ぶプロバイダによって異なり、タイプAの方が安いです。

 戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円

タイプA・Bどちらもプロバイダ料を含んでいるため、フレッツ光のように別途でプロバイダ料がかかることもありません。

上記の月額料金は2年契約をした場合で、2年契約をしない方法もありますがその場合は月額料金が1,650円割高になります。

【注意】更新月以外に解約すると解約金がかかる

2年契約のお話ついでに解約金についてお伝えします。

ドコモ光は基本的に2年契約になっていて、2年ごとの更新月(契約満了月+翌月・翌々月の計3ヶ月間)に解約する場合は無料ですが、更新月以外の解約の場合は解約金がかかります

  • 戸建てタイプ:5,500円
  • マンションタイプ:4,180円

2022年6月以前の解約金は、戸建てタイプが14,300円、マンションタイプが8,800円でしたが、2022年7月に電気通信事業法が改正されたことによって、解約金が安くなりました(2022年7月以降の申し込みより)。

ドコモ光の2年契約は「自動更新」のため、更新月に解約をしないと新たな2年契約が始まり、2年後にならないと無料で解約できるチャンスは訪れないので注意しましょう。

選ぶプロバイダによって通信速度に違いがある!

ドコモ光は最大1Gbpsの光回線で、23社どのプロバイダを選んでも最大1Gbpsです。

しかし、プロバイダによって速い・遅いがあり、「みんなのネット回線速度」という通信速度の口コミサイトの結果では、プロバイダによって速度が大きく違うことがわかります。

ランキングプロバイダ通信速度(ダウンロード)
1ドコモnet(A)308.48Mbps
2GMOとくとくBB(A)307.88Mbps
3ぷらら(A)289.86Mbps
4OCN(B)279.88Mbps
5BIGLOBE(A)272.34Mbps
6@TCOM(B)271.86Mbps
7AsahiNet(B)266.79Mbps
8エディオンネット(A)246.39Mbps
9BB.excite(A)242.6Mbps
10DTI(A)239.35Mbps

ランキングプロバイダ通信速度(ダウンロード)
11@nifty(A)221.65Mbps
12
andline(A)201.66Mbps
13
楽天ブロードバンド(A)194.82Mbps
14
WAKWAK(B)140.79Mbps

※ランキングや速度は2022年8月10日時点のものです。
※(A)はタイプA、(B)はタイプBのプロバイダ。

ランキングに反映されているプロバイダは、3ヶ月以内に50名以上の方がスピード測定しているプロバイダです(単独タイプで利用可能なYahoo!BBと提供終了しているSo-netは省いています)。

中には「ドコモ光10G」に対応しているプロバイダもありますが、同じドコモ光でありながらプロバイダによって速度に大きな違いがあることがお分かりいただけると思います。

なお、ドコモ光のプロバイダ23社は全てインターネット通信時の遅延が防げる「IPv6」に対応していますが、ご覧のようにプロバイダによって速度は異なるため、個人的には料金が安いタイプAで速度が速いプロバイダを選ぶのがおすすめです。

ドコモ光とドコモのセット割で毎月のスマホ・ケータイ料金が割引

ドコモ光 セット割

ドコモユーザーにとって、ドコモ光を利用する最大のメリットが「ドコモ光セット割」です。

ドコモ光セット割はドコモ光とドコモのスマホ・ケータイを一緒に使うことで組めるセット割で、毎月スマホ・ケータイ料金が最大1.100円割引になります。

ドコモ光セット割
割引対象ドコモのスマホ・ケータイ(最大20回線)
割引額毎月最大1,100円(1回線あたり)
適用条件ドコモ光

割引額はドコモで契約しているプランによって異なり、最大20回線まで割引してもらえます。

一緒に住んでいる家族だけではなく、契約者から三親等までの家族で「ファミリー割引」のグループに入っていれば割引対象です。

ソフトバンクのおうち割光セットやauのauスマートバリューはセット割適用にあたって固定電話(月額550円)の契約が必須ですが、ドコモ光セット割を組む際は固定電話の契約が必要ありません

ギガプラン

プラン名データ容量割引金額
5Gギガホ プレミア
1,100円
5Gギガホ1,100円
ギガホ プレミア1,100円
ギガホ1,100円
5Gギガライト/ギガライト~7GB1,100円
~5GB1,100円
~3GB550円
~1GB割引なし

シェアパック

プラン名データ容量割引金額
ウルトラシェアパック100GB3,850円
50GB3,190円
30GB2,750円
ベーシックシェアパック~30GB1,980円
~15GB1,980円
~10GB1,320円
~5GB880円
ウルトラデータLLパック30GB1,760円
ウルトラデータLパック20GB1,540円
ベーシックパック~20GB880円
~5GB880円
~3GB220円
~1GB110円

ケータイプランの場合

プラン名割引金額
ケータイプラン550円
※12ヶ月のみ

※ガラケーを契約している場合は、ドコモ光セット割の代わりに「ドコモ光期間限定割引」が適用されます。

なお、ドコモ光セット割はドコモ光としか組むことができないため、ドコモユーザーでセット割を重視している方は必然的にドコモ光一択になります。ただし、サブブランドのahamo(アハモ)はセット割対象外なのでご注意ください。

ドコモ光セット割は家族みんながお得?割引額や適用条件を解説!ドコモ光セット割は家族みんながお得!割引額や適用条件を解説!

以前のプランをご利用中の方も「ドコモ光期間限定割引」でお得に!

ドコモ光 ドコモ光期間限定割引※ドコモ公式サイトから引用

『私はガラケーだから…』という方も諦めないでください。

ガラケーで以前のプランをご利用中の方は、ドコモ光セット割こそ組めませんが「ドコモ光期間限定割引」によって割引を受けられます。

ドコモ光期間限定割引
割引対象ドコモ光(開始月は日割り+11ヶ月間)
割引額毎月550円
適用条件ドコモ光

ドコモ光期間限定割引では、最大12ヶ月間のドコモ光の月額料金が550円割引になります。

  • Xi総合プラン
  • Xiデータ通信専用プラン
  • FOMA総合プラン
  • FOMA従量データプラン/FOMA定額データプラン
  • 料金プラン(らくらくパック、データSパック、ケータイパック、パケットパックなし)

特に申し込みの必要はなく、ドコモ光と携帯電話の契約者名が同じであれば自動適用されます。

ドコモ光では最大10Gbpsや光電話・光テレビ等も利用可能

ドコモ光では、最大10Gbpsの高速サービス、光電話、光テレビなどのサービスも提供しています。

最大速度10Gbpsの高速サービス「ドコモ光10G」

ドコモ光10ギガ※ドコモ公式サイトから引用

ドコモ光では通常の1Gだけでなく、最大10Gbpsの「ドコモ光10G」も利用可能です。

ドコモ光10G
回線速度(下り) 最大10Gbps
月額料金タイプA:6,930円
タイプB:7,150円
事務手数料3,300円
初期工事費19,800円

キャンペーンで実質無料
契約期間2年(自動更新)
解約金5,500円(更新月は無料)
提供エリア・東京都(23区、狛江市、調布市、三鷹市)
・大阪府(大阪市、東大阪市、八尾市、松原市、藤井寺市、豊中市、堺市、茨木市、吹田市、大東市、門真市)
・和歌山県(和歌山市)
・京都府(京都市、長岡京市、向日市)
・滋賀県(草津市、彦根市)
・兵庫県(加古川市、伊丹市)
・愛知県(名古屋市、岡崎市、豊川市、刈谷市、江南市、小牧市、津島市、春日井市、北名古屋市、半田市、瀬戸市、大府市、豊橋市)
・静岡県(藤枝市、袋井市、富士宮市、三島市、浜松市、焼津市、磐田市)
・岐阜県(美濃加茂市、岐阜市)

ドコモ光10Gは戸建てタイプ限定で、対応エリアも通常の1Gに比べて狭いです。

ただ、2022年9月からはフレッツ光クロス(最大10Gbps)がマンションタイプでも使えるようになるため、ドコモ光10Gも同じタイミングか少し後には使えるようになると思います。

なお、1Gでは23社のプロバイダから選べましたが、10Gに対応しているプロバイダは2022年9月現在でこちらの9社です。

ドコモ光10G 対応プロバイダ
タイプAドコモnet/ぷらら/GMOとくとくBB/andline/ic-net/hi-ho
タイプBBB.excite/エディオンネット/AsahiNet

まだ提供エリアが狭かったり対応プロバイダが少なかったりはしますが、速度の速さは魅力ポイントのため、お仕事や趣味などでインターネットを使う機会が多く『速度は少しでも速い方が良い!』という方は、ドコモ光10Gの利用を検討してみてください。

ドコモ光で10ギガが提供開始!気になる料金は?提供エリアは?ドコモ光で10ギガが提供開始!気になる料金は?提供エリアは?

月額料金や通話料がお得な「ドコモ光電話」

ドコモ光電話※ドコモ公式サイトから引用

「ドコモ光電話」はドコモ光の回線を使った市外局番から始まる固定電話サービスです。

月額料金は550円~と安く、通話料も固定電話宛ては8.8円/3分、携帯電話宛ては17.6円/1分とNTTの加入電話よりも安いため、固定電話をよく使う方はドコモ光電話にすることでコスト削減できますよ(^o^)

ドコモ光電話
月額料金ドコモ光電話:550円
ドコモ光電話バリュー:1,650円
通話料固定電話宛て:8.8円/3分
携帯電話宛て:17.6円/1分

現在ご利用中の電話番号や電話機は基本的にそのまま利用できますし、転送でんわや迷惑電話ストップサービスなどのオプションも使えます。

初期費用は、事務手数料が0円~3,300円、工事費は1,100円~9,900円、と申し込み方法や工事内容によって異なります。

アンテナ設置不要で視聴できる「ドコモ光テレビオプション」

ドコモ光テレビオプション※ドコモ公式サイトから引用

「ドコモ光テレビオプション」は光回線を使ったテレビサービスで、アンテナの設置工事が不要です。

月額825円で4K・8K対応の地デジ・BS放送が楽しめますし、有料オプションを追加することでその他のBS・CS放送やスカパー!も観られるようになります。

ドコモ光テレビオプション
月額料金825円
※NHK受信料や有料BSデジタル放送の視聴料は別途必要
初期費用13,530円~35,310円

初期費用は、ドコモ光と一緒に申し込む場合、後からドコモ光テレビオプションを申し込む場合、またはテレビの接続台数によって異なります。

【注意】提供エリアはドコモ光と異なる

ドコモ光テレビオプションをご利用する際、「提供エリアはドコモ光(光回線)と異なる」という点にご注意ください。

ドコモ光はほぼ全国で利用できますが、ドコモ光テレビオプションの提供エリアは以下に限られます。

東日本エリア東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・長野・新潟・福島・宮城・山形・岩手・北海道の一部地域
西日本エリア大阪・和歌山・京都・奈良・滋賀・兵庫・愛知・静岡・岐阜・三重・富山・石川・岡山・広島・香川・徳島・愛媛・福岡・佐賀・長崎・熊本の一部地域

※2022年2月時点

東日本エリアでは戸建てタイプ・マンションタイプどちらでも利用できますが、マンションタイプは光配線方式のみで利用可能です(宮城・山形・岩手エリアはマンションタイプでの利用は不可)。また、西日本エリアでは戸建てタイプのみで利用可能です。

なお、提供エリア内であっても設備状況によっては利用できない場合もあるのでご注意ください。

ドコモ光では「ひかりTV for docomo」も使える

ドコモ光では多彩な専門チャンネルや地デジ・BSデジタル放送が楽しめる「ひかりTV for docomo」も利用可能で、ご自宅のテレビだけでなくスマホやタブレットでも視聴できるため、移動中や休憩中でもテレビを手軽に楽しめます。

また、追加料金なしで「dTV」も楽しめますし、「DAZN for docomo」とのセット利用では通常料金よりもお得に使えます。

ドコモ光では、ご紹介したサービス以外にも、「あんしんパックホーム」をはじめとしたサポートサービスも提供していますので、ドコモ光と一緒に利用することで便利さがアップしますよ(^o^)

ドコモ光では工事費無料やdポイントプレゼントなどのキャンペーンを実施中

ドコモ光では最大19,800円の初期工事費無料や、ショッピングなどで使えるdポイントプレゼントなど、お得なキャンペーンを実施中です。

初期工事料無料

ドコモ光 工事費無料※ドコモ公式サイトから引用

ドコモ光開通時、通常ならかかる工事費がキャンペーンで無料になります。

戸建てタイプマンションタイプ
工事費19,800円16,500円

1Gだけでなく10Gの工事費も無料になりますが、契約事務手数料、土日祝日の追加工事費、オプション工事などについてはキャンペーン対象外です。

また、先ほどもお伝えしましたが、フレッツ光からの転用や他の光コラボからの事業者変更といった乗り換えの場合は、工事不要のため工事費もかかりません。

dポイントプレゼント特典

ドコモ光を新規申し込みするとdポイントがもらえるキャンペーンも実施中です。ただし、もらえるポイント数はドコモ光公式サイトやプロバイダなど申し込み窓口で異なります。

dポイントには通常のdポイントと期間・用途限定の2種類あり、キャンペーンでもらえるのは「dポイント(期間・用途限定)」です。

このdポイントは、ケータイ料金の支払いやデータ量の追加には利用できませんが、d払いやdマーケットでは使えます。

キャッシュバック

光回線のキャンペーンと言えばキャッシュバックが有名ですが、ドコモ光でも行われています。

ただし、代理店やプロバイダのWEBサイトによってキャッシュバックキャンペーンを行っている・いないがあるんです。

大手のプロバイダだからと言って行われているわけでもないため、プロバイダにこだわりがなければキャッシュバックキャンペーンが行われているプロバイダから申し込むことでお得にドコモ光を始められますよ。

ドコモ光のキャンペーンはお得なのか?!実際に調査した結果…ドコモ光のキャンペーンはお得なのか?!実際に調査した結果…

ドコモ光の申し込みは代理店NNコミュニケーションズがおすすめ

ドコモ光_NNコミュニケーションズ※NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトから引用

ドコモ光はドコモショップや公式サイトなどから申し込みができますが、一番おすすめなのは「代理店NNコミュニケーションズ」からの申し込みです。

代理店NNコミュニケーションズのキャッシュバックキャンペーン
キャッシュバック金額42,000円
適用条件なし
手続き方法申し込み時に口座情報を伝えるだけ
受け取り時期1ヶ月後

NNコミュニケーションズでは42,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中で、ドコモ光が公式で行っている工事費無料やdポイントプレゼントも併用可能です。

キャッシュバックをもらうためにオプション加入の必要もないですし、手続きもドコモ光を申し込む際に口座情報を伝えるだけで完了です。あとは、ドコモ光が開通した最短1ヶ月後に振り込まれるのを待っているだけで良いのです。

また、NNコミュニケーションズでは23社どのプロバイダも選択可能のため、プロバイダを選びたい方にとってもおすすめです。

中でもおすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」で、公式サイトでも全国平均で下り300Mbpsを公表するなど速度に定評があります。また、WiFiルーターの無料レンタル、セキュリティソフトの無料提供(12ヶ月間)、設定サポートなど、特典も充実しているため、選んで損はないと思います。

【参考記事】
ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンがお得な代理店7社をランキング形式で紹介!

NNコミュニケーションズは実際に利用した方からの評判が良い

NNコミュニケーションズについては、実際に申し込んだ方からの評判も上々です。

ドコモ光を申し込んだ方からの書き込みはありませんでしたが、他のも取り次ぎを行っているauひかりやビッグローブ光などを申し込んだ方からの評判がこちらです。

Twitterには他にも以下のような書き込みがされています。

  • これまでルーターをレンタルにしていて、自身で購入しようとしていたところルーターが無料でついてくるのが決め手となりました。 
    オペレーターさんがとても丁寧で、わかりやすかったです!
    具体的な金額等もしっかり教えてくれました。翌月、すぐに振込がありました!すぐに手続きを後回しにして忘れてしまうので、とっても有り難かったです!
  • ドコモ光から乗り換えで利用致しましたが、簡潔な説明、振込みの早いキャッシュバック、サイトで申し込み時に完了する振込み手続きにより、忘れる事無く受け取れる点などとても良かったです。
    また、乗り換え検討時には利用しようと思ってます。
  • オペレーターさんも親切やし、分からないことも答えてくれたし、キャッシュバックが早くて嬉しかったです!他社さんのは分かりにくい&キャッシュバック遅いからNNコミュニケーションズにして良かった…!
  • WEBでオプション等の縛りがなくキャンペーンの条件も良かったので申し込みました。すぐに担当者様からご連絡をいただき安心して移行できました。年末の工事にも関わらず翌月比較的早い時期にキャッシュバックがありました。事業者からのバックも速く、もっと早く回線を切り替えれば良かったと思っているほどです。

※Twitterから引用

やはり、「キャッシュバックが早い」「オプションの縛りがない」ということが好評のようで、あとは「オペレーターの方が丁寧」という評判も多くありました。

実際に申し込んだ方からのこういった声があると、安心して申し込めますね(^o^)/

オプション加入不要で42,000円キャッシュバック!

ドコモ光のキャンペーンサイトはこちら

ドコモ光の申し込みから開通までの流れ

最後にドコモ光の申し込みから開通までの流れについて解説します。

申し込み方法は、「新規」「転用・事業者変更(乗り換え)」で手順が少し異なります。

新規申し込みの場合

手順1
NNコミュニケーションズからドコモ光を申し込む

NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトにアクセスし、専用フォームで名前・連絡先の電話番号・工事希望日などを入力して申し込みを行います。

手順2
NNコミュニケーションズから確認の電話

申し込み完了後、NNコミュニケーションズから電話が来て、料金プランやキャンペーンに関する説明や確認があります。

手順3
工事日調整のための連絡をする

NNコミュニケーションズからの電話確認が完了したら、ドコモ光サービスセンターに連絡して工事日の日程を決めます。工事は立ち会いが必要なので、都合の良い日で調整しましょう。

ドコモ光サービスセンター

  • 一般電話から:0120-766-156(通話料無料)
  • ドコモのケータイから:15715(通話料無料)
    ※10時~20時/年中無休

日程調整後、開通に関する案内が送られてきます。

手順4
開通工事・利用開始

工事日に専門スタッフが来て工事を行い完了すればドコモ光の開通で、工事完了後にパソコンやWiFiルーターなどの設定をすればインターネットが使えるようになります。

転用/事業者変更(乗り換え)の場合

手順1
転用承諾番号/事業者変更承諾番号を取得する

フレッツ光からの転用や他の光コラボからの事業者変更(乗り換え)の場合は、現在ご利用中の光回線で承諾番号を取得する必要があります。

転用承諾番号は、NTT東日本・西日本に電話連絡するか公式サイトで取得できます。

NTT東日本NTT西日本
電話0120-140-202
受付:9時~17時(土日休日も可能)
0120-553-104
受付:9時~17時(土日休日も可能)
WEBNTT東日本公式サイトNTT西日本公式サイト

事業者変更承諾番号は、現在ご利用中の光コラボ事業者に電話連絡するか公式サイトで取得可能です。

主な光コラボ事業者の取得窓口はこちらになります。

 電話WEB
ソフトバンク光0800-111-6710
受付:10時~19時
So-netプラス0120-45-2522
受付:9時~18時
So-net光プラス公式サイト 
OCN光0120-506-506
受付:10時~19時
OCN公式サイト
楽天ひかり0120-987-300
受付:9時~18時
楽天ひかり公式サイト
ビッグローブ光固定電話:0120-907-505(通話料無料)
ケータイ・IP電話:03-6479-5716(通話料有料)
受付:9時~18時
BIGLOBE公式サイト

どちらの承諾番号も有効期限は取得日を含めた15日間です。有効期限を過ぎると再取得が必要なので、取得したら早めに申し込みましょう。

手順2
NNコミュニケーションズからドコモ光を申し込む

承諾番号の取得が出来たら、NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトからドコモ光を申し込みます。

手順3
NNコミュニケーションズからの電話

申し込み完了後、NNコミュニケーションズから電話が来て、料金プランやキャンペーンに関する説明・確認があります。

手順4
開通日調整のための連絡をする

電話確認が終わったら、ドコモ光サービスセンターに連絡して開通日(切り替え日)の日程を決めます。

ドコモ光サービスセンター

  • 一般電話から:0120-766-156(通話料無料)
  • ドコモのケータイから:15715(通話料無料)
    ※10時~20時/年中無休

日程調整後、開通に関する案内が送られてきます。

手順5
切り替え作業・利用開始

切り替え日に設定を行えばドコモ光の開通で、パソコンやWiFiルーターなどの設定をすればインターネットが使えるようになります。

【番外編】プロバイダを変更したい場合

既にドコモ光を使っていて、『今のプロバイダは速度が遅いから変更したい…』と思っている方もいるかもしれませんが、その方法も可能です。

プロバイダを変更したい場合は、ドコモインフォメーションセンターに電話をするかお近くのドコモショップまたはd gardenで手続きが必要です(事務手数料は3,300円)。

電話番号ドコモショップ/d garden
ドコモから:151
ドコモケータイ以外から:0120-800-000
受付:9時~20時(年中無休)
お近くのドコモショップ/d gardenを探す
受付:店舗で異なる

まとめ

今回はドコモ光について解説してきましたが、いかがでしたか?

ドコモ光はドコモユーザーがセット割を組める唯一の光回線で、プロバイダが選べるのが大きな特長です。

フレッツ光や光コラボと同じNTTの設備を使っているため、フレッツ光や他の光コラボからは工事不要で簡単に乗り換えができます。

申し込み窓口によってはキャンペーン内容に違いがあり、おすすめの申し込み窓口は代理店NNコミュニケーションズです。オプション加入不要、手続き簡単、最短1ヶ月後振込、と手軽にキャッシュバックを受け取れますよ。

この記事がドコモ光を検討している方の参考になったら嬉しいです(^o^)

ドコモ光の記事一覧