NULL

ドコモ光で10ギガが提供開始!気になる料金は?提供エリアは?

ドコモ光で10ギガが提供開始!気になる料金は?提供エリアは?

インターネットの普及が進むと共に「通信速度」も進化してきた昨今。

数年前はほとんどのネット回線で最大1Gbps(ギガ)が主流になっていましたが、近年は、auひかりやNURO光、さらには地域電力系回線のコミュファ光(中部地方)やeo光(近畿地方)など、10Gbpsといった超高速通信を提供するところも増えてきました。

ですが、その中に光コラボと呼ばれるネット回線はありませんでした…。

しかし、2020年2月にフレッツ光が10ギガの提供を発表して以降、ドコモ光やソフトバンク光といった人気の光コラボでも10ギガサービスの提供が始まっています。

そこで今回は、ドコモ光で提供開始された「ドコモ光 10ギガ」の、提供エリア、月額料金、キャッシュバックキャンペーン、さらには注意点などを紹介していきます。

ドコモ光で10ギガが2020年4月1日から提供開始!

ドコモ光10ギガ※docomo公式サイトより引用

2020年2月中旬にフレッツ光から10ギガサービスの提供が発表されましたが、そのフレッツ光と同じNTT回線を使った光コラボのドコモ光でも2020年4月1日より「ドコモ光 10ギガ」が提供開始になっています。

通常のサービスが1ギガでしたので、その10倍の超光速通信が楽しめるようになります。

ただし、インターネットはベストエフォート型という「最大速度を出せるように頑張るけど保証はしないよ」という方式での提供になります。そのため、最大10Gbpsという通信速度はあくまで理論値であって、実際にネット接続する際の速度ではありません

これはドコモ光に限ったことではなく、他のネット回線でも同じことが言えます。

ドコモ光 10ギガの提供エリアは?狭い?広い?

NTT東日本エリア東京都大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・足立区・葛飾区・江戸川区・目黒区・中野区・品川区・北区・江東区・渋谷区・新宿区・文京区・豊島区・墨田区・狛江市・調布市・三鷹市の一部
NTT西日本エリア大阪府大阪市、愛知県名古屋市

※2020年7月21時点

ドコモ光 10ギガの提供エリアは、東日本は東京の一部、西日本は大阪と愛知の一部地域と、提供エリアは正直まだ広くありません

ですが、docomoの公式サイトにも「2020年7月21日(火曜)現在」と書かれているので、提供エリアについては順次拡大していくと思います。

月額料金の6,300円は他のネット回線より高い?安い?

ドコモ光 10ギガの提供エリアについては上記でお伝えしたとおりですが、残念なことに提供可能なのは戸建てプランのみとなります。

ドコモ光の戸建てタイプには「タイプA」「タイプB」「単独タイプ」と3種類ありますが、どれを選んでも通信速度に関しては最大10ギガです。

AとBの違いは選べるプロバイダの種類、単独タイプは自分でプロバイダ契約するタイプです。

プラン月額料金
タイプA2年の定期契約あり:6,300円
(定期契約なし:7,800円)
タイプB2年の定期契約あり:6,500円
(定期契約なし:8,000円)
単独タイプ2年の定期契約あり:5,900円+プロバイダ料金
(定期契約なし:7,400円+プロバイダ料金)

ドコモ光は2年の定期契約をすることで月額料金を通常より割引してくれますが、2年ごとの更新後を含む契約期間内で解約をしてしまうと13,000円の解約金が取られてしまいます。

一方の定期契約なしの場合、解約金のリスクこそないものの月額料金が1,500円割高になってしまいます。ですので、解約金の13,000円を考えた場合、9ヶ月以上使うのであれば定期契約した方がお得です。まぁ、戸建てタイプで最初から『9ヶ月も使うつもりはない!』という方はあまりいないと思いますが(^^ゞ

3つ目の単独タイプは月額料金だけ見ると安いですが、タイプA・タイプBとは違い別途で500~1,000円ほどのプロバイダ料金がかかるためあまりおすすめしません。

ドコモ光 10ギガを使うなら…
僕個人的には、選べるプロバイダも多く料金も少し安いタイプAがおすすめです。

ドコモ光 10ギガは他社より安い期間もあれば高い期間もある

ドコモ光以外にも、NURO光、auひかり、フレッツ光、ソフトバンク光、コミュファ光、eo光などで10ギガサービスが提供されています。

地域限定の電力系回線であるコミュファ光とeo光を除いて比較してみると以下のようになります。

月額料金
ドコモ光タイプA:6,300円
タイプB:6,500円
単独タイプ:5,900円+プロバイダ料
(※どのタイプも定期契約なしの場合は+1,500円)
NURO光NURO光 10Gs
5,743円

NURO光 10G
1年目:3,979円
2年目~:6,479円
auひかり1年目:5,880円
2年目:5,780円
3年目:5,680円
4年目~:6,180円

フレッツ光
NTT東日本エリア
~30ヶ月目:5,100円

31ヶ月目~:6,300円
+プロバイダ料
NTT西日本エリア
~24ヶ月目:5,200円
25ヶ月目~:6,300円
+プロバイダ料
ソフトバンク光~24ヶ月目:5,200円
25ヶ月目~:6,800円

NURO光の10ギガサービスには2種類ありますが、NURO光 10Gは安すぎます。1年目の4,000円を切る料金はキャンペーンでの割引によるものですが、この料金は破格です。ですが、2年目以降の料金で比較してみると、ドコモ光 10ギガのタイプAの方が安いのです。

同様にソフトバンク光も2年目まではキャンペーンによって安くなりますが、3年目以降で比べるとドコモ光 10ギガ(タイプA・B共に)の方が安く利用できます。ただし、auひかりには4年目以降でも120~320円ほど負けてしまいます…。

フレッツ光はプロバイダが別契約となるため、大体500~1,500円ほどのプロバイダ料金が別途でかかるので、ほとんどのケースでドコモ光の方が安くなります。

そのため…
ドコモ光 10ギガを他社と比較した場合、安く使える時期もあれば高くなってしまう時期もあるということになります。

初期工事費は1ギガと同じ18,000円

ドコモ光 10ギガでかかる初期費用は、工事費・事務手数料ともに1ギガサービスと同額です。

費用
初期工事費18,000円(派遣工事の場合)
事務手数料3,000円

速度が10倍になるからと言って初期費用が高くなることもないので安心ですね。

なお、初期工事費は設備状況によっては7,600円になる場合もあります。

ドコモ光 10ギガで選べるプロバイダは8社

ドコモ光は光コラボの中では珍しくプロバイダが選べるネット回線です。

ただし、1ギガのサービスでは20社以上から選択可能でしたが、ドコモ光 10ギガで選べるプロバイダは1/3分程度の8社になります。

ドコモ光 10ギガ 対応プロバイダ
タイプAドコモnet、plala(ぷらら)、GMOとくとくBB、andline、hi-ho、IC-NET
タイプBBB.excite、ASAHIネット

タイプA・タイプBは月額料金にプロバイダ料が含まれているため、どのプロバイダを選んでもタイプAは6,300円、タイプBは6,500円と月額料金に違いはありません。

ドコモ光と同じようにプロバイダが選べるauひかりもそうでしたが、対象プロバイダは10ギガサービスの提供開始当初よりも増えてきているので、ドコモ光でも順次増えてくると思います。

1ギガから10ギガサービスへはプラン変更が可能

現在ドコモ光の1ギガサービスを使っている場合、ドコモ光 10ギガへはプラン変更することが可能です。

月額料金を比べてみるとこのようになります。

 タイプAタイプB
月額料金1ギガ:5,200円 ⇒ 10ギガ:6,300円1ギガ:5,400円 ⇒ 10ギガ:6,500円

※2年定期契約ありの場合

1ギガから10ギガサービスにプラン変更した場合、月額料金は1,100円プラスほどで利用可能です。

ただし、別途で10Gbps対応の無線LANルーターを500円/月でレンタルする必要があるので、「1ギガより1,600円プラスになる」と思っておきましょう。

また、ドコモ光 10ギガへプラン変更すると同時にプロバイダも変更する場合は3,000円のプロバイダ変更手数料がかかりますので覚えておいてください。

【注意】 10ギガへプラン変更するには18,000円の工事費がかかる

そして、プラン変更をする際には工事料もかかります

工事費18,000円

工事費に関しては工事担当者が宅内設備を確認した後に判明し、場合によっては7,600円になります。要するに、先ほどご紹介した新規契約時の初期工事費と同じだけの工事費がかかるということです。

10ギガサービスへプラン変更を検討している方はくれぐれもお忘れないように。

ドコモ光 10ギガを申し込む上での2つの注意点

では最後に、ドコモ光 10ギガを申し込む上での注意点を2つ紹介します。

ドコモ光 10ギガを申し込む上での注意点
1. ドコモ光電話に非対応
2. 工事費無料キャンペーンが対象外

注意1. ドコモ光電話に非対応

注意点の1つ目は、ドコモ光 10ギガはドコモ光電話に非対応であるという点です。

ドコモ光電話は、月額500円で通話料も日本全国一律で8円/3分とNTT加入電話より格段に安い固定電話サービスです。

1ギガでは利用可能でしたがドコモ光 10ギガでは非対応のため、1ギガからのプラン変更や、フレッツ光の転用や他の光コラボからの事業者変更といった乗り換えとともにドコモ光 10ギガにする際は光電話が使えなくなってしまいます。

そのため、一般加入電話(アナログ電話)に戻す必要が出てきてしまいますのでご注意ください。

注意2. 工事費無料キャンペーンが対象外

※現在工事費無料キャンペーンは実施されていません。

ドコモ光では最大18,000円の初期工事費が無料になるキャンペーンが行われていますが、ドコモ光 10ギガの初期工事費に対しては工事費無料キャンペーンが適用されません

「ドコモ光 10ギガ」は本特典対象外です。

引用元:ドコモ光新規工事料無料特典より

docomoの公式サイトにも実際にこのように書かれています。

ドコモ光の戸建てタイプの工事18,000円は他のネット回線と比較した場合、どちらかと言えば安い方です(auひかりは37,500円、NURO光は40,000円します…)。ですが、10ギガの初期工事費は自己負担になってしまいます。

しかし、キャッシュバックキャンペーンを行っている窓口から申し込むことでこの18,000円を帳消しにすることができます。

ぷららでは15,000円のキャッシュバックがもらえる!

ドコモ光※ぷらら公式サイトより引用

こちらのぷららのひかりTVショッピングサイトから1ギガサービスを新規申し込みすると、15,000円のキャッシュバックや、dポイントが10,000ポイントもらえたりとてもお得な特典を受け取ることができます。

ですが10ギガについては、対象・対象がなどが書かれていません…

キャッシュバック金額15,000円
条件なし
手続き方法開通後4ヶ月後に届く案内メールから登録
受け取り時期5ヶ月後

1ギガサービスであれば、キャッシュバックとdポイントはダブルでもらうことができ、工事費も無料になります。

ですが、先ほどご紹介したように10ギガサービスでは工事費無料キャンペーンは対象外になっています。

ただし、docomo公式サイトには以下のように書かれています。

「ドコモ光 10ギガ」を新規お申込みで、2年間ご利用の場合dポイント(期間・用途限定)を最大76,400pt進呈いたします。
【内容】

  1. 最大2年間毎月dポイント(期間・用途限定)還元
    本プランを新規にお申込みいただいたお客さまへ、最大2年間毎月dポイント(期間・用途限定)1,600ptを進呈いたします。
  2. 「ドコモ光 10ギガ」新規工事料相当dポイント(期間・用途限定)還元
    本プランを新規にお申込みいただいたお客さまへ、工事料相当のdポイント(期間・用途限定)18,000ptを進呈いたします。
  3. 「ドコモ光 10ギガ」dポイント(期間・用途限定)進呈
    本プランを新規または転用のお申込みをいただいたお客さまへ、dポイント(期間・用途限定)を進呈いたします。
    進呈するdポイント(期間・用途限定)は、新規のお客さま 20,000pt、転用のお客さま5,000ptとなります。
    (西日本エリアにおいては、本プランへの転用は不可のため対象外)

docomo公式サイトより引用

工事費無料キャンペーンは適用外ですが、その分dポイントで補填してくれるようです。最大76,400ポイントとはかなりお得です(^o^)

条件としては申し込みから7ヶ月以内に利用開始(開通)することと、ドコモユーザーでdポイントクラブ会員またはドコモビジネスプレミア会員であることだけなので、ドコモのスマホ・ケータイを使っている人なら何ら難しいことはないですね。

ドコモ光のお申し込みはコチラから
ドコモ光をお得にぷららで申し込む!

まとめ

今回は2020年4月より提供開始されている「ドコモ光 10ギガ」を紹介してきました。

提供エリアに関してはまだ狭いものの、1ギガの料金に1,000円ちょっとプラスするだけで通常の10倍の速度でインターネットを楽しむことができます。

通信速度にこだわる方は是非一度チェックしてみてくださいね。