NULL

ドコモ光のネットワークセキュリティの全貌!安全に利用する方法は?

ドコモ光のネットワークセキュリティの全貌!安全に利用する方法は?

今は、スマホやPCだけあればお買い物ができたり、様々な情報を手に入れることができるので、とても便利ですよね。

しかし、便利な中にも危険なウイルスや個人情報を抜き取ろうと狙っている人達がいます

そこで考えておきたいのがセキュリティソフトの利用です。

今回は、セキュリティソフトの重要性と、ドコモ光のセキュリティサービス「ネットワークセキュリティ」についてご紹介していきます。

セキュリティソフトの重要性

セキュリティソフトは、PCやスマホを使う時に個人情報の漏えいや乗っ取られる事を防ぐためにとても重要です。

  • 『セキュリティソフトって具体的にどうやって守ってくれるの?』
  • 『どんなメリットがあるの?逆にデメリットも知りたい』

こんな風に思う人も多いのではないでしょうか?

まずは、メリット・デメリットについてご紹介していきます。

セキュリティソフトを使用することの5つのメリット

セキュリティソフトを使用すると、以下のようなメリットがあります。

セキュリティソフトを使う5つのメリット

  • メリット1 スパムメールを仕分けしてくれる
  • メリット2 危険なサイトを閲覧しようとすると警告してくれる
  • メリット3 危険なフリーWi-Fiなどから守ってくれる
  • メリット4 詐欺などの可能性が高い電話番号からの着信は警告を表示
  • メリット5 ウイルスを特定してくれるので、最適な対策ができる

メリット1 スパムメールを仕分けしてくれる

フィンシング詐欺やウイルスに感染してしまう危険性のあるスパムメール。

セキュリティソフトを使うと、自動的に迷惑メールフォルダへ仕分けしてくれます。

一見、スパムメールだと分からない場合もあり、開いてしまうだけでも危険にさらされてしまうので、最初から仕分けてくれればそんな危険にさらされる心配がないため、安心してメールチェックができます。

メリット2 危険なサイトを閲覧しようとすると警告してくれる

過度の暴力表現や残酷な表現を含むコンテンツ、ポルノ画像を含むアダルトサイト、出会い系サイト、学校裏サイト、自殺や違法行為など、青少年の育成において好ましくない有害なサイトを閲覧しようとすると警告で通知してくれます。

また、警告以外にもフィルタリングサービスのあるセキュリティソフトを使えば、予め検索した時に表示されないよう設定することも可能です。ですので、未成年のお子さまがいらっしゃるご家庭では、ご利用を特におすすめします。

メリット3 危険なフリーWi-Fiなどから守ってくれる

街へ出れば様々なフリーWi-Fiが飛び交っていますよね。

無料で高速Wi-Fiが使えて便利な一方、そこから個人情報を盗み取ろうとする悪質なものもあり、フリーWi-Fiを利用中にネットショッピングをしたところ、クレジットカードの情報を盗まれ不正利用されたという被害も出ているのです。

セキュリティソフトを使えば、危険なフリーWi-Fiに接続しようとした時に警告で知らせてくれる機能もあるので、そういった被害から防げます。

メリット4 詐欺などの可能性が高い電話番号からの着信は警告を表示

しつこいセールスや、詐欺の電話だと思われる怪しい番号からの着信時に警告を表示してくれます。

高齢者などをターゲットにした特殊詐欺は2019年の被害額は300億円を超えたというデータもあり、『私は大丈夫』と思っているあなたこそ、今狙われているかもしれません。詐欺で騙し取られてしまったお金は、犯人が捕まったとしても返金されない場合がほとんどなので要注意です。

セキュリティソフトで危険な番号だと知らせてくれるなら、騙される可能性も少しは低くなりそうですね。

メリット5 ウイルスを特定してくれるので、最適な対策ができる

今あるウイルスを記憶したパターンファイルを持つセキュリティソフトなら、もしウイルスに感染してしまった時にどの種類のウイルスなのかを正確に特定する機能があります。

その機能によってウイルスを特定することができ、特性や弱みに合致した効果的な対策をすることができるのです。

また、感染範囲や影響力まで推測する機能まで搭載している場合もあるので、適切に対処することが可能です。

セキュリティソフトを使用しない危険性と5つの被害例

セキュリティソフトを使用しないと、どんな危険性があるのでしょうか?

実際に起こっている以下5つの被害例を元に、どんな犯罪に巻き込まれてしまうのかをご紹介します。

実際に起こっている5つの被害例

  • 被害例1 自分の端末から勝手に犯罪予告を書き込まれる
  • 被害例2 サイバー攻撃に利用される
  • 被害例3 アプリを不正インストールされストーカー被害に遭う
  • 被害例4 SNSを乗っ取られる
  • 被害例5 個人情報の漏えい

被害例1 自分の端末から勝手に犯罪予告を書き込まれる

遠隔操作のウイルスに感染すると、パソコンの裏口のようなものが開きます。

そこから悪意を持った第三者が侵入し、知らず知らずにネットの掲示板に犯罪予告を書き込まれるということがあります。

ネットの書き込みにはパソコンのIPアドレスが記録されているため、書き込みをした第三者ではなくあなたが犯人だと疑われてしまう可能性が高いです。ネットであろうと犯罪になってしまうため、このような場合でも以下のような刑罰が処せられてしまいます。

  • 【脅迫(刑法第222条)】
     ⇒2年以下の懲役または30万円以下の罰金
  • 【偽計業務妨害(刑法第233条)】
     ⇒3年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 【威力業務妨害(刑法第234条)】
     ⇒3年以下の懲役または50万円以下の罰金

ウイルスに感染させられてしまった挙げ句、犯罪者になってしまうなんて恐ろしいですね…

被害例2 サイバー攻撃に利用される

他のシステムを攻撃するために、多数のパソコンを乗っ取り一斉にアクセス集中させたり、メールを送りつけるなどして、ダメにしてしまうというサイバー攻撃が存在します。

その1台にあなたのパソコンも含まれてしまうかもしれません。

このように操られたパソコンはゾンビコンピューターとも呼ばれ、犯罪者の好きなように利用されてしまう恐れがあります。

被害例3 アプリを不正インストールされストーカー被害に遭う

スマホのアプリを不正にインストールされてしまい、ストーカー被害に遭ったという事例もあります。

このようなアプリは不正にインストールされていると気が付かないものも多く、スマホを紛失した際に便利な位置情報追跡アプリなどは、第三者から見られてしまえば悪質なストーカーアプリと化してしまいます。

特に女性などは標的にされる場合が多いので気を付けましょう。

被害例4 SNSを乗っ取られる

芸能ニュースとかでもよく耳にしますが、SNSを乗っ取られると本人になりすまし、あなたの友人を被害に遭わせてしまう可能性があります。

Facebookの場合、イベントスパムという有名ブランドのイベント招待を勝手に送り、偽りのショッピングサイトに誘導するというものがあります。

SNSでも犯罪予告を書き込まれたりする場合もありますし、プライベートな写真を勝手に公開されてしまっても、一旦ネットに出てしまった書き込みを完全に削除することは不可能です。

自身の名誉を守るためだけでなく、友人を巻き込んだりしないためにもセキュリティソフトは大切なんですね。

被害例5 個人情報の漏えい

ネット犯罪の中でも、個人情報の漏えいは大きな問題になっていますね。

個人だけでなく、大手企業や国や都道府県のシステムも被害にあった事例がありますし、100万人以上の氏名・生年月日・住所などが漏えいしてしまったという事例も多いです。

流出してしまった情報は、無かったことにはできません。そこから、新たに詐欺などの犯罪に利用されてしまうと思うと、本当に恐ろしいですよね。

ドコモ光のネットワークセキュリティ

ドコモ光 ネットワークセキュリティ※ドコモ光公式サイトより引用

ドコモ光では「ネットワークセキュリティ」というサービスが用意されています。

ネットワークセキュリティには、パソコン向けのセキュリティサービス「PCセキュリティ powered by McAfee」と、ドコモ光ルーター 01と一緒に利用することで、「光ルーターセキュリティ」も利用できるサービスです。

まず、料金やお申し込み方法についてご紹介します。

月額料金

ドコモ光のネットワークセキュリティの料金は以下のようになっています。

月額利用料350円
備考初回申し込み日から31日間は、月額利用料が無料

上記で紹介したようなウイルスに感染して被害に遭えば、損害は計り知れません。

それが月々ワンコイン以下で防げるなら、とてもお得ですね。

申し込み方法

お申し込みは下記3つの窓口から行えます。

オンライン窓口

  • ドコモ光をご利用中の方はこちら
  • ドコモのケータイをご利用中の方はこちら
    ※ログインにはdアカウントIDが必要になります。dアカウントは誰でも作成可能ですので、新規作成はこちら

電話窓口

  • ドコモの携帯電話から:局番なしの「151」(無料)
  • 一般電話から:0120-800-000
    受付時間:9:00~20:00(年中無休)

ドコモショップ

営業時間や受付時間は店舗によって異なります。

お近くのドコモショップ検索はこちら

PCセキュリティ

「PCセキュリティ powered by McAfee」(以下、PCセキュリティ)は、マカフィー株式会社が提供している「マカフィー マルチ アクセス」をドコモユーザー向けに提供しているセキュリティサービスで、Windows・MacどちらのOSにも対応しています。

では、その特徴や申し込み方法について説明していきます。

月額料金

PCセキュリティの月額料金はネットワークセキュリティの費用に含まれているため、月額350円以外にかかる費用は一切ありません

インストール自体も無料で行うことができます。

機能一覧

PCセキュリティで利用可能な機能は、以下のとおりです。

PCセキュリティの機能一覧
機能詳細WindowsMac
マルウェア対策・ウイルスなどの脅威から守る
・自動で更新されるので常に最新のセキュリティ対策が可能
ファイアウォール・危険なサイトからのアクセスをブロック
・外部の脅威から守る
危険サイト対策フィッシング詐欺などネット犯罪の恐れがあるサイトにアクセスしようとしている時には、警告で知らせ、未然に防御
迷惑メール対策スパムメールを自動で仕分け×
脆弱(ぜいじゃく)性対策Windowsやプログラムを最新の状態にし、古いプログラムが使われている時には通知し、インストールを促す×
シュレッダー機能パソコン上で不要になったデータを復旧できないように削除×

このサービスで便利なのはシュレッダー機能です。

古い情報をゴミ箱にいつまでも残しておくと個人情報の漏えいに繋がります。本当に不要かどうか見極める必要がありますが、是非使っていきたい機能ですね。

申し込み方法

PCセキュリティのご利用にはセキュリティソフトのインストールが必要です。

PCセキュリティの操作やインストールついて分からないことがある時は、docomo公式サイトのお困りごとやトラブル対処方法(PCセキュリティ)を参考にするか、マカフィーテクニカルサポートセンター(0570-060-033)へ問い合わせてみましょう。

光ルーターセキュリティ

「光ルーターセキュリティ」はトレンドマイクロ社製のセキュリティソフト(Trend Micro Smart HomeNetworkTM)を搭載した、「ドコモ光ルーター01」と一緒に利用することで家庭内のネットワークを脅威から守るサービスです。

月額料金

ドコモ光ルーター01※docomo公式サイトより引用

光ルーターセキュリティもドコモ光ルーター01を利用することでセットで使えるので、月額料金はかかりません

ただ、最初にかかる費用として端末の購入費がかかります。

通常価格は8,880円ですが、「docomo Online Shop」からであれば2,480円割引の6,400円で購入できます(金額は全て税抜き)。

機能一覧

機能については表にまとめましたのでご覧ください。

光ルーターセキュリティの機能一覧
機能詳細
家庭内ネットワークの情報表示ドコモ光ルーター01に接続している機器のネットワーク利用状況や、通信利用量の確認が可能
セキュリティ自己診断各デバイスの設定状況を自己診断し最適化
セキュリティ機能ドコモ光ルーター01に接続しているPC、スマホ、テレビなどをインターネットの脅威から保守
ペアレンタルコントロールお子さまのデバイスに制限をかけ、青少年の成長に好ましくない有害なサイトから保守

セキュリティ機能も充実していて、便利なペアレンタルコントロール機能なら、インターネット接続可能時間に制限をかけることができますので、使いすぎ防止にもなります。

このように、ウイルス対策以外にも便利な機能があるのでとても良いですね。

申し込み方法

光ルーターセキュリティは、上記でも申し上げたようにドコモ光ルーター01をお持ちの方なら誰でも利用することが可能です。

また、ドコモ光ルーター01はdocomo Online Shopでの購入がお得です。

ご利用方法は、ルーターに接続したPCまたはスマホからの設定が必要になります。設定方法は「光ルーターセキュリティ」ご利用方法を参考にしてください。

まとめ

今回は、セキュリティソフトの重要性と、ドコモ光が提供しているセキュリティサービス「ネットワークセキュリティ」についてご紹介してきました。

ネットワークセキュリティは、光ルーターセキュリティとPCセキュリティの2つをセットで使うことで、よりお得に、安全に、使うことができます。

月額料金もたったワンコイン以下で、今回紹介した事例のような犯罪に巻き込まれるリスクを大幅に抑えられるので、ドコモ光を利用している人は是非申し込むことをおすすめします。

便利で楽しいインターネットですが、安全に使うためにもセキュリティソフトは必ず導入するようにしましょう。