NULL

アパートでインターネットを使うには?おすすめ9選もご紹介!

進学や就職で初めてアパート(マンション)を借りる時、あるいは転勤や転職でアパートの引っ越しをする時、インターネットをどうしようか迷いますよね。

アパートでは、簡単な手続きだけで入居後すぐにインターネットが使える場合と、自分で契約して工事をして初めてインターネットが使えるようになる場合など、いくつかのパターンがあります。

また、インターネットを契約する場合は自分でインターネットを選ばなくてはいけません。

この記事では、アパートでインターネットの使うための方法、アパートでインターネットを契約する場合の注意点を解説し、アパートに引っ越しをする方におすすめのインターネット回線もご紹介します。

これからアパートでインターネットを使いたいけどどうしたらよいのか分からない、という方は、ぜひ参考にしてみてください^^

アパート(マンション)でインターネットを使う前に知っておきたいこと

部屋探しをする時、「バス・トイレ別」「オートロック」などと同じように、インターネットについても「インターネット完備」などの記載がある場合があります。

他にもよくあるのは「インターネット対応」「光ファイバー対応」などです。一見同じような内容に見えますが、実はこの3種類の内容はちょっと違います。

インターネット完備電柱からアパートの共有スペースまでと、共有スペースから各部屋まで回線が引かれている
→工事不要
インターネット対応
光ファイバー対応
電柱からアパートの共有スペースまで回線が引かれているが、共有スペースから各部屋までは回線が引かれていない。
→工事必要

「インターネット完備」か、「インターネット対応・光ファイバー対応」によって、工事をせずにインターネットが使えるのかが変わってきます。もし記載がない場合は問い合わせてみましょう。

「インターネット完備」「インターネット対応・光ファイバー対応」の内容について詳しくご説明していきます。

インターネット完備

すでに建物の所有者がインターネットを契約しているケースです。電柱からアパートの共有スペースまでと、共有スペースから各部屋まで回線が引かれているので工事が必要ありません。LANケーブルとパソコンを繋げばインターネットが利用できるので、一番手間や費用がかからないタイプですね。

月々のインターネットの利用料金は家賃や管理費に含まれている場合と別途支払いが必要な場合があるので、きちんと確認しておきましょう。

ただし、速度については遅い傾向があるのでゲームをする方にはあまり向いていません。どうしても別の回線を引きたいという場合は、戸建て向けのインターネットを導入することになるので、料金が割高になってしまいます。(大家さんや管理会社の許可も必要です)

インターネット対応・光ファイバー対応

電柱からアパートの共有スペースまでは回線が引かれているけど各部屋まではきていない、という状態です。「光ファイバー対応」は、その中でも特に光回線が引かれている場合に使われます。光回線は現在利用できるインターネットの中も最も高速なので、物件としては魅力的です。

インターネットを使うには、自分の部屋まで回線を引く必要があります。つまり、工事が必要ですし工事費も発生します。工事では建物に手を加えることにもなるため、大家さんに事前に確認するようにしましょう。

ちなみに前の住人が使っていた回線が残っていると、工事業者による作業がない「無派遣工事」となりすぐにインターネットを使える場合もあります。

インターネットの申し込みから開通までには1ヶ月以上かかることもあるので、入居してから契約するとインターネットが使えない期間ができてしまいます。なので、前もってインターネットの申し込みをするのがおすすめです。

アパートで使うインターネットは光コラボか独自回線がおすすめ

入居する物件が「インターネット対応」「光ファイバー対応」の場合、インターネットは自分で選ぶことになります。インターネットは主に次の4種類がありますが、違いを見てみましょう。

  • フレッツ光
    光回線で最もメジャーな回線。NTT東西が提供しています。インターネットとプロバイダを別々で契約する必要があるため比較的料金が高いです。そのため2015年に光コラボが始まって以来、契約者は光コラボの方に流れています。
  • 光コラボレーション(光コラボ) おすすめ!
    フレッツ光の卸売りの光回線。回線自体はフレッツ光ですが、プロバイダ料込の月額料金のためフレッツ光よりも安いです。さらにスマホとのセット割もあるので近年はこちらの方が人気です。
  • 独自回線 おすすめ!
    フレッツ光の回線を利用しない、独自の光ファイバー網を使っている回線。光コラボと同様に月額料金にプロバイダ料が含まれているので比較的安価です。スマホとのセット割もあります。提供エリアは狭いですが、月額料金が安く速度にも定評があるので、提供エリア内では圧倒的な支持を受けています。
  • ケーブルテレビの回線
    ケーブルテレビ(有名なところだとジェイコムなど)の回線を使ったインターネット。月額料金が高く速度が遅い傾向があるので、契約者数は減少しています。ごくたまにケーブルテレビのインターネットを無料で使える物件があるので、値段が最優先の人にはおすすめの物件です。

インターネットの中で比較的安い月額料金で安定的な通信ができるのは、光コラボと独自回線というわけです。もちろん光コラボも独自回線も色々あるので、何でも良いというわけではありません。そこで、アパートで利用する上で最もおすすめの光コラボと独立回線をご紹介しますね。

光コラボレーションのおすすめインターネット4選

まずは光コラボから。光コラボを選ぶなら、お使いのスマホとのセット割がある回線を選ぶのがおすすめです。特にキャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)のスマホを利用している場合は、セット割の割引額も500~1,000円程度と高めなのでお得ですよ。

格安スマホやSIMとのセット割がある回線もありますが、割引額はあっても300円程度と低め。なので、月額料金から差し引いてもあまり安くなった感じはしないかもしれません。そんな時におすすめなのは、スマホとのセット割があるインターネットではなく、月額料金自体が安いインターネットを選ぶことです。例えば、のちほどご紹介する@スマート光という回線は、相場よりも500~800円ほど月額料金が安いです。

ということで、キャリアのスマホをお使いの方におすすめのインターネットと、格安スマホやSIMをお使いの方におすすめのインターネットをまとめてみました。

  • ソフトバンクユーザー →→ ソフトバンク光
  • auユーザー →→ ビッグローブ光
  • ドコモユーザー →→ ドコモ光
  • 格安スマホ、SIMユーザー →→ @スマート光

一つ一つご説明してきますので、当てはまる回線をチェックしてみてくださいね。

ソフトバンクユーザーにおすすめ「ソフトバンク光」

※ソフトバンク光公式HPより

ソフトバンクが提供しているインターネット「ソフトバンク光」。

ソフトバンク(ワイモバイル)のスマホとのセット利用で「おうち割 光セット」が使えます。家族のスマホ代が毎月500~1,000円割引になりますよ。

料金・サービス内容
提供エリア全国
回線速度1ギガ
月額料金3,800円
契約事務手数料3,000円
工事費2,000~24,000円
※転用、事業者変更、乗り換えの場合は無料
契約期間2年(自動更新)
解約金9,500円
スマホ割ソフトバンク(おうち割 光セット

他社のネットからの乗り換えの人は、キャンペーンで工事費が無料になり他社解約時の解約金を10万円まで負担してもらえるなど、手厚いサービスを受けられますよ。

フレッツ光からの乗り換え(転用)や光コラボからの乗り換え(事業者変更)の場合も、基本的に工事がないので工事費はかかりません。今回初めてインターネットを使う人だけは工事費負担となってしまいます。

ソフトバンク光は速度が遅いという口コミがありますが、速度が遅い場合はIPv6に対応したルーター(光BBユニット)をレンタルすると速度が改善する場合が多いです。光BBユニットはおうち割の必須オプション(月額500円)でもあるので、おうち割に加入すると自動的にレンタルすることになります。(IPv6は申し込みが必要)

開通までに無料でWi-Fiをレンタルできるので、必要な人は利用してみるといいですよ。

→ソフトバンク光はどんなネット?評判を検証し料金・サービスを評価!

  • ソフトバンク光のメリット
    ・開通までに無料でWi-Fiをレンタルできる
    ・乗り換えの場合は工事費無料&違約金を10万円まで負担してくれる
  • ソフトバンク光のデメリット
    ・速度が遅い場合がある(→光BBユニットのIPv6を使うといい)
\33,000円キャッシュバック中!/

ソフトバンク光のキャンペーンサイトはこちら

auユーザーにおすすめ「ビッグローブ光」

※ビッグローブ光公式HPより

老舗プロバイダのビッグローブが提供しているインターネット「ビッグローブ光」。

プランは3年契約と2年契約があり、3年契約は4,000円を切っていて割安です。さらにauスマホ(ケータイ)とのセット割である「auスマートバリュー」が適用できます。2019年10月から始まった新料金プランなら、家族のスマホの料金が毎月500~1,410円割引になりますよ。(旧プランなら最大2,000円)

3年プラン2年プラン
提供エリア全国
回線速度1ギガ
月額料金3,980円4,080円
契約事務手数料3,000円1,000~2,000円
工事費~27,000円→実質無料~15,000円→実質3,000円
契約期間3年2年
解約金20,000円9,500円
スマホ割au(auスマートバリュー

工事費は3年プランで675円×40回、2年プランで400円×30回の分割払いですが、キャンペーンで3年プランは実質無料、2年プランは実質3,000円になります。ただ、3年プランは40ヶ月(2年プランは30ヶ月)以内にビッグローブ光を解約すると、その時点で残っている工事費の残債(残額)が請求されてしまいます。

3年プランの場合は解約金が高いですが、初期工事費が無料だったり、利用中に引っ越すことになった時の転居先での移転工事費が何度でも無料になるというメリットがあります。

なお、フレッツ光からの乗り換え(転用)や光コラボからの乗り換え(事業者変更)の人は、基本的には工事がないので工事費はかかりません)。

→『ビッグローブ光ってどう?』料金・サービス・メリット等を徹底解説

  • ビッグローブ光のメリット
    ・3年プランは引っ越し先の移転工事費が永久無料
  • ビッグローブ光のデメリット
    ・3年プランの解約金が高い
\26,000円キャッシュバック中!/

ビッグローブ光のキャンペーンサイトはこちら

ドコモユーザーにおすすめ「ドコモ光」

※ドコモ光公式HPより

携帯キャリアのシェア率No.1のNTTドコモが提供しているインターネット。

ドコモ光は24社のプロバイダから選んで契約できます。プロバイダを選べない回線がほとんどなので、好きなプロバイダを選びたい人には嬉しいメリットですね。

ドコモユーザーがセット割を組めるのはこのドコモ光だけです。セット割は「ドコモ光セット割」で、2019年10月に始まった新料金プランなら家族のスマホ代が毎月500~1,000円割引になりますよ。(旧プランなら最大3,500円)

料金・サービス内容
提供エリア全国
回線速度1ギガ
月額料金4,000円
契約事務手数料3,000円
工事費15,000円
→無料(キャンペーン実施時)
契約期間2年(自動更新)
解約金8,000円
スマホ割ドコモ(ドコモ光セット割

ドコモ光の工事費はキャンペーン実施時に申し込めば無料で、よくある「工事費実質無料」のようにいつ解約しても工事費の残債(残額)を請求されません。

なお、フレッツ光からの乗り換え(転用)や光コラボからの乗り換え(事業者変更)の人は、基本的に工事がないので工事費がかかりません。

契約は2年の自動更新で、契約満了月である24ヶ月目と25ヶ月目、26ヶ月目に解約すれば解約金は無料です。

プロバイダによってはIPv6対応しているので、速度に不安がある人は混雑回避の通信方式であるIPv6対応のプロバイダを選ぶといいですよ。

→ドコモ光は評判悪い?料金、プロバイダ、キャンペーンを徹底紹介!

  • ドコモ光のメリット
    ・25社からプロバイダが選べる
  • ドコモ光のデメリット
    ・速度が遅い場合がある(→IPv6を利用するといい)
\最大20,000円キャッシュバック中!/

ドコモ光のキャンペーンサイトはこちら

格安スマホ・SIMユーザーにおすすめ「@スマート光」

※@スマート公式HPより

あまり知名度は高くありませんが、@スマート光は業界最安クラスのインターネット。月額料金3,300円は安いです。月額料金が安いと「安かろう悪かろう」なのでは?と思いがちですが、比較的バランスの取れた回線です。

料金・サービス内容
提供エリア全国
回線速度1ギガ
月額料金3,300円
契約事務手数料3,000円
工事費15,000円→無料
契約期間なし
解約金20,000円/最低利用期間2年
スマホ割なし

オプションや申し込み時のキャッシュバックなどの余計なサービスはないですが、光電話(月額500円)や光テレビ(月額660円)、サポ―トなど基本的なサービスは揃っています。工事費は完全に無料なので、途中で解約しても工事費の残債を請求されません。

光回線は2年契約が主流で、一般的には2年ごとに回ってくる更新月だけは解約金をかけずに解約できます。そんな中で@スマート光は、2年利用したらあとはいつ解約しても解約金がかかりません。この「縛りのなさ」で最近じわじわと人気が出てきているようです。

光コラボでよくある「速度が遅い」という口コミを@スマート光でも見かけますが、IPv6(月額300円)をつけると速度が改善するケースが多いみたいです。不安がある人は初めからつけておくといいでしょう。

→安い!シンプル!口コミでも評判の@スマート光のサービス内容とは?

  • @スマート光のメリット
    ・月額料金が安い
    ・2年間利用すればいつ解約しても解約金がかからない
  • @スマート光のデメリット
    ・速度が遅い場合がある(→IPv6を使うといい)
@スマート光のお申し込みはコチラ
スマート光

独自回線のおすすめインターネット5選

独自回線は提供エリアが狭く、フレッツ光や光コラボとは違う独自の回線設備を使うため、速度が出やすい傾向があります。また、料金が安くサービスが充実しているため、満足している利用者が多いです。

ただ、独自回線は提供エリアが狭いため、マンションタイプが入っている物件(電柱からアパートの共有スペースまで回線がきている物件)は多くありません。その点、フレッツ光や光コラボは全国展開なのでマンションタイプが入っている率が高いです。

マンションタイプが入っていない物件で独自回線を利用するには、戸建てタイプを引くことになります。しかし、戸建てタイプはアパ―トで導入するには月額料金が高く、穴開けやビス止めの工事が必要になるケースがあります。大家さんや管理会社の許可がとれず契約できないという場合もありえます。(確認は必要です)

回線としてのサービス内容はとてもおすすめなので、まずはお住まいのエリアが提供エリアかどうか、マンションタイプが導入できるのか戸建てタイプとなるのか、確認してみるといいと思います。その上で大家さんや管理会社に確認してみるといいと思いますよ。

それでは、独自回線のおすすめ5選をご紹介します。

速度に定評がある「auひかり」

※auひかり公式HPより

KDDIが提供しているインターネット「auひかり」。もちろんauスマホとのセット割である「auスマートバリュー」が使えます。2019年10月から始まった新料金プランなら、家族のスマホ代が毎月500~1,410円割引になりますよ。(旧プランなら最大2,000円)

プロバイダは4社から選べるので、こだわりがある人には嬉しいですね。月額料金はマンションに導入されているタイプによって決まるので、自分で選ぶことはできません。どのプロバイダを選んでも月額料金は同じです。

料金・サービス内容
提供エリア全国(沖縄以外)
月額料金3,400~5,000円
契約事務手数料3,000円
工事費30,000円実質無料
回線速度1ギガ
契約期間2年(自動更新)
解約金7,000円
スマホ割au(auスマートバリュー

速度は速いという評判で、混雑回避の通信方式であるIPv6も利用できます(無料)。

乗り換えキャンペーンで他社解約時の違約金をKDDIに負担してもらえるので、他社からの乗り換える人にもおすすめです。

工事費は、1,250円×24ヶ月の分割払いですが、毎月1,250円割引されて実質無料になります。ただ、24ヶ月間以内にauひかりを解約すると工事費の残債(残額)を請求されるので気をつけましょう。

キャッシュバックは、代理店からの申し込みで最大47,000円とかなり高額です。キャッシュバックが欲しい人はプロバイダにBIGLOBEかSo-netを選ぶといいですよ。

デメリットは地デジが観れないこと。なので、地デジが観たい方は別のテレビサービスの契約が必要です。

→光コラボと料金・速度等を徹底比較し「auひかり」の全貌に迫ります!

  • auひかりのメリット
    ・速度が速い傾向がある
    ・プロバイダが4社から選べる
    ・乗り換えの場合は違約金を負担してくれる
    ・キャッシュバックが高額
  • auひかりのデメリット
    ・地デジが見れない
\最大47,000円キャッシュバック中!/

auひかりのキャンペーンサイトはこちら

2ギガの高速インターネット「NURO光」

※NURO光公式HPより

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供しているインターネット「NURO光」。光回線の一般的な速度は1ギガなので、その2倍の速度のインターネットが使えます。提供エリアはまだ北海道、関東、東海、関西、九州のみですが、着々と拡大しています。

NURO光ではソフトバンク光の「おうち割 光セット」が組めます。ソフトバンクユーザーなら、家族のスマホ代が毎月500~1,000円割引になりますよ。

料金・サービス内容
提供エリア 北海道
関東:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬

東海:愛知、静岡、岐阜、三重
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州:福岡、佐賀
回線速度2ギガ
月額料金4,743円
契約事務手数料3,000円
工事費40,000円→実質無料
契約期間2年(自動更新)
解約金9,500円
スマホ割ソフトバンク(おうち割 光セット

NURO光のスタンダードなプランは「NURO光 G2V」で、もともとは戸建てタイプです。なので月額4,743円はアパートでは高い料金と感じると思います。頻繁にゲームをする人など回線速度を求めている人向けでしょうか。

ウィルス対策ソフトは5台まで無料で、無線LANも無料です。

工事費は1,333円の30回払いで、毎月1,334円が割引されて実質無料になります。ただ、30ヶ月以内にNURO光を解約するとその時点で残っている工事費の残債(残額)を請求されるので気をつけましょう。

契約は2年の自動更新で25ヶ月目が更新月です。更新月に解約すれば解約金はかかりません。そのため、工事費と解約金を払わずに解約できるのは49ヶ月目ということになります。

なお、NURO光は工事が2回あるのがデメリットです。開通まではそこそこ時間がかかる覚悟が必要ですね。

→コスパ最強!2ギガで料金も安いネット回線「NURO光」を徹底解説!

  • NURO光のメリット
    ・インターネットの速度が速い
    ・割引サービスが充実している
    ・キャッシュバックが高額
  • NURO光のデメリット
    ・マンション、アパートには月額料金が高い
    ・工事が2回ある
\45,000円キャッシュバック中!/

NURO光特設サイトのお得なキャンペーンはこちら

関西エリアは「eo光」

※eo光公式HPより

関西電力の子会社であるオプテージが提供しているインターネット「eo光」。速度は比較的速く、サポートも対応が丁寧だと評判が良いです。

ウィルス対策ソフトは月額250円という安さで利用でき(12ヶ月間無料)、無線LANも月額96円(1年間無料)という安さです。

料金・サービス内容
提供エリア関西(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・福井)
回線速度1Gbps
月額料金3,124円~(物件による)
※2年間2,624円~
契約事務手数料3,000円
工事費物件によっては有料
契約期間2年
※3年目以降は3年
解約金5,000~27,000円
スマホ割au(auスマートバリュー

マンションタイプは建物によって料金プランが異なりますが、eo光公式ページで月額料金と工事費を確認できますよ。マンションのタイプによっては月額料金が高くなりますが、1~2年目はキャンペーンで500円割引になるので安くなります。

eo光でもauスマホ(ケータイ)とのセット割である「auスマ―トバリュー」を使えます。2019年10月に始まった新料金プランなら、家族のスマホが毎月500~1,410円割引になります。(旧プランなら最大2,000円)また、eo電気や関電ガスとのセット割もあるので、生活インフラをお得にまとめたい人にもおすすめです。

最低利用期間は1年間で、1年未満にeo光を解約すると配線方式により5,000~27,000円の解約金がかかります。

→eo光の評判って良いの?口コミを検証し料金やサービスまで評価!

  • eo光のメリット
    ・1~2年目の月額料金が安い
    ・eo電気、関電ガスとのセット割もある
  • eo光のデメリット
    ・建物によっては月額料金が高くなる
\10,000円の商品券プレゼント中!

eo光公式のキャンペーンサイトはこちら

中国エリアは「メガエッグ」

※メガエッグ公式HPより

中国電力グループのエネルギア・コミュニケーションズが提供しているインターネット「メガエッグ」。

月額料金が安く、工事費無料、ウィルス対策ソフト無料などサービスも充実しており、速度にも満足している人が多いです。サポートセンターの評判も良く総じて満足度が高いため、中国エリアの顧客満足度No.1に選ばれています。

料金・サービス内容
提供エリア中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
回線速度1Gbps
月額料金3,200円
契約事務手数料3,000円
→メガ・エッグコレクト申込で無料
工事費21,000円または35,000円
→実質無料
契約期間3年(自動更新)
解約金3,000~7,000円
スマホ割au(auスマートバリュー

メガエッグでもauスマホ(ケータイ)とのセット割である「auスマートバリュー」をできます。2019年10月に始まった新料金プランなら、家族のスマホが毎月500~1,410円割引になりますよ。(旧プランなら最大2,000円)また、中国電力のユーザーは、電気のポイントの2倍の料金がネット代から割引になります。

ウィルス対策ソフトは5台まで無料です。

工事費は35ヶ月の分割払いですが、毎月同額が差し引かれて実質無料になります。ただ、35ヶ月以内に解約すると、その時点で残っている工事費の残債(残額)を請求されるので気をつけましょう。

解約金が高いので、引っ越しの可能性がある人にはあまりおすすめではありません。メガエッグの契約期間は3年です。3年ごとにやってくる更新期間に解約すれば解約金はかかりません。

→中国地方で人気のメガエッグの評判は本当?料金やサービスなども評価!

  • メガエッグのメリット
    ・料金が安くサービスも充実している
  • メガエッグのデメリット
    ・解約金が高い
    ・通信障害が多い
\20,000円キャッシュバック中!/

メガエッグのキャンペーンサイトはこちら

四国エリアは「ピカラ光」

※ピカラ光公式HPより

四国電力グループのSTNetが提供しているインターネット「ピカラ光」。月額料金が安く、工事費やウィルス対策ソフトが無料などサービスも充実しているため、四国の顧客満足度NO.1の回線に選ばれています。サポートセンターの対応も迅速で丁寧だと評判が良いです。

料金・サービス内容
提供エリア四国(徳島、香川、愛媛、高知)
回線速度1Gbps
月額料金4,000円(2年契約)
3,280円~3,400円(3年契約)
3,700円(auユーザー)
契約事務手数料無料
工事費25,000円→無料
契約期間2年~5年
解約金10,000~35,000円
スマホ割au(auスマートバリュー

月額料金は4,000円で高いですが、3年契約すると3,280円~3,400円と格安で使えます。auスマ―トバリューを適用させる場合は、3,700円(3年契約)となります。ウィルス対策ソフトは3台まで無料です。

ピカラ光でもauスマホのセット割である「auスマートバリュー」が使えます。2019年10月から始まった新料金プランなら、家族のスマホ代が毎月500~1,410円割引きになりますよ。(旧プランなら最大2,000円)また、3ヶ月おきに実施されているキャンペーンで、四国電力のユーザーには新規加入特典があります。

工事費は完全無料なので、途中で解約しても残額を請求されないのがいいですね。

ただ、解約金が高いので、引っ越しの可能性のある人にはあまりおすすめではありません。基本的には3年契約または5年契約で、契約満了月に解約すれば解約金はかかりません。

有料ですが開通前のレンタルサービスもあるので、必要な人は利用してみましょう。

→四国で人気のピカラ光の評判はどう?料金やサービスなども評価!

  • ピカラ光のメリット
    ・料金が安くサービスも充実している
  • ピカラ光のデメリット
    ・解約金が高い
\25,000円キャッシュバック中!/

ピカラ光のキャンペーンサイトはこちら

【番外編】外出先でネットをよく利用する人はWiMAXもアリ

※UQ communications公式より

外出先でよくインターネットを利用する人は、WiMAXなどのモバイルルーターを使うのもありでしょう。光回線との主な違いは、

  • 自宅以外の場所でもネットを使える
  • 工事不要ですぐにネットが使える
  • 速度は光回線の方が速い
  • 使い放題ではない(光回線は使い放題)

WiMAXやポケットWi-Fiは、3日で10GBを超えると速度制限がかかるなどの制限があり、また速度も光回線よりも遅い傾向があるので、がっつりゲームを楽しみたい人などには不向きです。

どちらかと言えば、ネットショッピングや動画を見る程度のライトユーザー向けで、あるいはインターネットは主に外出先で使う人に向いています。工事不要でインターネットが使えるので、工事をしたくない人や工事員を家に上げたくない人にも適しているでしょう。

モバイルルーターでおすすめなのは、UQコミュニケーションズから出ているWiMAX2+の最新機種である「Speed Wi-Fi NEXT W06」です。最大速度は1.2ギガ(1.2Gbps)もあり、GMOとくとくBBから申し込むと、34,700円という高額なキャッシュバックももらえます。

\34,700円キャッシュバック中!/

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトはこちら

アパートでインターネットを契約する上での注意点

最後に、アパートでインターネットを契約する場合の注意点について触れておきたいと思います。

1ギガが使えない!?100メガになるの?

現在のインターネット(光回線)の標準的な速度は最大1ギガ(1Gbps)です。「最大1ギガでインターネットも快適!」というように、回線会社がホームページでアピールしている場合もあります。しかし、アパートでは1ギガが引けない場合があるんです。

アパートでよくあるのは、VDSL方式やLAN方式と呼ばれるもので、電線から建物の共有スペースまでは光ファイバーが通っていますが、共有スペースから各部屋までは電話回線が引かれています。そして速度は100メガ(100Mbps)程度です。光回線100%の場合と比較すると、10分の1の速度になるわけですね。

しかし、必ずしも遅いとは限らず、快適に使えている人もたくさんいます。

どうしても1ギガを使いたい、という人は、料金は高くなりますがアパ―トでも戸建てタイプを引ける場合があるので、一度確認してみるといいと思います。

契約期間を守らないで解約すると解約金がかかるのが一般的

インターネットのほとんどに契約期間があり、契約期間を守らずに解約すると解約金がかかります。

契約期間や解約金は回線ごとに異なりますが、相場としては2年の自動更新の契約で解約金は10,000円程度。たいていは2年に1度、契約を更新する時に更新月というのがやってきて、その期間だけは無料で解約することができます。

今回は記事の中で光コラボの@スマート光という回線をご紹介しましたが、@スマート光の「2年利用すればあとはいつ解約しても解約金はかからない」というのはかなり稀です。

インターネットを契約する時は、契約期間や解約金を事前にチェックしておくといいですよ。

まとめ

いかがでしたか?

アパートやマンションでは「インターネット完備」「インターネット対応」「光ファイバー対応」により工事が必要か不要かが分かれます。

「インターネット対応」「光ファイバー対応」の場合は、自分でインターネットを契約することになります。先ほどお伝えしましたが、インターネットのおすすめは光回線と独自回線です。

ぜひこの記事を参考にして、自分に合ったインターネットを見つけてくださいね^^