フレッツ光で10ギガが提供開始!気になるエリアや料金を解説

フレッツ光 10ギガ提供開始

10ギガサービスはこれまでNURO光などいくつかの回線ですでに提供されていましたが、日本の元祖光回線であるフレッツ光が10ギガ市場に参入しました。

しかし、フレッツ光の10ギガが提供開始されたとは言え、どのエリアで利用できるのか、料金や工事費はどのくらいなのかなど気になりますよね。

結論から言うと、フレッツ光の10ギガサービスよりもソフトバンク光やドコモ光などの光コラボの10ギガサービスの方がおすすめです。

この記事ではその理由も含めて徹底解説します。それではいってみましょう。

※表示価格は税込です。

フレッツ光で10ギガサービスを提供開始!

フレッツ光で10ギガが提供開始!気になるエリアや料金を解説 画像※NTT公式HPより

2020年4月より、NTT東西のフレッツ光では下り・上り共に最大10Gbpsの新サービスフレッツ 光クロスを提供開始しました。

10ギガサービスは国内ではすでにNURO光を始めとした4回線で提供されているので、フレッツ光は一歩遅れた参入となります。

エリア提供開始
NURO光北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、静岡、大阪、兵庫、奈良、福岡 2015年6月
auひかり 東京、神奈川、埼玉、千葉2018年3月
コミュファ光東海2018年12月
eo光関西2019年4月
フレッツ光東京、大阪、名古屋2020年4月
(名古屋は6月)

光回線の元祖フレッツ光が10ギガ対応になったことで、ますます10ギガ対応回線や対応地域が今後増えそうな期待が持てます。

追記
2021年7月現在、ソフトバンク光、ドコモ光、AsahiNet光、enひかりなどの光コラボでも10ギガサービスを提供しています。

「フレッツ光クロス」の提供エリア

フレッツ光の10ギガは日本全国で使えるわけではなく、現時点では東日本エリアと西日本エリアの一部でのみ使えます。

  • 東京都
    葛飾区、江戸川区、杉並区、世田谷区、足立区、大田区、板橋区、練馬区、目黒区、中野区、品川区、北区、江東区、渋谷区、新宿区、文京区、豊島区、墨田区、千代田区、港区、台東区、中央区、荒川区、狛江市、調布市、三鷹市
  • 大阪府
    大阪市
  • 愛知県
    名古屋市

※2021年3月23日時点

NURO光やコミュファ光でも対応エリアは少しずつ拡大しているので、フレッツ光の場合も提供エリアは徐々に増えていくでしょう。

基本的には戸建て向けのサービス

他の光回線事業者の10ギガサービスでもそうですが、フレッツ光クロスは戸建てでのみ利用できるサービスです。フレッツ光クロスのマンションタイプというのはまだ提供されていません。

ただ、建物によっては戸建てタイプのフレッツ光クロスをマンションやアパートに入れられる可能性はあります。その場合電柱から建物へ光ファイバーを引き込む必要があるので、場合によっては穴あけなどが発生するなどマンションタイプとは異なった導入方法にはなりますが、気になる方は問い合わせてみてください。

フレッツ光の「フレッツ光クロス」の月額料金はちょっと高い…

元祖光回線の「フレッツ光クロス」ですが、月額料金はちょっと高めの設定になっています。

1~30ヶ月目
(クロススタート割引適用後)
31ヶ月目~
(通常料金)
東日本5,610円6,930円
月額料金割引適用後通常料金
西日本5,720円6,930円

通常料金は6,930円で、東日本エリアは30ヶ月間は「クロススタート割引」で1,320円が割り引かれて5,610円になります。31ヶ月目からは通常料金に戻ります。

西日本エリアも月額料金割引が適用されるので、利用開始から24ヶ月間、1,210円の割引を受けることができます。また、25ヶ月目以降は契約を更新している限り割引は自動延長されます。

注意!別途プロバイダ料が2,400円程度かかる

フレッツ光を使うためには、NTTとの回線の契約、そしてプロバイダとプロバイダ契約が必要です。

プロバイダとの契約にはプロバイダ料がかかりますが、いくらくらいかかるのか、フレッツ光クロス対応のプロバイダの料金をチェックしてみました。

プロバイダ料金/月
@nifty2,420円
BB.excite2,420円
KIWI internet3,190円

大体2,400円程度の料金はかかるようで、月額料金と合わせると月7,300~8,000円くらいはかかりそうです。10ギガサービスの中ではちょっと割高かもしれませんね。

ちなみに他の回線だと10ギガはもう少し安い

フレッツ光の他にも10ギガを提供している回線はあります。

フレッツ光を他の回線と比較するとどんな感じなのか見てみましょう。

戸建てマンション
フレッツ光東日本:~30ヶ月目5,610円、31ヶ月目以降~6,930円
西日本:5,720円
+プロバイダ料
ソフトバンク光~2年目:5,720円
3年目以降~:7,480円
ドコモ光7,480~7,700円
※ルーターレンタル料(月額550円)込み※プロバイダによる
NURO光2年契約:1年目4,377円、2年目以降7,127円
3年契約:6,317円

auひかり5,390~5,610円
コミュファ光6,000円
※光電話330円込み
4,300円
※光電話330円込み
eo光1年目:3,818円
2年目以降:6,530円

フレッツ光クロスは月額料金にプロバイダ料を足すと7,700円程度にはなってしまうので、他の回線と比べて割高なのが分かると思います。

フレッツ光以外の回線は月額料金にプロバイダ料が含まれているので、その分安めの料金設定になっています。

「フレッツ光クロス」の初期費用やルーターのレンタル料金など

契約料

契約料880円

契約料は880円で、初回の請求時に支払います。

工事費

工事費は19,800円で、一括払いと分割払いが選べます。

工事費19,800円

分割払いは31回払いのみで、内訳は初月3,300円、2ヶ月目以降は550円となります。

工事費が無料になる場合もある
条件を満たした場合には工事費が無料になる場合があります。詳細はNTT東日本・西日本にお問い合わせください。

ルーターレンタル代

フレッツ光の利用には、ルーターをレンタルする必要があります。

月額料金550円
初期費用自分で設置無料
NTTで設置機器設置費:1,650円
機器設定費:1,100円

なので、月額料金はネット代+550円と思っておいた方がよさそうですね。自分で設置すれば、初期費用は無料です。

レンタルするルーターは「Wi-Fi6(Draft IEEE802.11ax)」に対応した高速無線LAN規格で、最大通信速度は上り・下り2.4Gbpsです。

接続方式はIPoE方式

接続方式は今のところはIPoE方式のみです。PPPoE方式については、東日本エリアは2020年11月より、西日本エリアは2020年10月より対応予定とのことです。

追記
東日本エリア・西日本エリアともに、2020年10月よりPPPoE方式に対応しました。

10ギガに対応しているオプションサービス

フレッツ光の10ギガで申し込めるオプションは限られています。

東日本西日本
フレッツ・テレビ
24時間出張修理オプション
リモートサポートサービス
訪問サポートサービス
セットアップサービス
なおせ~る/なおせ~るPRO
オフィスまるごとサポート ITサポート&セキュリティ
フレッツ・v6オプション

光テレビには対応しているようですが、ひかり電話が入っていないので利用できないみたいですね。ネットと電話とテレビという風にまとめて契約したい人にはマイナスポイントかもしれません。

フレッツ光の「フレッツ光クロス」を契約する前に知りたい契約期間や解約金のこと

契約期間解約金
東日本2年
(自動更新)
10,450円
西日本2年
(自動更新)
11,000円

東日本エリア・西日本エリアともに契約は2年の自動更新で、解約しない限り契約は2年ごとに自動的に更新されていきます。

無料で解約できるのは、割引適用期間(24ヶ月)の満了月とその翌月(24ヶ月目と25ヶ月目)です。それ以外の月に解約すると解約金として10,450円または11,000円かかるため、なるべく解約は24ヶ月目と25ヶ月目にするのがおすすめです。

フレッツ光クロスよりも光コラボの10ギガの方がおすすめ

フレッツ光の卸売りのサービスである光コラボでも、10ギガサービスの提供開始する事業者が増えています。例えば、人気のソフトバンク光やドコモ光などです。

光コラボはフレッツ光と同じ回線を使っていますが、フレッツ光とは違いプロバイダを別途契約する必要がないので、フレッツ光よりも安い料金で10ギガサービスを使えます。

また、スマホとのセット割も適用できるので、フレッツ光の10ギガを検討しているなら光コラボの10ギガがおすすめです。

ソフトバンク光「ファミリー・10ギガ」

フレッツ光で10ギガが提供開始!気になるエリアや料金を解説 画像※公式サイトより

ソフトバンクのスマホユーザーには、おうち割 光セットが適用できる「ソフトバンク光」です。ソフトバンクのスマホとソフトバンク光のセット利用で毎月550~1,100円が割引が入り、しかも家族や同居人にソフトバンクユーザーがいれば、その人たちも含めて最大10回線が割引対象になります。

月額料金~2年目:5,720円
3年目以降~:7,480円
※ホームゲートウェイ(N)レンタル料(月額550円)込み
契約事務手数料3,300円
工事費26,400円
契約期間2年(自動更新)
解約金10,450円
スマホ割ソフトバンク(おうち割 光セット

月額料金は2年間は1Gbpsサービスと同額の5,720円で使うことができます。3年目以降は通常料金の7,480円(基本料金6,930円+ホームゲートウェイレンタル料550円)になります。

フレッツ光よりも月額料金が安く、しかもフレッツ光にはないおうち割 光セットも適用されるため、ソフトバンクユーザーにとっては断然お得といえますね。

なお、ソフトバンク光は代理店の株式会社NEXTから申し込むと37,000円のキャッシュバックがもらえます。オプション契約不要で、ソフトバンク光を申し込むだけで開通から最短2ヶ月後に振り込まれるので、手軽に・早くキャッシュバックを受け取りたい人におすすめですよ。

\37,000円キャッシュバック中!/

NEXTのお得なキャンペーンサイトはこちら

ソフトバンク光 10ギガ提供開始ソフトバンク光で10ギガが提供開始に!気になるエリアや料金は?

ドコモ光 10ギガ

フレッツ光で10ギガが提供開始!気になるエリアや料金を解説 画像※公式サイトより

ドコモユーザーなら、ドコモ光セット割が組めるドコモ光がおすすめです。

月額料金7,480~7,700円
※ルーターレンタル料(月額550円)込み※プロバイダによる
契約事務手数料3,300円
工事費19,800円
契約期間2年(自動更新)
解約金14,300円
スマホ割ドコモ(ドコモ光セット割

月額料金は7,480~7,700円で割引などはありませんが、フレッツ光よりも月額料金が安くなりますし、フレッツ光にはないスマホとのセット割を受けられます。

なお、ドコモ光はプロバイダのぷららのひかりTVショッピングサイトから申し込むと、15,000円のキャッシュバックがもらえます。

\15,000円キャッシュバック中!/

ぷららのお得なキャンペーンサイトはこちら

ドコモ光で10ギガが提供開始!気になる料金は?提供エリアは?ドコモ光で10ギガが提供開始!気になる料金は?提供エリアは?

まとめ

フレッツ光の10ギガが提供開始になりしたが、使えるエリアが限られているので契約できる人は一部の人になりそうです。(NURO光やコミュファ光など他の10ギガ対応回線も同じですが)

フレッツ光の参入を受けて、他の光コラボ回線でも続々と10ギガサービスの提供が始まるかもしれません。今後の動向が楽しみですね。