『光コラボとは?』をネット初心者にも分かりやすく簡単解説!

光コラボって何?

「インターネット」のことを指す名称は、光回線、ネット回線、光コラボなど色々あります。

ネットにあまり詳しくない方でも、『光回線やネット回線は、きっとその回線のことを言っているんだろう』と想像がつく方は多いかもしれません。ですが、『光コラボとは?』と聞かれたらどうでしょうか?

ネットで調べても専門用語が色々と並んでいて分かり辛かったりしますし、今さら『光コラボって何?』って聞くのも恥ずかしかったりしますよね。

そこで今回は、ネット初心者の方でも分かるように『光コラボって何?』を簡単に解説し、最後にはおすすめの光コラボもご紹介していきます。

※表記の価格は税込みです。

光コラボとは?

光コラボのしくみ

光コラボは、フレッツ光と同じNTT東日本・NTT西日本の回線設備を、ソフトバンク、ドコモ、BIGLOBEなどの事業者が借り受け、独自の料金やサービスで販売・提供するインターネット光回線サービスのことです。正式には「光コラボレーションモデル」と言います。

光コラボが登場するまで光回線と言えばフレッツ光の独壇場でしたが、光コラボの提供が開始になった2015年2月以降続々と増え続け、今では約300社以上あるとも言われています。

主な光コラボ
・ソフトバンク光
・ドコモ光
・ビッグローブ光
・So-net光プラス
・@nifty光
・楽天ひかり
・OCN光
など…

『じゃあ、●●光ってみんな光コラボなんだね?』と思ってしまいますよね。しかし、それは違います。

「●●光」すべて=光コラボではない?

上の「主な光コラボ」を見て、『あれっ?』って気付いた方もいるのではないでしょうか?

ソフトバンク・ドコモと大手携帯キャリアと言われる2社が光コラボを提供していますが、auが入っていませんよね?auでも「auひかり」という光回線のサービスが提供されていますが、auひかりは光コラボではないのです。また、“世界最速”で人気の「NURO光」も入っていないですよね。

実は、光回線の種類を大きく分けると以下の3種類になります。

光コラボ(フレッツ系)地域電力系独自回線系
ソフトバンク光
ドコモ光
ビッグローブ光
So-net光プラス

@スマート光 
など
コミュファ光
eo光
メガエッグ

ピカラ光
BBIQ
auひかり
NURO光

※サービス名をクリックすると詳しい内容をご覧いただけます。

auひかりやNURO光はNTTの回線設備を使っている光コラボではなく、別の回線設備ででインターネット(光回線)を提供している独自回線なのです。

光コラボはNTTの回線設備を使っている光回線を指すため、「全ての●●光=光コラボ」という訳ではありません。ちょっとややこしいですが、ここでは、必ずしも「●●光=光コラボ」ではないということだけ覚えていただければ大丈夫です(^o^)

フレッツ光と光コラボの違いは?

では、同じNTT東日本・NTT西日本の回線を使うフレッツ光と光コラボでは何が違うのでしょうか?

表にすると以下のようになります。

フレッツ光光コラボ
回線の種類NTT回線NTT回線
最大速度1Gbps1Gbps
契約方法NTTとの直接契約光コラボ事業者との契約
プロバイダ契約プロバイダ業者との直接契約光コラボ事業者との契約
料金の支払いNTTとプロバイダ業者の2社光コラボ事業者の1社

フレッツ光と光コラボは、回線の種類や最大速度こそ同じですが、契約方法やプロバイダの契約有無などが異なります。

光コラボ4つのメリット

では、ここからは光コラボのメリットについて見ていきたいと思います。

光コラボには主に4つのメリットがあります。

  • フレッツ光に比べて月額料金が安い
  • プロバイダが一体型だから便利
  • スマホとのセット割引が組める光回線が多い
  • 各事業者の独自サービスが受けられたりする

メリット1 フレッツ光よりも月額料金が安い

まず始めに紹介するメリットは、フレッツ光に比べて月額料金が安いという点です。

光コラボは光回線とプロバイダを一括で契約するため、別々に契約するフレッツ光と比較した場合、月々の料金が割安になるケースが多いという点が大きなメリットです。

実際にどれぐらい差があるか比較表を見ていきましょう。

 ホームタイプマンションタイプ
フレッツ光5,500円+プロバイダ料金3,575円〜4,675円+プロバイダ料金
ソフトバンク光5,720円4,180円
ドコモ光5,720円4,400円
ビッグローブ光5,478円4,378円
@nifty光5,720円4,378円
@スマート光4,400円3,300円

※フレッツ光は東日本エリアの料金です。

フレッツ光と有名どころの光コラボを比較するとこのようになります。

フレッツ光はネット回線の料金とは別にプロバイダ料金が別途かかります。プロバイダは安いところだと550円で、中には1,000円以上するところも多いです。

したがって、フレッツ光の場合、ホームタイプは6,050円~、マンションタイプは4,125円~という料金になります。正直高いと言わざるを得ないです…。

@スマート光は光コラボの中でもズバ抜けて安いのであまり比較対象にならないかもしれませんが、その他の光コラボと比較してもフレッツ光のホームタイプは1,100円近くも高くなってしまうのです。

おすすめポイント
同じNTTの設備を使っているにも関わらず料金にこれだけの差があるなら、安い光コラボの方が良いですよね。

メリット2 プロバイダが一体型だから便利

2つ目のメリットは、プロバイダ一体型のため料金の支払いや問い合わせ先が一本化できるという点です。

プロバイダが別契約となるフレッツ光の場合、フレッツ光」+「プロバイダ」それぞれと契約する必要があります。契約が別になることで、料金の支払い先もNTT・各プロバイダと2社にそれぞれに行う必要があったり、困った時の問い合わせ先も『どっちだろう?…』と少々面倒だったりします。

それに対し光コラボはプロバイダ一体型のサービスがほとんどなので、月々の料金の支払いや問い合わせ先も一本化ができてとても楽です。

実際にそのことを実感されている方の口コミがこちらです。

困った時にフレッツ光に問い合わせして、『その点についてはプロバイダに確認してください』って言われたら皆さんはどう思いますか?

回線のこと、料金のことなど、内容によって答えられる範囲が違うのでしょうがないと言えばしょうがないですが、僕は『面倒くさい…』と思ってしまいます。

それなら、問い合わせ先が一本化されている光コラボの方が手間もかからないんで良いですよね。

メリット3 スマホとのセット割が組める回線が多い

3つ目は、光コラボにはスマホとのセット割が組める回線が多く存在するというメリットです。

携帯大手キャリアである3社(ソフトバンク・ドコモ・au)は、自社スマホ・ケータイと自社で提供している光回線サービスを一緒に利用することで、スマホ料金が割引になるセット割を行っています。

auスマートバリューおうち割光セットドコモ光セット割
・ビッグローブ光
・So-net光プラス
・@nifty光
 など
【光コラボ以外】
・auひかり
・コミュファ光やメガエッグなど地域電力系の光回線
・ソフトバンク光
【光コラボ以外】
・NURO光
・ソフトバンクエアー
・ドコモ光

上の表は、携帯大手3キャリアがサービス提供しているスマホとのセット割が、どのインターネット回線で組めるのかを表にしたものです。

ご覧いただくと、必ずしも「キャリアが提供している光回線しかセット割が組めないわけではい」ということがお分かりいただけると思います。

「ドコモ光セット割」はドコモ光のみでしか組めませんが、「おうち割光セット」はソフトバンク光・NURO光・ソフトバンクエアーで組めます。「auスマートバリュー」に至っては、auひかりはもちろんのことビッグローブ光やSo-net光プラスといった光コラボに加えて、コミュファ光、メガエッグなど各地域電力系の光回線とも組むことができるのです。

しかし、フレッツ光はどのセット割サービスと組むことができません

メリット4 各事業者の独自サービスが受けられたりする

他にも各事業者の独自サービスが受けられたりするというメリットもあります。

メリット3で紹介したスマホとのセット割も独自サービスですが、ソフトバンク光は電気とのセット割、ドコモ光や楽天ひかりではポイント付与など、各事業者が独自のサービスを提供していたりします。

フレッツ光でもメンバーズクラブのポイントがもらえますが、ドコモのdポイントや楽天ポイントほど使い勝手は良くないので、同じポイント付与特典なら色々なサービスで使える方が便利でお得ですよね。

佐藤佐藤

光コラボの最大のメリットは、フレッツ光に比べて月額料金が安いという点です。光コラボによっては1,100円以上も安かったりしますし、プロバイダ一体型のため申し込みにも手間がかかりません。
更にはスマホとのセット割も組めたりするので、ネット料金だけでなくスマホ料金もお得になったりと生活費の節約にもなりますよ。

光コラボのデメリット

次にデメリットについても見ていきましょう。

思い当たるところとしては

  • 速度が遅くなる可能性がある

ということぐらいでしょうか。

デメリット 速度が遅くなる可能性がある

始めの方でも書きましたが、光コラボはフレッツ光と同じNTT東日本・NTT西日本の光ファイバーを使っています。

そのため、同じ回線をフレッツ光・ソフトバンク光・ドコモ光・ビッグローブ光などで使っているので、利用者が多すぎて速度が遅くなる可能性もあるというデメリットがあったりします。

実際にTwitterには『遅い』という口コミが挙がっています。

『光コラボは遅い』という評判を見てしまうと心配になってしまいますよね。

ただし、光コラボに乗り換えた全員が遅くなったというわけではなく、『光コラボにして速くなった』という方も大勢います。

インターネットは「ベストエフォート型」と言われる方式を採用されているため、最大速度1Gbps(ギガ)と言ってもネット接続時の速度が1Gbpsというわけではありません。また、建物の環境や設備状況によっても変わるため、正直なところ、実際に使ってみないとどのぐらいの速度が出るのか分からないのです。

あくまでも目安ですが、実際には1Gbpsの10分の1となる100Mbps(メガ)ぐらいと思っておいた方が良いでしょう。10分の1と言われると『それって遅くない?』と思われる方も多いかもしれません。

僕の家は100Mbpsに届いていませんが、YouTubeもサクサク見れてネット検索もスムーズですし、そこまで『遅い』『不便だな…』と感じたことはありません。まぁ、人によって「速い」「遅い」と感じ方は違うかもしれませんが(^^ゞ

しかし、せっかく光コラボにしたのに思うような速度が出なかった場合は、設定や機器を変更することで改善されることもあります。ですので、そういった場合は各社のサポートセンターに相談してみましょう。

ベストエフォート型って何?
ベストエフォート型とは「MAXの速度を出せるように最大限頑張るけど保証はしない」という方式です。したがって、最大速度もあくまで理論上での速度を表しています。

佐藤佐藤

インターネットを使う上で「速度」というのはとても重要な要素で、『遅い』という評判を見てしまうと心配になってしまいますよね。ですが、実際にはフレッツ光も光コラボも同じNTTの回線を使用しているので、「遅い」「速い」は使ってみないことにはわからないというのが答えになってしまいます。

光コラボへの転用や事業者変更とは?

光コラボを申し込む際によく目にするのが「新規」「転用」「事業者変更」という契約方法ですが、違いは以下のとおりです。

「新規」:フレッツ光または光コラボを使っていない方が初めて申し込む方法。または、auひかり、NURO光、地域電力系回線から乗り換える方法。

「転用」:すでにフレッツ光を使っている方が、光コラボに乗り換える方法。
 例)フレッツ光 ⇒ ソフトバンク光・ドコモ光・ビッグローブ光など

「事業者変更」:すでに光コラボを使っている方が、他の光コラボへ乗り換える方法。
 例)ソフトバンク光 ⇔ ドコモ光、ビッグローブ光 ⇔ So-net光プラスなど

以前は新規と転用の2パターンしかありませんでしたが、2019年7月から事業者変更のサービスが開始されたことで、光コラボ同士での乗り換えもできるようになりました。

光回線を利用する場合は通常であれば開通工事が必要です。しかし、フレッツ光と光コラボは同じNTTの回線設備を使っているため、転用や事業者変更の場合は工事不要で簡単に乗り換えができます(^o^)

とは言っても、光コラボに乗り換えようと思っても
『フレッツ光で使い慣れているから…』
『手続きが面倒じゃない?』
『また工事をしなきゃいけないの?』
など様々な不安・疑問があると思います。

そういう方は次の「乗り換える時の不安はこれで解決」を一度読んでみてください。

『特に不安はないからおすすめの光コラボが知りたい』という方は、下の「おすすめの光コラボはコチラ」をクリックしてください。

\自分にピッタリな光コラボを見つけよう!/

おすすめの光コラボはコチラ

乗り換える時の不安はこれで解決

それでは、『不安に思っている人が多いだろうな』という問題点をピックアップして、Q&A方式で説明していきたいと思います。

Q1.光コラボに変えると速度や品質が悪くなったりしない?

A.光コラボはNTT東日本・西日本が提供しているフレッツ光と同じNTTの回線設備を使ったサービスのため、基本的にはフレッツ光を使っていた時の速度・品質と同等です。また、提供エリアもフレッツ光と同じく全国規模なのでエリアカバー率も高いです。

速度に関しては建物の環境や設備状況によっても変わるため、正直なところ、使ってみないと分かりません。もし、使ってみて『ちょっと遅い…』『もう少し回線速度が出るようにならないかな?』と感じたら、設定や機器を変更することで改善されることもありますので、そういう場合は各光回線事業者のサポートセンターに相談してみましょう。

Q2.転用や事業者変更の手続きって結構面倒だったりするんじゃないの?

A.手続きには「転用承諾番号」「転用承諾番号」の取得が必要ですが、そこまで難しくありません。

転用承諾番号は、NTT東日本・西日本に電話連絡またはWEBで取得できます。

NTT東日本NTT西日本
電話0120-140-202
受付:9時~17時(土日休日も可能)
0120-553-104
受付:9時~17時(土日休日も可能)
WEBNTT東日本公式サイトNTT西日本公式サイト

事業者変更承諾番号は、現在使っている光コラボ事業者で取得可能です。代表的な光コラボ事業者の取得窓口は以下のとおりです。

 電話WEB
ソフトバンク光0800-111-6710
受付:10時~19時
ドコモ光一般電話から:0120-800-000
ドコモ携帯から:151
受付:9時~18時
ドコモ光公式サイト
So-netプラス0120-45-2522
受付:9時~18時
So-net光プラス公式サイト 
ビッグローブ光固定電話:0120-907-505(通話料無料)
ケータイ・IP電話:03-6479-5716(通話料有料)
受付:9時~18時
BIGLOBE公式サイト
OCN光0120-506-506
受付:10時~19時
OCN公式サイト
楽天ひかり0120-987-300
受付:9時~18時
楽天ひかり公式サイト

承諾番号の取得が済んだら、あとは乗り換えたい光コラボの申し込みをするだけです。専門ショップや家電量販店でも申し込みが行えますが、代理店サイトであれば「WEB」または「電話」での申し込みが行えるので、わざわざ店舗に出向く手間も省けます。

また、電話一本で申し込みが完了するため、書類返送などの面倒もありません。逆に、代理店サイトから申し込むことで、現金キャッシュバックなどの特典を受け取れたりとお得な場合が多いです。

ちなみに、新規の場合は申し込みしてから開通までは1ヶ月前後の時間を要したりしますが、転用や事業者変更の場合は申し込みから早ければ1~2週間ほどで乗り換えができたりとスムーズです。

\現金キャッシュバックももらえる!/

キャンペーンがお得な光コラボはコチラ

Q3.初期工事費用が高そうなんだけど…

A.『工事費用が高いんじゃないの?』と不安を抱いている方も多いかもしれませんが、結論から言うとフレッツ光から光コラボへ転用や他の光コラボから事業者変更をする際は原則的に工事は不要です。そのため工事費用もかかりません。

ただし、ホームタイプからマンションタイプへ変更したりする場合や、速度を1Gbpsから10Gbpsに変更する場合は工事が必要になります。

Q4.解約金がかかるんじゃないの?

A.解約金(違約金)について心配されている方も多いかもしれませんが、フレッツ光から光コラボへ転用する場合に限り解約金はかかりません

フレッツ光の定期契約割引は、通常であれば更新月以外での解約時には解約金が発生しますが、転用の際は期間を問わず解約金が免除されます。解約金は大体11,000円近くかそれ以上しますので、免除になるのは一安心ですよね。

ただし、事業者変更の場合は乗り換え元で定められている解約金がかかりますので、解約金をかけたくない場合は更新月に事業者変更すると良いでしょう。

Q5.光コラボから別の光コラボに変えられるの?

A.光コラボを利用している人が別の光コラボに乗り換えたい場合は、「事業者変更」という方法で乗り換えることが可能です。

この事業者変更は2019年7月から可能になった契約方法で、フレッツ光から光コラボへの「転用」と同じく、それまで使っているNTTの回線設備を継続利用できるため工事が必要ありません。ただし、通信速度が変更する「品目変更」を実施する場合には工事が必要となる場合もあります。

注意点として、事業者変更の場合、転用とは違い変更元の利用期間によっては解約金がかかります。また、キャンペーンで実質無料になった工事費の残債分が一括請求されたりするので覚えておいてください。

佐藤佐藤

光コラボへの乗り換えを検討している方で、様々な疑問や不安を抱いている方も多いと思います。今回ご紹介したのはあくまでも一部ですので、他に気になる点があったら各事業者に問い合わせてみてくださいね。

おすすめの光コラボ4社をご紹介

『光コラボについては分かったけど、実際にどの光コラボが良いの?』という方のために、おすすめの光コラボを4社ご紹介したいと思います。

おすすめの光コラボ1. ソフトバンク光

ソフトバンク光※NEXTのキャンペーンサイトより引用

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度(下り)1Gbps
月額料金5,720円4,180円
事務手数料3,300円
初期工事費2,200~26,400円

キャンペーンで実質無料
契約期間2年(自動更新)
解約金10,450円
提供エリア全国

【ソフトバンク光の特徴】
・おうち割光セットを組むことで月々のスマホ料金が安くなる
・最大26,400円の初期工事費がキャンペーンで無料
・他社からの乗り換え時には最大10万円まで負担してくれる

・ソフトバンク光が開通するまで、Wi-Fi機器が無料レンタルできる

おすすめ一つ目の光コラボは「ソフトバンク光」です。

ソフトバンク光の最大の特徴は、ソフトバンクスマホ・ケータイとセット割「おうち割光セット」によってスマホ料金が毎月最大1,100円割引されるという点です。

最大10回線まで割引が適用されるので、離れて暮らご両親やおじいちゃん・おばあちゃんも対象になります。さらには、一緒に住んでいる恋人やシェアハウス仲間も割引対象になるので、家族や同居人にソフトバンクユーザーが多い方にはおすすめです。

ドコモやauでもスマホ割引を行っていますが、家族以外も割引対象になるとは聞いたことありません。ソフトバンク、太っ腹です(^^ゞ

初期工事費はキャンペーンによって無料になります。また、他社からソフトバンク光に乗り換えする際、他社でかかった解約金や工事費の残債を最大10万円まで負担してくれますよ(^o^)

開通するまでの間はWi-Fi機器を無料レンタルしてくれるので、『開通までネットが使えない…』という心配もありません。

ソフトバンク光についての詳細はこちらの記事をご覧ください。
ソフトバンク光はどんなネット?評判を検証し料金・サービスを評価!ソフトバンク光はどんなネット?評判を検証し料金・サービスを評価!

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

おすすめの光コラボ2. ビッグローブ光

ビッグローブ光※NEXTのキャンペーンサイトより引用

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度(下り)1Gbps
月額料金5,478円4,378円
事務手数料3,300円
初期工事費19,800円

キャンペーンで実質無料
16,500円

キャンペーンで実質無料
契約期間3年(自動更新)
解約金11,900円
提供エリア全国

【ビッグローブ光の特徴】
・3年プランでは引っ越し時の移転工事費が何度でも無料になる
・auスマホとのセット割「auスマートバリュー」が組める
・UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が組める

2つ目に紹介する光コラボは「ビッグローブ光」です。

ビッグローブ光はフレッツ光などでも有名なプロバイダBIGLOBEが提供している光コラボです。「フレッツ光×BIGLOBE」と「ビッグローブ光」は似たようなサービスですが、ビッグローブ光を利用した方が月額料金も安いのでおすすめです。

ビッグローブ光は3年プラン・2年プランと2種類あって、3年プランを選ぶと引っ越しの際の移転工事費が何度でも無料になるというメリットがあります。そのため、進学や就職などで引っ越し予定の方や転勤族の方には嬉しい特典です。

さらにビッグローブ光はauやUQモバイルのセット割に対応していて、セット割を組むことでauまたはUQモバイルの月額料金が最大10回線まで割引してもらえます。

セット割によって毎月の通信費を安くできるのは嬉しいですね(^o^)/

ビッグローブ光についてはこちらの記事をご覧ください。
『ビッグローブ光ってどう?』料金・サービス・メリット等を徹底解説『ビッグローブ光ってどう?』料金・サービス・メリット等を徹底解説

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

おすすめの光コラボ3. ドコモ光

ドコモ光※GMOとくとくBBのキャンペーンサイトより引用

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度(下り)1Gbps
月額料金タイプA:5,720円
タイプB:5,940円
タイプA:4,400円
タイプB:4,620円
事務手数料3,300円
初期工事費19,800円

キャンペーンで実質無料
16,500円

キャンペーンで実質無料
契約期間2年(自動更新)
解約金14,300円8,800円
提供エリア全国

【ドコモ光の特徴】
・ドコモスマホとのセット割引「ドコモ光セット割」が組める
・プロバイダが23社の中から選べる
・毎月付与されるdポイントが色々なサービスで使える

続いて紹介する光コラボは「ドコモ光」です。

携帯大手キャリア3社の1社であるドコモが提供している光回線で、ソフトバンク・au同様にスマホとのセット割「ドコモ光セット割」を行っています。

こちらも利用しているスマホの料金プランによって割引額は異なってきますが、ドコモでは最大20回線まで割引してくれます。20回線MAXで割引されるご家族はそういないと思いますが(^^ゞ

また、ドコモ光にはプロバイダが23社の中から選べるという特徴があります。大体の光コラボはプロバイダが決まっていますが、ドコモ光はプロバイダを選べる数少ない光コラボです。

『てことは、プロバイダの別契約が必要?料金も別途かかるの?』と思った方もいるかもしれませんが、ご安心ください、ドコモ光は申し込みと一緒にプロバイダが選べて、プロバイダ料金は月額料金に含まれています。したがって、別途でのプロバイダ料金はかかりません。

また、ドコモ光を利用することで、ローソンやファミリーマート、マクドナルド、ドトールコーヒーなど、様々なお店で使えるdポイントが貯まります。ギフト、旅行などとも交換できたりしますので使い勝手が良いです。

ドコモ光についての詳細はこちらの記事をご覧ください。
ドコモ光は評判悪い?料金、プロバイダ、キャンペーンを徹底紹介!ドコモ光は評判悪い?料金、プロバイダ、キャンペーンを徹底紹介!

ドコモ光×GMOとくとくBBの申し込みはコチラ

速くておトクなドコモ光ならGMOトクトクBB!

おすすめの光コラボ4. @スマート光

@スマート光※@スマート光の公式サイトより引用

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度(下り)1Gbps
月額料金通常プラン4,730円3,630円
格安プラン4,400円3,300円
事務手数料3,300円

キャンペーンで無料
初期工事費19,800円

キャンペーンで無料
※通常プランの場合
16,500円

キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間2年(自動更新なし)
解約金22,000円(3年目以降は不要)
提供エリア全国

【@スマート光の特徴】
・月額料金が光コラボの中で最安値
・自動更新がないので最低2年使えば解約金ナシ
・工事費が完全無料なので残債請求もナシ

最後にご紹介する光コラボは「@スマート光」です。

これまで紹介してきた3社と比べると正直知名度は低いですが、@スマート光最大の特徴は何と言っても光コラボ最安値となる月額料金です。

一般的な光コラボの月額料金の相場は、ホームタイプの場合は5,280円~5,720円、マンションタイプの場合は4,180円~4,620円ですが、@スマート光は他社よりも800円以上安い料金設定です(格安プランの場合)。

もちろん、安いからと言って品質などが落ちるということは全くなく、速度も最大1ギガと他の光コラボと何ら変わりはありません。スマホとのセット割が組めないのが残念ですが、現在は格安SIMを使っている方も多いので、セット割を重視しない方にはおすすめです。

また、光コラボの多くは2年または3年毎の自動更新となっていて、更新月以外に解約した場合は解約金がかかってしまいます。しかし、@スマート光は2年の縛りはあるものの、2年過ぎればいつでも無料で解約ができます。

しかも、この2年縛りや解約金は新規の場合だけで、フレッツ光からの転用や他の光コラボからの事業者変更の場合はありません。これは嬉しいですよね(^o^)

通常プランでは工事費キャンペーンが利用できますが、他社みたいに解約時に工事費の残債が一括請求されることもありません。

@スマート光についての詳細はこちらの記事をご覧ください。
安い!シンプル!口コミでも評判の@スマート光のサービス内容とは?安い!シンプル!口コミでも評判の@スマート光のサービス内容とは?

@スマート光への申し込みはコチラから
シンプルでわかりやすい格安インターネット

佐藤佐藤

同じ光コラボでも、事業者によって料金体系・サービス・キャンペーン内容が違うのがお分かりいただけたと思います。月額料金の違い、スマホとのセット割、工事費無料キャンペーンなど、今回簡単にご紹介しただけでもこれだけの違いがあるのです。

まとめ

今回は、光コラボのサービス内容やおすすめの光コラボについて解説してきましたが、『光コラボってこんな感じね!』と解ってもらえたら幸いです。

同じ光コラボでも、月額料金、サービス内容、キャンペーン、など違いがあり特徴も様々です。

新しく光コラボを申し込もうとしている人はもちろん、既にフレッツ光や他の光コラボを使っていて『料金がもう少し安くならないかな?』『もっと便利に使えないかな?』という人にとって、この記事が参考になれば嬉しいです(^o^)

▶ソフトバンク光のサービス内容をもう一度確認する
▶ビッグローブ光のサービス内容をもう一度確認する
▶ドコモ光のサービス内容をもう一度確認する
▶@スマート光のサービス内容をもう一度確認する