NULL

NURO光がエリア外だった時はこのインターネット回線5選がおすすめ!

NURO光がエリア外だった時はこのインターネット回線5選がおすすめ

世界で初めて最大2Gbpsの通信速度を実現したNURO光は、今もっとも話題の光回線です。

圧倒的な通信速度はもちろんですが、他社光回線と比較しても割安な月額料金やソフトバンクスマホとのセット割も適用できるため、コスパを重視するユーザーからも定評があります。

ただ、提供エリアが限定されているため、誰でも利用できる訳ではないのがデメリットです。

このページでは、NURO光のサービス概要や提供エリア外だった場合に代替案となる光回線について解説をしていきます。

NURO光とは?

NURO光※NURO光公式サイトより

ユニークなキャラクターでテレビCMでも話題を集めているNURO光ですが、実際はどんな特徴があるのでしょうか。

まずは、NURO光のメリット・デメリットについて解説していきます。

NURO光のメリット

NURO光のメリットについてまとめてみました。

NURO光のメリット

  1. 最大2Gbpsで通信速度の実測値が高い
  2. 相場より月額料金が安い
  3. ソフトバンクユーザーはセット割が使える
  4. 高額なキャッシュバックが受け取れる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

最大2Gbpsで通信速度の実測値が高い

NURO光の最大の特徴は最大2Gbpsの通信速度です。

フレッツ光やauひかり、ドコモ光など光コラボといった一般的な光回線が最大1Gbpsで提供しているものに比較すると理論上2倍の通信速度が利用できます。

ただ、ネット回線の通信速度は利用環境によって大きく左右されるため、常に最大速度で利用できるわけではありません。

それでも、実際に計測される実測値は非常に高く、オンラインゲームユーザーなど通信速度を重視する多くの方から高評価を得ています。

昨今、オンラインゲームや高画質動画視聴など、データ容量の大きなサービスを利用する方にとって通信速度はネット回線を選ぶ上で気になるポイントです。

通信速度に関してNURO光の信頼度は、かなり高いものと言って良いでしょう。

相場より月額料金が安い

高速通信はNURO光の最大の魅力ですが、通信速度に対して月額料金が割安である点も大きなメリットです。

NURO光の月額料金を主要な光回線と比較してみました。

戸建てタイプマンションタイプ
NURO光4,743円1,900~2,500円
auひかり4,900~5,100円3,400~5,000円
ドコモ光5,200~5,400円4,000~4,200円
ソフトバンク光5,200円3,800円
ビッグローブ光4,980円3,980円

上記の通り、戸建て・マンションのどちらにおいてもNURO光の月額料金は格安です。特に、マンションタイプの料金においては他社と比較して圧倒的とも言えるでしょう。

ソフトバンクユーザーはセット割が使える

ソフトバンクユーザーがNURO光を契約した場合、「おうち割 光セット」というスマホとのセット割が利用できます。

通常、おうち割 光セットはソフトバンク光×ソフトバンクユーザーが対象となり、データ通信プランに応じて毎月500~1,000円の割引が適用されるものです。

しかし、NURO光はソフトバンクと提携をしているため、同じ条件でおうち割 光セットを利用することができます。

おうち割 光セットは、家族など最大10回線まで適用ができるため、ソフトバンクユーザーの多い家庭では大幅な通信費の節約につながるでしょう。

高額なキャッシュバックが受け取れる

ネット回線を契約する場合、豪華なキャンペーンを楽しみにしている方は多いはずです。

NURO光でも公式ページや代理店といった様々な窓口で40,000円を超えるキャッシュバックキャンペーンが実施されています。

特に、NURO光の提供元であるSo-netが運営する特設ページでは、有料オプションの加入条件など無く、45,000円の高額キャッシュバックが受け取れることで人気です。

キャンペーンのお得度を重視するユーザーにも、NURO光はおすすめと言って良いですね。

NURO光のデメリット

NURO光には、高速通信や月額料金の安さ、スマホのセット割といった多くのメリットがあります。

一方で、NURO光のデメリットはないのでしょうか。ここからは、NURO光のデメリットにあたる点をまとめてみました。

NURO光のデメリット

  1. 提供エリアが狭い
  2. 工事が2回必要
  3. マンションでは建物によって割高

提供エリアが狭い

NURO光の提供エリアは下記の地域限定となります。

  • 北海道…石狩市、恵庭市、江別市、小樽市、札幌市、千歳市
  • 関東…東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
  • 東海…愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
  • 関西…大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
  • 九州…福岡県、佐賀県の一部

提供エリア外の地域では残念ながら申し込むことはできません。

また、提供エリア内の地域であっても住所によっては申し込みできないケースもあるので、事前に必ず公式サイトでエリア確認を行いましょう。

工事が2回必要

光回線を利用する際に開通工事は必要となりますが、NURO光は開通工事を2回実施しなければなりません。

一般的な光回線が1回の開通工事で済むのに対し、2回工事が必要となるのは大きなデメリットとなるでしょう。

ただ、申し込み時に「同日工事」を希望することで2回に分かれる開通工事を回避することができます。同日工事には5,000円(※土日は8,000円)の追加費用が必要となりますが、多忙な方には時間短縮ができる有効な手段です。

マンションでは割高

NURO光には、2つのマンションタイプが存在します。

  1. NURO光 for マンション:月額1,900~2,500円
  2. マンションミニ:4,743円

NURO光 for マンションは一般的な光回線のマンションタイプに相当するプランです。

建物内で1つの設備を共有して利用するため、月額料金の安さが魅力となりますが、設備自体が備わっていないと申し込みができません。

現状、NURO光 for マンションは設備導入されているマンションが少ないため、利用するにあたってはハードルが高いのが現状です。

逆に、マンションミニは戸建てタイプを直接自宅に導入するイメージになるため、NURO光の提供エリアであれば概ね利用できます。

ただ、月額料金も戸建てタイプと同じ4,743円になってしまうため、一般的な光回線のマンションタイプに比較すると、割高になってしまうのが弱点です。

佐藤佐藤

NURO光にはメリット・デメリットがありますので、提供エリア内であっても事前に把握した上で申し込むようにしましょう。
NURO光の申し込みはコチラから
オプション不要でキャッシュバック!NURO光

『NURO光がエリア外…』そんな時におすすめのネット回線5選

NURO光は様々な面で魅力の多い光回線ですが、大きなデメリットとして提供エリアが狭いという点が挙げられます。

そのため、『NURO光がエリア外だったら何の光回線を使ったら良いの?』と悩んでしまう方も多いでしょう。

ここからは、NURO光の代替案としておすすめなネット回線を利用目的ごとに紹介していきます。

安さ重視なら光コラボ最安値の「@スマート光」がおすすめ

@スマート光※@スマート光公式サイトより

ネット回線やスマホの通信費を安く抑えたいという方は多いでしょう。

そんな方におすすめとなるのが@スマート光です。

@スマート光は、ドコモ光やソフトバンク光といったNTT東日本・西日本が提供するフレッツ光の設備をそのまま利用した光コラボの1つですが、月額料金が光コラボの中でも最安値であるのが大きな魅力です。

戸建てタイプマンションタイプ
提供エリア全国
月額料金4,300円3,300円
初期工事費18,000円

キャンペーンで完全無料
15,000円

キャンペーンで完全無料
契約期間2年間 ※自動更新なし
解約金20,000円 ※3年目以降は0円
スマホとのセット割なし
実施中のキャンペーン・初期工事費無料
・光電話初期費用無料

@スマート光のメリット

まず@スマート光のメリットについて紹介します。

@スマート光のメリット

  • 月額料金が光コラボで最安
  • 工事費が請求されない

メリット1.月額料金が光コラボで最安

@スマート光の評判や口コミを調べると、やはり月額料金の安さについてつぶやいているものが目立ちます。

他社光コラボは、戸建てタイプが5,000円前後、マンションタイプが4,000円前後で提供していますが、@スマート光は戸建てタイプが4,300円、マンションタイプが3,300円という破格の安さで提供しています。

ドコモユーザーがドコモ光でセット割を目的とするような使い方であれば別ですが、格安SIMなどセット割が対象外のユーザーであれば、@スマート光のメリットは大いに生きてくるでしょう。

メリット2.工事費が請求されない

他社光回線では初期工事費を分割で請求するため、未完済のタイミングで解約をすると残債を一括請求されてしまいます。

しかし、@スマート光では現在キャンペーンを実施しており工事費が完全無料となっているので、残債を請求されることがありません。

最低2年間の契約期間はありますが、2年目以降はどんなタイミングで解約しても違約金無料のため、気軽に利用できるのも大きなメリットです。

@スマート光のデメリット

光コラボの中で月額料金が最安値で利用できる@スマート光ですが、注意すべき点もあります。

@スマート光のデメリットについてもまとめてみました。

@スマート光のデメリット

  • スマホとのセット割が適用できない

デメリット1.スマホとのセット割が適用できない

近年、光回線の特典の主流ともいえるスマホやケータイとのセット割が利用できない点です。

大手キャリアが提供する光回線はもちろん、他社光コラボの中には独自に格安SIMを提供してオリジナルのセット割を行っているケースがあります。ですが、@スマート光にはセット割に対応した携帯キャリアが無いため、セット割でのお得感は期待できません。

また、キャッシュバックなどのキャンペーン特典もないため、キャンペーン重視のユーザーには少しお得感が薄れてしまう可能性があります。

佐藤佐藤

@スマート光の最大の特長は月額最安値ですが、スマホとのセット割が組めない点は覚えておきましょう。
@スマート光への申し込みはコチラから
シンプルでわかりやすい格安インターネット

速度重視の人は最大10ギガの「auひかり」がおすすめ

auひかり 5ギガ・10ギガ※auひかり公式サイトより

NURO光に注目している方の多くは、最大2Gbpsの通信速度に興味を持っている方が多いでしょう。

NURO光の代替案として、速度重視の方向けにおすすめとなるのがauひかり10ギガプランです。

auひかり 10ギガプラン
提供エリア東京・神奈川・千葉・埼玉の戸建て
月額料金1年目:5,880円
2年目:5,780円
3年目:5,680円
※ずっとギガ得プランの場合
初期工事費37,500円

キャンペーンで実質無料
契約期間3年間
解約金15,000円+撤去工事費28,800円
スマホとのセット割auスマートバリュー
実施中のキャンペーン・初期工事費実質無料
・他社違約金還元(3万円まで)

・月額500円割引(3年間)
・最大52,000円キャッシュバック

auひかり10ギガのメリット

auひかり10ギガプランのメリットは下記の通りです。

auひかり10ギガプランのメリット

  • 通信速度の実測値が非常に高い
  • auスマホとのセット割が使える
  • 月額料金が通常1Gbpsプランと500円しか差がない

メリット1.通信速度の実測値が非常に高い

auひかり10ギガプランの最大の魅力は、通信速度の実測値の高さです。

auひかりはもともと独自のネットワーク網を使用していることで、通常の最大1Gbpsのプランでも安定した通信速度に定評があります。

しかし、10ギガプランではそれを超える圧倒的な通信速度で速度にこだわる多くのユーザーから高評価を得ているのです。

現在のインターネットを快適に利用できる通信速度は30~100Mbpsと言われています。

SNSなどの口コミでは、3Gbps以上もの速度が計測されていることも珍しくないため、auひかり10ギガプランの実測値の高さはかなり魅力的です。

通信速度を重視するユーザーにとって、NURO光の代替案として最有力候補とも言えます。

メリット2.auスマホとのセット割が使える

auユーザーであればauひかりを利用することで、スマホとのセット割「auスマートバリュー」が利用できます。

auスマートバリューは、スマホのデータ通信プランの容量に応じて月額500~2,000円の割引が適用されるため、auユーザーにとっては大きなメリットです。

また、家族など最大10回線まで適用されるのも嬉しいポイントです。

新規受付を行っているプラン
プラン割引額
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)
1GBまで割引対象外
1GB超~7GB500円割引/月
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE
タブレットプラン20

1,000円割引/月
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで500円割引/月
カケホ(3Gケータイ・データ付)
934円割引/月
新規受付が終了しているプラン
プラン割引額
新auピタットプラン1GBまで割引対象外
1GB超~7GB500円割引/月
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)

1,000円割引/月
auピタットプランN(s)
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
2GBまで
※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
500円割引/月
2GB超~20GBまで1,000円割引/月
データ定額1
データ定額1(ケータイ)
データ定額1cp
最大2年間934円割引/月
(3年目以降は500円割引/月)
データ定額2/3
データ定額2/3(ケータイ)

データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
934円割引/月
データ定額5/8/20
データ定額5cp
データ定額5/8(ケータイ)

LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(L)
LTEフラット for Tab(i)
最大2年間1,410円割引/月
(3年目以降は934円割引/月)
データ定額10/13/30
データ定額10/13(ケータイ)
最大2年間2,000円割引/月
(3年目以降は934円割引/月)

超高速プランの中では格安の料金

auひかり10ギガプランは、超高速回線にも関わらず月額料金が安いことでも有名です。

光回線月額料金
auひかり10ギガ5,680~5,880円
auひかり通常(1Gbps)4,900~5,100円
フレッツ光10ギガ6,300円+プロバイダ料
ドコモ光10ギガ6,300~6,500円

上記の表を見ると、他社光回線の10ギガプランに比べるとかなり割安の料金設定になっていることが分かります。

また、同じauひかりの通常プランである最大1Gbpsコースと比較しても、最大速度は理論上10倍にも関わらず差額はそれほど大きくないと考えて良いでしょう。

auひかり10ギガプランのデメリット

通信速度が高評価のauひかり10ギガプランですが、デメリットはないのでしょうか。

ここからは、auひかり10ギガプランのデメリットを見ていきます。

注意

  • 提供エリアが狭い&戸建て限定
  • 撤去工事+費用が必要

デメリット1.提供エリアが狭い&戸建て限定

前述した通り、auひかり10ギガプランの提供エリアは関東の東京、神奈川、埼玉、千葉の一部となり、利用できる方は非常に限られています。

また、auひかり10ギガプランは戸建て向けのサービスになるため、マンションなど集合住宅では利用できません。

そのため、マンションにお住いの方は通常のauひかりマンションタイプ(最大100Mbps~1Gbps)を検討することをおすすめします。

誰でも利用できないという点は、大きなデメリットになってしまうでしょう。

デメリット1.撤去工事+費用が必要

10ギガプランだけではありませんが、auひかりは戸建てタイプを解約する際に撤去費用が必ず発生します。

  • 撤去費用…28,800円

撤去費用は解約金や初期工事費の残債などとは別に請求されるため、解約のタイミングによっては解約費用がかなり高額になってしまう可能性があるでしょう。

auひかりについては以下で詳しく解説しています。
auひかりauひかりは光コラボと比べて料金は安い?速度は速い?など徹底検証!

佐藤佐藤

速度やキャンペーンは魅力ですが、解約時の費用も考慮した上で申し込む必要がありますね。
auひかりへの申し込みはコチラから

必ずもらえるキャッシュバック

auユーザーには光コラボの「ビッグローブ光」もおすすめ

 . $alt . ※NEXTのキャンペーンサイトより

NURO光、auひかりも利用できない地域の方におすすめめとなるのがビッグローブ光です。

ビッグローブ光は、NTTのフレッツ光の設備を流用した光コラボになるため、提供エリアが広く、全国どこでも利用可能です。

戸建てタイプマンションタイプ
提供エリア全国
月額料金3年:4,980円
2年:5,180円
3年:3,980円
2年:4,080円
初期工事費3年:30,000円
2年:18,000円

3年はキャンペーンで実質無料
2年はキャンペーンで実質3,000円
3年:27,000円
2年:15,000円

3年はキャンペーンで実質無料
2年はキャンペーンで実質3,000円
契約期間3年 or 2年
解約金3年:20,000円
2年:9,500円
スマホとのセット割・auスマートバリュー
・auセット割
実施中のキャンペーン・初期工事費無料 or 割引
・最大35,000円キャッシュバック
・Ipv6対応のWi-Fiルーターレンタル

また、auひかり×auスマホで適用されるauスマートバリューも利用できるので、auユーザーに最適の光コラボでしょう。

ビッグローブ光のメリット

ビッグローブ光は、提供エリアの広さやauスマホとのセット割といった点以外にも、下記のメリットがあります。

ビッグローブ光のメリット

  • 契約プランを3年or2年から選べる
  • スマホ割が充実している
  • 高額キャッシュバックを実施する代理店がある

メリット1.契約プランを3年or2年から選べる

光回線は基本的に年単位の定期契約プランが主流ですが、ビッグローブ光では契約プランを3年または2年の2種類から選べるのが特徴的です。

戸建てタイプマンションタイプ
月額料金3年:4,980円
2年:5,180円
3年:3,980円
2年:4,080円
解約金3年:20,000円
2年:9,500円

3年契約の場合、途中解約した際の解約金は20,000円と少し割高ですが、月々の料金を安く抑えることができます。

逆に、2年契約では3年契約に比べて料金が少し上がってしまいますが、途中解約時の費用が安くなるというメリットがあります。

自分の利用目的に合わせてプランを選べるのは大きなメリットですね。

メリット2.スマホ割が充実している

前述した通り、auユーザーであればビッグローブ光との組み合わせでauスマートバリューが適用できます。

ただ、ビッグローブ光ではもう1つ「ビッグローブ光×auセット割」というセット割も組むことが可能で、どちらか好きな割引を選ぶことができます(併用は不可)。

auスマートバリュービッグローブ光 × auセット割
割引額500~2,000円500円または1,200円
割引対象スマホの月額料金ビッグローブ光の月額料金
割引可能な最大数10回線1回線
おすすめの人・auスマホの契約が複数ある
・大容量のデータ通信プランを契約
・スマホの契約が1台だけ
・少容量のデータ通信プランを契約

上記の通り、2つの割引サービスはそれぞれ割引額などの内容が異なります。

auスマホの契約台数が多い場合はauスマートバリュー、少なければビッグローブ光×auセット割を選ぶのがベストと考えて良いでしょう。

新規受付を行っているプラン
プラン割引額
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)
1GBまで割引対象外
1GB超~7GB500円割引/月
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE
タブレットプラン20

1,000円割引/月
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで500円割引/月
カケホ(3Gケータイ・データ付)
934円割引/月
新規受付が終了しているプラン
プラン割引額
新auピタットプラン1GBまで割引対象外
1GB超~7GB500円割引/月
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)

1,000円割引/月
auピタットプランN(s)
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
2GBまで
※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
500円割引/月
2GB超~20GBまで1,000円割引/月
データ定額1
データ定額1(ケータイ)
データ定額1cp
最大2年間934円割引/月
(3年目以降は500円割引/月)
データ定額2/3
データ定額2/3(ケータイ)

データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
934円割引/月
データ定額5/8/20
データ定額5cp
データ定額5/8(ケータイ)

LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(L)
LTEフラット for Tab(i)
最大2年間1,410円割引/月
(3年目以降は934円割引/月)
データ定額10/13/30
データ定額10/13(ケータイ)
最大2年間2,000円割引/月
(3年目以降は934円割引/月)

新規受付を行っているプラン

プラン割引額/月
データMAX 5G
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 4G LTE
データMAX 4G LTE Netflixパック
auピタットプランN(s)
カケホ(3Gケータイ・データ付)
タブレットプラン20
500円

新規受付が終了しているプラン

プラン割引額/月
データ定額5/8/10/13/20/30
データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)/20(V)/30(V)
U18データ定額20
U18データ定額20(V)
データ定額5cp
データ定額5cp(V)
LTEフラット
LTEフラット(V)
ISフラット
プランF(IS)/プランF(IS)シンプル
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
1,200円
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auフラットプラン7プラス
データ定額1/2/3

データ定額1(V)/2(V)/3(V)
auピタットプラン
 ※カケホ/スーパーカケホのみ。シンプルは対象外。
auピタットプラン(V)
 ※カケホ(V)/スーパーカケホ(V)のみ。シンプル(V)は対象外。
auピタットプラン(S)
 ※カケホ/スーパーカケホのみ。
auフラットプラン20/30
auフラットプラン20(V)/30(V)
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン5(学割専用)
データ定額3cp
データ定額3cp(V)
シニアプラン
シニアプラン(V)
ジュニアスマートフォンプラン
ジュニアスマートフォンプラン(V)
LTEフラットcp(1GB)
500円

メリット3.高額キャッシュバックを実施する代理店がある

ビッグローブ光は、光コラボの中でも高額キャッシュバックなど豪華特典がもらえることでも有名です。

申し込み窓口としては公式サイト・代理店の2種類ありますが、特に代理店から申し込むとお得度が高いため人気があります。

例えば、正規代理店のNEXTでは、新規加入で最大35,000円ものキャッシュバックが受け取れます。また、光電話や光テレビに加入することで最大9,000円増額してもらえます。

ビッグローブ光は、ネット回線の豪華キャンペーンを楽しみにしている方にとっても満足度は高いでしょう。

ビッグローブ光のデメリット

お得度の高いビッグローブ光ですが、デメリットもいくつかあるので注意しましょう。

ビッグローブ光のデメリット

  • 工事費の無料キャンペーンは3年契約のみ
  • ドコモ・ソフトバンクユーザーはお得度が低い

デメリット1.工事費の無料キャンペーンは3年契約のみ

ビッグローブ光で発生する初期工事費は、契約年数に関わらず戸建てタイプは18,000~30,000円、マンションタイプは15,000~27,000円が必要で、この工事費は他社光回線の工事費と比べても高めです。

ただ、前述した代理店NEXTなど窓口によってはキャンペーンの適用で実質無料にすることができますが、3年契約を選ばないとキャンペーン対象になりません

2年契約では工事費の割引は適用されますが、実質無料にならない点に注意しましょう。

デメリット2.ドコモ・ソフトバンクユーザーはお得度が低い

ビッグローブ光は、auユーザーにとってメリットの多い光コラボです。

しかし、言い換えるとドコモやソフトバンクといった、au以外のユーザーにはセット割などの恩恵がほぼ無いため、お得度は非常に低くなってしまいます。

au以外のユーザーは、それぞれセット割が対象となる光回線を選ぶのがベストでしょう。

ビッグローブ光については以下で詳しく解説しています。
NURO光がエリア外だった時はこのインターネット回線5選がおすすめ! 画像『ビッグローブ光って悪い?良い?』料金・サービス等を徹底解説!

佐藤佐藤

auユーザーでauひかりが提供エリア外の場合はビッグローブ光がおすすめです。
ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

SoftBankユーザーには「ソフトバンク光」がおすすめ

ソフトバンク光 公式サイト※ソフトバンク公式サイトより

NURO光がエリア外の地域にお住いのソフトバンクユーザーであれば、検討すべき光回線はソフトバンク光の1択と考えて良いでしょう。

ソフトバンク光は、NURO光と同じくソフトバンクのセット割「おうち割 光セット」が利用できます。

また、NURO光とは違いフレッツ光と同じ提供エリアを持つ光コラボのため、全国どこでも申し込みが可能です。

戸建てタイプマンションタイプ
提供エリア全国
月額料金2年:5,200円
5年:4,700円
2年:3,800円
初期工事費24,000円

キャンペーンで実質無料
契約期間2年 or 5年
解約金2年:9,500円
5年:15,000円
スマホとのセット割おうち割 光セット
実施中のキャンペーン・初期工事費無料
・他社解約金を全額負担(10万円まで)
・代理店キャッシュバック36,000円
・公式キャッシュバック20,000円

ソフトバンク光のメリット

光コラボの代表格とも言えるソフトバンク光ですが、どんなメリットがあるのでしょうか。

ソフトバンク光のメリットをまとめてみました。

ソフトバンク光のメリット

  • 他社解約金を全額負担
  • キャッシュバックなどキャンペーンが豪華
  • 引っ越しの費用が無料で全国どこでも使える

メリット1.他社解約金を全額負担

ネット回線を乗り換える際、解約費用がネックに感じている方は多いでしょう。

ソフトバンク光のメリットの1つは、乗り換えで発生する他社解約金を全額負担している点です。

年単位の契約に対する違約金や初期工事費の分割金の残債、さらに撤去工事費までが対象となるので解約費用への心配はありません。

メリット2.キャッシュバックなどキャンペーンが豪華

ソフトバンク光の申し込み窓口には、公式サイトや代理店などいくつか存在します。

その中でも、代理店を経由して申し込むと高額キャッシュバックが受け取れるので非常におすすめです。

中には新規加入で50,000円を超えるキャッシュバックが受け取れる上に、下記の特典も対象にしている窓口もあります。

  • 初期工事費24,000円相当を実質無料
  • 他社解約金を最大10万円負担

ソフトバンク光の公式サイトでも上記2つの特典にあたるものはありますが、高額なキャッシュバックは無いため、お得度を優先するなら代理店経由が良いでしょう。

メリット3.引っ越しの費用が無料で全国どこでも使える

ソフトバンク光は引っ越しの際、移転費用が無料で引っ越し先でも継続できます。

移転は、「サポートセンター」「WEBフォーム」「ソフトバンクまたはワイモバイルのショップ」から簡単に手続きすることが可能です。

また、ソフトバンク光の提供エリアは全国規模になるため、引っ越し先が提供エリア外のケースは非常に少ないため、引っ越しの際も安心感が大きいでしょう。

ソフトバンク光のデメリット

次に、ソフトバンク光のデメリットにあたる点をまとめてみました。

ソフトバンク光のデメリット

  • おうち割 光セットにはオプション加入が必要
  • 最安の5年契約は解約金が高い

デメリット1.おうち割 光セットにはオプション加入が必要

月々500~1,000円の割引が適用されるおうち割 光セットですが、利用するには下記オプションに加入することが条件です。

  • 光BBユニット
  • Wi-Fiマルチパック
  • 固定電話サービス

通常は上記3つのオプションに加入すると月額1,457円かかってしまいますが、オプションパックにまとめられるので500円になります。

ただ、スマホが1台しかなく、おうち割 光セットの割引額が500円の場合などでは相殺されてしまうため、利用状況によっては必ずしもお得とは言い切れないでしょう。

新料金プラン(2020年3月12日から新規受付開始)

対象プラン割引額/月
データプランメリハリ/データプランミニフィット
1,000円

旧料金プラン(2020年3月11日で新規受付を終了)

対象プラン割引額/月
データプラン50GB+/データプランミニ
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額 50GB/20GB/5GB
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

デメリット2.最安の5年契約は解約金が高い

ソフトバンク光の定期契約プランには、2年または5年という2タイプ提供されています。

月額料金の安さを重視するのであれば5年契約がピッタリですが、解約時の違約金は2年契約に比べて割高になってしまいます。

また、契約期間が5年というかなりの長期間になってしまうため、新しいサービスへの乗り換えがしにくくなってしまう点もデメリットになるでしょう。

工事不要でネットをすぐに使いたい方はソフトバンクエアーもあり

ソフトバンクエアー※ソフトバンク公式サイトより

ソフトバンク光を利用するには基本的に開通工事が必要になるため、日程調整に時間がかかったり、工事の立ち合いといった手間がかかります。

そのため、面倒な工事に時間をかけず、すぐにインターネットを始めたい方にはソフトバンクエアーが有力候補です。

ソフトバンクエアーには、下記のような特徴があります。

  • 開通工事が不要
  • おうち割 光セットが組める(オプション加入不要)
  • 月額4,880円とソフトバンク光よりも割安

ソフトバンク光と同じくおうち割 光セットが使え、月額料金も割安になっているので、自宅ですぐにネットを使いたい方にはおすすめです。

ただ、2年間の定期契約となり、途中解約をした場合は9,500円の違約金が発生するので、モバイルWi-Fiのような一時的な固定回線の代用品としての使い方はおすすめできません。

また、通信速度は固定回線に比べると安定しないため、通信速度にこだわりがある方にはやはりソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光については以下で詳しく解説しています。
softbank光ソフトバンク光はどんなネット?評判のまとめと料金・サービスの評価

佐藤佐藤

NURO光が提供エリア外の場合は、全国での利用が可能でおうち割 光セットが組めるソフトバンク光がおすすめです。
ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

工事NGの人にはポケットWiFi最安級の「モンスターモバイル」がおすすめ

MONSTER MOBILE※モンスターモバイル公式サイトより

NURO光に限らず、住んでいる地域やマンションなどの集合住宅の事情によっては光回線の工事自体できないケースもあります。

光回線の工事が難しい場合、まっ先に検討すべきはポケットWiFiです。

ポケットWi-Fiは事業者が多数ありますが、本サイトで紹介するおすすめのポケットWiFiは業界最安クラスの「モンスターモバイル」(MONSTER MOBILE)になります。

モンスターモバイル
提供エリア全国
月額料金1年縛り:2,480~3,480円
縛りなし:2,980~3,980円
初期工事費なし
契約期間1年 or なし
解約金3,000~9,800円
※1年しばりの場合
スマホとのセット割なし
実施中のキャンペーンNTTグループカードの作成で、12ヶ月間500円割引

モンスターモバイルのメリット

モンスターモバイルのメリットをまとめてみました。

モンスターモバイルのメリット

  • 1年契約の有無が選べる
  • 容量不足時はチャージが可能

メリット1.1年契約の有無が選べる

モンスターモバイルの料金プランは、契約期間の縛り有りプランと無しプランが用意されていて、自分の利用目的に合わせて契約できます。

また、契約する容量も自身の利用頻度に合わせて選べます。

2GB/日3GB/日5GB/日
月間最大容量62GB93GB155GB
料金1年縛り:2,480円
縛りなし:2,980円
1年縛り:2,980円
縛りなし:3,480円
1年縛り:3,480円
縛りなし:3,980円
解約金1年目:9,800円
2年目以降:3,000円
※更新月は無料、縛りなしの場合は不要

両プランとも、1日あたり2GB、3GB、5GBの計3種類の容量プランがあります。

縛りなしプランに比べると、1年契約プランの方が月額500円お得に利用できるので、月々の料金を抑えたい方にとってはおすすめです。

逆に、長期利用を考えていない方には縛りなしのプランがベストでしょう。

メリット2.容量不足時はチャージが可能

ポケットWiFiはデータ容量の上限をオーバーすると速度制限が掛かってしまいます。

ですが、モンスターモバイルはデータ容量不足になった際に必要な容量だけチャージができるのが大きなメリットです。

チャージ容量料金有効期限
500MB(0.5GB)225円1日
1GB300円7日
3GB665円30日
7GB979円30日
30GB3,450円60日

データ容量は500MBからチャージが可能のため、『もう少しだけ使いたい!』といった方にも無駄になりません。

ただ、チャージしたデータ容量には有効期限があるので注意しましょう。

モバイルモンスターのデメリット

モバイルモンスターのデメリットにあたる注意点についても調査してみました。

モバイルモンスターのデメリット

  • データ容量の繰り越しができない
  • 光回線に比較すると速度が不安定

デメリット1.データ容量の繰り越しができない

スマホなどのデータ容量は、当月内に上限に満たなかった場合はデータ容量の繰り越しができるケースが多くあります。

しかし、モンスターモバイルは1日、または月間の最大容量は決まっていますが、使い切れなかった場合の繰り越しができません

1日ごとにデータ容量はリセットされてしまうため、人によっては『もったいないなぁ…』と感じてしまう可能性があります。

デメリット2.光回線と比較すると速度が不安定

モンスターモバイルに限らずポケットWiFi全般ではありますが、光回線に比べて通信速度が安定しない点は大きなデメリットと言えます。

ポケットWiFiは、お住いの地域や建物などの環境によって電波状況が大きく左右されます。

通常のネット検索程度であれば問題ありませんが、オンラインゲームや高画質動画の視聴など高速通信を必要とするサービスでは多少ストレスを感じてしまうかもしれません。

モンスターモバイルについては以下で詳しく解説しています。
業界最安級のモンスターモバイルってどうなの?評判やサービスを解説業界最安級のモンスターモバイルってどうなの?評判やサービスは?レビューも!

佐藤佐藤

光回線に比べて速度は劣りますが、持ち運びたいという人にはおすすめです。
MONSTER MOBILE 申し込みはコチラから
安さモンスター級!MONSTER MOBILE

西日本エリアでは各地域の電力系インターネット回線もおすすめ

西日本エリアにお住いの方であれば、NURO光の代替案として各地域の電力会社が提供している光回線もおすすめです。

各地域の電力会社が提供する光回線は、地域密着型のサービスとしてそれぞれ根強い人気があります。

割安な月額料金キャッシュバックキャンペーンなど、独自のサービス展開をしているため、お得度も大手キャリアの光回線に引けを取りません。

また、すべての電力会社の光回線はKDDIと提携しています。そのため、auユーザーであればauスマートバリューが使えるので1度検討して損はないでしょう。

佐藤佐藤

月額割引、10ギガサービス、セット割、キャンペーンなど、サービス内容はとても充実しているので是非チェックしてみてください。

まとめ

今回は、NURO光が提供エリアだった場合におすすめとなる光回線を様々な角度から紹介してきました。

解説してきた内容をまとめると、以下の通りになります。

料金や通信速度といったサービス面で選択するのも有効ですが、利用中の携帯キャリア、住んでいる地域を基準に検討するのも1つの手段でしょう。

この記事が、NURO光の代替案で検討している方の参考になれば幸いです。