安いと評判の@スマート光とenひかりの料金・工事費などを徹底比較!

安いと評判の@スマート光とenひかりの料金・工事費などを徹底比較!

@スマート光とenひかりは、業界最安値と言われる月額料金が魅力の光回線サービスです。

どちらもシンプルでわかりやすい料金体系が特徴で、キャンペーンやスマホとのセット割を適用しなくてもリーズナブルに利用ができますが、@スマート光とenひかりではどちらがおすすめなのでしょうか?

結論から申し上げると、@スマート光がおすすめです!では何故、@スマート光がおすすめなのか?

この記事では、@スマート光とenひかりの特徴や料金プランと口コミ、@スマート光とenひかりの比較や違い、@スマート光のメリット・デメリットについてご紹介します。これを読めば@スマート光がおすすめの理由が分かるでしょう。

@スマート光とenひかりを比較検討している人は、是非参考にしてみてくださいね。

※表記の価格は税込みです。

業界最安値の「@スマート光」とは?

@スマート光※@スマート光の公式サイトより引用

@スマート光は、株式会社NEXTが提供する光回線です。“お客様の声サービスを決めた”というシンプルでわかりやすい料金体系が特徴で、業界最安値とも言われています。

@スマート光ではv6プラス(IPv6 IPOE接続サービス)が月額無料で利用可能で、対応のルーターを用意すれば、より高速な通信が可能なIPv6サービスの利用ができるのも注目されているポイントです。

@スマート光にはフレッツ光のプロバイダタイプの契約形態もありますが、ここでは光コラボの@スマート光について特徴や料金、IPv6などのオプションサービス、@スマート光の評判についてご紹介します。

@スマート光の特徴

@スマート光はNTT東日本・西日本のフレッツ光と同じ回線設備を使った光コラボです。

戸建向けのホームタイプと集合住宅向けのマンションタイプがあり、回線速度は設備環境によって異なります。

回線速度の目安
10ギガ最大10Gbps
ギガ最大1Gbps
200M下り:最大200Mbps/上り:最大100Mbps
100M最大100Mbps

※記載の最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を保証するものではありません。

ホームタイプを新規で申し込む場合はギガまたは10ギガになります。マンションタイプを新規で申し込む場合、マンションが光配線方式の場合はギガタイプ、VDSL方式の場合は100Mタイプでの提供となります。物件によって光設備の導入状況や配線方式は異なります。

@スマート光の月額料金とオプションサービス

@スマート光の月額料金はプロバイダ料込みで、ホームタイプ・マンションタイプそれぞれで2種類あります。

ホームタイプマンションタイプ
月額料金格安プラン:4,400円
通常プラン:4,730円
格安プラン:3,300円
通常プラン:3,630円

光コラボの相場は、ホームタイプが5,720円、マンションタイプが4,400円ほどのため、どちらも相場より安い料金設定になっていて光コラボでは業界最安値になります。

また、@スマート光のオプションサービスには、電話サービスや映像サービスの他に、IPv6のオプションやWi-Fiルーターのレンタルがあります。

電話サービス「ひかり電話」はIPを利用した安価な電話サービスです。映像サービス「@スマート・テレビ」では、地上デジタル放送やBSデジタル放送を受信することができます。

v6プラス(IPv6 IPOE接続サービス)はIPv6に対応したオプションサービスで、v6プラス対応のホームゲートウェイもしくは、v6プラス対応のブロードバンドルーターを自身で用意すれば、IPv6を利用した高速通信が可能になります。

オプションサービスの月額料金
ひかり電話基本プラン:550円
@スマート・テレビ726円
v6プラス(IPv6 IPOE接続サービス)無料
Wi-Fiルーターレンタル(1ギガ対応無線LANルーター)ひかり電話あり:330円
ひかり電話なし:550円

@スマート光の初期費用

@スマート光の新規申し込みでかかる初期費用は、事務手数料と工事費です。

現在、@スマートスタートキャンペーンが行われていて、通常プランの場合は初期工事費が無料になっています。フレッツ光から転用や他の光コラボからの事業者変更といった、乗り換えの場合は工事費は発生しません。

初期費用
事務手数料新規・転用・事業者変更:3,300円
→ キャンペーンで無料
新規申し込みの初期工事費ホーム:19,800円 → キャンペーンで無料
マンション:16,500円 → キャンペーンで無料
※通常プランの場合
ひかり電話 初期費用新番号取得:2,200円 → キャンペーンで無料
番号継続:4,400円 → キャンペーンで無料
@スマート・テレビ 初期費用6,380円 → キャンペーンで無料

@スマート光の最低利用期間と解約金

@スマート光の最低利用期間は、開通月を1ヶ月目として24ヶ月間です。途中解約の場合は22,000円の解約違約金が請求されます。

光コラボは2年・3年の自動更新となっているケースが多く、更新月以外の解約時は解約金が請求されます。しかし、@スマート光には自動更新がなく、最低利用期間の24ヶ月以降であれば解約金は発生しません。

なお、この最低利用期間や解約金は新規申し込みの場合であり、フレッツ光からの転用や他の光コラボからの事業者変更の場合は設定されていません。

@スマート光の評判・口コミ

次に@スマート光の評判について見ていきたいと思いますが、回線速度、料金、カスタマーサポート面での評判・口コミが書き込まれています。

回線速度に関する口コミ

他の光回線から@スマート光に乗り換えた方で『安くなって速くなった!』という評判が目立ちます。

速度は設備状況によって異なりますが、実際に@スマート光を使っていて速いと感じている方は多いようです。

料金に関する口コミ

『サービス内容がシンプルで安い!』と書き込んでいる方も多く、@スマート光の安さには定評があることが分かりますね。

カスタマーサポートに関する口コミ

@スマート光の口コミや評判で目立つのは、カスタマーサポートの対応の良さです。申し込み後に対応が悪くなった、全く連絡が取れないなどのカスタマーサポートに対する悪い口コミがないのは、安心ポイントと言えますね。

@スマート光 徹底解説2安さトップクラスの@スマート光!料金・キャンペーン・評判を徹底解説

佐藤佐藤

@スマート光はサービス内容もシンブルで安く、実際にそういったことが口コミでもたくさん書き込まれています。

同じくトップクラスの安さ「enひかり」とは?

enひかり※enひかりの公式サイトより引用

enひかりとは、@スマート光と同じくシンプルで安い料金体系の光コラボで、契約期間や解約金がないため気軽に始められると人気のサービスです。

enひかりの特徴や料金、IPv6などのオプションサービス、enひかりの評判について見ていきましょう。

enひかりの特徴

enひかりも、NTT東日本・西日本のフレッツ光と同じ回線設備を利用した光コラボです。回線速度は最大1Gbpsの高速通信で、IPv6のプランも利用ができます。

契約期間の縛りがなく解約手数料も不要なのでいつでも解約できるという特徴があり、住居環境や引っ越しの問題で長期契約を躊躇してしまう人にはおすすめです。

また、日本国内で利用できるモバイルWi-Fiを3泊4日分無料で利用できるサービスがあります。1泊2日(1日390円〜)以上の申し込みをすると3泊4日がプレゼントされるので、旅行や出張の際に活用できるでしょう。

enひかりの月額料金とオプションサービス

enひかりの光コラボモデルの月額料金もプロバイダ料込みです。@スマート光と同様にホームタイプ、マンションタイプ共にシンプルな料金体系になっています。

ホームタイプマンションタイプ
enひかり4,620円3,520円

enひかりにも、ひかり電話やひかりテレビのオプションサービスがあります。また、次世代規格の通信サービス「v6プラス」の利用が可能で、IPv6対応の無線LAN機器やホームゲートウェイのレンタルも行っています。

オプションサービスの月額料金
enひかり電話550円
enひかりテレビ(フレッツ・テレビ)825円
enひかりv6プラス198円
enひかり固定IP770円
無線LAN機器などホームゲートウェイ:220円
ホームゲートウェイ(無線LAN付):330円

enひかりの初期費用

enひかりの初期費用は新規申し込みか転用・事業者変更で異なります。工事費用も申し込みタイプと住居の設備状況により変わるので注意が必要です。

また、工事費無料キャンペーンなども行われていません

初期費用
事務手数料新規:3,300円
転用・事業者変更:2,200円
初期工事費用2,200円〜16,500円
enひかり電話 初期費用1,100円〜2,200円
enひかりテレビ 初期費用3,300円〜33,110円

UQ mobile・ahamo・povoユーザー限定の「勝手に割り」

enひかりと、UQ mobile・ahamo・povoを一緒に利用することで、enひかりの月額料金が110円割引になる「勝手に割り」があります。

「勝手に割り」の詳細な適用条件は以下のとおりです。

  • enひかり契約者またはその家族の名義でUQ mobile・ahamo・povoの契約があり、enひかりカスタマーセンターに「勝手に割り」の申請をした人
  • enひかりカスタマーセンターからUQ mobile・ahamo・povoの契約が確認できる資料の提示を求められた場合に、都度対応できる人
  • UQ mobile・ahamo・povoのユーザーでなくなった場合、1ヶ月以内にenひかりカスタマーセンターに申し出すると約束できる人

UQ mobile・ahamo・povoを利用していてenひかりに申し込む場合は、月額料金が110円お得になる「勝手に割り」の申請をしましょう。

enひかりの評判

続いて、enひかりの回線速度、料金、カスタマーサポート面での評判を見ていきましょう。

回線速度に関する口コミ

実際にenひかりを使っていて、回線速度に満足している口コミです。

中には、『enひかりは回線速度が遅い』という口コミもいくつかありました。

料金に関する口コミ

enひかりはシンプルでわかりやすい料金体系なので、料金プランに関しては満足の口コミが多く見受けられました。

カスタマーサポートに関する口コミ

enひかりも@スマート光同様に、『対応が良い』という口コミが目立ちます。やはり、カスタマーサポートの対応の良さは、僕たち(ユーザー)からしたら嬉しいポイントですね。

これで分かる「enひかり」徹底解説安さトップクラスのenひかり!サービス・評判・キャンペーン等を徹底解説

佐藤佐藤

enひかりと@スマート光のサービスはほとんど変わりませんし、どちらもサポート対応はしっかりしているみたいですね。

@スマート光とenひかりの比較

光回線の中でもトップクラスの安さで提供している@スマート光とenひかりは、よく比較の対象になります。

そこで、@スマート光とenひかりの違いを比較してみましょう。

@スマート光enひかり
月額料金ホーム:4,730円
マンション:3,630円
ホーム:4,620円
マンション:3,520円
事務手数料新規・転用・事業者変更:3,300円
→ キャンペーンで無料
新規:3,300円
転用・事業者変更:2,200円
初期工事費用ホーム:19,800円
マンション:16,500円
→ キャンペーンで無料
2,200円〜16,500円
最低利用期間2年(自動更新なし)なし
解約金22,000円(2年後は0円)なし
IPv6プランv6プラス(IPv6 IPOE接続サービス):無料enひかりv6プラス:198円
スマホとのセット割UQ mobile・ahamo・povoユーザーは月額110円割引

※@スマート光は通常プランの場合

月額料金はホームタイプ・マンションタイプ共にenひかりの方が110円安いです。

初期工事費は@スマート光はキャンペーンで無料になり、enひかりは2,200円〜16,500円かかります。また、@スマート光は事務手数料も無料になるため、かなりお得に申し込めると言えます。

@スマート光は2年以内の解約時に解約金がかかりますが、長期で利用するなら工事費分がお得になり、IPv6のオプションも無料の@スマート光の方がおすすめですよ。

佐藤佐藤

月額料金はほぼ同じですが、初期工事費用は@スマート光の方が完全無料ですし、2年以上使うのであれば解約金の心配も不要なため、『@スマート光の方が断然お得!』と言えます。

enひかりと比較した場合の@スマート光のメリット・デメリット

ここでは、@スマート光とenひかりを比較した場合の、@スマート光のメリット・デメリットについてご紹介します。

enひかりと比較した場合の@スマート光のメリット

enひかりと比較した場合、@スマート光のメリットは以下のことが挙げられます。

enひかりと比較した場合の@スマート光のメリット

  • 初期工事費がキャンペーンで無料になる
  • 事務手数料もキャンペーンで無料になる
  • IPv6(v6プラス)が月額無料
  • カスタマーサポートの評判が良い

初期工事費や事務手数料がキャンペーンで無料になる

enひかりは初期工事費に対する割引がありませんが、@スマート光の通常プランはキャンペーンで初期工事費が無料になる点が大きなメリットです。

他社の光回線でも初期工事費が無料になるキャンペーンが行われていますが、解約時に工事費の未払い分が残っていると残債額として一括請求されるケースが多いです。

しかし、@スマート光はキャンペーンで完全無料になるため、解約時に残債額が請求されることなく、文字通り初期工事費無料で気軽に導入ができます。

また、事務手数料も無料になりますし、光電話や光テレビの初期工事費も無料になります。

IPv6(v6プラス)が月額無料

@スマート光では2021年7月から、IPv6接続の「v6プラス(IPv6 IPOE接続サービス)」が月額無料で使えるようになりました。

enひかりでは月額198円かかりオプションだけでも1年で約2,400円もしてしまうので、@スマート光の方がよりお得に使えます。

カスタマーサポートの評判が良い

口コミで見ていただいたように、@スマート光のカスタマーサポートはとても評判が良いです。

申し込みをした途端に連絡が遅くなった、開通まで時間がかかったなどの口コミがなく、『カスタマーサポートの対応が良かった!』という口コミが多い点は、@スマート光の大きな優位性と言えるでしょう。

enひかりと比較した場合の@スマート光のデメリット

反対に、enひかりと比較した場合、@スマート光のデメリットは以下の点が挙げられます。

enひかりと比較した場合の@スマート光のデメリット

  • 最低利用期間と解約金がある
  • スマホとのセット割がない

最低利用期間と解約金がある

enひかりには契約期間の縛りがなく解約違約金がないのに対し、@スマート光は最低利用期間が2年となっており、2年以内の解約時には22,000円の解約金がかかります。

2年おきの自動更新ではないので2年以上利用することを想定していれば問題ありませんが、引っ越しなどで2年以内に解約の可能性がある場合は@スマート光の解約金を想定しておく必要があるでしょう(2年を過ぎれば解約金はかかりません)。

スマホとのセット割がない

enひかりでは、UQ mobile・ahamo・povoユーザー向けの月額110円割引のサービス「勝手に割り」がありますが、@スマート光にはスマホとのセット割引がありません。同一事業者を利用することによるスマホとのセット割がない点は、@スマート光のデメリットの一つです。

佐藤佐藤

@スマート光にはメリットだけでなくデメリットもありますが、光回線を安くシンプルに使いたい人にはおすすめです。

@スマート光の申し込みは公式サイトがおすすめ

@スマート光は公式サイトから簡単に申し込みができます。キャンペーンの適用も簡単です。

申し込みの流れは以下のとおりです。

  1. 専用フォームから申し込み
  2. 工事日の確定
  3. 契約書類と設定機器の受け取り
  4. 開通工事の立会い
  5. PCなど周辺機器の接続と設定
  6. 利用開始

開通工事が終わったら、契約書類とマニュアルを見ながら自分でインターネット回線やWi-Fi接続の設定を行います。公式サイト上にマニュアルが公開されているので、簡単に設定することができますよ。

まとめ

今回は@スマート光とenひかりのサービス内容を比較してみましたが、いかがでしたでしょうか?

@スマート光は業界最安値の安い月額料金で光回線が利用できるサービスです。同じく安いと言われるenひかりも月額料金は安いですが、初期工事費が自己負担になってしまうため、初期工事費や事務手数料が無料になるキャンペーンを実施中の@スマート光の方がよりお得に始めることができますよ。

また、@スマート光はIPv6のサービス月額料金も無料ですので、手軽に高速なインターネット通信を楽しむことができるでしょう。