メガエッグの高額な解約金を安くする方法とおすすめの乗り換え先を解説

メガエッグ 解約金0円にする方法

インターネットを解約する時に、一番心配なのが解約金ではないでしょうか。

解約金が高額だと他の回線に乗り換えたくても躊躇してしまいますし、引越しでやむを得ず解約する時もできるだけ解約金は安く済ませたいですよね。

この記事では、メガエッグの解約にかかる解約金はどれくらいなのか、各種費用ごとに解説し、できるだけ解約金を安く済ませるための方法についてご紹介しています。

おすすめの乗り換え先もご紹介しているので、メガエッグの解約を考えている方は参考にしてみてください^^

メガエッグの解約金の種類は7つ

まず、一言で「メガエッグの解約金」と言ってもいくつか種類があり、全部で7種類あります。費用の名前は「解約金」ではなくても、解約に際して発生する可能性があるものです。

  • ネットの解約金
  • 工事費の残債
  • 契約事務手数料の残債
  • ネットの撤去費用
  • 光電話の初期費用の残債
  • 光テレビの解約金
  • 光テレビの撤去費用

たくさんありますね^^;

それぞれの費用は金額や安く済ませる方法が異なるので、一つ一つ見ていきましょう。

ネットの解約金

メガエッグのネットは3年契約で、解約するタイミングによって次の解約金がかかります。

ホームマンションホームライト
1年目30,000円7,000円12,000円
2年目20,000円5,000円8,000円
3年目10,000円3,000円4,000円
4年目30,000円7,000円12,000円
5年目20,000円5,000円8,000円
6年目10,000円3,000円4,000円
7年目以降10,000円3,000円4,000円

特に1年目と4年目は契約期間の始まりの年で解約金が高いので、できればここは避けたいですね。

更新期間に解約すれば解約金はかからない

メガエッグを解約すると、必ず解約金が発生するわけではありません。メガエッグは3年単位の契約なので、3年に一度無料で解約できるタイミングがやってきます。その期間を「更新期間」と言います。

メガエッグの更新期間は「更新日(契約満了日の翌日)から60日間までの間」で、この期間なら無料で解約できます。解約金と更新月のイメージ

例)2020年4月~2023年3月までの契約の場合
更新期間は2023年4月1日から60日間で、この期間にメガエッグを解約すると解約金はかからない。

ネットの解約金は更新期間に解約すれば無料にできるということですね。

ICHITANI

工事費の残債

工事費は、ホームタイプとマンションタイプの光配線方式の場合は35,000円、マンションのVDSL方式・LAN方式の場合は21,000円ですが、35回の分割払いにしている場合は毎月分割払いと同額が割引されるので実質無料です。

実質無料になっているのでいつ解約しても大丈夫だと思いがちですが、35ヶ月間は工事費の支払い期間で、35ヶ月以内に解約すると工事費の残債を支払わなければいけません。下はホームタイプの工事費(1,000円の35回払い)の残債を表で説明したものです。

請求額割引額支払い残債
1ヶ月目1,000円-1,000円0円34,000円
2ヶ月目1,000円-1,000円0円33,000円
34ヶ月目1,000円-1,000円0円1,000円
35ヶ月目1,000円-1,000円0円0円

毎月の支払額は0円ですが、工事費の残債は35ヶ月目で支払いが終わるまでしっかり残っているんです。

工事費の残債は、メガエッグを35ヶ月間利用すると完全に無料になります。

ICHITANI

まとめると、工事費の残債の計算方法は次のようになります。

工事費の残債
ホーム1,000円×(35-利用月数)
マンション光配線方式
VDSL・LAN方式600円×(35-利用月数)

例)ホームタイプでメガエッグを2年で解約する場合
 (35-24)×1,000円=11,000円を支払う

契約事務手数料の残債

メガエッグを契約する時に支払う初期費用として「契約事務手数料(3,000円)」があります。契約事務手数料は一括で支払うこともできますが、35回の分割払い(80円×34ヶ月+280円)で実質無料にしている場合、35ヶ月以内にメガエッグを解約すると残債を支払わなければいけません。

契約事務手数料も工事費と同じく、毎月分割払いと同額が割引されて実質無料になります。

請求額割引額支払い残債
1ヶ月目80円-80円0円2,920円
2ヶ月目80円-80円0円2,840円
34ヶ月目80円-80円0円280円
35ヶ月目280円-280円0円0円

メガエッグを35ヶ月間使った時点で、残債は0円になっていますね。

なので、契約事務手数料の残債の計算式は次のようになります。

契約事務手数料の残債80円×(34-利用月数)+280円

例)2年でメガエッグ解約する場合
(34-24)×80円+280円=1,080円を支払う

契約事務手数料の残債は、メガエッグを35ヶ月間以上利用すれば完全に無料にになります。

ICHITANI

ネットの撤去費用

ネットの撤去費用は、撤去工事の内容によってはかかる場合もありますが、かからない場合もあります。

ネット撤去工事費10,000円

例えば、回線撤去後の建物(屋内・屋外共に)の原状復帰が必要な場合は、撤去工事費がかかります。

ネットの撤去費用は必ずかかるわけではなく、撤去工事の内容によるという感じですね。

ICHITANI

光電話の初期費用の残債

光電話の初期費用は3,000円ですが、35回の分割払い(80円×34ヶ月+280円)で実質無料にしている場合、メガエッグを35ヶ月以内に解約すると残債を支払わなければいけません。

光電話の初期費用の残債は先ほどお伝えした契約事務手数料の残債と金額も全く同じで、計算式は次のようになります。

光電話の初期費用の残債80円×(34-利用月数)+280円
光電話の初期費用の残債は、メガエッグを35ヶ月間以上利用すれば無料にできます。

ICHITANI

光テレビの解約金

メガエッグの光テレビは最低利用期間1年なので、1年以内に光テレビを解約すると次の解約金がかかります。

地デジ・BSコース1,500円×(12-利用月数)
コンパクトコース・Cコース・Aコース・Sコース2,000円×(12-利用月数)

解約金は地デジ・BSコースとその他のコースで金額が異なります。

例)地デジ・BSコースで半年でメガエッグを解約する場合
1,500円×(12-6)=9,000円

光テレビの解約金は、1年以上光テレビを使えば発生しません。

光テレビの解約金は、光テレビを1年以上利用すれば無料にできるということですね。

ICHITANI

光テレビの撤去費用

メガエッグの光テレビを解約する時は、「放送用設備撤去工事」といういわゆる光テレビの撤去工事費がかかります。

光テレビ撤去工事費9,000円

光テレビ撤去工事費はメガエッグを解約すると必ず発生する費用です。残念ながら光テレビ撤去工事費の支払いは避けられません。

また、地デジ・BSコース以外でチューナーをレンタルしている場合は、1台につき撤去工事費が3,000円かかります。

メガエッグの解約金は0円にできる?

一通りの解約金の項目について見てきましたが、それぞれの解約金を0円にする方法についてまとめると次のようになります。

  支払い金額0円にする方法
ネットの解約金プランと解約時期による更新期間に解約する
工事費の残債1,000円×(35-利用月数)
or
600円×(35-利用月数)
35ヶ月利用する
契約事務手数料の残債80円×(34-利用月数)+280円35ヶ月利用する
ネット
撤去費用10,000円場合による 
光電話初期費用の残債80円×(34-利用月数)+280円
35ヶ月利用する
光テレビ
解約金1,500円×(12-利用月数)
or
2,000円×(12-利用月数)
1年利用する
光テレビ撤去工事費9,000円必ず発生 

ネットの撤去費用と光テレビの撤去工事費以外は、基本的にメガエッグを3年(35ヶ月)利用すれば支払いを避けられます。なので、契約期間である3年は使うようにしたいですね。

ネットの撤去費用は撤去工事の内容によるので何とも言えませんが、光テレビを利用している人は設備の撤去工事に9,000円はかかってしまうので覚えておきましょう。また、地デジ・BSコース以外でチューナーをレンタルしている場合は追加で3,000円がかかります。

メガエッグの解約金が安くなる!おすすめの乗り換え先をご紹介

メガエッグの解約金は3年利用すればほとんどの費用の支払いを避けられますが、急な引っ越しや転勤などで解約のタイミングをうまく調整できない人もいると思います。解約のタイミングを調整できないと高額な解約金がかかる可能性がありますが、そんな時の解決法としてご紹介したいのが次の2つの方法です。

  • 解約金を負担してくれるインターネットに乗り換える
  • 申し込みの時のキャッシュバックが高額なネットに乗り換える

インターネットによっては乗り換えキャンペーンを実施していて、他社のネットの解約時に発生した解約金を負担してくれます。また、申し込みの時のキャッシュバックが高額なネットに乗り換えれば、メガエッグの解約金をキャッシュバックから捻出することができるんです。

そこでおすすめのインターネットを2つご紹介したいと思います。

解約金を10万円まで還元してくれる「ソフトバンク光」

※ソフトバンク光公式より

ソフトバンク光では、他社のネットを解約する時に発生した解約金を最大10万円まで負担してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施しています。最大10万円なら、万が一メガエッグの解約金が5万円を超えるようなことがあっても安心です。また、解約金の還元に加えて、代理店経由で申し込むことで33,000円のキャッシュバックがもらえます。

戸建てマンション
提供エリア全国
回線速度1ギガ
月額料金5,200円
※5年契約で4,500~4,700円
3,800円
契約事務手数料3,000円
工事費9,600~24,000円
※乗り換えの場合は無料
2,000~24,000円
※乗り換えの場合は無料
契約期間2年(自動更新)
解約金9,500円
スマホ割ソフトバンク(おうち割 光セット

メガエッグはauスマホとのセット割がありますが、ソフトバンク光はソフトバンク(またはワイモバイル)とのセット割である「おうち割 光セット」があります。毎月スマホ代が500~1,000円割引になり、家族(同居かどうかは問わない)からシェアハウス仲間まで割引対象は幅広いです。

戸建ての場合は、5年契約+光テレビの契約をすることで月額料金を安くすることができます。工事費は他社のネットからの乗り換えの場合は無料です。

契約は2年の自動更新で、契約満了月(24ヶ月目)以外の解約には解約金として9,500円がかかります。契約満了月に解約すれば、解約金は無料です。

ソフトバンク光は光コラボでよくある「速度が遅い」という口コミが多いですが、IPv6を使うことで速度が改善するケースが多いです。

→ソフトバンク光はどんなネット?評判を検証し料金・サービスを評価!

  • ソフトバンク光のメリット
    ・乗り換えの際に違約金を10万円まで負担してくれる
    ・代理店で申し込むとキャッシュバックが高額
    ・開通前に無料でWi-Fiを借りられる
  • ソフトバンク光のデメリット
    ・auスマホとのセット割がない

高額キャッシュバックがもらえる「auひかり」

※auひかり公式HPより

auひかりは代理店経由で申し込むことで最大52,000円の高額キャッシュバックがもらえる珍しい回線です。マンションタイプの場合は最大47,000円のキャッシュバックですが、メガエッグの解約金をかなりカバーしてくれます。なお、キャッシュバックをもらうためには、代理店でauひかりを申し込み、プロバイダにBIGLOBEかSo-netを選びましょう。

戸建てマンション
提供エリア全国
※東海(静岡・岐阜・愛知)、中部(長野)、関西(滋賀・三重・和歌山・京都・奈良・大阪・兵庫)の戸建てと沖縄はエリア外
回線速度1ギガ
月額料金4,900~5,100円3,400~5,000円
契約事務手数料3,000円
工事費37,500円光電話加入で実質無料30,000円実質無料
契約期間3年(自動更新)2年(自動更新)
解約金15,000円7,000円
スマホ割au(auスマートバリュー

auひかりにも乗り換えキャンペーン(新スタートサポート)がありますが、残念ながらメガエッグは対象外なので代理店でキャッシュバックをもらうのがおすすめです。

月額料金は戸建ては1年目は5,100円、2年目は5,000円、3年目以降は4,900円で、マンションは建物によって月額料金が異なります。

工事費は戸建ては625円の60回払い、マンションは1,250円の24回払いですが、毎月同額の割引が入るので実質無料になります。ただ、工事費の分割払いの途中でauひかりを解約すると、工事費の残債を請求されるので気をつけましょう。

デメリットは地デジが見れないことと解約時の戸建ての撤去費用が28,800円と高いことです。

→光コラボと料金・速度等を徹底比較し「auひかり」の全貌に迫ります!

  • auひかりのメリット
    ・プロバイダが4社から選べる
    ・キャッシュバックが高額
  • auひかりのデメリット
    ・地デジが見れない
    ・戸建ての解約時の撤去費用が高い(28,800円)
\最大52,000円キャッシュバック!/

auひかりのお得なキャンペーンサイトはこちら

メガエッグの解約方法

メガエッグの解約で、電話で受け付けています。次のダイヤルに電話して、解約したい旨を伝えましょう。

メガ・エッグ お客さまセンター
0120-50-58-98

10:00~19:00(年中無休)※携帯電話・PHSも可

まとめ

メガエッグの解約金について解説してきましたが、いかがでしたか?

メガエッグの解約時に発生する費用は全部で7種類あり、そのほとんどがメガエッグを35ヶ月利用することで支払いを避けられます。

光テレビの撤去費用は解約時に必ず発生してしまうので覚えておきましょう。

メガエッグの解約のタイミングをうまく調整できれば解約金は安く済ませることができますが、うまく調整できない場合は高額な解約金が発生する可能性があります。そのような場合は、ソフトバンク光のように違約金還元キャンペーンを実施している回線や、auひかりのように申し込み時のキャッシュバックが高額な回線を選ぶといいでしょう。

メガエッグの解約金を安く抑えるために、この記事が参考になれば嬉しいです^^