NULL

メガエッグの工事費は高い?工事費無料の仕組みも徹底解説!

メガエッグの工事費は高い?工事費無料の仕組みも徹底解説!

インターネットを契約する時、高額な工事費がかかるのではないかと気になる人は多いのではないでしょうか。

契約先のインターネットの工事費がキャンペーンで無料になったり、負担が軽くなるようなサービスを実施していると嬉しいですよね。

メガエッグの工事費はキャンペーンで実質無料になりますが、完全に無料になるには条件があります。条件を満たしていないと工事費を支払うことになるので、今回はその仕組みについて徹底解説していきたいと思います。

今回は、メガエッグの工事費、工事費実質無料の仕組み、注意点などを解説していきますよ。それでは、早速行ってみましょう^^

ICHITANIICHITANI

メガエッグの工事費は基本的には全員に発生する

メガエッグのネットを使うためには、光ファイバーを宅内や室内に引き込む開通工事が必要です。開通工事で光ファイバーケーブルを室内まで引き込み、ONU(回線終端装置)を設置し、パソコンとONUを繋いで初めてインターネットが使えるようになります。

フレッツ光や光コラボなどでは、賃貸マンションの契約の際に前の住人がインターネットを残して退去していると、大がかりな工事なしでネットを使えようになる場合があります。これを「無派遣工事」と言います。

ですが、メガエッグの場合は前の住人がネットを残していたとしても、「無派遣工事」になることはありません。なので、メガエッグを申し込むと基本的には工事費が発生すると考えておきましょう。

メガエッグはフレッツ光からの転用はできない

フレッツ光を使っている人がソフトバンク光やドコモ光などの光コラボレーション(以下光コラボ)の回線に乗り換えると、「転用」という簡単な手続きだけで工事をせずに乗り換えができます。フレッツ光や光コラボの回線は回線自体はフレッツ光と同じなので、回線設備をそのまま流用できるからです。

メガエッグもフレッツ光から転用できないのかな?と考えている方もいるかもしれませんが、メガエッグの回線とフレッツ光の回線は全く別物なので転用はできません。

メガエッグの工事費は高い?

では、メガエッグの工事費はどのくらいかかるのか見ていきましょう。

戸建てタイプの工事費

工事費35,000円
分割払い1,000円×35ヶ月

戸建てタイプの工事費は一律で35,000円となかなか高いです。分割払いも可能で、1,000円の35回払いにできます。

マンションタイプの工事費

光配線方式VDSL・LAN方式
工事費35,000円21,000円
分割払い1,000円×35ヶ月600円×35ヶ月

マンションやアパートの集合住宅の場合は、建物の配線方式によって工事費は異なります。光配線方式の場合は35,000円、VDSL・LAN方式の場合は21,000円です。

ギガ太郎ギガ太郎

「光配線方式」「VDSL方式」「LAN方式」?何それ?

マンションでインターネットを使うためには、電柱から建物の共有スペースまで光ケーブルを引き込み、さらに共有スペースから各部屋に光ケーブルを引き込む工事が必要です。

光配線方式では、引き込むのは最初から最後まで光ケーブルです。VDSL方式は、マンションの共用スペースまでは光ケーブル、共用スペースから各部屋までは電話回線を引き込みます。LAN方式は、マンションの共用スペースまでは光ケーブル、共用スペースから各部屋まではLANケーブルを引き込みます。

マンションの共用スペースから各部屋までどのケーブルを使うかによって、配線方式が決まるのね。

メガ美メガ美

ICHITANIICHITANI

配線方式は建物によって決まっているので、自分で選ぶことはできません。お住まいの建物がどの配線方式なのかは、メガエッグの公式サイトや代理店の窓口で教えてもらえますよ。

メガエッグの工事費はキャンペーンで実質無料!

※メガエッグ公式HPより

メガエッグの工事費は戸建ては35,000円、マンションは35,000円または21,000円がかかります。結構高いですが、工事費は規加入割引で実質無料になるのでご安心ください。つまり、新規でメガエッグを申し込む人は、工事費の実質的な負担はゼロになるんです。

ギガ太郎ギガ太郎

え、無料になるの?よかった!
ただ、「実質無料」は普通の「無料」とはちょっと違いますけどね。

ICHITANIICHITANI

例えば、戸建てタイプの場合の工事費は35,000円で、分割払いだと1,000円の35回払いです。ですが、キャンペーンにより毎月1,000円の割引が入ります。すると、工事費は割引で相殺されて毎月の支払い額は0円になります。表にするとこんな感じです。

分割払いの工事費割引支払い額
開通月
1ヶ月目1,000円-1,000円0円
2ヶ月目1,000円-1,000円0円
3ヶ月目1,000円-1,000円0円
3ヶ月目1,000円-1,000円0円
35ヶ月目1,000円-1,000円0円
36ヶ月目

ちなみに開通月は工事費はかからないので、開通月の翌月から工事費は発生します。

上記のように、一応請求書には載ってくるけど支払いは無料になる。これが実質無料の仕組みです。

ギガ太郎ギガ太郎

「実質無料」でも「無料」でも、タダになるなら助かるよ。

注意!メガエッグを36ヶ月以内に解約すると工事費の残債が発生

ただし、「工事費実質無料」には落とし穴と言うべき注意点があるんです。これはメガエッグに限らず他のインターネット回線でも同様なので、ここで覚えておきましょう。

注意点とは、メガエッグを開通翌月から35ヶ月以内に解約すると工事費の残債を一括で支払わなければならない、ということ。

どういうことなの?

メガ美メガ美

メガエッグを使い続けているうちは毎月工事費は実質無料になりますが、解約するなら残りの工事費を支払う必要があるということです。工事費は開通の翌月から35ヶ月の分割払いなので、分割払いの途中でメガエッグを解約すると、工事費の未払い分が発生してしまうんですね。

表にまとめるとこんな感じです。

分割払いの工事費割引請求額工事費の残債
開通月
1ヶ月目1,000円-1,000円0円34,000円
2ヶ月目1,000円-1,000円0円33,000円
3ヶ月目1,000円-1,000円0円32,000円
34ヶ月目1,000円-1,000円0円1,000円
35ヶ月目1,000円-1,000円0円0円

工事費を毎月支払う度に、工事費の残債が減っていっているのが分かりますよね。そして開通翌月から35ヶ月目に分割払いが終わり残債がゼロになります。

例えば、メガエッグを開通翌月から24ヶ月間使って解約する場合は、
(35-24)×1,000=11,000円の工事費の残債を支払う、ということです。

ギガ太郎ギガ太郎

メガエッグを35ヶ月間使って初めて「完全に無料」になるということなんだね。
開通翌月から数えて35ヶ月なので、開通月を含めると36ヶ月ですね。「工事費実質無料」とは、「工事費は無料にするから、メガエッグを3年(36ヶ月間)は使ってね」という意味なんですよ。

ICHITANIICHITANI

メガ美メガ美

どうしてこのような仕組みにしているのかしら?

メガエッグとしては、ユーザーにはメガエッグの回線を長く使ってもらいたいので、このような措置をするわけです。大抵のユーザーは、工事費の支払いが終わるまでは解約しないで使い続けるものなので。

ユーザーとしても工事費が無料になるのはありがたいですから、3年間は継続利用して工事費の残債をゼロにしたいところですね。

メガエッグの光電話の工事費も実質無料!

ネットに加えて光電話も利用する場合、光電話の工事費として3,000円がかかります。ですが、光電話の工事費も新規加入割引で実質無料になります。

光電話工事費3,000円
分割払い80円×34ヶ月+280円

光電話の工事費は3,000円で、分割払いの35回払いも可能です。分割払いの内訳は、34ヶ月間は毎月80円、最終月の35ヶ月目は280円です。これもネットの工事費と同じように実質無料なので、34ヶ月間は毎月80円が、最終月は280円が割引になり実際の支払いはゼロになります。

実質無料だから、これもメガエッグを3年間使えば完全に無料になるのね?

メガ美メガ美

ICHITANIICHITANI

その通りです。

光電話の工事費もネットの工事費と同様に、メガエッグを3年間使えば完全に無料になります。3年以内に解約すると、残りの未払い分の残債を一括で支払う必要があります。

メガエッグの光テレビの工事費は大幅割引!

さらに光テレビもまとめて契約する人は、光テレビの工事費もかかります。ですが、5つあるコースのうち、「コンパクトコース」「Cコース」「Aコース」「Sコース」を申し込む場合は、工事費は35,000円割引になります。

工事費
地デジ・BSコース45,000円
コンパクトコース45,000円
→10,000円
Cコース
Aコース
Sコース

ギガ太郎ギガ太郎

35,000円も割引になるの!?すごいね!

地デジとBSが見られればいいという「地デジ・BSコース」の方は実費になってしまいますが、他のコースの方はとてもお得ですね。

なお、メガエッグの光テレビは最低利用期間1年です。1年以内に解約すると解約金が発生してしまいます。ただ、工事費の残債を無料にするために3年使うのであれば、1年で解約する心配はほとんどないと言えるでしょう。

メガエッグを3年以内に解約すると解約金がかかる

メガエッグを3年以内に解約するとネットの工事費と光電話の工事費の残債が発生してしまいますが、もう1つ気をつけたいのが解約金です。

メガエッグは3年契約で、無料で解約できる更新月は3年に1度しか回ってきません。つまり、メガエッグを利用開始してから1年や2年で解約すると解約金が発生してしまうんです。

ギガ太郎ギガ太郎

解約金の存在、忘れてたよ…。
解約金を無料にするためにはネットは更新月に解約する、というのが鉄則だったわね。

メガ美メガ美

メガエッグの更新期間は、契約満了日の翌日から60日間までの間です。36ヶ月間の契約が完了したあとの、37ヶ月目と38ヶ月目に解約すれば解約金は発生しません。こんなイメージです↓工事費の残債と解約金のことを考えると、3年はメガエッグを使うようにしたいですね。特に近い将来メガエッグが使えないエリアに引っ越しを予定している方は注意しましょう。現住所にしばらく定住する予定、という方は気にしなくてもOKです。

メガエッグの引っ越しの工事費も無料!

メガエッグを利用中に転勤などで引っ越しが決まった場合、引っ越し先がメガエッグのエリア内なら「移転」という手続きをすることで引き続きメガエッグを利用できます。

引っ越し先でもメガエッグのネットを利用するにはまた工事が必要になりますが、引っ越し先での工事費はキャンペーンで無料になります。

光電話またはIPフォンを引っ越し先でも使う場合は移転工事費として2,000円がかかりますが、「移転」をすると解約金も発生せず工事費が無料になるのがメリットです。

引っ越し先がメガエッグの提供エリア外の場合は、残念ながら解約することになります。

メガエッグは引っ越しできる?お得なキャンペーンや手続き方法を解説メガエッグは引っ越しできる?お得なキャンペーンや手続き方法を解説

まとめ

いかがでしたか?

基本的にメガエッグを使うためには光ファイバーを宅内・室内に引き込むための開通工事が必要です。

工事をすれば工事費もかかり、戸建てタイプは35,000円、マンションタイプは35,000円または21,000円となかなか高額です。

ですが、新規加入割引で工事費は実質無料になります。実質無料とは、メガエッグを36ヶ月間使えば工事費は完全に無料にするという意味なので、3年はメガエッグを使いたいところです。

また、光電話の工事費も同じ仕組みで実質無料なので、36ヶ月間は使うようにしましょう。

3年(36ヶ月)以内の解約には解約金もかかるため、メガエッグは最低3年使うつもりで契約するのがおすすめです。

メガエッグの契約を検討している人にとって、この記事が参考になれば嬉しいです^^

興味がある方は、次の記事も読んでみてください。

↓メガエッグの評判やメリット・デメリットを知りたい方はこちら

メガエッグの評判は本当?中国地方で人気のメガエッグの評判は本当?料金・サービスも評価!

↓メガエッグのお得な申し込み窓口を知りたい方はこちら

メガエッグ キャッシュバックとランキング失敗しないメガエッグのキャッシュバック窓口の選び方と窓口ランキング!