NULL

メガエッグでWi-Fiを使うにはどのルーターがいいのか徹底解説!

メガエッグ 最強のルーターはこれ

自宅でインターネットを使う時、ほとんどの方がスマホでWi-Fi接続をしていますよね。あるいは、複数台のパソコンをネットに接続している場合は、パソコンでWi-Fiを使っている方もいると思います。

Wi-Fi接続をする時に欠かせないのがルーターです。メガエッグのネットでWi-Fiを使うためには、ルーターは有料なのか無料なのか、自前で用意するべきなのかよく分からない方も多いでしょう。

そこでこの記事では、メガエッグでルーターを使う方法、IPv6接続する方法、Wi-Fiが不安定な時の対処法について解説していきます。

メガエッグのルーターについて詳しく知りたい方は参考にしてみてください^^

メガエッグでは無線LANルーターをレンタルできる

インターネットの接続方法には、LANケーブルを使って機器を接続する有線接続と、LANケーブルを使わずに無線LANルーターを介して機器を接続する無線接続(Wi-fi)の2つがあります。

使い方としては、家庭にある1台目のパソコンを有線接続し、2台目以降のパソコンやスマホは無線(Wi-Fi)で接続するのが一般的です。なので、複数台のパソコンやスマホでネットを使うためには、無線LANルーターが必要になってきます。

メガエッグでは、月額500円で無線LANルーターを貸し出しています。メガエッグからレンタルできる無線LANルーターは光電話用のルーターでもあるため、光電話を契約する人はレンタル代は無料です。

無線LANルーター代
ネットのみの契約月額500円
ネット+光電話の契約無料

メガエッグでレンタルできるルーターとは?

メガエッグが提供している無線LANルーターは「光電話ルータ(VA)」と呼ばれるもので、名前の通り光電話を使う上で欠かせないルーターです。このルーターは無線LANを内蔵しているため、光電話用のルーターとしてだけでなく無線LANルーターとしても機能します。

※光電話ルーター(VA)(公式HPより)
 Aterm WH832A
メーカーNEC
最大通信速度(無線接続)最大867Mbps
無線LAN規格
IEEE 802.11b/g/n/a/ac
周波数帯
2.4GHz帯/5GHz帯

スペックは上記の通りですが、無線接続で最大800Mbps以上あるのでストレスなくネットを楽しむことができそうです。さらに無線の規格は「IEEE802.11ac」にも対応しているので、速度の面は安心ですね。

「光電話ルーター(VA)」はメガエッグの光電話を契約すると自動的にレンタル(月額500円)することになるので、光電話を利用する人にとっては無線LANルーター代はタダのようなものです。

配線のイメージ

配線のイメージはこんな感じです。

開通工事で回線接続装置(マンションでVDSLタイプの場合はVDSLモデム)が室内に設置されるので、ルーターをLANケーブルで接続します。また、ルーターとパソコンもLANケーブルで繋ぎます。

光電話も契約している場合は、上記に加えてルーターと光電話をLANケーブルで繋ぎます。

回線接続装置とパソコンの間にメガエッグのルーターを一つ挟むだけで、有線でも無線でもネットが使えるようになります。

詳しい接続方法についてはメガエッグの「インターネット接続ガイド」をご覧ください。

Wi-Fiを使うには端末の設定も必要

Wi-Fiを使うためには、ルーターを接続するだけではなく、パソコンやスマホなどのWi-fiを使いたい端末でも設定をする必要があります。

メガエッグのルーターの設定方法は、端末のWi-Fi設定画面から「SSID」を選択し「暗号化キー」を入力するだけです。
 ※「SSID」と「暗号化キー」は光電話ルータ(VA)に貼られているラベルに書かれています。

※メガエッグ公式HPより

メガエッグのルーターは市販ルーターで代用できる

光電話を契約している場合は無線LANは無料でついてくるようなものなのでいいのですが、光電話を契約していない場合は、メガエッグからルーターを月額500円でレンタルするか、市販ルーターを自前で用意するかのどちらかになります。

メガエッグのルーターと市販ルーターの料金・スペックを比較してみるとこんな感じになります。

 光電話ルータ(VA)Baffalo製
WSR-2533DHPL
料金
月額500円7,480円
※Amazonの場合
最大通信速度有線1Gbps1.7Gbps
無線867Mbps800Mbps
通信規格IEEE 802.11b/g/n/a/ac

メガエッグから無線LANルーターをレンタルすると年間で6,000円もかかってしまうので、長期的に見ると自分で購入した方が安上がりです。

市販ルーターはBuffaloやNEC、ELECOM、ASUS、I・O DATAなどのメーカーから出ていて、家電量販店やAmazonなどでも購入可能です。無線の速度は個人的には最大800Mbpsは欲しいところですね。

おすすめの無線LANルーターについては次の記事でも解説しています。

【2020年最新】無線LANルーターを買うならどれがおすすめ?【2020年最新】無線LANルーターを買うならどれがおすすめ?

配線のイメージ

市販ルーターになったからといって、特に複雑な設定が必要になるわけではありません。

メガエッグの回線接続装置(マンションでVDSLタイプの場合はVDSLモデム)と市販ルーターをLANケーブルで接続し、市販ルーターとパソコンをLANケーブルで繋ぎます。

 

メガエッグのルーターが市販ルーターに替わっただけですね。

メガエッグからレンタルしているルーターは、配線するだけで設定は完了しますが、市販ルーターの場合は「PPPoE設定」が必要です。設定方法については各メーカーによって異なるので、市販ルーターの取扱説明書を確認してみましょう。「PPPoE設定 〇〇〇〇(ルーターの型番)」で検索すると出てくる場合もあるみたいですよ。

Wi-Fiを使うには端末の設定も必要

Wi-Fiを使うためには、ルーターを接続するだけではなく、パソコンやスマホなどのWi-fiを使いたい端末でも設定をする必要があります。

市販のルーターを使う場合は機器によって異なるため、付属の取扱説明書で確認しましょう。

設定時は、登録内容確認書を見ながら次の項目を入力します。

接続先ユーザー名: 認証ID
接続先パスワード : 認証パスワード

メガエッグのルーターはIPv6にも対応

混雑回避の接続方式「IPv6」。みなさんも一度が聞いたことがあるかもしれませんが、最近は「〇〇の回線ではIPv6は使えるのか」という風にユーザー側のIPv6に対する需要も高まっています。

IPv6を初めて聞く方のために補足すると、IPv6はインターネットに接続する時の方式のことで、従来のIPv4よりも混雑していないルートを通ってネットに接続できます。IPv6を使うと体感的に「速度が速くなった」と感じるため、速度を速くするためのツールのようなイメージがあります。

IPv4 IPv6 比較

メガエッグでもIPv6を利用できますし、メガエッグの光電話ルータ(VA)はIPv6に標準対応しているため、特に手続きや設定などがなくてもIPv6を使えます。

ただし、光電話ルータ(VA)の有線タイプの場合はIPv6サービスを利用できません。2020年2月現在、有線タイプは受け付け終了しているので、今後メガエッグを契約する方は無線タイプとなりIPv6は標準対応になります。

メガエッグのIPv6は市販ルーターでも代用できる

メガエッグのニュースリリース(平成26年7月17日)で公開されていた情報によると、メガエッグのIPv6は市販ルーターでは利用できないということになっています。

メガエッグ光電話ルーター(有線タイプ)または市販のルータをご利用の場合や、パソコンを直接回線接続装置に接続している場合はIPv6サービスをご利用いただけません。

出典:光インターネット接続サービス「メガ・エッグ」におけるIPv6サービス提供開始

ですが、メガエッグに問い合わせてみたところ、メガエッグの光電話ルーター(VA)でなく市販のIPv6対応ルーターでもメガエッグのIPv6を利用できるという回答でした。ただし、どの機種がメガエッグのIPv6に対応しているかどうかまでは分からなかったので、気になる人は公式サイトに問い合わせてみてください。

結局、メガエッグの無線LANルーターは何を使えばいいの?

メガエッグの無線LANルーターは光電話を契約すると自動的にレンタルすることになるため、光電話を契約する人は素直にレンタルのルーターを使うのがおすすめです。設定も市販のルーターよりも簡単なので、初心者の方も安心して使えます。

光電話の契約をしない人は月額500円かかるので、メガエッグの無線LANルーターを使うのは長期的に見ると割高です。IPv6を使わない人は、Amazonや家電量販店で良さそうなものを購入するのがおすすめです。IPv6を使う場合は市販ルーターを購入してもいいですが、どの機種ならメガエッグのIPv6に対応しているのかメガエッグに確認してから購入するようにしましょう。

推奨
光電話ありメガエッグのルーター
光電話なしIPv6使用なし市販ルーター
IPv6使用ありメガエッグのIPv6に対応している市販ルーターを確認の上購入

あまりネットに詳しくなくて無線LANルーターの設定もできる自信がない、無線LANルーターを使うのは初めてで不安、という方は、ひとまずメガエッグからルーターをレンタルし、慣れてきた頃に市販ルーターを検討してもいいと思いますよ。

Wi-Fiが不安定な時の対処法

Wi-Fiを使ってインターネットに接続している時、接続が不安定になるといった不具合が発生することがありますよね。そんな時におすすめの対処法をいくつかご紹介します。

ご紹介する方法は3つ。

  1. ル―ターを再起動してみる
  2. 周波数帯を切り替えてみる
  3. 無線LANルーターの設置場所を変えてみる

一つ一つ見ていきましょう

対処法1.ル―ターを再起動してみる

いつもよりもWi-fiが不安定、というようにルーターに一時的な不具合が発生している時は、ルーターを再起動してみると改善する場合があります。この時、パソコンやスマホなど利用している端末の電源も一度切って少し放置します。

ルーターや端末を長時間使用し続けている場合は、一度電源を落とし機器を休ませることで、機器内部にこもっていた熱を放出することができます。

また、再起動することで、溜まっていたログ(アクセスログ)がリセットされるので、Wi-Fiが繋がりやすくなることもあります。

対処法2.周波数帯を切り替えてみる

無線の周波数帯には、「5G(5GHz)」と「2.4G(2.4GHz)」の2つがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらかで不安定な場合は別の方で接続を試してみるのも一つの方法です。

5G(802.11ac/n/a)2.4G(802.11n/g/b)
ネットワーク名(SSID)egg-a-******egg-g-******
特徴速度は速い
範囲が狭い
遮蔽物に弱い
届きにくい
速度も遅い
範囲が広い
遮蔽物に強い
届きやすい

5Gは速度が速いですが、届きにくいという特徴があります。反対に2.4Gは速度は遅いですが、5Gよりも届きやすいという特徴があります。

なので、Wi-Fiが届かない、接続が不安定、という時は「2.4G」に切り替えてみて、速度を改善したい時は「5G」に切り替えてみるといいと思います。

対処法3.ルーターの設置場所を変えてみる

ル―ターは遮蔽物に弱いので、ルーターの周りに障害物が多いほど電波が届きにくくなります。

Wi-Fiの調子が悪いと感じた時は、まず設置場所をチェックし、電波が入りやすい場所に設置場所を変えてみましょう。

ルーターを設置する時に気をつけたいのは次の5点です。

  • なるべく家の中心に置く
  • ルーターをある程度の高さの位置に置く
  • 布を被せない、収納箱に入れない
  • 周りに遮蔽物になるものを置かない
  • 電子レンジやコードレス電話機などの近くに置かない

ルーターは家の隅の方ではなく中心に位置する場所に設置した方が、利用する端末まで電波が届きやすくなります。

また、ルーターの周りに家具が配置されていたり、物が被せられているのも電波を遮る障害になります。なるべくルーターは床から1~2mくらいの高さに設置し、ルーターの周りには物を置かないようにするといいでしょう。

なお、無線は周囲に電波を発する機器とも相性が悪い場合があります。例えば、電子レンジやコードレス電話機などの家電は、ルーターやパソコン・スマホなどの周囲(1m以内)には置かないようにするのがベストです。

無線の電波は届く範囲が決まっているので、利用しているパソコンやスマホもなるべくルーターの近くで利用した方がWi-Fiは安定します。

まとめ

いかがでしたか?

メガエッグのルーターは光電話を契約している人なら無料でレンタルできます。

光電話を利用していない人は、家電量販店などで自分で購入した方が長期的に安上がりでおすすめです。

また、メガエッグのルーターは混雑回避の接続方式である「IPv6」にも標準対応しています。

メガエッグのIPv6は市販ルーターでも利用できるので、光電話を契約していない人はやはり自前で用意する方がいいでしょう。ただし、機器についてはホームページで公開されていないため、メガエッグの公式サイトに問い合わせてみるといいでしょう。

みなさんがメガエッグでWi-Fiを快適に使うためにこの記事が参考になれば嬉しいです^^