NULL

メガエッグの料金は結局いくら?月額料金などかかる費用をまとめてみた

メガエッグの料金をまとめてみた

メガエッグは中国地方で「安い」と評判のインターネットなので、気になっている方も多いと思います。

まず気になるのは”料金”ですよね。ネットの月額料金、工事費、光電話などのオプション料金など、ネットの利用には様々な費用がかかります。

この記事では、月額料金を初めとして初期費用、オプション費用などメガエッグを利用する上でかかる費用とお得な割引まで解説しています。

メガエッグの料金が気になっている方は参考にしてみてください^^

メガエッグの月額料金

メガエッグでは、戸建て向けの料金プランを「ホーム」と呼び、集合住宅(マンション・アパート)向けの料金プランを「マンション」と呼んでいます。

ホーム・マンションそれぞれの月額料金は次の通りです。

ホームマンション
月額料金4,200円3,200円

何年使ってもこの料金は変わりません。シンプルな料金体系ですね。他の回線ではホームページを見ても月額料金がいくらなのかよく分からない、というところもありますが、メガエッグは2018年10月の料金改定以来、とても分かりやすい料金体系になりました。これなら月々いくら支払っているのかしっかり把握できますね。

なお、マンションタイプは4階建て以上の建物のみに導入できます。3階建て以下の建物ではマンションでもホームタイプを引くことになるので、月額料金は4,200円になります。

メガエッグの月額料金は安いの?

メガエッグは「安い」と評判ですが、本当に安いのか他の回線と比較してみましょう。

ホームマンション
メガエッグ4,200円3,200円
フレッツ光2年間4,300円

プロバイダ料(500~1,200円)
2年間2,850~3,950円

プロバイダ料(500~1,200円)
ソフトバンク光5,200円3,800円
ドコモ光5,200円4,000円
auひかり5,100円3,400~5,000円
@スマート光4,300円3,300円

メガエッグは断トツで安いですね。光コラボ最安クラスの@スマート光を100円下回っています。光コラボ以外の回線でもここまで安いところはなかなかないですよ。

フレッツ光だけプロバイダ料がかかっているのは、フレッツ光ではネット代とプロバイダ料の2つの費用が発生するためです。メガエッグを含む他の回線では、プロバイダ料はネットの月額料金に含まれています。

月額料金にはプロバイダ料も含まれている!

メガエッグはプロバイダ一体型というサービスのため、メガエッグ1社で契約すれば回線とプロバイダの両方がまとめて提供されます。そのため、月額料金にプロバイダ料も含まれています。

例えば、有名なNTTのフレッツ光はプロバイダ選択型のサービスのため、ユーザーはNTTとプロバイダの2社と契約をして、NTTにネット代を、プロバイダにプロバイダ料を支払うんです。

メガエッグでは、プロバイダ料を別途支払う必要はないので安心です。

セキュリティソフトの料金も無料!

メガエッグの契約者は、「マカフィ―」または「ウィルスバスター+PasswordManager」のどちらかを無料で使えます。

マカフィーウィルスバスター+PasswordManager
利用可能台数5台3台
対応OSWindows
 Mac
Android
Windows
Mac
Android
iOS

マカフィ―なら5台まで、ウィルスバスター+PasswordManagerなら3台までインストール可能なので、パソコンの他にスマホやタブレットなどにも使えます。

一般的にはウィルス対策ソフトは月額500円程度、1年版で4,000円程度かかるので完全に無料でしかも複数台まで使えるのはお得ですね。

メガエッグの料金改定前の契約者の料金表はこちら

料金改定より前の、2018年9月30日以前にメガエッグを契約した方は、料金形態が少し異なります。回線速度によって1Gbpsなら「ギガ王」、100Mbpsなら「メガ王」という料金プランになっていました。

料金表は次の通りです。

戸建てタイプ(ギガ王)

1~5年目6年目以降
ファミリーコース5,000円4,700円
ファミリーコースプラス5,410円5,110円

戸建てタイプ(メガ王)

1~5年目6年目以降
ファミリーコース4,700円4,400円
ファミリーコースプラス5,181円4,881円

ギガ王とは回線速度1Gbpsのことで、メガ王は回線速度100Mbpsを指します。料金表を見る限り、今ほど安くはなかったのかなという印象ですね。

 

マンションタイプ(ギガ王)

1~5年目6年目以降
ファミリーコース4,000円3,800円
ファミリーコースプラス4,481円4,281円
スタンダードコース3,600円3,400円

マンションタイプは月額料金の相場が3,800円前後なので、コースによっては結構安く使えていたみたいです。

「ギガ王」と「メガ王」では、契約期間も5年間で現在の3年間より2年も長かったんです。

無線LANルーターは光電話を契約すると無料

無線LANルーターレンタル料月額500円
※光電話の契約で無料

無線LANルーターは月額500円でレンタルできますが、光電話を契約すると無料です。

さらに、この無線LANルーターはIPv6にも対応しています。IPv6は混雑回避の通信方式のことで簡単に言うとネットに接続している時の速度を速めるものです。(絶対に速くなるわけではありません)

光電話を契約しない人はネットの料金の他に月額500円が別途かかるので、市販ルーターを購入した方が長期的に見て安上がりだと思います。

IPv6に対応したルーターも家電量販店などで購入できますが、中にはメガエッグのIPv6に対応していないル―ターもあると思いますし、自分で設定が必要になるのでそこだけは注意しましょう。

    メガエッグの初期費用

    メガエッグの初期費用は、「工事費」と「契約事務手数料」がかかります。

    工事費は実質無料

    メガエッグの工事費は、ホームタイプとマンションタイプで次のようになります。

      一括払い分割払い
    ホーム
    35,000円1,000円×35ヶ月
    →実質無料
    マンションFTTH35,000円1,000円×35ヶ月
    →実質無料
    VDSL
    LAN
    21,000円600円×35ヶ月
    →実質無料

    支払い方法は一括と分割の2つがあり、一括払いの場合は開通月の翌月に支払います。分割払いの場合は実質無料になります。

    「実質無料」というのは、例えば、ホームタイプの場合は毎月1,000円を35ヶ月間支払いますが、毎月1,000円が割引されて支払い額は0円になります。それが35ヶ月間続くと35,000円が完全に無料になるという仕組みです。

    請求額割引支払額
    1ヶ月目1,000円-1,000円0円
    2ヶ月目1,000円-1,000円0円
    35ヶ月目1,000円-1,000円0円

    ただし、35ヶ月以内にメガエッグを解約すると、工事費の残額(残債)を支払わなければいけません。例えば2年でメガエッグを解約した場合は、支払い済の金額は24,000円(1,000円×24ヶ月)なので、

    35,000円-24,000円=11,000円を支払うことになります。

    「工事費実質無料」は「工事費は無料にするからメガエッグを35ヶ月間使ってね」という意味なんですね。

    契約事務手数料は実質無料

    契約事務手数料は3,000円で、一括払いと分割払いを選べます。

    一括払いの場合は、開通月の翌月に支払います。分割払いの場合は、メガエッグコレクトに申し込むことで実質無料になります。(メガエッグコレクトについてはのちほどご説明します。)

    一括払い分割払い
    3,000円80円×34ヶ月+280円
    →メガエッグコレクト申込で実質無料

    分割払いは、34ヶ月間は80円で、35ヶ月目のみ280円です。実質無料なので、こんな感じになります。

    請求額割引支払額
    1ヶ月目80円-80円0円
    2ヶ月目80円-80円0円
    35ヶ月目280円-280円0円

    契約事務手数料も、工事費と同様に分割払いで実質無料にした場合は、メガエッグを35ヶ月以内に解約するとその時点で残っている残額(残債)を支払う必要があります。

    一括で支払っている場合は、残債の問題はありません。

    メガエッグの光電話の料金は月額500円

    ※メガエッグ公式HPより

    メガエッグでは、光ファイバーを利用した光電話を使えます。

    光電話の月額料金は、光電話用のルーターの機器レンタル料として500円かかります。

    料金
    月額料金月額500円
    工事費3,000円
    ※分割払い(80円×34ヶ月+280円)で実質無料
    通話料固定電話:7.5円/3分
    携帯電話:18円/1分

    工事費は一括で支払う場合は3,000円ですが、分割払いの場合は実質無料になります。

    分割払いの場合、34ヶ月間は月額80円で、35ヶ月目は280円です。「実質無料」なので、メガエッグを35ヶ月以内に解約すると残額(残債)を支払うことなるので気をつけましょう。

    メガエッグ 光電話徹底解説メガエッグの光電話の料金、工事費はどれくらい?ルーターも必要?

    メガエッグの光テレビの料金は月額800円~

    ※メガエッグ公式HPより

    メガエッグでは、光ファイバーを利用した光テレビを使えます。

    工事費と月額料金は次の通りです。

    工事費月額料金チャンネル数
    地デジ・BSコース45,000円800円18ch
    コンパクトコース45,000円
    →10,000円
    1,700円21ch
    Cコース3,500円50ch
    Aコース4,000円64ch
    Sコース4,700円73ch

    地デジ・BSが視聴できればいいという人は「地デジ・BSコース」、CSも視聴したいという人はそれ以外のコースを選ぶといいです。

    地デジ・BSコース以外のコースは45,000円の工事費が新規加入特典で35,000割引になります。地デジ・BSコースは45,000円が自己負担になるので少しイタいですね…。

    ただし、メガエッグ光テレビを利用できるエリアは限られています。詳しくは以下の記事をご覧ください↓↓
    メガエッグ 光テレビ徹底解説メガエッグの光テレビのメリット、注意点、料金から解約まで解説!

    メガエッグの料金が高いと感じた時に試したい方法

    方法1.メガエッグでんき割でネット代を安くする

    メガエッグ 電気とセットでおトク

    中国電力とメガエッグをセット利用すると、中国電力で貯まったポイントの2倍に当たる金額がメガエッグのネット料金から割引になります。

    現在すでに中国電力を利用している人や、これから中国電力を利用しようと思っている人にはちょうど嬉しいサービスですね。

    方法2.auスマートバリューを使う

    auスマートバリューのイメージ図

    auスマホ(ケータイ)とメガエッグをセットで利用すると、「auスマ―バリュー」という割引が適用されて、毎月スマホ代が500~1,000円割引になります。

    割引額は契約しているスマホのプランによって決まります。

    新規受付を行っているプラン

    プラン名 割引額/月
    新auピタットプランN500円
    ※1GBまでは割引対象外
    auデータMAXプランPro
    auデータMAXプラン Netflixパック
    auフラットプラン25 NetflixパックN
    auフラットプラン20N
    auフラットプラン7プラスN
    タブレットプラン20
    1,000円
    auピタットプランN(s)2GBまで500円
    ※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
    2GB超~20GB1,000円
    カケホ(3Gケータイ・データ付)
    934円

    ※割引は翌月から適用されます。

    新規受付を終了したプラン

    プラン名 割引額/月
    新auピタットプラン500円
    ※1GBまでは割引対象外
    auデータMAXプラン
    auフラットプラン20/30
    auフラットプラン25 Netflixパック
    auフラットプラン7プラス
    auフラットプラン5(学割専用)
    1,000円
    auピタットプラン
    auピタットプラン(s)
    2GBまで500円
    ※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
    2GB超~20GB1,000円
    データ定額1(ケータイ)
    データ定額1/1cp
    934円
    (3年目以降は500円)
    データ定額2/3(ケータイ)
    データ定額2/3/3cp

    ジュニアスマートフォンプラン
    シニアプラン
    LTEフラットcp
    934円
    U18データ定額201,410円
    データ定額5/8/20/5cp
    LTEフラット
    ISフラット
    プランF(IS)シンプル
    データ定額5/8(ケータイ)
    LTEフラット for DATA(m)
    LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
    1,410円
    (3年目以降は934円)
    データ定額10/13/30
    データ定額10/13(ケータイ)
    2,000円
    (3年目以降は934円)
    LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)1,000円

    ※割引は翌月から適用されます。

    auスマ―トバリューはメガエッグの契約者だけでなく、家族にauユーザーがいれば最大10回線まで割引対象になります。「家族」の範囲は、同居の家族だけでなく離れて住む50歳以上の家族も含まれます。

    ただし、「auスマートバリュー」の適用には「メガエッグ光電話(月額500円)」の契約が必要です。今は固定電話を持たない人も多いので、auスマートバリューのために光電話を契約する人には余計な出費になるかもしれません。ですが、家族にauユーザーが2人以上いる場合、または自分一人で割引額が1,000円以上であれば、光電話代を差し引いても十分お得になりますよ。

    メガエッグの料金に関するQ&A

     

    メガエッグの料金について、よくある質問5つをまとめてみました。参考にしてみてください。

    メガエッグの料金の支払い方法は?

    A:メガエッグの利用料金の支払い方法は、次の3つから選べます。

    1. 口座振替
    2. ゆうちょ銀行自動払込
    3. クレジットカード

    メガエッグの利用開始月の月額料金は1ヶ月分支払うの?

    A:利用開始月の月額料金は日割りです。

    ちなみに課金開始日は開通工事日の翌月です。

    なお、メガエッグコレクトの月額料金は日割りではなく、課金対象月から満額請求です。

    メガエッグの料金明細の確認方法は?

    A:メガエッグの会員サイトで過去12ヶ月間の請求内容を確認することができます。

    ※公式サイトより

    また、希望すれば毎月の料金の請求額をメールで配信してもらうこともできます(利用料は無料)。メールが配信されるタイミングは、毎月の請求額が確定した時点で、利用月の翌月7~10日頃になります。

    メール配信を希望する場合は、メガエッグの会員サイトから申し込みましょう。
    →メガエッグのメール配信登録はこちら
    ※ログインには、登録内容確認書記載の「お客さまID」と「パスワード」が必要です。

    メガエッグの料金の支払い日はいつ?

    A:毎月1日~末日までの利用分が、翌月に請求されます。

    ただ、光電話やIPフォンのサービスを利用している場合は、基本料金、通話料、ユニバーサルサービス料および光電話Ipフォン付加サービスの利用料は、翌々月に請求されます。

    支払い方法を口座振替にしている場合は、引き落とし日は毎月26日(土日祝日の場合は翌営業日)です。支払い方法がクレジットカードの場合は、クレジットカード会社の請求日になります。

    料金の問い合わせ窓口はどこ?

    A:メガエッグ料金センター(0570-001-004)で受け付けています。

    受付時間は10:00~19:00(年中無休、通話料有料)で、携帯電話やPHSからもかけられます。

    まとめ

    いかがでしたか?

    メガエッグの月額料金の安さはお分かりしただけたと思います。さらに、工事費と契約事務手数料は実質無料ですし、セキュリティソフトも無料、無線LANルーターも光電話の契約で無料、とかなり良いサービスを提供しています。

    セット割はauのスマホとの「auスマートバリュー」、そして中国電力との「でんき割」があります。

    光電話や光テレビを契約する場合は、その費用もかかりますのでご注意ください。

    皆さんがメガエッグの料金の理解を深めるために、この記事がお役に立てれば嬉しいです^^