MONSTER-MOBILEの全体像はこれでわかる!

業界最安級のモンスターモバイルってどうなの?評判やサービスを解説

業界最安級のモンスターモバイルってどうなの?評判やサービスを解説

ポケットWiFi(モバイルルーター)を利用する上で、一番重視したいポイントの1つが「月額料金の安さ」ですよね。

モンスターモバイルは業界最安クラスの月額料金の安さのため、気になっている人も多いと思います。

結論から言うと、モンスターモバイル(MONSTER MOBILE)はコスパを重視している人にはとてもおすすめのポケットWiFiです。

この記事ではモンスターモバイルのサービス内容、メリット・デメリットについて解説していきます。

モンスターモバイルが気になっているけど自分に合っているのか分からない、という方は、ぜひ参考にしてみてください^^

モンスターモバイルとは?

MONSTER-MOBILE 画像※公式サイトより

「モンスターモバイル(MONSTER MOBILE)」とは、株式会社NEXTが提供しているポケットWiFiのレンタルサービスです。

2020年10月から申し込み受付が開始されたばかりの新しいサービスですが、サービス名の通り「モンスター級」の安さを最大のウリにしています。

ちなみに株式会社NEXTは「@スマート光」というインターネット回線(こちらも業界最安級に安い)の提供元でもあり、通信業界では実績のある会社です。

モンスターモバイルの基本スペックは次の通り。

1年契約プラン縛りなしプラン
月額料金2GB/日:2,480円
3GB/日:2,980円
5GB/日:3,480円
2GB/日:2,980円
3GB/日:3,480円
5GB/日:3,980円
契約事務手数料3,000円
端末代0円
通信速度150Mbps
契約期間1年なし
解約金1年目:9,800円
2年目以降~:3,000円
(更新月:0円)
なし

料金プランは契約期間の縛りがある「1年契約プラン」と、いつ解約しても解約金がかからない「縛りなしプラン」があり、好みによって好きな方を選べます。

ひと月(31日)あたりに換算すると、2GB/日なら最大62GB、3GB/日なら93GB、5GB/日なら155GBを使えることになりますね。

契約事務手数料は初月のみかかる費用で、そのあとは請求されません。

最大の特徴は月額料金の安さ

何といってもモンスターモバイルと他のポケットWiFiとの違いは料金の安さです。

どのくらい安いのか、「2GB/日」「3GB/日」「5GB/日」それぞれのプランを他のポケットWiFiと比較してみたいと思います。

2GB/日使える他のサービスと比較

まずは「2GB/日」のプランから。

1日につき2GB=月間62GBとして、月間50GB使える他のサービスとも比較します。

縛りあり縛りなし
モンスターモバイル(2GB/日,62GB/月)2,480円2,980円
Ex Wi-Fi(50GB/月)2,780円
縛りなしWiFi(2GB/日,62GB/月)2,800円3,300円
FUJI Wifi(50GB/月)2,900円3,400円
どこよりもWIFI(50GB/月)3,480円

こうして見てみると、モンスターモバイルは他のサービスと比べると300~500円くらい安くなる料金設定になっています。

3GB/日使える他のサービスと比較

次に1日につき3GBを使えるサービスと比較してみます。

1日につき3GB=月間93GBとして、月間100GB使える他のサービスとも比較してみます。

縛りあり縛りなし
モンスターモバイル(3GB/日)2,980円3,480円
Mugen WiFi(100GB/月)3,150円
どこよりもWIFI(100GB/月)3,180円
それがだいじWi-Fi(100GB/月)3,250円
ギガWiFi(100GB/月)3,250円
ゼウスWiFi(100GB/月)3,480円4,280円
FUJI Wifi(100GB/月)3,900円4,400円

モンスターモバイルは他のポケットWiFiよりも100~1,000円程度安く、縛りありプランでは唯一3,000円を切っています。

5GB/日使える他のサービスと比較

最後に、1日につき5GB使えるサービスと比較してみましょう。

縛りあり縛りなし
モンスターモバイル(5GB/日)3,480円3,980円
限界突破WiFi(5GB/日)3,500円
FUJI Wifi(5GB/日)3,950円4,450円

1日につき5GBでも、モンスターモバイルは一番安い月額料金となりました。最大500円安いですね。

このように、どのプランをとってもモンスターモバイルは最安級であることは間違ないです。

規格外に安いからサービス名も「モンスター」なんでしょうが、コスパ重視の方は要チェックですね!

モンスターモバイルの端末と速度制限について

モンスターモバイルで使用する端末は、UROCOMM製の「Macaroon M1」です。

MONSTER-MOBILE 画像
MONSTER-MOBILE 画像

コロンとした形状で外観もイカつくないため、女性が持っても違和感がないですね。Macaroonは「マカロン」と読みますが、お菓子のマカロンをイメージして作ったのでしょうか。

重さも他のポケットWiFiが120~200gのところ100gちょっとで軽量になっています。

最大通信速度下り:最大150Mbps
上り:最大50Mbps
同時接続台数最大10台
連続使用時間12時間
バッテリー容量3,000mAh
サイズ幅85mm/高さ85mm/厚さ20.6mm
重量110g

下り最大通信速度は、ウェブサイトを閲覧したり動画を視聴したりなどデータをダウンロードする際の速度のことを指しますが、150MbpsなのでポケットWiFiでは平均的な速さです。通常のネット利用であれば問題ありません。

ちなみにすべてのインターネットサービスがそうであるように、実測で理論値(モンスターモバイルの場合は150Mbps)は出ないので頭に入れておきましょう。最大通信速度150MbpsのポケットWiFiの実測速度は10~30Mbpsくらいが平均です。

遅いと感じるかもしれませんが、Youtubeの高画質の動画も5Mbpsあれば問題なく視聴することができます。ただ、パソコンでオンラインゲームをするには快適な速度ではないので、ゲームが好きな方には光回線をおすすめします。

「Macaroon M1」の同時接続台数は最大10台。パソコンやスマホ、タブレットのほかに、IEEE802.11b/g/n対応のゲーム機やプリンタなどを接続することもできます。

なお、ACアダプタ(充電器)は付属しないので、付属のUSBケーブルTypeAが差し込めるアダプタを用意する必要があります。(公式サイトでは5V1A対応のアダプタを推奨)

速度制限について

モンスターモバイルは「2GB/日」「3GB/日」「5GB/日」という風に、1日の通信量が決められているサービスです。

この規定の量を超えてデータ通信を行うと速度制限がかかり、下りの最大速度が256kbpsまで低速化します。

速度制限は日本時間で午前0時にはリセットされます。端末のディスプレイまたはアプリで1日の通信量を確認できるので、「今日通信量ギリギリかも…」という時はチェックしてみるといいですよ。

「Macaroon M1」はあまり見かけない端末だけど?

ポケットWiFiでよく使われる端末には何種類かありますが(U2sやFS030Wなど)、Macaroon M1は主要なポケットWiFiではあまり使われていない端末です。

なので「この端末大丈夫なの?」「品質の悪い端末を使って料金を安くしているんじゃないの?」という疑問を抱いている人もいると思います。

そこで、Amazonでこの端末を購入した人の評判について調べてみました。

評価は平均で「星5つ中の4.8」。なかなか高評価がついています。

MONSTER-MOBILE 画像

レビューの内容は「速度に問題はなかった」「スムーズにウェブ会議ができた」など、好意的な評価が目立ちました。

MONSTER-MOBILE 画像

気になるのは、バッテリーの持ちが弱いという口コミです。

ただ、「Macaroon M1」の連続通信時間は12時間と他のポケットWiFiと比べて短いわけではないので、これは個人の感じ方もあるかもしれません。一応、モバイルバッテリーを持っていない人で自宅以外での使用が多い人は頭に入れておきましょう。

モンスターモバイルの評判はどう?

モンスターモバイルは2020年10月から申し込み受付を開始したばかりのサービスのため、ほとんど口コミはありませんが、Twitter上でいくつか見つけることができました。

こちらの方は料金の安さとルーターの見た目が気に入って契約に至ったようです。

FUJI Wifiも業界最安クラスのルーターですが(僕も使ってます)、モンスターモバイルはさらに上をいく安さなんですよね。

公式サイトでは、契約している通信量を使い切ると「下りの最大速度が256kbpsまで低速化する」と記載されているので表記の通りです。

「公式サイトに書かれていることと違う」という事業者もたまにあるので、これは信頼性を評価するポイントになりますね。

モンスターモバイルのメリットは6つ

MONSTER-MOBILE 画像

ここからは、モンスターモバイルの具体的なメリットについて紹介していきたいと思います。

  • 料金が安い
  • 端末代が無料
  • 縛りなしプランならいつでも解約金なしで解約できる
  • データ量を追加できる
  • トリプルキャリア対応
  • 海外でも使える
  • 初期契約解除制度が使える

一つ一つ見ていきましょう。

1.料金が安い

すでにお伝えした通り、モンスターモバイルの月額料金は業界最安クラスです。

他のポケットWiFiと比べて月額300~1,000円くらい安い料金で使えます。

ネットは一生使うもの言ってもいいくらいなので、月々の料金が安いに越したことはありませんよね。少しでも安いサービスを探している人には最安級のネットとしておすすめです。

2.端末代が無料

モンスターモバイルの端末はレンタルのため、端末代は0円です。

他のポケットWiFiでよくあるのは、毎月の端末代は実質無料だけど契約期間内に解約すると端末代の残債がかかる、というものです。例えば、それがだいじWiFiやギガWi-Fiでは端末代は次のようになっています。

端末代
モンスターモバイル完全無料
それがだいじWiFi実質無料
(契約期間中に解約すると1,000円×残契約月数の端末代が発生)
ギガWi-Fi実質無料
(契約期間中に解約すると650円または1,000円×残契約月数の端末代が発生)

やむを得ない理由で契約期間内に解約すると、解約金に加えて最大24,000円の端末代までかかってしまうので悲惨です…。

モンスターモバイルの端末代は完全に無料なので安心です。

3.縛りなしプランならいつでも解約金なしで解約できる

モンスターモバイルには「1年契約プラン」と「縛りなしプラン」の2つの料金プランがあります。

1年契約プランは更新月以外に解約すると解約金がかかりますが、縛りなしプランならいつ解約しても解約金がかかりません。

解約金がかかるからと言って、更新月まで我慢して使い続ける必要がないのはいいですね。

また、縛りなしプランから1年契約プランへのプラン変更も可能です(手数料1,000円が必要)。まず縛りなしプランで契約してみて、自分に合っていると分かったら1年契約プランに変更するのも安心な使い方です。

4.データ量を追加できる

モンスターモバイルには容量チャージのサービスがあり、500MBからデータ量をチャージできます。他のポケットWiFiでは見かけない面白いサービスですね。

このサービスを利用すると、明日は旅行に行くので多めに使いたい、今週末は動画配信サービスでまとめて映画を観たい、という時などに必要なだけギガを追加できて便利です。

チャージの料金は次の通りで、データのチャージはアプリから簡単に行えます。

料金有効期限
500MB225円1日
1GB330円7日
3GB665円30日
7GB979円30日
30GB3,450円60日

ちなみにスマホのキャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)のデータのチャージ料は次のようになっています。

ソフトバンクauドコモ
500MB550円550円1GBにつき1,000円
1GB1,000円1,000円
3GB3,000円
5GB5,000円

モンスターモバイルのデータ料金は格安なのが分かると思います。

5.トリプルキャリア対応

モンスターモバイルの端末はクラウドSIMを使っているので、ソフトバンク、au、ドコモの3つのキャリアの回線に対応しています。

利用場所によってこの3つから最適な電波を自動でつかんでくれるので、「ソフトバンクの回線しか使えない」「auの回線しか使えない」というポケットWiFiと比較すると、利用可能なエリアが広くどこにいても繋がりやすい傾向があります。

6.海外でも使える

これもクラウドSIMの特徴の1つですが、モンスターモバイルは海外利用に対応しており、約90ヶ国で使うことができます。

1GBからチャージできるので無駄なく必要な分だけ使えますね。

なお、利用の際には国によって料金がかかります。以下はその一例です。

1GB
(有効期限7日)
3GB
(有効期限30日)
韓国350円705円
中国/香港 特別回線800円1,600円
台湾410円920円
タイ440円975
シンガポール460円920円
アメリカ920円1,785円
ドイツ740円1,785円
スペイン740円1,785円
イタリア740円1,785円
フランス740円1,785円
イギリス740円1,785円
オーストラリア780円1,785円

海外旅行や海外出張の際に別途ポケットWiFiなどの手配をする必要はなく、モンスターモバイル1台があればいいので楽ちんです。

7.初期契約解除制度が使える

初期契約解除制度とは通信業界のクーリング・オフのようなもので、機器の到着から8日以内に初期契約解除制度の利用を申し出れば、解約金なしで解約ができるというものです。

通常、モンスターモバイルの1年契約プランを契約している場合は更新月以外の解約には9,800円(2年目以降は3,000円)の解約金がかかりますが、初期契約解除制度を使うとこの解約金が免除されるんです。

契約事務手数料や月額料金はかかってしまいますが、解約金のために無理して使い続ける必要がないのはいいですね。

もし機器を使ってみて問題があった場合はこの制度を利用してみてください。

モンスターモバイルのデメリットもチェックしておこう

MONSTER-MOBILE 画像

良いことだらけのモンスターモバイルのように思えますが、もちろんデメリットもあります。

  • 1日の利用制限がある
  • 端末はリファビッシュ品が届くこともある
  • キャンペーンがない

それぞれ見ていきましょう。

1.1日の利用制限がある

ポケットWiFiサービスのほとんどが「30GB/月」というように月間の通信量が決まっているのに対して、モンスターモバイルでは「2GB/日」というように、一日の通信量が決まっています。

これの何がデメリットなのかと言うと、毎日の通信量に大きなムラがある人は一日の通信量をオーバーする可能性がある、ということです。

例えば、2GB/日のプランの場合、月間の通信量は62GBとなり単純計算すると週15GB使うことができます。ですが、平日は毎日1GB程度の利用だけど休日はU-NEXTで映画を観るのが趣味で1日5GB使う、という使い方はできないんですね。

なので、毎日の利用量が平均して同じくらいの人の方がギガ不足に陥ることなく快適にネットを楽しめます。

ちなみに1GBでどのようなことができるかをまとめてみたので参考にしてみてください。

1GBでできること

ウェブサイトの閲覧約4,500回
メール送信約204,000通
Apple Music(標準音質)約133曲(1曲5分)
Line 音声通話約50時間
Line ビデオ通話
約3時間
iPhone FaceTime約6.6時間

Youtubeとストリーミングサービスの1GB当たりの通信量

YoutubeU-NEXTNetflix
1,080p(フルHD)約0.5時間約0.5時間
720p(HD,高画質)約1.5時間約0.3時間
480p(SD,標準画質)約2時間約1.4時間
360p(低画質)約3時間約4.5時間約3.3時間

一般的に動画や映画は1GBで2時間見られるというのが目安ですが、利用するサービスや画質によって消費量は変わってきます。動画や映画をよく見る人は通信量を消費しやすいので注意が必要ですね。

2.端末はリファビッシュ品が届くこともある

モンスターモバイルの端末は新品またはリファビッシュ品(中古Aランク)のどちらかで、自分で選ぶことができません。

リファビッシュ品とは、不良品や中古品を新品同様に整備した商品のことを指します。外観は新品と同じですが、どうしても新品の端末を手にしたい人には気になるところかもしれませんね。

3.キャンペーンがない

現時点では、モンスターモバイルの申し込み時に特典がもらえるようなキャンペーンは実施していません。

キャッシュバックなどを期待していた人には残念なポイントかもしれませんが、ポケットWiFiのレンタルサービスではキャンペーンがないところは珍しくありません。

キャッシュバックが欲しい場合は、WiMAXをGMOとくとくBBから申し込むと3万円以上のキャッシュバックがもらえるのでおすすめです。

ただ、GMOとくとくBBのキャッシュバックには手続きがありもらえるのは1年後なので、すぐにお得に使いたい人はモンスターモバイルのように月額料金が格安なサービスを選ぶのが手っ取り早いです。

モンスターモバイルはこんな人におすすめ!

モンスターモバイルは、

  • とにかく料金が安いサービスを探している、コスパ重視の人
  • 海外でもネットを使う人
  • 契約期間に縛られたくない人
  • 短期で利用する予定の人

にはおすすめです。

モンスターモバイルは何といっても料金が安いので、月々の支払いをできるだけ安く抑えたい方には向いています。

海外の約90ヶ国でも利用できるので、海外旅行や海外出張でネットが必要な方にも使い勝手が良いです。

また、縛りなしのプランはいつ解約しても解約金がかかりません。初めてポケットWiFiを利用するので速度が不安という人や短期で利用する人などは、縛りなしプランなら気軽に契約できます。

光回線の工事が終わるまでWiFi環境がない人が繋ぎとして使うのもいいですね。

モンスターモバイルをおすすめできない人はどんな人?

  • 1日の利用制限で悩みたくない人
  • 必ず新品の端末を手にしたい人

モンスターモバイルは、1日の利用制限で悩みたくない、という人にはあまりおすすめできません。

例えば、「2GB/日」のプランは月間の通信量に換算すると62GBですが、今日余った通信量は明日へ繰り越すことはできないので、62GBまで目いっぱい使うというのは難しいです。逆に、だいたい毎日2GBあれば足りる、という方には最適なサービスでしょう。

また、モンスターモバイルは他社よりも月額300~1,000円くらい安い料金設定になっているので、利用量が多い日に合わせて1つ上のプランを選んでも損にはならないはずです。

なお、モンスターモバイルではリファビッシュ品の端末が届く可能性があります。見た目は新品と同様ですが、どうしても新品の端末が欲しい、という方は他のポケットWiFiを選びましょう。

料金シミュレーション!

モンスターモバイルを契約する前に、実際月々いくらくらい支払うことになるのか知っておきたいですよね。

そこで、モンスターモバイルを契約した時の支払い金額をシミュレーションしてみたいと思います。

下の表は、1年契約プランの2G/日と、縛りなしプランの2G/日を契約した場合の料金です。

1年契約プラン(2G/日)縛りなしプラン(2G/日)
月額料金
2,480円2,980円
契約事務手数料
3,000円3,000円
請求額初月5,480円5,980円
2ヶ月目以降~2,480円2,980円

※上記は税抜の価格です。

初月のみ月額料金に契約事務手数料が上乗せされた金額が請求されますが、2ヶ月目以降は月額料金のみの支払いになります。

端末補償をつける場合は、月額料金に350円を足してみてください。

モンスターモバイルの料金プランはシンプルなので、「想像していた金額と違った…」ということがなくて分かりやすいですね。

モンスターモバイルの申し込み方法と解約方法

ここでは、モンスターモバイルの申し込みから利用開始までの流れと、解約方法について解説していきます。

申し込み方法

ステップ1
申し込みフォームから申し込む

モンスターモバイルのサイトにアクセスし、右上の「申し込み」ボタンをクリック。

MONSTER-MOBILE 画像

申し込みの際は、本人確認書類などは必要ありません。契約者と同じ名義のクレジットカードだけ用意しておきましょう。

申し込みフォームに必要事項を記入したら内容を確認して送信します。

利用開始日の指定はできませんが、申し込みの際に「月初の発送」を選択すれば、翌月の月初からの利用も可能です。

ステップ2
申し込み内容の確認

株式会社NEXTで申し込み内容に不備がないかを確認し、不備がある場合は確認の連絡があります。

ステップ3
端末の発送

申込内容に不備がなければ、即日~3営業日以内に機器が発送されます。(最短で即日発送)

土日・祝日は発送を行っていないので注意してください。

ちなみに初回発送時の送料は無料となっています。

ステップ4
端末の到着

機器本体・付属ケーブル(TypeA USB)・取扱説明書が届きます。

利用規約、重要事項説明書、契約内容確認書はメールで送信されるので確認しておきましょう。

ステップ5
端末の設定→利用開始

端末の接続設定をするとインターネットが使えるようになります。

解約方法

解約は、MONSTER MOBILEカスタマーセンター(03-6367-9235)に電話で連絡するか、WEBフォームから申請するかのどちらかになります。

当月末で解約したい場合は、15日までに解約を申し出るようにしましょう。

解約の際は、機器と付属のケーブルの返却が必要です。端末は解約月の月末まで利用できますが、翌月10日までに返却しないと15,000円の機器損害金が発生するので気をつけてください。

解約金についての注意点

モンスターモバイルには1年契約プランと縛りなしプランがありますが、1年契約プランの場合は解約する時期によって次の解約金がかかるので注意が必要です。

解約金
1年目9,800円
2年目以降3,000円

更新月である13ヶ月目に解約すれば解約金はかからないので、解約する際はなるべくこの1ヶ月間に合わせることをおすすめします。分かりやすく図にするとこんな感じですね↓

Monster mobile 解約金

モンスターモバイルに関するQ&A!

MONSTER-MOBILE 画像

申し込み月と解約月の料金は日割りになる?

料金は日割りにならないので、1ヶ月分の月額料金がかかります。

初月の料金は申し込み時に「月初の発送」を選択すれば、翌月の月初に発送してもらうこともできます。

端末補償はつけられる?

端末が破損したり、水没、故障があった場合、月額350円(初月無料)の端末補償に加入していると、端末交換代が無料または割引になります。このサービスは年に1回まで受けられます。

端末補償加入時通常料金
端末本体0円15,000円
バッテリー交換0円8,000円
付属ケーブル交換0円1,000円

端末補償は契約の途中からはつけられないので、加入する場合は申し込みの際に併せて申し込みましょう。

また、一度端末補償のオプションを解約したあとに再加入することはできないので気をつけてください。

プラン変更はできる?

通信量が多いプランへの変更と、縛りなしプランから1年契約プランへの変更は可能です。

プラン変更には1,000円のプラン変更手数料がかかります。

プランを変更をする場合は、プラン変更をしたい月の前月の15日までに申し込むようにしましょう。

バッテリー交換はできる?

バッテリーのみの交換は受け付けていませんが、バッテリーの劣化による端末の交換対応は可能です。

費用は8,000円ですが、端末補償に加入している場合は年に1度に限り無料で交換対応してもらえます。

フル充電するのに何時間かかる?

約4時間かかります。

充電しながら使える?

充電しながらでも通信できますが、電池の劣化や発熱による充電の一時停止などに繋がるため推奨されていません。

また、フル充電されている状態で長時間充電器に接続されていると、電池の劣化や膨張の原因にもなるので控えましょう。

電源を入れてからネットに接続できるまでの時間はどれくらい?

約1分で接続しますが、場合によっては3分程度かかることもあります。

支払い方法は何がある?

モンスターモバイルの支払い方法は、クレジットカードのみとなっています。

デビットカードやプリペイドカードは使えないので、クレジットカードを持っていない人は新しく作るなりする必要があります。

端末にキャリアのSIMは挿せる?

ソフトバンクやau、ドコモのSIMカードを挿して使うことも可能です。ただ、APN設定は自分でする必要があります。

また、モンスターモバイルは「クラウドSIM」というSIMカード不要のルーターなので、SIMを挿入しなくても使うことができます。

まとめ

いかがでしたか?

モンスターモバイルは業界最安級の料金設定で、コスパ重視の方にはおすすめできるポケットWiFiです。

端末代が無料だったり、容量チャージではギガを足すことができたり、海外でも利用できたりなどメリットもたくさんありましたね。

縛りなしプランを選べばいつ解約しても解約金がかからないので、短期利用の方やお試しで使ってみたいという方にもおすすめです。

この記事がみなさんのポケットWiFi選びの参考になれば嬉しいです^^