ピカラ光の解約金を安くする方法とおすすめの乗り換え先をご紹介

ピカラ光 解約金0円にする方法

ピカラ光を解約する時、解約金がどのくらいかかるのか気になりますよね。高額だったら解約をためらってしまいますし、解約金を安く済ませられるタイミングがあれば、解約する時期を合わせたいと思うものです。

また、ピカラ光のネットに伴って撤去工事など他の費用もかかるのか、というのも心配な点ではないでしょうか。

そこでこの記事では、ピカラ光の解約の際に発生する解約金や、その他の撤去工事費用などの費用について解説し、おすすめの乗り換え先もご紹介します。

ピカラ光の解約を検討している方は参考にしてみてください^^

ピカラ光の解約金は契約しているプランによって異なる

ピカラ光の解約金は次の通りで、ピカラ光を契約しているプランと利用期間によって変わってきます。

 利用期間解約金
ステップコース5
(5年契約)
~15ヶ月35,000円
16~108ヶ月15,000円
109ヶ月~10,000円
ステップコース3
フラットコース
(3年契約)

~15ヶ月35,000円
16ヶ月~10,000円
通常料金
(最低利用期間2年)

~15ヶ月35,000円
16~24ヶ月10,000円

例えば、ステップコース5(5年契約)を3年間利用して解約する場合は、
→利用期間は36ヶ月(3年)なので、解約金は15,000円 となります。

ステップコース5で解約金が10,000円になるまでは、9年1ヶ月(109ヶ月)かかるということになります。(長いですね…)

契約しているプランが分からない人はまずチェック

上記のように、ピカラ光の解約金は契約しているプランによって異なります。自分がどのプランを契約しているのか分からない方は、まず料金プランをチェックしましょう。

ピカラ光の料金プランは戸建て・マンションで次のプランがあります。

  • 戸建ての料金プラン
    ・通常料金
    ・ステップコース5(5年契約)
    ・ステップコース3(3年契約)
    ・フラットコース(3年契約)※auスマートバリュー適用の場合
  • マンションの料金プラン
    ・通常料金
    ・ステップコース3(3年契約)
    ・フラットコース(3年契約)※auスマートバリュー適用の場合

ステップコース5、ステップコース3、フラットコースは長期割引の「ずっトク割」が適用されるプランです。フラットコースは、auのスマホとのセット割である「auスマートバリュー」を適用する人が選べるプランです。

解約金を0円でピカラ光を解約できるタイミングとは?

解約金の金額はお分かりいただけたと思いますが、ピカラ光を解約すると必ず解約金がかかるわけではありません。ピカラ光の契約には「更新期間」があり、その期間に解約すれば解約金はかかりません。解約金はあくまでも「更新期間」以外の期間にピカラ光を解約する場合に発生します。

では、「更新期間」とはいつなのかを見てみましょう。

更新期間は、契約しているプランによって異なるのでプランごとにご説明します。

ステップコース5の場合

ステップコース5の契約期間は5年です。解約しない限り、契約は5年ごとに自動的に更新されていきます。更新期間は契約満了月である60ヶ月目にあたり、この期間に解約すれば解約金は0円です。ステップコース5の解約金のイメージ図

例)2020年4月~2025年3月までの5年契約の場合
 更新期間は契約満了月である2025年3月になります。

ただし、更新期間である60ヶ月目以外の月に解約すると解約金が発生します。

 利用期間解約金
ステップコース5
(5年契約)
~15ヶ月35,000円
16~108ヶ月15,000円
109ヶ月~10,000円

ステップコース3・フラットコースの場合

ステップコース3とフラットコースの契約期間は3年です。解約しない限り、契約は3年ごとに自動的に更新されていきます。更新期間は契約満了月である36ヶ月目にあたり、この期間に解約すれば解約金は0円です。ステップコース3とフラットコースの解約金のイメージ図

例)2020年4月~2023年3月まで3年契約の場合
 更新期間は契約満了月である2023年3月になります。

ただし、更新期間である36ヶ月目以外の月に解約すると解約金が発生します。

 利用期間解約金
ステップコース3
フラットコース
(3年契約)

~15ヶ月35,000円
16ヶ月~10,000円

通常料金の場合

通常料金には契約期間はなく、最低利用期間2年となっています。

最低利用期間である2年(24ヶ月間)経過後の25ヶ月目以降はいつ解約しても解約金はかかりません。通常料金の解約金のイメージ図

ただし、最低利用期間である2年間(24ヶ月間)以内にピカラ光を解約すると解約金が発生します。

 利用期間解約金
通常料金
(最低利用期間2年)

~15ヶ月35,000円
16~24ヶ月10,000円

ピカラ光の解約にはネットの解約金以外の費用もかかる?

ここまでご説明してきたのはピカラ光のネットの解約金のことですが、ピカラ光を解約する際はそれ以外にも費用が発生する場合があります。発生する可能性がある費用を挙げてみました。

料金
ネット撤去費用屋内残置:0円
軒先残置:5,000円
全撤去:10,000円
光電話解約金1年以内の解約で5,000円
光テレビ解約金10,000~20,000円
※各ケーブルテレビによる

それぞれ見ていきましょう。

ネット撤去費用

解約時には機器の撤去が必要になり、そのための工事を行います。撤去工事は、撤去の方法によって費用が発生する場合と発生しない場合があります。撤去の方法は、「屋内残置」「軒先残置」「引込線全撤去」の3つがあります。撤去の方法により、撤去工事費も次のように変わってきます。

屋内残置軒先残置引込線全撤去
撤去の方法
撤去工事費0円5,000円10,000円

※画像はピカラ光公式HPより

屋内残置は、宅内に設置された回線終端装置のみを撤去する方法で、屋内に引き込まれた光ケーブルは残す方法です。軒先残置は、宅内に設置された回線終端装置と屋内側の光ケーブルを撤去し、軒先側の光ケーブルは残す方法です。引込線全撤去は、回線終端装置も光ケーブルも全て撤去する方法です。

撤去工事の方法は自分で選べるの?

持ち家の戸建てであれば建物の所有者は自分なのでどの撤去にするか自分で決めることができますが、賃貸の戸建てやマンション・アパートの場合は、建物のオーナーである大家さんや管理会社の意向により撤去工事の方法が決まります。そのためどの撤去にするか自分で選ぶことはできません。

光電話解約金

ピカラ光のネットのオプションとして契約できる「光電話」。

光電話の最低利用期間は1年間で、1年以内に光電話(ピカラ光)を解約すると、解約金として5,000円がかかります。

1年以上光電話を利用すれば、解約金はかかりません。

光テレビ解約金

ピカラ光の光テレビは、ピカラ光の提供元であるSTNetが独自で提供しているのではなく、STNetが提携しているケーブルテレビの会社が提供しています。契約するケーブルテレビの会社はお住まいの地域によって異なるため、光テレビの最低利用期間や解約金などについても、契約しているケーブルテレビによって異なります。

例えば、高松エリアでテレビサービスを提供しているCMSの場合は、最低利用期間が1年で1年未満の解約には次の解約金がかります。

解約金
戸建て半年以内20,000円
7ヶ月以上1年未満10,000円
マンション1年未満10,000円

上記はあくまでも例なので、詳細は契約しているケーブルテレビの会社に確認するようにしましょう。

ピカラ光の解約金を0円にする方法

解約金は高額なので、できる限り安く済ませたいと思っている方も多いのではないでしょうか。ピカラ光の解約金を0円にする方法は次の通り2つあるのでここでご紹介したいと思います。

  • 更新期間に解約する、または最低利用期間を守って解約する
  • 解約金を負担してくれるネットに乗り換える

更新期間に解約する、または最低利用期間を守って解約する

5年契約(ステップコース5)や3年契約(ステップコース3、フラットコース)の場合、更新期間に解約すれば解約金は0円です。通常料金の場合は最低利用期間が1年なので、ピカラ光を1年以上利用すれば解約金は0円にできます。

このように、解約のタイミングをうまく調整できる場合は解約金は0円にできます。ただ、撤去工事費については賃貸住宅に住んでいる場合は大家さんや管理会社の意向で発生する可能性があります。

解約金を負担してくれるネットに乗り換える

インターネットの事業者の中には、他社のネットから乗り換えてくれる人を対象に「乗り換えキャンペーン」を実施している場合があります。「乗り換えキャンペーン」は、他社のネットの解約時に発生した解約金や撤去費用を負担してくれるキャンペーンです。

「乗り換えキャンペーン」を利用すれば、比較的気軽に他のネットに乗り換えできますよね。

そこで、乗り換えキャンペーンを実施しているおすすめのインターネットをご紹介したいと思います。

解約金も撤去費用も10万円まで負担してくれる「ソフトバンク光」

※公式サイトより

ソフトバンクが提供しているソフトバンク光では、「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施しています。他社のネットを解約する際に発生した解約金や撤去費用を最大10万円まで負担してくれます。さらに、正規代理店経由で申し込むことで33,000円のキャッシュバックがもらえます。

戸建てマンション
提供エリア全国
回線速度1ギガ
月額料金5,200円
※5年契約で4,500~4,700円
3,800円
契約事務手数料3,000円
工事費9,600~24,000円
※乗り換えの場合は無料
2,000~24,000円
※乗り換えの場合は無料
契約期間2年(自動更新)
解約金9,500円
スマホ割ソフトバンク(おうち割 光セット

ピカラ光ではauのスマホとのセット割「auスマートバリュー」を使えますが、ソフトバンク光ではソフトバンクのスマホとのセット割「おうち割 光セット」が使えます。スマホ代が毎月500~1,000円割引になり、同居の家族だけでなく離れて住む家族や同棲中の恋人、シェアハウス仲間まで最大10回線が割引対象です。

戸建ての月額料金は5,200円ですが、光テレビの契約をすると5年契約でもっと安くなります。工事費はピカラ光からの乗り換えの場合は無料です。

ソフトバンク光はフレッツ光の卸売りである光コラボなので、「速度が遅い」という口コミもありますが、混雑回避の通信方式であるIPv6を利用することで改善するケースが多いです。

ソフトバンク光の開通までの間にソフトバンクから無料でWi-Fiを借りられるので、必要な人は利用しましょう。

→ソフトバンク光はどんなネット?評判を検証し料金・サービスを評価!

  • ソフトバンク光のメリット
    ・乗り換えの際に違約金を10万円まで負担してくれる
    ・代理店で申し込むとキャッシュバックが高額
    ・開通前に無料でWi-Fiを借りられる
  • ソフトバンク光のデメリット
    ・auスマホとのセット割がない

高額なキャッシュバックがもらえる「auひかり」

※公式サイトより

KDDIが提供しているauひかりでは「新スタートサポート」という乗り換えキャンペーンを実施していますが、残念ながらピカラ光は対象外です。が、正規代理店経由で申し込むと最大52,000円のキャッシュバックがもらえます(マンションは最大47,000円)。これだけ高額なキャッシュバックをしている回線はなかなかないですし、ピカラ光の解約金や撤去費用の大部分を賄うことができます。なお、キャッシュバックをもらうためにはプロバイダにSo-netかBIGLOBEを選ぶようにしましょう。

戸建てマンション
提供エリア全国
※東海(静岡・岐阜・愛知)、中部(長野)、関西(滋賀・三重・和歌山・京都・奈良・大阪・兵庫)の戸建てと沖縄はエリア外
回線速度1ギガ
月額料金4,900~5,100円3,400~5,000円
契約事務手数料3,000円
工事費37,500円光電話加入で実質無料30,000円実質無料
契約期間3年(自動更新)2年(自動更新)
解約金15,000円7,000円
スマホ割au(auスマートバリュー

auひかりはピカラ光と同じくauのスマホとのセット割「auスマートバリュー」が使えます。スマホ代が毎月500~2,000円割引になり、同居の家族と離れて住む50歳以上の家族なら最大10回線まで割引対象です。

月額料金は戸建ては1年目は5,100円、2年目は5,000円、3年目以降は4,900円です。マンションは建物によって月額料金が決まります。

工事費は戸建ては625円の60回払い、マンションは1,250円の24回払いですが、毎月同額の割引が入って実質無料になります。ただし、分割払いの期間中にauひかりを解約すると、工事費の残債を請求されてしまいます。

auひかりは地デジが見れないので、地デジが見たい場合は別のサービスを利用する必要があります。また、戸建ての解約時の撤去費用が28,800円と高いので、解約の際は注意するようにしてください。

  • auひかりのメリット
    ・プロバイダが4社から選べる
    ・キャッシュバックが高額
  • auひかりのデメリット
    ・地デジが見れない
    ・戸建ての解約時の撤去費用が高い(28,800円)
\最大52,000円キャッシュバック!/

auひかりのお得なキャンペーンサイトはこちら

ピカラ光の解約方法

ピカラ光の解約は、電話でのみ受け付けています。以下のサポートダイヤルに電話して、解約したいむ

0800-100-3950
平日9:00~21:00 土日・祝日:9:00~19:00
※通話料無料、携帯電話・PHSも可

解約の連絡は、撤去を希望する日から1週間から10日以上前にするようにしましょう。そうすることで、希望日に撤去工事を行いやすくなります。

また、テレビについては契約しているケーブルテレビの会社に解約の申し出が必要です。ピカラに連絡するだけではテレビは自動的に解約にならないので気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ピカラ光の解約金は契約しているプランと利用期間によって異なるので、どのプランの契約していて利用開始からどれくらい経っているのかまず確認が必要です。

長期割引を適用しているコースの場合は更新期間に解約することで、通常料金の場合は最低利用期間を守ることで、解約金は0円にできます。ただ、撤去工事費については賃貸の場合は建物のオーナーの意向により発生する場合があります。ケーブルテレビによってはテレビの解約金が発生してしまう可能性もあります。

解約金を安くする方法としておすすめなのは、乗り換えキャンペーンを実施しているインターネットや、申し込み時に高額なキャッシュバックをもらえるインターネットに乗り換えることです。中でもソフトバンク光やauひかりはおすすめですよ。

皆さんがうまくピカラ光から乗り換えするために、この記事が参考になれば嬉しいです^^