NULL

SoftBank Airの料金やキャンペーンは購入とレンタルどちらがお得?

ソフトバンクエアー「購入」と「レンタル」どっちがお得?

面倒な工事が不要でコンセントに挿すだけで使える「SoftBank Air」(ソフトバンクエアー)

このソフトバンクエアーには、「購入」「レンタル」と2つの契約方法がありますが、『購入って高い?』『レンタルの方が安い?』『キャンペーンはどっちがお得?』など、「どちらで契約する方がお得なのか?」が気になる方も多いと思います。

また、『サービス内容に違いはあるの?』『もし解約する時はどっちの方が簡単?』など利用するにあたっての様々な疑問があるのではないでしょうか?

そこで今回は、ソフトバンクエアーをこれから申し込もうとしている人のために、「購入とレンタルではどちらが料金やキャンペーンがお得なのか?」を解説していきたいと思います。

ソフトバンクエアーは「購入」の方が月額料金が安い!

ソフトバンクエアーは、「購入」(分割)・「レンタル」のどちらから好きな契約方法を選べますが、結論から言うと、購入で契約した方がお得です。

その理由を比較しながら説明していきます。

購入の場合レンタルの場合
おうち割 なしおうち割 ありおうち割 なしおうち割 あり
基本料金4,880円
Airターミナル割賦金
(36回分割の場合)
1,500円
月月割
(機器購入の場合)
-1,500円
Airターミナルレンタル料
(レンタルの場合)
490円
SoftBank Airスタート割
(12ヶ月目まで)
-1,080円-580円
割引後の料金~12ヶ月目3,800円4,300円5,370円
13ヶ月目~4,880円

もしかしたら、多くの方が『購入の方が高いんじゃない?』と思っていたかもしれませが、ご覧のように、実は購入した方が全然安いのです。

Airターミナル(ソフトバンクエアー)の本体価格は54,000円となっていて、購入契約の場合は「一括」または「分割(36回)」のどちらか選ぶことができます。分割を選んだ場合は月々の本体支払い額1,500円×36ヶ月…、毎月1,500円の支払いって結構高いですよね(^^ゞ

しかし、ご安心ください。

この本体代金は、「月月割」というキャンペーンによって同額の1,500円が毎月(36ヶ月間)割引され、相殺されることで本体代金が実質無料にしてくれます。さらに、現在行われている「SoftBank Airスタート割」というキャンペーンで、最初の12ヶ月間が1,080円割引されます。13ヶ月目以降は割引がなくなって通常の料金4,880円に戻る感じですね。

表を見てお気付きの方もいるかもしれませんが、SoftBank Airスタート割は購入の場合しか適用されず、レンタルの場合は適用外となります。さらに、月月割も機器購入時にしか適用されない割引なので、レンタル料の490円は毎月かかってきます。

POINT
購入の場合は分割払いが終わった37ヶ月目以降は月額料金のみで利用することができますが、レンタルの場合はずっと490円/月のレンタル料金を払い続ける必要があります。

SoftBank Airスタート割で12ヶ月間1,080円割引

SoftBank Airスタート割※SoftBank公式サイトより引用

「SoftBank Airスタート割」は2019年6月1日から実施されているキャンペーンで、90日以内に課金開始(利用開始)した場合に課金開始月より12ヶ月間、月額料金を最大1,080円割引してもらえます。

比較表にもあるように、割引額は「おうち割光セット」を組む・組まないによって異なります。

 おうち割光セットを組まない場合おうち割光セットを組む場合
SoftBank Airスタート割
(12ヶ月目まで)
-1,080円-580円

おうち割光セットとSoftBank Airスタート割は併用で可能ですが、併用した場合はSoftBank Airスタート割による割引額が580円に減額されてしまいます。ですが、おうち割光セットでスマホ料金が毎月500円または1,000円割引されるので、『おうち割を組んで損した…』ということにはなりません。

また、先ほどもお伝えしましたが、このSoftBank Airスタート割は購入契約時のみに適用されるサービスでレンタル契約の場合は適用されません

したがって、最初の1年間の月額料金を比較してみるとこのようになります。

購入の場合レンタルの場合
おうち割 なしおうち割 ありおうち割 なしおうち割 あり
基本料金4,880円
Airターミナル割賦金
(36回分割の場合)
1,500円

月月割で実質無料
Airターミナルレンタル料
(レンタルの場合)
490円
SoftBank Airスタート割
(12ヶ月目まで)
-1,080円-580円
割引後の料金~12ヶ月目3,800円4,300円5,370円

おうち割なしで見た場合、レンタルより購入した方が月々1,570円も安く年間にすると18,840円もお得になります(12ヶ月目まで)。おうち割ありでも1,070円安いですし、年間で約13,000円近くお得になります。

購入はレンタル料金がかからない、購入は月月割で本体代金が実質無料、購入はSoftBank Airスタート割が適用されるなど、レンタル契約より購入契約した方がお得と言えます。

中嶋

「おうち割光セット」とは?

「おうち割光セット」とは、ソフトバンクエアー(またはソフトバンク光)とソフトバンクスマホ・ケータイをセットで使うことで月々のスマホ料金が1,000円または500円割引されるサービスで、割引額はスマホで契約しているプランによって異なります。

新料金プラン(2020年3月12日から新規受付開始)

対象プラン割引額/月
データプランメリハリ/データプランミニフィット
1,000円

旧料金プラン(2020年3月11日で新規受付を終了)

対象プラン割引額/月
データプラン50GB+/データプランミニ
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額 50GB/20GB/5GB
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

おうち割光セットでは最大10回線まで割引されますが、家族はもちろんのこと、恋人やルームシェア仲間も割引してもらえます。“家族”でなくても割引してくれるソフトバンクってすごいですね(^o^)

なお、このおうち割光セットはレンタル契約でも組むことが可能です。

おうち割光セットについては、こちらで詳しく紹介しています。
ソフトバンクエアーでも「おうち割光セット」でスマホ代が安くなる?ソフトバンクエアーでも「おうち割」で毎月のスマホ代が安くなる?

速度やサービスは購入・レンタルどちらでも同じ

月額料金については購入契約の方が安いことが分かりましたが、サービスについてはどうなのでしょうか?

現在は、購入契約・レンタル契約どちらも最新のAirターミナル4が主流になっているため、レンタルだからと言って古いタイプのAirターミナルが送られてくるわけではないので心配しなくて大丈夫です。

最新のAirターミナル4の最大の特長は通信速度が大幅に向上した点で、それ以外の仕様は一つ前のAirターミナル3を継承しています。ちなみに比較すると以下のとおりです。

Airターミナル4Airターミナル3
下り最大速度962Mbps350Mbps
Wi-Fi規格IEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大1.3Gbps
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大866Mbps
Wi-Fi最大接続台数64
通信方式4G方式:AXGP(2.5GHz)TDD-LTE (3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)
サイズ
(HxWxD)
約225x103x103mm約208x95x95mm

下り最大速度が大幅に上がったくらいで、あとは、本体の大きさが気持ち大きくなったくらいです。

ソフトバンクエアーの解約時には割賦残債に注意!

『購入契約の方がお得』と言ってきましたが、デメリットが全くないわけではありません。

分割期間は36ヶ月となっているため、36ヶ月経てば本体代金は実質無料になります。しかし、途中(36ヶ月未満)で解約してしまうと、払い終えていない本体代金が一括請求されてしまうので注意が必要です。

また、ソフトバンクエアーの契約期間は2年となっていて、更新月以外に解約してしまうと9,500円の解約金が発生します。更新月は24ヶ月目の1ヶ月限りで、更新月(24ヶ月目・48ヶ月目…)に解約しない限り次の月から2年間の契約期間が「自動更新」されます。

解約した場合に実際いくらかかるのか?を1年ごとに見るとこのようになります。

 Airターミナル代解約金請求額
12ヶ月目54,000円-1,500円×12ヶ月
=36,000円
9,500円45,500円
24ヶ月目54,000円-1,500円×24ヶ月
=18,000円
なし18,000円
36ヶ月目完済
54,000円-1,500円×36ヶ月
=0円
9,500円9,500円
48ヶ月目完済なし0円

もちろん、Airターミナル代は購入した場合のみにかかる費用で、レンタルの場合は解約金のみが発生します。

よって…

  • 12ヶ月目で解約した場合:Airターミナル代の残債 + 解約金
  • 24ヶ月目で解約した場合:Airターミナル代の残債のみ
  • 36ヶ月目で解約した場合:解約金のみ
  • 48ヶ月目で解約した場合:解約に伴う費用が何もなし

ということになり、48ヶ月目であれば無料で解約できるというわけです。

「購入とレンタルはどちらがお得か?」の分岐点は?

本体代金の残債がかかると聞いてしまうと、『本体代金がかからないレンタルの方がお得なんじゃない?』と思う方もきっといるはずです。

では、実際にどうなのか?見てみましょう。

Airターミナル代は分割支払いの場合には月々払っていくことで残債分が減っていきますが、レンタルの場合はレンタル料が毎月かかるため使っている期間が長くなるほどかさんでいきます。

比較した場合、どこでレンタル料金の合計額がAirターミナル代の請求額を超えるのでしょうか?

 購入の場合
(エアターミナル代)
レンタルの場合
(レンタル料)
どっちがお得?
12ヶ月目54,000円-1,500円×12ヶ月=36,000円490円×12ヶ月=5,880円レンタル
18ヶ月目27,000円8,820円レンタル
24ヶ月目18,000円11,760円レンタル
27ヶ月目13,500円13,230円レンタル
28ヶ月目12,000円13,720円購入
29ヶ月目10,500円14,210円購入
36ヶ月目完済17,640円購入
48ヶ月目完済23,520円購入

比較して見ると、27ヶ月目まではレンタルの方がお得で、28ヶ月目以降は購入した方がお得という結果になりました。

したがって
解約金がかからない24ヶ月ピッタリで解約するのであれば、レンタルで契約する方がお得と言えます。

レンタルは契約期間の2年以外に縛りがないため気楽と言えば気楽ですが、SoftBank Airスタート割での初年度割引がありません。一方の購入は、SoftBank Airスタート割引はあるものの、36ヶ月未満で解約してしまうとAirターミナル代の残債分が一括請求されてしまいます。

自分が「2年きっちりで解約するのか?」「2年以上の長期利用するのか?」をよく考えた上で、解約時に損をしない契約方法を選択することが重要になってきますね。

中嶋

キャッシュバックキャンペーンがお得なのは「購入」

では次に、申し込み時のキャンペーンはどちらがお得か?を見ていくと、申し込み時にお得なのは購入契約の方です。

ソフトバンクエアーを代理店から申し込むことでキャッシュバックをもらえたりしますが、多くの代理店が“購入契約限定”だったりします。ですが、「NEXT」「アウンカンパニー」という2社は、レンタル契約でもキャッシュバックをしてくれますし、条件や手続き方法もシンプルです。

NEXTで申し込むと最大30,000円キャッシュバックがもらえる

キャッシュバック金額購入契約の場合:最大30,000円
レンタル契約の場合:最大15,000円
オプション加入条件なし
手続き方法申し込み時に口座情報を伝えるだけ
※後日SNSによる登録でも可能
受け取りまでの期間課金開始月から最短で2ヶ月後

こちらのソフトバンクエアー正規代理店であるNEXTでは、キャンペーンを適用するための条件と言う条件がありません。

強いて挙げるとすれば、8ヶ月以上継続利用することぐらいです。万が一、8ヶ月以内に解約してしまった場合には、キャッシュバック金額が全額請求されてしまうので気を付けましょう。まぁ、短期間しか使わないのにネット契約しようと思う人はあまりいないとは思いますが(^^ゞ

なお、代理店の中には、オプション加入が必要だったり、手続きが複雑だったりするところもあります。そのような代理店は、キャッシュバック金額だけで釣っておいて、なかなかキャッシュバックをしないための策を取っていますので気を付けてくださいね。 

\最大30,000円キャッシュバック中/

NEXTのお得なキャンペーンサイトはこちら

アウンカンパニーでも最大30,000円キャッシュバックがもらえる

キャッシュバック金額購入契約の場合:最大30,000円
レンタル契約の場合:最大15,000円
オプション加入条件なし
手続き方法申し込み時に口座情報を伝えるだけ
※後日SNSによる登録でも可能
受け取りまでの期間課金開始月から最短で翌々月末

こちらのアウンカンパニーも、条件と言う条件は8ヶ月以上継続利用することぐらいです。

アウンカンパニーでは以前に「キャッシュバック+クロームキャスト」の特典もありましたが、現在はキャッシュバック特典のみのようです。レンタル契約の場合でももらえます。

NEXT同様にオプション加入などの条件もなく、申し込み時に口座情報を伝えるだけで最短で翌々月(2ヶ月後には)キャッシュバックしてくれます。アンケートに回答したり書類を返送したりといった手間もありません。

購入契約とレンタル契約のキャッシュバック金額を比較した場合、NEXT・アウンカンパニー共にレンタル契約は購入契約の半額になってしまいます。ですが、レンタル契約でもらえること自体が珍しいです。

\最大30,000円キャッシュバック中/

アウンカンパニーのお得なキャンペーンサイトはこちら

課金開始月って?
表に出てきた課金開始月とは、Airターミナル(ソフトバンクエアー)が届いた8日後の同月内のことを指します。
・例1)12月20日にAirターミナルが届いた場合
 課金日:12月28日 ▶ 2月末日にキャッシュバック
・例2)12月25日にAirターミナルが届いた場合
 課金日:1月2日 ▶ 3月末日にキャッシュバック

代理店の詳しい内容については、こちらの記事で紹介しています。
ソフトバンクエアーの代理店NEXTは、本当にキャッシュバックがお得?ソフトバンクエアーの代理店NEXTは、本当にキャッシュバックがお得?

まとめ

今回はソフトバンクエアーを契約する際、「購入」と「レンタル」はでどちらがお得なのか?を見てきました。

基本的には購入で契約した方がお得ですが、契約期間によってはレンタルの方がお得な場合もありました。その分岐点が27ヶ月目・28ヶ月目です。

本体代金を基準にした場合、27ヶ月目まではレンタルの方がお得で28ヶ月になると購入の方がお得になります。しかし、ソフトバンクエアーは2年単位での契約となるため…

POINT
・2年ピッタリで解約するならレンタル契約
・2年以上使う予定なら購入契約

ということが言えます。

しかし、キャンペーンを基準にした場合には、購入契約ではSoftBank Airスタート割が適用されたり、申し込み時の代理店キャッシュバックも高額だったりします。

ですので、仮に、本体代金支払い期間の36ヶ月未満に解約することになってしまっても、30,000円のキャッシュバックを使わずに取っておいて、その残債分や解約金に充てるという方法も手かもしれません。

\最大30,000円のキャッシュバックがもらえる!/

お得なキャンペーン内容をもう一度確認する