ソフトバンクエアーとソフトバンク光、自分にはどっちがおすすめ?

ソフトバンク 光 or Airどっちがおすすめ?

ソフトバンクでは、「ソフトバンク光」「ソフトバンクエアー」と2つのインターネットサービスが提供されています。

どちらともソフトバンクスマホ・ケタイとのセット割引「おうち割光セット」が組めるため、ソフトバンクユーザーの方で実際に『自分はどっちを申し込んだ方が良いんだろう?』と考えている方もいらっしゃると思います。

この2つ、同じソフトバンクが提供するサービスでありながら
・通信速度
・提供エリア
・月額料金
・キャンペーン内容
など、様々な違いがあるのです。

そこで今回は、ソフトバンク光とソフトバンクエアーの違いを比較しながら、どちらを契約すべきかをお伝えしていき、おすすめの申し込み窓口についても紹介していきます。

どちらを申し込んだら良いのか迷っている方は是非参考にしてください。

ソフトバンク光とソフトバンクエアーの違い

ソフトバンク光とソフトバンクエアーの違いを比較するとこのようになります。

項目ソフトバンク光ソフトバンクエアー
月額料金ホームタイプ:5,200円
マンションタイプ:3,800円
分割購入の場合:4,880円
レンタルの場合:5,370円
通信速度(下り)最大1Gbps最大481Mbps
(一部エリアで962Mbps)
回線種別光回線電波
通信制限なしあり
回線工事必要
費用:24,000円
不要
契約期間2年
解約金9,500円
提供エリアほぼ全国都市部が中心

では項目ごとに見ていきましょう。

違い① 月額料金は契約方法・内容によって異なる

1つ目の違いとしては、月額料金が違うという点です。

ソフトバンク光ソフトバンクエアー
月額料金ホームタイプ:5,200円
マンションタイプ:3,800円
分割購入の場合:4,880円
レンタルの場合:5,370円

上ではこのように簡単に比較しましたが、少し細かく見ると以下のようになります。

ソフトバンク光の月額料金

ホームタイプマンションタイプ
ソフトバンク光5,200円3,800円

ソフトバンク光の月額料金はシンプルで、ホーム(戸建て)タイプ・マンション(集合住宅)タイプによって異なるだけです。

月額料金に対しての割引サービスもないため、1年目だろうが5年目だろうが、何年使っても料金は同額です。

ソフトバンクエアーの月額料金

購入の場合レンタルの場合
おうち割 なしおうち割 ありおうち割 なしおうち割 あり
基本料金4,880円
Airターミナル割賦金
(36回分割の場合)
1,500円
月月割
(機器購入の場合)
-1,500円
Airターミナルレンタル料
(レンタルの場合)
490円
SoftBank Airスタート割
(12ヶ月目まで)
-1,080円-580円
割引後の料金~12ヶ月目3,800円4,300円5,370円
13ヶ月目~4,880円

ソフトバンクエアーはソフトバンク光に比べるとやや複雑です。

ソフトバンクエアーは戸建て・マンションで異なるのではなく、Airターミナルと呼ばれる本体を「購入」または「レンタル」するかによって異なります。さらに、購入の場合はおうち割光セットを組むか組まないかによっても月額料金に違いがあります。

購入の場合、一括払いも選択できますが、ここでは一般的な分割払いで説明していきます。

本体の料金は?

まずは本体についてですが、分割払いにした場合は本体代金は1,500円/月×36回になりますが、「月月割」によって同額分が割引されるため、本体代金は実質無料になります。

一方のレンタルにした場合は、本体代金こそかからないものの毎月490円がレンタル料としてかかります。もちろん契約している間はずっとです。

割引サービスは?

割引面を見てみると、購入の場合は「SoftBank Airスタート割」によって最初の1年間が割引されます。おうち割光セットを組まないと1,080円割引、組むと580円割引と、組んだ方が割引額が少ないですが、おうち割光セットではソフトバンクスマホが500円または1,000円割引されるので、『損した…』ということにはならないので安心してください。

なお、このSoftBank Airスタート割は、購入契約のみに適用される割引でレンタル契約した場合には適用されないので覚えておいてください。また、割引期間は1年(12ヶ月)間だけなので、2年目以降は基本料金の4,880円に戻ってしまいますので、併せて覚えておいてください。

違い② 通信速度はソフトバンク光の方が速い

ソフトバンク光ソフトバンクエアー
通信速度(下り)最大1Gbps最大481Mbps
(一部エリアで962Mbps)

2つ目の違いは、通信速度の速さです。

ソフトバンク光はフレッツ光と同じNTTの光回線(光ファイバー)を利用しているため、他の光コラボと同じように最大1Gbps(1ギガ)と高速通信が可能です。

一方のソフトバンクエアーも、2019年4月から最新の「Airターミナル4」というタイプの機器が提供されていて、最大速度は一部エリアでは962Mbpsとほぼ光回線と同じぐらいの通信速度で利用が可能になっています。

ただし、962Mbpsは一部の限られたエリアでの速度であって、それ以外のエリアでは最大481Mbpsになります。

また、Airターミナルは代を重ねるごとに通信速度が速くなってきているので、逆に言うと以前のタイプは遅かったりするのです。

Airターミナル4Airターミナル3Airターミナル2Airターミナル
下り最大速度962Mbps350Mbps261Mbps110Mbps

初代から3までは徐々に上がっていきましたが、3から4へバージョンアップした際に劇的に進化しました。

ソフトバンク光・ソフトバンクエアーに限らず、インターネットの提供方式は「必ず最大値を出す保証はできないけど、できるだけ頑張る」というベストエフォート型と言われる方式が用いられています。そのため、速度はあくまで理論値であって、ネット利用時の最大速度(実測)ではありません。

ソフトバンクエアーの補足情報
Airターミナル3以前のタイプを使っていて『遅いなぁ…』という時は、Airターミナルの機種変更を検討しましょう。
現在、ソフトバンクでは「SoftBank Air 利用者向け機種変更キャンペーン」が行われていて、Airターミナルを無料で機種変更することが可能です。キャンペーンの終了日は未定ですのでお早めに(^^)

「SoftBank Air 利用者向け機種変更キャンペーン」の詳しい内容については、以下の記事をご覧ください。
ソフトバンクエアー 遅い時の対処法 それとも解約?ソフトバンクエアーが遅い時は解約しかない?他の対処方法はある?

違い③ ソフトバンク光は光回線、ソフトバンクエアーは電波

ソフトバンク光ソフトバンクエアー
回線種別光回線電波

これも大きな違いの一つですが、ソフトバンク光とソフトバンクエアーではインターネット接続する際の回線種別が違うのです。

ソフトバンク光は、フレッツ光やビッグローブ光・ドコモ光などの光コラボと同じNTTの「光回線」を使っています。宅内に回線を直接引き込むため障害物などの影響も受けにくく、わりと安定した通信速度で利用することができます。

ソフトバンクエアーは光回線とは違い、スマホや携帯電話と同じく「電波」を使って接続します。そのため、近隣の建物や障害物の影響も受けやすいため、光回線と比べて速度が不安定になってしまう場合もあります。

違い④ ソフトバンクエアーは電波を使っているため通信制限される

ソフトバンク光ソフトバンクエアー
通信制限なしあり

ソフトバンク光は「光回線」(光ファイバー)を利用しているため、利用状況などによって通信制限されることがありません。また、利用する時間帯による速度低下の影響もあまりないため常に安定した通信が行えます。

一方のソフトバンクエアーは「電波」を利用しているため、利用状況や時間帯によっては通信制限されてしまうのです。

利用状況や時間帯によって制限される

ソフトバンクの公式サイトには以下のように書かれています。

・ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
・以下のコンテンツ・サービスなどをご利用の際、通信速度の制限を行う場合があります。なお、通信の切断は行いません。
 ・音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス
 ・MPEG、AVI、MOV 形式などの動画ファイル
 ・BMP、JPEG、GIF 形式などの画像ファイル
 ・動画閲覧、高画質画像閲覧、P2P ファイル交換、ソフトウェアダウンロードなどを伴うサイト、アプリケーションなど

時間帯については、具体的に何時とは書かれていませんが、平日であれば19~23時頃が「ご利用の集中する時間帯(夜間など)」に該当すると思われます。また、実際に「どのタイミングで制限をかけたのか?」「いつ解除するのか?」は定かではありません

ちなみに、電車内や地下などでスマホでインターネットを使おうとしたら、『電波悪い…』『圏外になっている』といった経験をしたことある方多くないですか?

その原因も、利用する時間帯や場所によって通信制限がかかり、速度が落ちてしまっているからなのです。ライブ会場やスポーツイベントなど大勢の人が集まる場所でも速度が遅くなったりしますが、それも同じ理由です。

駅やカフェを始めとした様々な施設などのフリーWiFi同様に、「電波」を利用するソフトバンクエアーでも制限がかけられてしまうのです。

データ量が多い場合にも制限されてしまう

ソフトバンクエアーは、時間帯だけでなくデータ容量が多い通信に対しても速度制限がされてしまうのです。

最近は動画閲覧やオンラインゲームをする方も増えてきたため、大容量のデータを用いた通信をする人は影響があるかもしれません。ネット検索ぐらいであればそこまで問題はないですが、動画閲覧やゲームをメインに使う方(使いたい方)は注意しましょう。

違い⑤ ソフトバンクエアーは工事不要で使える

ソフトバンク光ソフトバンクエアー
回線工事必要
費用:24,000円
不要

ご存知の方も多いと思いますが、ソフトバンク光には開通工事が必要なのに対し、ソフトバンクエアーには工事の必要がありません

これまでも紹介しているように、ソフトバンク光は光回線を利用するため、自宅内に引き込むための開通工事が必要で、初期工事費も24,000円かかります。また、ソフトバンク光を契約してから開通工事までは約1ヶ月程の期間を要するので、すぐにインターネットが使えるようになるわけではありません。

一方のソフトバンクエアーは、電波を利用するため開通工事の必要がないのです。もちろん、工事費用もありません。ソフトバンクエアーを契約してから早ければ3日ぐらいでAirターミナルが届きますので、コンセントに挿して電源を入れるだけでインターネットが使えるようになります。

よって、工事をするのが難しい賃貸物件にお住まいの方や、『家の中に知らない人が入るのは不安…』といった女性の方でも気軽に申し込みができます。

なお、ソフトバンク光では現在、他社からの乗り換えや引っ越しの時に工事費が無料になるキャンペーンが行われています。詳しい内容については以下の記事をご覧ください。
Softbank光公式キャンペーン解説ソフトバンク光の公式キャンペーンを分かりやすくまるっと解説!

事務手数料はどちらも3,000円

ソフトバンク光ソフトバンクエアー
事務手数料3,000円

工事の話をしたついでに、初期費用についても簡単に説明しておきます。

初期費用は主に「工事費用」「事務手数料」のことを指しますが、工事費用については先ほど説明したとおり、ソフトバンク光は24,000円、ソフトバンクエアーは0円です。事務手数料に関してはどちら共に3,000円です。

違い⑥ 契約期間や解約金はどちらも同じ

ソフトバンク光ソフトバンクエアー
契約期間2年
解約金9,500円

契約期間と解約金は、ソフトバンク光・ソフトバンクエアー共に同じです。

契約期間はどちらも2年契約となっていて、24ヶ月毎に1ヶ月間の更新月(更新期間)が設けられています。この更新期間中に解約をしないと、そこから再び2年間自動更新されます。

更新月に解約する場合は解約金は発生しませんが、更新月以外に解約をすると9,500円の解約金が発生しますので注意しましょう。

違い⑦ 提供エリアはソフトバンク光の方が広い

ソフトバンク光ソフトバンクエアー
提供エリアほぼ全国都市部が中心

提供エリアについてですが、ソフトバンク光はNTTのフレッツ光回線を利用しているため、山間部や離島を省きほぼ全国で利用可能です。

ソフトバンクエアーも基本的には全国で利用できますが、都市部を中心とした人口密度が高いエリアが主になっています。ですので、ソフトバンクエアーの利用を検討している方は、申し込み前にエリア検索をして住んでいる地域がエリア内であるかを確認するようにしましょう。

佐藤

このように、提供元は同じソフトバンクでもソフトバンク光とソフトバンクエアーでは、月額料金、通信速度、通信方式、工事の有無、提供エリアなど、色々と違いがあります。
サービス面を見るとソフトバンク光の方が勝っているため、ヘビーユーザー向きです。ソフトバンクエアーは「工事が不要で気軽に申し込める」という点が最大の特長なため、ライトユーザーや女性の方に人気のサービスとなっています。

ソフトバンク光とソフトバンクエアーはどっちがおすすめ?

ここまではソフトバンク光とソフトバンクエアーの違いについて比較してきました。

ですが、違いは分かったものの『自分にはどちらが合っているのか分からない』という方もいらしゃると思いますので、以下のポイントを参考にご自身がどちらのサービスに適しているか確かめてみてください。

ソフトバンク光がおすすめな人

ソフトバンクエアーよりソフトバンク光の方がおすすめな人は以下のような人です。

  • 通信速度が速いインターネットを使いたい
  • 安定した通信環境で使いたい
  • 動画閲覧やオンラインゲームを頻繁にする
  • 利用開始まで期間がかかっても大丈夫

ソフトバンク光の特長は「光回線を使った安定感」なので、通信速度を重視する人や安定性を求める人向きです。

通信速度や安定性はソフトバンクエアーよりも優れていますし、通信制限をされる心配もありません。ですので、YouTubeを始めとした動画の閲覧やオンラインゲームを楽しみたい人は、ソフトバンクエアーよりもソフトバンク光の方がおすすめです。

ただし、ソフトバンク光を利用するには開通工事が必要になります。契約から開通(利用開始)まで目安で1ヶ月くらいの期間を要しますが、年末年始やGWなどの大型連休や引っ越しシーズンと重なるとさらに期間が延びたりしますのでご注意ください。

ソフトバンクエアーがおすすめな人

逆に、ソフトバンク光よりソフトバンクエアーの方がおすすめな人は以下のような人です。

  • 速度にはあまりこだわらない
  • 開通工事をしたくない(またはできない)
  • 初期費用を抑えたい
  • すぐにインターネットを使いたい

ソフトバンクエアーの特長は「工事が不要で手軽に始められる」ことです。

ソフトバンクエアーはソフトバンク光とは違い初期工事の必要がないため、工事をしたくない人または賃貸物件などで工事ができない人でも契約できます。

工事が不要なので初期費用も事務手数料の3,000円だけと安く抑えられますし、また、早ければ契約してから3日ぐらいで使えるようになるので、『工事NG』『すぐ使いたい』という人にはソフトバンク光よりソフトバンクエアーの方がおすすめです。

ただし、光回線を利用するソフトバンク光とは違いソフトバンクエアーは電波を利用しているため、通信速度や安定性に弱点があります。

佐藤

ご自身がどちらのサービス向きなのかお分かりになりましたでしょうか?
ソフトバンク光・ソフトバンクエアーそれぞれに特徴があり、ネットの利用頻度や使い方または住居環境によって、どちらのサービスが良いのかが変わってきます。
僕個人的な意見としては、工事が可能であれば安定した通信が行えるソフトバンク光のご利用ををおすすめします。

ソフトバンク光・ソフトバンクエアーをお得に申し込める代理店

それでは最後に、ソフトバンク光とソフトバンクエアーをお得に申し込める代理店を紹介します。

なぜ、ソフトバンクショップや家電量販店ではなく代理店なのかと言いますと、キャッシュバック金額が高くてお得だからです。ソフトバンクショップや家電量販店でもキャッシュバックキャンペーンを実施していたりしますが、代理店よりも低い場合がほとんどです。

ただし!
代理店ならどこでも良いという訳ではありません。中には契約時にいくつものオプション加入が条件になっている代理店や、キャッシュバックの手続き方法が複雑または面倒な代理店、キャッシュバックを受け取れるまでの期間が長い代理店など、おすすめできない代理店もあります。

数ある代理店の中でも、「オプション加入不要」「手続き簡単」「受け取りまでも早い」と三拍子揃っているのが株式会社NEXTという代理店です。NEXTはソフトバンクから何度も表彰されている優良代理店で、これといった条件もなくとても良心的です。

ソフトバンク光契約で最大33,000円キャッシュバック

特典特典A. 33,000円キャッシュバック
特典B. 28,000円+高速無線ルーター
特典C. Nintendo Switchプレゼント
※転用・事業者変更の場合は15,000円キャッシュバック
オプション加入条件特になし
手続き方法申し込み時の電話またはSMSによる後日登録
受け取りまでの期間開通後の最短2ヶ月後

NEXTでソフトバンク光を申し込むと、3つの中から好きな特典を選ぶことができ、どの特典を選んでも条件などは変わりません。

キャッシュバックの手続きも簡単で、ソフトバンク光の申し込み時にオペレーターの人に口座情報を伝えるか、スマホのSMS(ショートメッセージ)で口座情報を送信するか、このどちらかで完了です。書類返送やアンケートに回答という手間もありません。

\最大33,000円キャッシュバック中!/

NEXTのキャンペーンサイトはこちら

詳しいキャンペーン内容については、以下の記事をご覧ください。
ソフトバンク光のキャッシュバックはどこがお得か11社を徹底比較!

ソフトバンクエアー契約で最大30,000円キャッシュバック

特典最大30,000円キャッシュバック
オプション加入条件特になし
手続き方法申し込み時の電話またはSMSによる後日登録
受け取りまでの期間課金開始後の最短2ヶ月後

ソフトバンクエアーの申し込みは特典を選ぶことができませんが、最大30,000円のキャッシュバックを受け取れます。光回線とほぼ変わらないぐらい高額です(^o^)

また、条件や手続き方法などはソフトバンク光を申し込む場合と一緒ですので、手軽に申し込めるからと言って条件が悪くなったりはしないので安心ですね。

最大30,000円キャッシュバック中!/

NEXTのキャンペーンサイトはこちら

詳しいキャンペーン内容については、以下の記事をご覧ください。
ソフトバンクエアーをお得に安心・簡単に申し込める代理店はどこ?ソフトバンクエアーをお得・安心・簡単に申し込める優良代理店NEXT!

まとめ

今回は、ソフトバンク光とソフトバンクエアーを比較してきましたがいかがでしたでしょうか?

改めて比較表を見てみましょう。

項目ソフトバンク光ソフトバンクエアー
月額料金ホームタイプ:5,200円
マンションタイプ:3,800円
分割購入の場合:4,880円
レンタルの場合:5,370円
通信速度(下り)最大1Gbps最大481Mbps
(一部エリアで962Mbps)
回線種別光回線電波
通信制限なしあり
回線工事必要
費用:24,000円
不要
契約期間2年
解約金9,500円
提供エリアほぼ全国都市部が中心

提供元は同じソフトバンクですが、色々と違いがありましたね。

比較してみると、速度の速さ・安定さ、通信制限がない、エリアの広さではソフトバンク光の方が優れているため個人的にはおすすめです。唯一のネックと言えば開通工事が必要なことです。

工事はしたくないまたはできない、速度もそこまで重要視していなく手軽に申し込みたいという方にはソフトバンクエアーがおすすめです。ソフトバンク光と比べると劣ってしまう点が多いのは否めないですが、手軽さを重視する方には合っています。

どちらのサービスもご紹介した代理店から申し込むことで高額キャッシュバックが受け取れますので、ご自身にピッタリなサービスが決まったらお得な窓口から申し込むようにしてくださいね。