NULL

ソフトバンク光はIPv6で速くなる?利用方法は?料金はかかるの?

ソフトバンク光 IPv6で速くなる?

ソフトバンク光を検討中でIPv6が使えるのか気になっている人、あるいは、ソフトバンク光を契約中で速度の改善にはIPv6が有効だという情報にたどり着いた人は結構多いのではないでしょうか。

結論から言うと、ソフトバンク光でIPv6を使うことはできますし、IPv6を使うことで未使用時よりも速度が改善している人はたくさんいます。

この記事では、ソフトバンク光で使えるIPv6とはどのようなものなのか、IPv6の利用方法と料金、そしてIPv6を使っても速度が遅い時の対処法について解説しています。

ソフトバンク光の速度が気になる方は参考にしてみてください^^

ソフトバンク光で利用できるIPv6とは?

ソフトバンク光のIPv6は、正式名称を「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」と言います。すごく簡単に言うと、IPv6を使うとIPv6未使用時よりもインターネットに接続している時の速度が速くなります。(絶対に速くなるとは言えませんが、速くなっている人がたくさんいる、ということです)

そもそもIPv6って何?

「IPv6」とは、混雑回避の接続方式のことです。

ちょっと専門的な話になりますが、インターネットに接続する時、機器には必ずIPアドレスというものが割り当てられます。従来の接続方式はIPv4ですが、IPv4の場合は割り当てられるIPアドレスに限度があります。そしてインターネットの利用者・接続機器(スマホ、タブレット、ゲーム機など)の増加に伴って、IPv4ではIPアドレスが枯渇するようになりました。

そこで開発されたのがIPv6です。IPv6では無限にIPアドレスが使えるため、IPv4よりも回線が混雑しにくいのです。

IPv6はよく道路に例えられますが、こんな感じです↓↓

IPv4 IPv6 比較

IPv4は走っている車が多く、渋滞してなかなか前に進めない道。IPv6は走っている車が少なく、スイスイ進める道。なので、IPv6の方がネットに接続している時の速度が速くなる傾向があるんです。

ソフトバンク光のIPv6は速い?評判をチェック!

では、ソフトバンク光のIPv6を実際に使った人はどのように感じているのか、Twitterの口コミをチェックしてみたいと思います。

ゲームをする人にとってはネットの速度の遅さは死活問題ですよね。特にストリートファイターのようなゲームでラグが発生したら、相手方の攻撃をモロに食らってしまいます。

こちらの方は無線で180Mbps出ています。一般的に実測で30Mbps程度出ればサイト閲覧や動画視聴に問題ないと言われているので、50Mbps以上出ていれば十分です。100Mbps以上出ていればかなり速いです。

このように、IPv4(IPv6なし)の時には速度が遅かったけど、IPv6を使い始めたら速度が速くなったという人はたくさんいます。

ソフトバンク光のネットがどうにもこうにも遅い…という不満を抱えている人は、試してみる価値ありですね!

ソフトバンク光のIPv6は光BBユニットが必要

ソフトバンク光の「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」は、ソフトバンク光が提供しているルーターの「光BBユニット」をレンタルすることで使用可能にになります。工事などは必要ありません。

光BBユニット(公式HPより)

光BBユニットは無線LAN対応

さらに、光BBユニットには無線LANが内蔵されているため、無線LANルーターとしても使えます。無線LANルーターとしても機能するので、スマホなどをWi-Fi接続するために別途市販のルーターを購入する必要はありません。

参考までに光BBユニットの機器のスペックを載せておきますね。

 E-WMTA2.3 ←最新!E-WMTA2.2
最大通信速度
有線接続1Gbps
無線接続1.3Gbps300Mbps
無線LAN規格
IEEE 802.11b/g/n/a/acIEEE 802.11b/g/n
周波数帯
2.4GHz帯/5GHz帯2.4GHz帯
LANポート
4つ

最新機種であれば、無線は高速の「11ac」にも対応しています。

ホームページ上には「E-WMTA2.1」も載っていますが、確認したところ今後ソフトバンク光を申し込む人に「E-WMTA2.1」が送られることはないみたいです。

ネットの情報では、「E-WMTA2.2」の利用者の中には「E-WMTA2.3」に交換した人もいるようです。「E-WMTA2.2」が届いたら交換できるか問い合わせてもいいと思います。

配線イメージ

光BBユニットを接続する時のイメージはこんな感じです↓

ONU(回線終端装置)と光BBユニットをつなぎ、そして光BBユニットと1台目のパソコンを繋ぎます。2台目以降のパソコンやスマホは無線(Wi-Fi)でつなげば、これでIPv6もWi-Fiも使えますよ。

IPv6対応の市販ルーターでは代用できない

家電量販店やAmazonなどでIPv6に対応した無線LANルーターが販売されていますが、ソフトバンク光のIPv6は光BBユニットでしか使えません。市販のIPv6対応のルーターでは代用できないんです。

無線LANの機能のみを使う場合は市販のルーターで代用できますが、IPv6となると光BBユニットが不可欠です。

ソフトバンク光のIPv6の料金は?

IPv6の利用料金は無料ですが、光BBユニットレンタル料として月額467円がかかります。

IPv6のために毎月500円かけると思うと躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、光BBユニットは「おうち割 光セット」の必須オプションでもあります。

「おうち割 光セット」はソフトバンクのスマホ(ケータイ)とソフトバンク光のセット割。スマホ代が毎月500~1,000円割引されます。同居の家族・友人、離れて住む家族、同棲している恋人、シェアハウス仲間まで、最大10回線が割引対象です。

新料金プラン(2020年3月12日から新規受付開始)

対象プラン割引額/月
データプランメリハリ/データプランミニフィット
1,000円

旧料金プラン(2020年3月11日で新規受付を終了)

対象プラン割引額/月
データプラン50GB+/データプランミニ
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額 50GB/20GB/5GB
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

光BBユニットはおうち割 光セットの必須オプション

「おうち割 光セット」の割引を受けるためには、必須オプションとして以下3つのオプションに加入する必要があります。3つのオプションとは、「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」「電話サービス(ホワイト光電話、光電話(N)、BBフォンのいすれか1つ)」です。

月額料金
①光BBユニット
467円
②Wi-Fiマルチパック
990円
③電話サービス0円~
月額料金合計
1,457円~
→おうち割 光セットで500円

通常価格は1,457円以上するオプションですが、おうち割 光セットなら500円になります。

ちなみに光BBユニットで無線LANに接続する時には、光BBユニットの他にWi-Fiマルチパックが必要です。おうち割 光セットに加入していない人の場合は、Wi-Fiを使うために月額1,457円かかるので高いですね^^;

おうち割 光セットの詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

ソフトバンク光のおうち割 光セットはお得?割引額や条件を解説!

ソフトバンク光のIPv6の利用方法

ソフトバンク光のIPv6を使うには、

  • 光BBユニットレンタルの申し込み
  • 「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」の申し込み

の2つが必要です。

光BBユニットレンタル

光BBユニットについては、おうち割 光セットに加入すると自動的にレンタルすることになります。おうち割 光セットに加入しない場合は、光BBユニットレンタルの申し込みが必要です。光BBユニットレンタルを単独で申し込む場合は、会員サイトのMy softBankで手続きできます。

「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」の申し込み

「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」は、ソフトバンク光の申し込みの際に窓口の担当者が手続きしてくれる場合がありますが、別途自分でソフトバンク光に申し込みしなければならないケースもあります。その際はソフトバンクショップや公式サイトで手続きできます。

光BBユニットの接続方法

光BBユニットが届いたら、あとは接続するだけです。

ソフトバンク光の開通工事後、光BBユニットの接続機器一式を用意します。届いている箱の中に以下の機器が入っているのでまず中身を確認してくださいね。

※ソフトバンク「光BBユニット接続ガイド」より

接続イメージはこんな感じです↓

※ソフトバンク「光BBユニット接続ガイド」に一部加筆

手順は次の通りです。

  1. パソコンの電源を切る。
  2. LANケーブル(灰色のコネクタ)をONU(NTT提供機器)に差し込む。
  3. 光BBユニット背面のインターネット回線ポートにLANケーブル(灰色のコネクタ)を差し込む。
  4. 光BBユニット背面のパソコンポートとパソコンをLANケーブル(青色のコネクタ)でつなぐ。
  5. 光BBユニットに電源アダプターをつなぎ、コンセントに差し込む
  6. ONUと光BBユニットの電源を入れる。
  7. 光BBユニットのランプが点灯したら、パソコンの電源を入れる。

なお、LANケーブルは付属のものを使うようにします。

これで光BBユニットの接続は完了です。

IPv6なのに速度が遅い時の原因と対処法

ソフトバンク光のIPv6を使うことで速度が速くなるケースは多いですが、中には速度が改善しないケースもあります。Twitterにもこんな口コミがありました。

このようにIPv6を使っているのになぜか遅い…というケースもあります。IPv6によって速度が改善しない場合の原因と対処法についていくつか挙げたいと思います。

光BBユニットの機種が古い

光BBユニットはこれまで「E-WMTA2.1」から始まり、今は3代目の「E-WMTA2.3」が出ています。これからソフトバンク光を契約する人は「E-WMTA2.1」が届くことはありませんが、数年前に契約している人は古い機種を使っている可能性があります。

「E-WMTA2.3」「E-WMTA2.2」の最大速度が1Gbpsなのに対して、古い機種の「E-WMTA2.1」の最大速度は100Mbpsです。これだとなかなか速度は出ないですよね…。

 E-WMTA2.3 ←最新!E-WMTA2.2E-WMTA2.1
最大速度
有線1Gbps1Gbps
100Mbps
無線1.3Gbps300Mbps54Mbps
無線LAN規格
IEEE 802.11b/g/n/a/acIEEE 802.11b/g/n

光BBユニットは機種交換できる

光BBユニットの古い機種を使っている場合、新しい機種への機種交換ができます。

ソフトバンクの公式ページの記載では、上記のように「E-WMTA2.1」を使っている場合に限られていますが、ネットの情報を見ていると「E-WMTA2.2」でも最新機種に交換できている人もいます。希望する人はソフトバンク光に問い合わせてみるといいでしょう。

なお、自分がどの機種を使っているかは、光BBユニットの本体側面で確認することができますよ。

「E-WMTA2.2」または「E-WMTA2.3」の記載がないものは「E-WMTA2.1」です。

有線で接続する

自宅のパソコンやスマホなど複数台利用している場合は、有線・無線の両方で機器を接続しているので難しいかもしれませんが、無線より有線で接続した方が速度は上がりやすいです。

大容量の動画をアップロードする時、ゲームで遊ぶ時など、どうしても遅いと困る時は有線で接続してみるのも一つの方法です。

ちなみに「有線」とは、Wi-Fiのように電波を飛ばしてネットを使えるようにするのではなく、LANケーブルとパソコンをつないでネットを使うようにする方法です。

無線が遅い時は市販ルーターをブリッジモードで接続する

SNSの口コミを見ていると、なぜか無線(Wi-Fi接続時)の速度がイマイチ、という声がちらほらあります。光BBユニットは性能は決して悪くないのですが、使われている部材がそんなに強くないためWi-Fi接続時に速度が低下することがあります。

そのような時は、光BBユニットに加えて市販ルーターをブリッジモードで接続すると、速度が改善する場合があります。

市販の無線LANル―ターをブリッジモードで接続する時の配線イメージはこんな感じです↓

IPv6を使うためには光BBユニットは不可欠なのでそのままです。パソコンを繋ぐ前に市販ル―ター(Buffalo製やNEC製のIPv6対応のルーターでOK)を繋ぎ、光BBユニットのWi-Fiは切ります。

このように接続すると、光BBユニットのIPv6は有効のまま、市販のルーターのWi-Fiを使ってネットに接続できるようになります。

速いネットに乗り換える

難しいことはよく分からないからもうソフトバンク光は解約したい…!という場合は、他の回線に乗り換えるのもいいでしょう。

ソフトバンク光からの乗り換え先としておすすめなのは、NURO光です。ソフトバンク光の2倍の最大速度(2Gbps)でユーザーからも速いと評判です。ソフトバンクユーザーがスマホのセット割を組めるのはソフトバンク光以外はNURO光だけです。

ソフトバンク光NURO光
提供エリア全国 北海道
関東:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海:愛知、静岡、岐阜、三重
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州:福岡、佐賀
最大通信速度1ギガ2ギガ
月額料金戸建て5,200円4,743円 
マンション3,800円
契約事務手数料3,000円
工事費2,000~24,000円
※乗り換えの人は無料
40,000円→実質無料
契約期間2年
解約金9,500円
スマホ割おうち割 光セット

ソフトバンク光では有料だったウィルス対策ソフトも5台まで無料ですし、無線LANも無料です。マンション・アパートの人には高い月額料金ですが、ゲーム、動画のアップロード、株、FXなどをやる人には高くないでしょう。

工事費は1,333円の40回払いですが、毎月1,334円が割引されて実質無料になります。ただ、NURO光を40ヶ月以内に解約すると工事費の残債を請求されてしまいます。解約金と工事費を無料にするためには、最低4年の利用が必要なので注意してください。

NURO光は、公式の特設サイトで申し込むことで45,000円の高額キャッシュバックがもらえるのでかなりお得ですよ。

\45,000円キャッシュバック中!/

NURO光特設サイトのお得なキャンペーンはこちら

まとめ

ソフトバンク光では「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」というオプション名でIPv6が提供されており、光BBユニットを接続することで利用可能になります。

光BBユニットの月額料金は467円ですが、光BBユニットはおうち割 光セットの必須オプションです。おうち割 光セットに加入すると、光BBユニットを含むオプション3つを月額500円で利用できます。おうち割 光セットはスマホ代が割引になるので、オプション代を差し引いてもほとんどの人は損にはならないでしょう。

「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」を利用するためには申し込みが必要なので、手続きを忘れないようにしてください。

万が一、IPv6を使っても速度が改善しない場合は、光BBユニットの機種交換、有線接続、市販ルーターをブリッジモードに接続する、などを試してみるといいと思います。他のネットに乗り換える場合はNURO光がおすすめです。

みなさんがソフトバンク光を快適に利用するために、この記事が参考になれば嬉しいです^^