NULL

Yahoo!BB ADSLからの乗り換え先はソフトバンク光?NURO光もおすすめ!

Yahoo!BB ADSLからの乗り換え先はソフトバンク光?NURO光もおすすめ!

少し前までの主要回線であった、ADSL回線のサービス終了時期が近づいてきました。

「技術の進歩による結果だから喜ばしいこと」や「こだわりがあるからADSLを使い続けたかった…」など様々な意見もあると思います。

しかし、Yahoo!BB ADSLをお使いの方は乗り換え先をどこにするか決める必要があります。

そこで今回は、現在Yahoo!BB ADSLを利用している方に向けて下記の内容を解説していきます。

  • Yahoo!BB ADSLの終了時期とその主な理由
  • ADSLのメリット・デメリット
  • Yahoo!BB ADSLの乗り換えはソフトバンク光だけでなくNURO光もおすすめ!
  • ソフトバンク光・NURO光がおすすめな理由
  • ソフトバンク光・NURO光に乗り換える時の注意点

Yahoo!BB ADSLは2024年3月末で提供終了

YAHOO ADSL画像元:ソフトバンク公式サイト

2001年からサービスの提供が開始されたYahoo!BB ADSLは、2019年2月28日に新規受付を終了、2020年3月以降は一部の地域から順次終了となり、2024年3月末を以てそのサービスの提供を終了します。

通信技術が進む現代では、ネットサービスの利用に求められるデータ通信量はどんどん増加しています。ADSLの通信速度では現代のサービスに対応しきれなくなり、光回線などの高速回線を利用する方が圧倒的に増えてしまうのは必然といえるでしょう。

ADSLも提供が開始された当時は「ロケットのように早い回線!」と世間を賑わしていましたが、時代の進歩によって世代交代を余儀なくされてしまったということですね。

Yahoo!BB ADSLが提供できなくなる理由

Yahoo!BB ADSLが提供できなくなる理由は2つあります。1つ目は「高速回線が必要な時代になってきたこと」。2つ目はADSL設備のメンテナンスができなってきたこと」です。

便利なサービスが増える一方で、そのサービスを利用するには一定以上の速度を安定して提供する光回線のような高速回線が必要になります。Yahoo!BB ADSLの回線速度では対応できないサービスが増加しているわけです。

その結果として、Yahoo!BB ADSLのようなひと昔前の回線に投資できる費用が少なくなってしまい、ADSLの設備に対するメンテナンスを継続して行うことが難しくなってきました。

ADSLでは利用できないサービスの一例

一定スペック以上のオンラインゲーム
 (特に多人数同時参加、高解像度グラフィティ・3DやVRを用いたものなど)
高解像度、同時参加、リアルタイム配信の動画サービス・大容量データのアップロード/ダウンロード
 (データ容量によっては時間がかかり過ぎる)
医療交通物流など事業に関わるIoTサービス
 (通信速度に踏まえてセキュリティの問題も懸念される)
テレワーク
 (利用環境によって状況は異なるが、大人数同時参加・データファイルの共有やダウンロード/アップロード作業との同時進行時は難しいと考えた方が無難)

これらはあくまで一例でしかありませんが、こう見るとYahoo!BB ADSLのサービス終了は、時代の流れに沿った仕方のないことといえるのかもしれませんね。

そもそもADSLにはどんなメリット・デメリットがある?

ADSLが「終了してしまうサービス」とはいえ、ADSLならではのメリットももちろん存在します。

ということで、ここではADSLのメリットとデメリットについてご紹介します。

ADSLのメリット

まずADSLの主なメリットは以下の2点です。

  • 料金が安い
  • 利用可能なエリアが広い

メリット1.料金が安い

ADSLの基本料金は利用するプラン(通信速度)によって異なりますが、全体的にとても安く設定されています。

例えば、Yahoo!BB ADSLのバリュープランの料金は次のようになっています。

NTT西日本エリアNTT東日本エリア
12Mプラン1,808円1,801円
50Mプラン2,571円2,564円

※固定電話あり、スタンダードの場合。基本料・プロバイダー料・モデムレンタルの合計金額。

光回線では3,500~5,000円程度がかかるのが一般的ですが、Yahoo!BB ADSLは1,000~3,000円程度安く利用できるのです。

メリット2.利用可能なエリアが広い

ADSLは電話回線を用いて提供されているサービスです。

今でこそ減少傾向にあるといわれる固定電話ですが、電話回線の提供可能エリアは全国を対象に幅広く分布しています。

つまり、電話線が通っているエリアではADSLが利用できる(一部例外を除く)ので、ADSLのエリアは「広い」といえるわけですね。

ADSLのデメリット

次にADSLの主なデメリットを挙げてみます。

  • 通信速度が遅い
  • 基地局からの距離が離れていると通信速度が低下する
  • 回線が圧迫されると通信速度が低下する
  • 初期設定が面倒

デメリット1.通信速度が遅い

やはりADSLの最大のデメリットは通信速度の遅さにあります。

ADSLの最大通信速度は50Mbps(下り)で、光回線の標準的な速度(1Gbps)と比較すると20倍程度の差が開いています。

ADSL光回線
最大通信速度(下り)50Mbps1Gbps
(1,000Mbps)

しかも、この50Mbpsという数値はあくまで理論上の最大通信速度になるので、実際の通信速度は良い状態で平均5~10Mbps程度になります。

コスト優先などの理由から敢えて低速の回線を利用している方以外は不便を感じてしまうでしょう。

デメリット2.基地局からの距離が離れていると通信速度が低下する

ADSLは、基地局から利用場所が離れていればいる程、通信速度が低下してしまいます。

これは「伝送損失」という症状で、基地局から送られた通信は基地局から離れるほど劣化してしまうために起こる現象です。

伝送損失の仕組み画像元:NTT東日本公式サイト

伝送損失の仕組み
電話回線(ADSL)は銅線を利用して通信を行うため「ノイズ(通信電波の雑音)」の影響を受けやすく、電波を送る距離が長くなるほどこのノイズが増えてしまい通信が劣化する。

デメリット3.回線が圧迫されると通信速度が低下する

通信回線は携帯電話・固定回線・モバイルWi-Fiなど種類を問わず、一定のエリア内で同時に回線を利用すると回線が圧迫され通信速度が低下するという性質を持っています。

したがってこのデメリットはADSL特有のものといってしまうと語弊が生まれますが、もともとの通信速度が遅いADSLにとって、この現象は「より大きなデメリット」といえるでしょう。

デメリット4.初期設定が面倒

ADSLは初期設定に手間がかかってしまうため、パソコン・通信関係に詳しくない方にとっては面倒な作業になってしまいます。

ADSLでは工事完了後にプロバイダ設定など複数の設定が必要になりますが、現在の主要な光回線サービスではこの初期設定にほとんど手間がかかりません。

ADSL設定画面画像元:NTT公式サイト

Yahoo!BB ADSLから乗り換えるならソフトバンク光?実はNURO光もおすすめ

ソフトバンク光・NURO光画像元:ソフトバンク公式サイト・NURO光公式サイト

Yahoo!BB ADSLから乗り換える場合、やはりおすすめとして挙がってくるのは「ソフトバンク光」ですよね。

実はこの場合「NURO光」も同じくおすすめの回線として、乗り換え候補に挙げることができるのはご存じでしたか?

以下の項目では、そんなソフトバンク光とNURO光について詳しく解説していきます。

ソフトバンク光もNURO光もおうち割 光セットが組める

ソフトバンク光を利用する上で、大きなメリットの1つとして挙がるのが「おうち割光セット」です。

おうち割光セットはソフトバンクスマホの利用料金から毎月1,000円が割引されるサービスで、指定の固定回線とソフトバンクスマホを利用することによって家族のスマホなど最大10回線まで利用できます。

この「指定の固定回線」はソフトバンク光とソフトバンクAirだけという認識の方が多いようですが、実はNURO光もこの回線に含まれているんです。

したがって「Yahoo!BB ADSLでおうち割光セットを利用している」という方は、ソフトバンク・NURO光のどちらに乗り換えてもおうち割光セットを継続して利用できるということになります。

おうち割光セット
割引1,000円/月:永年
対象ソフトバンクの対象プラン・ワイモバイルの対象プラン
利用台数最大10台

※ワイモバイルの場合は「おうち割光セット(A)」で500円の割引

ソフトバンク光もNURO光もADSLより速度が速い

ここでおすすめする2つの光回線「ソフトバンク光・NURO光」は、どちらもADSLより通信速度が速いサービスです。特にNURO光は最大通信速度2Gbpsで、一般的な光回線の速度である1Gbpsの2倍の速度を誇っています。

最大通信速度回線種類
ソフトバンク光1GbpsNTTの光ファイバー
NURO光2GbpsNTTのダークファイバー
Yahoo!BB ADSL50Mbps電話回線

NURO光の速度が速い理由は、NTTが使用していないダークファイバ―を利用しているからです。

ソフトバンク光はNTTの光ファイバーを複数のサービスで共有して提供していますが、NURO光は普段利用していない光ファイバーを独占のような形で利用しているため通信速度が速くなります。

ADSLと月額料金を比較すると?

通信速度を確認した次は、それぞれのサービスの月額料金を比較をしていきましょう。

戸建てマンション
ソフトバンク光5,200円3,800円
NURO光4,743円
4,743円
Yahoo!BB ADSL2,564円2,564円

やはりADSLの料金が最も安くなりますが、注目したいのは戸建ての場合ソフトバンク光よりもNURO光の方が安いという点です。

通信速度が最も速いNURO光を安く利用できるのであれば一度試してみる価値がありますね。

固定電話やセキュリティソフトの料金も安くなる

次に固定電話やセキュリティソフトの料金も比較してみましょう。

固定電話セキュリティ
ソフトバンク光500円300~570円
NURO光北海道・関東:500円
関西・東海・九州:300円
無料
Yahoo!BB ADSL約1,700円300~570円

ここでもNURO光の安さが目立ちます。固定電話の料金が安いだけでなく、セキュリティサービス(カスペルスキー)も5台まで無料で利用できます。

Yahoo!BB ADSLは通常の固定電話料金が加算されてしまうため割高になってしまいます。

ソフトバンク光もNURO光も工事費は無料

工事費に関しては、ソフトバンク光もNURO光もキャンペーンを利用することによって無料になります。

キャンペーン名特典内容
ソフトバンク光ADSLをご利用中の方限定
ソフトバンク光の回線工事費無料
最大24,000円→無料
NURO光基本工事費実質無料40,000円(1,333円×30回)
→実質無料

ただしNURO光の工事費は「完全無料」ではなく、工事費の分割代金と同額の割引が毎月入る「実質無料」で、30ヶ月以内にNURO光を解約すると契約残月数×1,333円の工事費の残債が発生するので注意しておきましょう。

ソフトバンク光はYahoo!BB ADSLの解約金が無料。NURO光なら高額キャッシュバック

NURO光

Yahoo!BB ADSLからソフトバンク光・NURO光に乗り換える場合、それぞれ異なったメリットがあります。

Yahoo!BB ADSLは解約時期によっては解約金が発生していまいますが、Yahoo!BB ADSLからソフトバンク光に乗り換える場合はこの解約金が無料になります。

一方でNURO光の場合は、新規申し込み特典で45,000円の現金キャッシュバックがもらえます。

Yahoo!BB ADSLから乗り換えるメリット
ソフトバンク光9,500円の解約金が無料
NURO光45,000円の現金キャッシュバック

上記のとおり、乗り換えのメリットだけを比較するとNURO光のほうが断然お得といえますね。Yahoo!BB ADSLの解約金が発生したとしてもお釣りがきます。

ただし、45,000円のキャッシュバックは公式特設サイトからの申し込みでのみ利用が可能となっています。他の窓口経由で申し込んでもキャッシュバックは受け取れないので注意してください。

\45,000円キャッシュバック中!/

NURO光特設サイトのお得なキャンペーンはこちら

Yahoo!BB ADSLからソフトバンク光・NURO光に乗り換える時の注意点

料金やメリットだけでなく、Yahoo!BB ADSLからソフトバンク光・NURO光に乗り換える時の注意点についてもしっかりと解説していきましょう。

見切り発車の乗り換えで後悔をしてしまわないためにも、下記項目は必ず見ておいてくださいね。

まずは提供エリアを確認しておく

ソフトバンク光・NURO光以外のサービスでも共通することですが、乗り換えをする前に利用場所が提供エリア内かどうかを確認しておく必要があります。

ソフトバンク光は全国、NURO光は北海道、関東、東海、関西、九州で利用できるサービスですが、その中でも利用できないエリアがあるからです。エリアに入っていれば申し込みができると考えてOKです。

お住まいの住所がソフトバンク光やNURO光のエリア内かどうかは、簡単に確認することができます。

 エリアの確認方法提供エリア
ソフトバンク光NTT東日本の地域の方はコチラ
NTT西日本の地域の方はコチラ
利用場所がNTT東西のどちらか分からない方はコチラ
全国
NURO光NURO光のエリア確認はコチラ北海道・関東・東海・関西・九州

上記のリンクをクリックしたあとの手順は下記のとおりになりますので、エリア確認の参考にしてください。

  1. 各サービスのエリア検索ページが表示される
  2. 利用場所住所を入力
  3. エリア判定の結果が表示

NURO光に乗り換えるとYahoo!BBのメールアドレスは使えなくなる

Yahoo!BB ADSLからNURO光に乗り換えた場合、@ybb.ne.jpのメールアドレスが使えなくなります。@ybb.ne.jpはYahoo!BB ADSLのプロバイダであるYahoo!BBのメールサービスで、NURO光に乗り換えるとプロバイダが変わってしまうからです。

プロバイダ
ソフトバンク光Yahoo!BB
NURO光So-net
Yahoo!BB ADSLYahoo!BB

「ADSLを休止扱いにすれば@ybb.ne.jpのアドレスが残せる」といった情報を見かけることもありますが、固定電話の有無や光電話の利用などで条件は変動してしまうので基本的には出来ないと思ったほうが無難です。

そもそも2024年のADSLサービス終了時に、@ybb.ne.jpのアドレス自体が消失してしまうことも考えられるので無理をして残す必要もないでしょう。

ソフトバンク光では@ybb.ne.jpのアドレスを有料で使える

ソフトバンク光に乗り換えた場合は、Yahoo!BB基本サービス(月300~550円)に加入することによって、Yahoo!BB ADSLで利用していた@ybb.ne.jpのアドレスを引き続き利用することが可能です。利用方法は以下のとおりになります。

  1. ソフトバンク光でYahoo!BB基本サービス加入する
  2. ソフトバンク光で新規発行されたYahoo! JAPAN IDで専用ページにログイン
  3. 「追加メールアドレス」として以前利用していた@ybb.ne.jpのメールアドレスを登録する

追加メールアドレスの登録方法はコチラご確認ください。

ちなみに@ybb.ne.jpの「Yahoo!BBメールアドレスではなく@yahoo.co.jpの「Yahoo!メールは、どの回線に乗り換えをしても手続きなしで継続して利用できます。

NURO光はYahoo!BB ADSLを解約するより先に申し込みが必要

NURO光を申し込みする場合は、必ずNURO光が開通してからYahoo!BB ADSLの解約を行いましょう。

先に、この場合の流れを解説しておきます。

  1. Yahoo!BB ADSL利用期間内にNURO光を申し込む
  2. 工事完了後にNURO光が開通
  3. ここのタイミングでYahoo!BB ADSLを解約

この流れに沿わずにYahoo!BB ADSLの解約を先にしてしまった場合、以下のリスクが発生していまいます。

先にYahoo!BB ADSLを解約した場合のリスク
・何かしらの理由でNURO光が開通しなかった場合、ネット回線がなくなってしまう。
・何かしらの理由でNURO光が開通しなかった場合、ネット回線がなくなってしまう。

ネットサービスの利用が欠かせない現代でネット回線がなくなってしまうというのは、大きなリスク以外の何ものでもありませんので注意しておきましょう。

まとめ

以上「Yahoo!BB ADSLからの乗り換え先はソフトバンク光?NURO光もおすすめ!」という内容についてここまで解説してきました。

Yahoo!BB ADSLのサービスが終了することになり、強制的な回線の移行を迫られる状況になっている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、それを悲観的に捉えるよりも「次世代回線に移行するチャンス」と捉えれば、より快適なサービスを利用するための第一歩となります。

そして、Yahoo!BB ADSLからの乗り換えで最もおすすめの回線はNURO光です!

「そろそろ光回線に変えようかな」と考えていた方も「光回線に変える気はなかったけど仕方ないか」という方も、今の流れと本記事をきっかけに少しでもお得でより快適なサービスを選んでくださいね。